転職活動といえば、企業そのものよりも、ある意味、「担当面接官」・・

転職のための活動は希望している企業そのものよりも、人事や採用担当の面接官との…

転職活動で大事なことは希望する企業とのやりとりというより、正確には「担当面接官」との勝負と言ったほうが正しい気がします。面接で成果を出すためにも、はじめに肩の力を抜いて焦る気持ちを抑え、平常心を意識しましょう。女性とお見合いをするような意識で望むと良いでしょう。面接官はまずはじめにあなたの人となりを評価してもらうのでマイナス評価につながりそうな見た目や言動は注意しゼッタイに避けましょう。品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて状況に適した服装(T・P・O)を意識しておきましょう。あなたらしさを表現できるといいでしょう。面接官に企業に採用したい人材と認識されれば、きっと転職活動はかなり楽になります。

再就職の面接などの場面で面接担当者が名刺を渡してきた場…

再就職における面接などに関して名刺を差し出された場合、あなたも名刺を相手側に渡す必要があるのか?と悩んだら、おおむね差し出すことはないと覚えておきましょう。面接というものは仕事ではなく、就職活動の一部です。ですから普通一般的には名刺を交換する時間ではないのです。加えて、あなたは立場上会社の人間としてその場にいるのではなく、あなたの問題でそこにいるわけです。したがって、もしも相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらにおいてはもらうだけで問題なくて、面接担当者に相手側にあげる必要性はまったくないと言えるのです。

転職を繰り返さないための対策は、シンプルです。

退職と転職を繰り返す日々を止めるためにすることは一つだけです。スキルを向上させることもそうですが、精神的なスキルを磨くとそう簡単に転職を繰り返さなくなります。現在はネットがいつでも使えるので、メンタル面を強くするための自己啓発系の情報はとてもたくさんあります。さらには、転職とは関連性のないことでも、メンタル面を鍛えることができます。何かと言うと「外国に行くこと」です。海外に旅行に行くと言葉も文化も日本のそれとは全く異なるので、刺激を受けることばかりです。なので、心の成長を成し遂げるにはぴったりの策といえます。日本に戻ってくると、己の視野の狭さを実感し、世間はこんなにも狭かったのだということを思い知らされることになります。その気持ちを携え(転職のための)面接に行けば、今までとは格段に違い自然と自信に溢れた態度を示せるはずです。ただ、退職して間もない頃はメンタルが弱気になりやすいので、気力回復のために休みも必要です。

自分の大好き、を仕事にしたいと考えている方は要注意です。

自分の大好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている人は注意です。これは、私が経験したことなるのですが、私の場合、食べることが本当に大好きでそれが理由で飲食の世界(レストラン)で働いていた期間があります。そのお店での業務は、その飲食店で私が任されていた業務内容は、盛り付け作業やホール業務でした。この業務内容については、不満もありませんでしたし楽しかったのですが、職場の人間関係でとても嫌になってしまいました。そのことが原因で、職場を去ることになったのですが、その結果、食べることやそのレストランで提供されていた食べ物も嫌いになってしまい、同ジャンルの飲食店には現在も行くことができません。当時の匂いを思い出すだけで辛くなります。この仕事を始めた頃は、好きだったことがキライになるとは思いませんでした。好きなジャンルの仕事に就きたいと夢をみるのは素敵なことです。ですが、あなたの「好き」の度合いはどの程度のものか、真面目に自分に尋ねる必要がありそうです。

政治によって変化の出始めている転職事情ですが、安倍総理が舵取りを行う現内閣で…

政治により状況が変化しつつある転職を取り囲む状況について、現在の安倍政権によって、「アベノミクス」「三本の矢」といった新たな経済政策が複数、展開されています。経済政策共々日銀による「金融政策」との相乗効果によって、財界や企業間では新時代となる変化が現れ始めています。そのこともあり民間企業では、今度は労働人口の減少による「人員不足」がかなり深刻な社会問題となっています。また最近では、「外国人の労働者」の総数を現状よりも増加させていく、であると安倍政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、日本国内の転職問題についても幅が広がりそうです。こういった政治の流れによって、国内の雇用・転職事情も変わっていくのは間違いないでしょう。

退職|勤め口を探していたころ割とたくさんの人材紹介会社に登録していたことがあります。

以前はかなり何個かの人材紹介会社に登録していたのですが、転職アドバイザーのレベルにおいても多種多様でたいていの場合、不満を感じる人ばかり。私にとっては、とても大切なことことだからもっと一生懸命に向き合ってほしいという落胆した気持ちが高まってきてしまいました。それが理由で私はキャリアカウンセラーを目指すことになりました。その資格を取得するのにコストもかかったし勉強の面も大変なわけですが、就職活動中の人たちに信頼されるように頑張っています。

転職活動において最後にクリアしなければいけない難問として、…

転職活動の最後の難関として、「現職の退職」があげられます。転職先の会社を見つけたとしても、現在働いている会社があなたを引き留めようとするかもしれません。そうなってしまった場合、困難に負けずに退職する、という強い気持ちを維持することが大事でしょう。もしも会社に残るように説得されて、残ったとしても一度辞めたいと思った会社は、最終的には辞めることになるでしょう。会社の規定を確認し、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届を記入しておきましょう。そして、決定権を持つ上司と面と向かって話し合い、「退職にあたって、いかなる交渉も受け付けません」と毅然とした態度で相手に伝えましょう。円満退社を目指すのも転職活動の大事なポイントです。

転職の際に必須となる採用面接に関して、勘違いしている人が多いのです…

転職の際に欠かせない面接でよく思い違いがあるのですが採用を勝ち取りたいあまりあからさまな猫かぶりすることは、残念なことに不採用となる可能性が高いです。そんな事態を避けるためにはその場を繕うのではなく面接時は、「残業」といったような、通常ならかなり質問に躊躇してしまいそうな内容を勇気を持って率直に尋ねておくと、自身のためになります。信じられないかもしれませんが、「そんな無神経なずけずけとそういった質問をすると結果が響くのではないか」と不安になる人もいるかもしれませんが、だけども、意外とプラスの結果をもたらすことは最終的には可能性が高いのです。これらのことはお金や労働環境に対する内容は、実際には、多くの人が知りたいと思っています。ついつい面接に応募した人たちの多くは、不採用を恐れて質問できないのが普通です。そこで、一歩踏み込む勇気があれば「勇気のある人だな」と面接担当者へのアピールとなるのです。

退職|転職を進めるには、準備はやらなくてはいけません。

転職活動では、然るべき準備は必須です。とくに、目に見える服装は誰もが気を遣う部分ではないでしょうか。しかし、今の企業面接については形式ばらない服装がOKな会社があるので、きっちりスーツを着て赴く必要がない場合もあります。会社の創立間もない会社などは、柔軟性に富んだところが多く、私服で行ったほうが、相手先に印象をあたえます。正装でないので、フランクに話が出来るのも魅力です。さらに、私服を見せることで面接のなかで、ファッションで、相手との話が広がる可能性もあります。ですから、面接担当者と仲良くなれる期待ができます。今から転職は企業の「創業年数」に注目してみて、(ベンチャー系などの)面接時には正装はせずに私服で勝負するのも良いかもしれません。

転職を考え始めたときに、会社を辞めた後でと考える人もいるようです…

転職をするのに、とにかく会社を辞めてから転職しようと考える人もいますが、そうするときにはボーナスがいつもらえるのかを前もって調べておきましょう。社員にボーナスを支給する会社はほとんどですが、ボーナスがもらえる会社であれば、ボーナスの支給の時がもうちょっとならば、ボーナスが振り込まれた後で退職するという手もおすすめしたいです。ボーナスは月々の給与と比べて大きい額になると思うので、手に入れておいた方がいいとも考えることもできるので、転職を考える時にはボーナスが支給される日について確認するのを忘れないようにするのが堅実です。

再就職では、重要となるのが間違いなく「面接」です。

転職時、重要視されるのが間違いなく「面接」というものです。ふつうの面接の際は面接官が応募者に対し、転職の経緯などこれまでのキャリアといったことを尋ねてくると思います。そして、一通りの質問と説明が終わると、転職希望者から、面接担当の人へ疑問に感じていることを質問できるチャンスがあります。面接担当のスタッフから「なにか弊社について疑問に感じる点はありませんかね?」と。こんな時は、面接者本人が緊張のあまり、慌ててしまうこともあるかもしれません。こんな場面に備えて、前もって面接官からの質問に際し、(あなたからの質問を)準備しておきましょう。冷静に考えてみればよく考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、やってみてください。

退職|転職することをスムーズなものにするには、最初から徹底した情報を収集することが不可欠です。

転職を成功させるためには、前もって情報を収集することをしておきましょう。それには今では中小零細企業の意地でか公式ホームページが用意されているケースがとうぜんなので、ネットの機能を利用して気になる点をチェックしておくとそれとその企業について疑問点等を解消しておくと良いでしょう。それと公式サイトのほかに、「転職サイト」の情報に目を通しておくと効率的ではありますが、また、インターネット以外の手段として、何より転職の候補している職場を自分の目で確かめてみるのも意味があります。

昔から日本には”石の上にも3年”という諺もありますが…

古来より日本には「石の上にも三年」という諺もありますが、現在の社会では「終身雇用制度」は衰退してきています。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験する人が増え、とても身近なものになってきました。しかしながら、「転職」が珍しくなくなってきたとはいえ、やたらとそれを選択するのは考えものです。再就職しようと考える場合、大切なのは適した時期を見計らうことです。とりあえず、今現在の職場、仕事について具体的に、不服を強く感じていることを少なくとも5、できれば10個ほど、紙に書き出してみましょうそうしておくと、再就職に役立ちます。そして、将来の進むべき道が見えてきたら、決断を早めにし、よりも良い仕事ができるよう、進めることが大切です。

退職|再就職の際に絶対に用意する履歴書や職務経歴書などに関しては、…

転職をしようとする時に絶対に用意する必要がある履歴書などにおいてですが、大体、パソコンで作成するというのが主流となっています。現代の日本では履歴書や職務経歴書についてはパソコンによるものではなく手書きで準備するのが当然だと考えられていることもよくありますが、それは新卒の人たちの就活やアルバイトやパートの時であって、転職においては100%絶対に手書きでないといけないと断言することはできないのです。手書きの履歴書や職務経歴書をベストとする会社もありますけど、そうではない場合がだんだん増加してきますから、パソコンで書かれた履歴書や職務経歴書でも良いケースはけっこうあるのです。

今までの求人誌では、募集要項の中に「性別」が、当然のように記載されていました。

今までの求人誌に性別が記載されていました。ですが今では、1986年に男女雇用機会均等法が施行され、採用時、男女の差別をしてはいけないとして、募集要項のなかに男女の性別を記載しないようになりました。そういった時代になったのですが、募集情報を出す側は、性別に関係なく雇用するかといえば、そんなことはありません。実際に、実際は男手を必要なのに、募集に女性がやってきたり、女性が必要なのに男性が来てしまい、といった感じの問題が起こりうる可能性があります。もし、「女性が活躍している仕事場です」と記載のある求人募集の場合は、希望しているのは女性だと認識したほうが良いです。

派遣社員として働く会社が決まりました。

派遣のお仕事が決まりました。仕事の初日に派遣会社の営業担当者と就業先の会社近くのコンビニで待ち合わせたところ、担当者がなぜかコンビニエンスストアの前にいないから店内にいるのではないかと思って店内に入っていったら、彼はこともあろうに雑誌コーナーのところで座り女性の裸が載ったグラビアページを開けて読んでいるところを発見!こんな担当の人の仕事なんて我慢できないことと考えて、声もかけずにこっそりとお店の中から出て即座に派遣会社に辞退の連絡をしました。