転職活動のとき、気になった求人(または業種)を見つけた…

これから先、転職活動をするのなら、気になった求人(あるいは職種・・

今から転職活動をするという時は、気になる求人(あるいは業界)を見るたびに忘れず「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネット検索しておきましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントでは、その業界に関するマイナス面について知ることはできません。もしも、ブラック企業体質な業種であれば、ネット検索を活用することで一発で本来の姿を理解できるでしょう。そういった実態を理解しないまま、入社してしまうと、あとでしっぺ返しを食らうおそれがあります。そもそも求人が出ている理由が、「仕事の内容がキツイからすぐに人が辞めてしまう」といった場合が多くを占めます。気になった業種について、納得できるまでチェックして応募するようにしましょう。

「シフト制」の仕事に関する話なのですが、毎週、決まった曜…

シフトの業務についてです。一定の曜日に働ける人を募集している求人をけっこう目にするのですが、もし、応募しようと考えているなら休む方法の詳細やシフトの提出方法については面接時に尋ねておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、前に私は産休で抜けた人の助っ人として、正社員として入社したのですが、そこが「土日」固定のシフトで、新人の私以外、誰も現場にいませんでした。産休に入った前任者が土曜、日曜に必ずでれる人だったので、私自身も出勤できる人と思われていたようです。ですから「土日」に休まざるを得なくなった場合、、シフト変更の必要があり同じ部署の先輩方に私の代わりに出勤してもらえるように、と自ら連絡を入れなくてはいけませんでした。立場も給料も同等なのに土日を私だけに任せるのは納得できませんでした。今思えばよく我慢したなと思います。

とある古物商の会社で、書類審査に合格したので、先方から面接日時を告げられました。

とある古物商の会社で、書類審査を通過しました。すぐに相手方から、面接予定日を連絡してもらいました。にもかかわらず、当日、時間通りに指定場所へ行ってみると、どうしてか全く面接が予定されていませんでした。しばらく待って、所長らしき人物が面接に応じてくれたものの、けだるい表情を見せ、なんとか面接が終わりました。ですが、約束の日を過ぎても、合否結果は告げられず、気になったので、自ら問い合わせてみたところ、「郵送で本日送付してあります」とのこと。しばらく待っていましたが、結局届かず、そんなわけでもう一度連絡をしたところ、なんと、「今回はご縁がなかったということで」とすぐに電話を切られてしまいました。あまりの対応に呆れ返ってしまい言葉も見つかりませんでしたが、率直に、不採用で良かったと痛感しています。

転職サイトや転職エージェントを活用して、転職活動を行う人はますます増えています。

転職サイトおよび転職エージェントを利用して、転職活動すること自体、一般化してきました。しかし、転職についてよりよい結果を得たいのであれば、転職フェアも併用されることをお勧めします。転職フェアでは、多くの企業が一堂に会しており、参加することで複数の企業に関する情報に触れることができ、それだけでなく、説明担当の企業スタッフから、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。これから、転職フェアに参加しようと思うなら、1次面接を受けるつもりでしっかりと準備をしておきましょう。その結果フェアの期間中に企業に自分の魅力が伝われば、それからあとの実際の面接時にかなり有利になると予想できます。

退職|求人情報を見る場合、「事務系の仕事をしたい」という人ほど…

求人をチェックする時、例えば、「デスクワークがしたい」という人ほど製造業をあまりチェックしていません。そんな人のほとんどは「製造業は製造マンの求人募集だけだ」と勘違いしているケースもあります。事実、製造業の求人であっても現場作業者だけでなく、経理、総務といった人材募集に加え、資材、購買、営業管理などの「オフィス系」に分類される部署も結構な数あります。しかし、製造業の職場はオフィス街と同じ環境ではないので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そういった点が受け入れられないと思う人もいるでしょう。とはいえ、自分のこだわりを捨ててみることで思いがけないチャンスにつながる可能性があるかもしれないのです。

転職を行うにあたり、現在勤務している会社を退社する・・

転職に先立ち現在勤めている会社を辞める時に失業保険についての手続きを行う必要がありますが、もしあなたの都合で退職届を出して退社する、いわゆる「依願退職」のときは直ちに失業保険が給付されるわけではなく手続きをした後に失業が確認されてから3か月待たないといけないのです。よく勘違いして退社の1日後から3か月経過すれば給付されると勘違いしている人がいますが、この規則を誤って理解している人が、ハローワーク側にミスがあると主張してハローワークの職員と言い争っていたのを過去に見たことがあります。加えて、自己都合ではなくリストラのような、「会社都合」での解雇の場合は、失業認定を受けてからすぐに失業保険が給付されます。

転職の時の面接で必要となるビジネススーツの色合いに関しては、…

仕事の面接で必要なビジネススーツの色に関しては、新卒の就職活動の際に準じている色合いが安心です。言い換えると、紺や黒の暗い感じの色合いになるわけです。それは再就職のケースであっても、着用していくスーツの色味は新卒の就活の時のような落ち着いたカラーがほとんどで、それ以外の色の人はほぼ見かけることはありません。それ以外だと、グレー系の人がいるくらいです。割合からしても紺や黒が多数派なのです。ですから、人事担当の方からもそういった色が普通です。ですから、身だしなみ、という面においてはおすすめしたいのです。

転職をする際の面接での身なりはクールビズ可とと書いてある場合もあるようですが・・

転職時の面接での身なりは会社側からクールビズでも大丈夫ですよと書いてあるケースもあるようです。しかし、クールビズで伺うのは悪い印象を与えるのでは?と考えてしまいます。そのような思いを懐に抱え込んでしまっている人に関しては、クールビズでも大丈夫だと言われている面接の場面では書かれている内容を素直に聞き入れるほうが確かです。色々考えすぎて、真夏であるのも関わらずスーツをびしっと着ると相手に不自然な印象を持たれてしまうので、クールビズでお越しくださいと伝えられたらクールビズでも大丈夫というわけです。

退職|転職の採用面接を受けるため希望先の会社へ伺いました。

転職のための採用面接を受けに転職希望の会社へ訪ねました。偶然その会社にある部屋が空きがないということで外部のとある場所で人事部の人と待ち合わせて採用面接をして、その場で解散し、面接担当者も会社には帰らずそのまま帰宅するとのことでしたが、ビックリしたのは下車する駅が私と一緒だったのです。それで電車内においても一緒に会話をしながら帰ることとなり、すっかり打ち解けて面接しているよりも話が弾み、それが功を奏したからなのか最終的に採用を掴むことができました。

退職|このように現代の会社や企業の労働環境の激変ぶりにつ…

このように特に昨今の雇用形態の変移に当たって、社会人の中で若年層が特にチェックし、気にかけているようです。「将来的なキャリアアップ」を見据えようとしているのでしょう。働き手といった人たちの労働市場の「流動化」が顕著となっているので、より一層、後々転職への関心度は高くなるでしょう。労働市場の「流動化」が背景にあることで、会社の転職はあなたにとって身近なものとなっていくでしょう。「終身雇用制度」が機能したかつては、「会社を辞めて転職」は、それだけで評価が下がりやすい傾向が強い、転職が思い通りにいかないこともたくさんあったようです。ところが、時代が変わり現在の会社に固執する意味も必要性も特に無いように思います。

失業したときにもらえる失業保険は、失業中であることが給付のため必要ですが・・

失業した人に給付される失業保険は、給付されるためには失業中であることが必要ですが、もらえる期間が決まっています。失業時までに働いていた期間によって変動し、90日とか120日とか決められるのですが中にはこのような事実を理解していない人が少なくありません。失業中である限り給付されると思い込んで働けば失業保険がもらえなくなると考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、後々あと1か月しかもらえないと分かってから急に就職先を探し始めてもロクなことにならない可能性が高いです。会社の面接官もバカでは無いので、「いつ失業したか?」「失業してからどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたのか?」といった点はほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。状況によっては、そういった質問をされるキケンもあります。答えに詰まったり、不自然な嘘をついたりしていると、まず受からないでしょう。

退職|先週人材会社に登録に向かいました。

3日ほど前転職のために人材会社へと登録に行きました。そのとき登録カウンセリングの時に現れた担当の人がどうも大学卒業後まもない社員のようで、私が伝えたいことの3分の1も彼は理解できてないようでした。にもかかわらず「キャリアデザインがよくないですね」とか「きちんと強みと弱みを知っておくことが必要です」等、ベテランのように横柄にしゃべるから非常に不快な気分になりました。カウンセリングをする人は多少はカウンセリングのスキルがある人にするべきだと思います。

退職|就職活動において、年収はかなり大切なポイントです。

就職活動において、年収は大変大事な要素です。面接の際、大半の会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき現実の年収を多く偽って、転職先で多くの収入を得ようとしても、無駄でしょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要なため、一度は信じさせたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、そこで虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ときにはトラブルになることもあるので、現在の年収をハッキリと伝え、それに見合った希望年収額を設定するのが正解です。例をあげると、現在の年収が300万円の方が転職後すぐに500万円となる見込みはまず無理です。たとえば、現在が430万円の年収であれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくのが良いでしょう。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなり、せっかく入社した会社を退職しなければならないという事態になるおそれもあるため、誠実な態度を心がけておきましょう。

退職|パソコンやスマホを使えばわかるけどネットで見られる世界には…

世の中は便利になったものでスマートフォンを使えばネットの世界では、要するに「転職のためのサイト」と呼ばれるものがそこらじゅうに存在しているのをご存知でしょうか?サイトから自分自身が求めている転職先というのを見付けるために、まず、情報を集めることをしましょう。このようなサイトをうまく使うことで、効率的に転職先を探せます。転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む「転職サイト」がある一方、それとは対称的なサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。まずは、本当に信用していいのかどうかを見極めることがポイントとなりますからよそと比較しながらしっかり確かめてみましょう。

就労期間中なら、状況が許す限り、周囲にバレないよう・・

就労期間中は、可能なかぎりバレないように(私の経験談ですが)在職期間中に転職したいという考えを早いうちに会社内で言ってみたことがありました。だが、その顎、求人を必死に見て回ったものの、思いとは裏腹に就職先も転職するタイミングすら計画も立てずに煮詰まっていないままズルズル時間だけが過ぎてしまいました。そしてその傍ら、当時所属していた会社の方は、業務の引き継ぎ予定や手続き、退職日などが確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、転職先を見付ける」という、お粗末な状況になってしまいました。そして、予定は思うようにはいかず、失業期間を経たのち、次の就職先を探すことになりました。

もしもあなたが将来、転職したいと考えているなら、前も・・

もしあなたが転職するのなら、先に「資格」を取っておくと選択肢が増えます。とくに、仕事を続けながら資格を取得すると、転職の際でそれを生かせるので、選べる企業がぐっと増えます。そういうわけで、在職中であり、かつ転職活動前の段階で資格取得をするのがもっとも良いタイミングといえます。もしもあなたが未来を考え、就きたいと考えている仕事に役立つ資格を取ると、今の職場を離れたあとも心残りなく仕事を探せます。さらに、資格を持つことによって、転職活動では資格が味方をしてくれるので面接のときには担当者に戦力になると判断してもらえ、以前より待遇アップも期待できます。