転職活動のさなか、気になった求人(あるいは職種)を見つけた際には…

退職|これから先、転職活動をするという時は、気になる求人(または業・・

将来転職活動をするという時は、気になる求人(職種)があれば、しっかり「〇〇業(気になる職業)、ブラック」とインターネットで検索したほうがいいです。求人票や担当してくれる転職エージェントから入ってくる言葉からは、業界のマイナスとなる面は、教えてもらえない、と思っておくべきです。もしも、ブラック案件が多い業種であれば、簡易的なインターネット検索によって多くの事例に触れられるはずです。そのような現実を知らずに会社に入ると、直後に入ったことを後悔してしまうおそれがあります。そもそもその求人が出ている理由が、「仕事がキツイから入っても続かない」という場合がかなり多くあります。興味をもった案件や業種については、下調べをしてから応募することを心がけましょう。

これはシフトの仕事に関する話なのですが、特定の曜日に勤務できる人を募集する求人・・

これはシフトの仕事に関する話なのですが、決まった曜日に働ける人を募集している求人を頻繁に目にしますが、もし、応募しようと思っているならシフトの提出方法や休む手順については、面接時にチェックしておきましょう。それはなぜかというと、私は過去に、出産のため抜ける人の代わりにと正社員として仕事に就いたのですが、私のシフトがそこでは「土日」固定のシフトだったのですが、新しく入った私以外、他の社員はだれも出てくれませんでした。前にいた女性が土日に必ずでれる人だったので、私自身もそういった形で扱われたしまいました。実際「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフト変更を出す必要があり、上の人に「代わりに出勤していただけませんか?」と自分で依頼しなくてはいけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日を私1人だけに任せるって、どういうことなのでしょう?冷静に考えると、本当によく我慢したな、と自分でも驚きです。

ある古物商の人員募集にて、書類選考に受かりました。2、3日し…

ある古物商の社員募集にて、書類選考に合格したので、担当者から面接日時を告げられました。それなのに、当日行ってみるとどうしたものか相手が面接準備を一切していないことに気づきました。しばらく待っていると、所長らしき人物が面接に応じてくれたものの、始めから終わりまで、けだるい表情を見せ、グダグダな状態で面接が終了しました。ところが、予定日を過ぎているのに、合否結果すらなく、自ら問い合わせると、「郵送で本日送付してあります」と告げられました。しばらく待っていましたが、しかし、これも未達で仕方なく改めて問い合わせると、どういったわけか、「今回はご縁がなかったということで」と勝手に電話を切られてしまったのです。あまりのことに呆れ果てて言葉も見つかりませんでしたが、とりあえず採用されなくて良かったとホッとしています。

退職|転職エージェント、そして転職サイトを活用して、転職活動を行うことは現在では常識といえるかもしれません。

転職サイトや転職エージェントを使って、転職活動を行うことは現在では常識といえるかもしれません。としても、転職の可能性をもっと高めたいのであれば、同時に転職フェアに行くことがおすすめです。転職フェアでは、複数の企業が同時に集まることから、そこに足を運ぶことによりあなたの気になる企業の情報を効率的に得られますし、同時に、その場で説明してくれるスタッフから、企業の個性を伺えるはずです。転職フェアに参加する機会があった場合、1次面接に行くつもりでしっかりとした準備をしておくことがおすすめです。それによりフェアの中で、企業側の担当者に気に入られれば、正式に応募して採用面接でかなり有利になると期待できます。

求人に関係する情報を見る際、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人は…

求人関連の情報をチェックする時、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思う人ほど、製造業の項目を読み飛ばしていたりするものですが、そういった人は、「製造業は、現場で製造する仕事だけしか募集してない」と間違って解釈している場合もあります。製造業での求人募集でも、現場に出る製造の仕事だけでなく、総務・経理と言った従業員や資材、購買、営業管理といった「オフィス系」のお仕事も結構多くあります。けれども、製造業の勤務場所はオフィス街から外れたエリアにあります。ですから、アフターファイブを楽しみたいと考えている人には嫌だと感じる人もいるかもしれませんが、けれど、自身の執着をなくすことで意外な発見があったり、スキルアップのチャンスがあるかもしれません。

退職|転職のために今働いている会社を退社する時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが・・

転職をするために今勤務している会社を退社する時に失業保険受け取るための手続きをしなければいけませんが、仮にあなたの側から退職願を提出して会社を去る、いわゆる「依願退職」の場合には直ちに失業保険が給付されるわけではなく手続きをした後で失業が確認されてから3か月経ってやっともらえるのです。なので、会社を辞めた翌日から3か月経過すればもらえると思っている人がいますが、実際に勘違いしてしまった人が、それが原因でハローワークの担当者と揉めているのを過去に見たことがあります。因みに自己都合ではなくリストラのような、「会社都合」での解雇の場合は、失業認定されてから直ちに失業保険を受け取ることができます。

転職時の面接で着用するスーツの色に関しては、新卒の就活の際に…

転職の時の面接でいるスーツの色においては、新卒の方が就活の時に準じているカラーが基本となっています。要するに、黒系や紺系の暗い感じの色合いになります。それは再就職の面接においても、スーツの色合いは新卒の就活の時のようなカラーが圧倒的に多くて、他のカラーを着ている転職者は少数派です。強いて言えば、まれにグレー系を着用している方が若干いるくらいで、全体から見ても黒や紺のスーツ派がほとんどを占めているので、人事側からしても黒や紺色のスーツの方が当たり前であるかのように見えますから、見た目の印象という点ではぜひともそのようにしてくださいね。

退職|転職の時に行われる面接時の身なりは会社側からクールビズ…

転職をする際の面接での身なりは会社側からクールビズ可とと伝えられる場合もあるようですが、クールビズで面接を受けるのは良くない印象を与えるのではないか?と疑ってしまうこともあります。そのような考えを抱え込んでしまっている人に進言したいのは、クールビズで良いとされた面接は伝えられていることを素直に聞き入れるほうが確かです。色々考えすぎてしまい、夏の暑いときにスーツをしっかりと着用すると相手側に暑苦しく感じられますから、企業側からクールビズ可と言われたらクールビズのスタイルで行く方がいいですよ。

退職|転職時の採用面接に希望先の会社へ伺ったときのことです。

転職の採用面接を受けにある会社に行ったときのことです。その日に限って会社内の面接ができる部屋がすべて他の客でつまっているということで社外で採用担当の人と待ち合わせて面接を行い、当該会場で解散をして、面接を行った方も会社に帰らず自宅直帰されるとのことだったのですが、ところが下りる駅が私と一緒だったのです。それで電車の中においても面接官とずっとお話をしながらいっしょに帰ることになって、すっかり緊張が解けて面接より話が弾み、それが功を奏したのかなんと採用を勝ち取りました。

退職|現在の雇用事情が大きく変わったことについて、働きざかりの世代の中で…

このように現在の雇用形態が変化したことに関して、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若い人たちが特に気にかけているようです。おそらくは、自身の将来を見据えた動きなのでしょう。なので、就業者といった人たちの労働市場の「流動化」が活溌になっているので、なおさら、今後、若い世代以外の層にも転職の関心が強くなると考えられます。このような事情から、一つの会社に縛られない生き方はより身近なものとなっていくのでしょう。「終身雇用制度」が実在した時代には、「会社を辞めて転職」というと評価が下がるとも言われて事実、転職が難しい時代でもあったのです。ところが、今ではこの事も全く当たらず今やっている会社のみに執着する必要も薄れてきています。

失業時に受け取れる「失業保険」は、失業状態でない人はもらえませんが…

失業したときにもらえる失業保険は、失業状態でなければもらえませんが、この給付には、しっかり「期間」があります。失業時までに働いていた期間によって違い、3ヶ月、あるいは1年と決められるのですが、なんとこのような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。期間の制限ががないと思い込んで失業保険が給付されるからと遊び続けている人もいますが、給付期間終了の1か月前になってようやく制度の真実に気づき慌てて転職活動を始めてもうまくいかない可能性は高いでしょう。会社の面接官もアホウでは無いので、「いつに失業したか」「どのくらい失業期間があるか」「その間、何をしてたか?」に関しては大よその想像が付く。ヘタをすると、それらを根掘り葉掘り訊かれることもあります。答えに困ってバレバレの嘘をついたりしていると、採用は極めて困難になります。

退職|先週転職先を探すために人材会社へ登録に行きました。

仕事を探すために人材会社に登録に向かいました。そのとき登録するときのカウンセリングをしに現れた担当者がどうも仕事の経験が少ない社員のようで、こちらが説明していることの50%ほども彼は理解ができていない模様。それでいて「キャリアデザインを考え直さなければいけません」とか「もっと強みと弱みを明確化しておく必要性があります」等、一丁前に横柄に話すのでとても不快な気分になりました。カウンセラーはそれなりには仕事を経験している社員にするべきです。

退職|転職活動をしていれば、必ず「年収」の話題が上がってきます。

転職活動の中の話題に上がるのが年収です。面接では、大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで本当の年収を上回る額をもらっていると偽り、多額の年収を確保しようとしても、無駄でしょう。というのは、「源泉徴収票」が必要となり、仮に一度は騙せたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ず後からバレてしまいます。ヘタをすると、トラブルに発展しかねないので、現在の会社での年収を水増しせずに伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのが正解です。例をあげると、今の年収が300万円の人が転職して500万円となる可能性は通常あり得ません。もし、現在の年収が430万円であれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくのが得策です。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなり、入社できたのをすぐに退職せざるを得なくなることもあるので、気をつけましょう。

退職|近頃はスマートフォンを使えばわかるけどインターネット上には…

世の中は変わっていてPCで調べればインターネットの世界では、今では転職情報を掲載している「転職サイト」が多数点在しています。サイトから自分が求めている転職先を見つけたいなら、なんといっても情報を収集することから始めましょう。サイトをしっかり活用することで、満足度の高い転職先探しが可能です。転職希望者にとって役立つ情報満載の優良な「転職サイト」がある一方、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。まずは、実際に信用していいサイトであるかを見極めることが大事ですから他と比べつつ、厳しくチェックしてみましょう。

雇用期間中は、可能であれば、周りの人にバレないよう(…

在職中は可能であれば、こっそりと、(自身の例ですが)就労期間中に「転社するかも」という気持ちだけを早いうちに会社内で言ってみたことがありました。ですが、その顎、求人サイトを散々探してみたものの、悲しいことに働く先や仕事を変えるタイミングも何一つ決まらずズルズルと時間だけが経過してしまいました。一方、会社の方も退職に関わる引継ぎや手続き、退職の日程などが確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、転職先を見付ける」という、本末転倒な状況で会社を去ることになりました。結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経たのち、次の就職先を探す流れになりました。

退職|もしもあなたが転職をするなら転職する前に「資格」を取得しておくと有利になります。

もしもあなたが転職するのなら、転職する前に資格を取るとステップアップします。とくに、仕事をしているあいだに資格取得しておくのがベストです。転職活動の際に有利に働くので仕事を探しやすくなります。そのため、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階で資格取得をするのがもっとも良いタイミングといえます。あなたが転職を目指しているなら、このあとに役立つであろう資格を取得しておけば、今の会社を辞めたあとも後悔することなく前に進めるはずです。そのうえ、資格取得後は転職先の面接の際、戦力になると判断してもらえ、活躍しやすくなるばかりでなく待遇面でも期待でます。