転職活動を進めるには、然るべき準備はやらなくてはいけません。

退職|再就職する場合、それなりの準備は必要不可欠です。

  • 転職活動には、準備はしなければなりません。そんな中でも目に見える「ファッション」は気になりますよね。とはいえ、今の企業面接については私服がOKな会社があるので、スーツでなくては、と考えて赴く必要はありません。とくに会社の創設してすぐの企業などは、厳格なマニュアルもないことが多く、私服で面接をした方が、印象が良くなります。さらに、フランクに話をしやすい、というメリットもあります。また、私服を見せるたことで面接時に、洋服の話もしやすくなるため、担当者に気に入らえるチャンスを作れます。ということで、今から転職は会社の「創業年数」で選択し、(ベンチャー系の)面接時には私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

  • 退職|転職活動を行うときに、とにかく勤務している会社を辞めて…

  • 転職活動を行うときに、とにかく今の会社を辞めてからとする人たちもいますが、それなら次のボーナスがいつ入るのかを前もって調べておきましょう。社員にボーナスを出す会社はいくらでもありますが、社員にボーナスを支給する会社の場合には、ボーナスをもらえる日まで数か月しかないのなら、その日を待ってから退職届を提出するというやり方も賢い方法です。ボーナスはなかなか多くもらえるはずなので、もらわなきゃ損ということも考えることもできるでしょうから、会社を辞めようと思ったらボーナスの支給日について知っておくほうがボーナスをもらうのを忘れないと思います。

  • 転職時に要となるのがまぎれもなく「面接」になります。

  • 転職する際、重視されるのが間違いなく「面接」になります。多くの場合面接の際は応募者に対して、転職に至った動機や退職理由などこれまでのキャリアといったことを尋ねてくると思います。さらに、面接の終了間際に次は、面接希望者側からの疑問点などを質問できます。面接官側が、「我が社について何か疑問点はありませんか?」と。と聞かれた際に面接者本人が答えを用意しておらず、急なことなので戸惑う事もありまよすね。そんなときのために、面接を受ける前に不安に思っていることなどの聞きたいことを整理しておくことをお勧めします。具体的に知っているわけではありませんから、いくつかの疑問点は見つかると思います。ぜひ、試してみてください。

  • 転職することを成功させたいのなら、事前の情報収集をしておきましょう。

  • 満足できる転職するを希望しているのなら、事前の意味のある情報収集をしておきましょう。そうするにはネットを見ると企業の名前を知られていない中小クラスらしくもなく公式サイトに会社のことを書いている場合が多いので、インターネットの機能を活用して気になる点をチェックしておくとまたその企業について疑問点などをチェックしておくと転職に役立ちます。公式ホームページの他に、「転職サイト」を利用するのも対策としては有効です。また、インターネット以外の手段として、何より希望している職場を自分自身で見て確かめてみるのも意味があります。

  • 古来より日本には”石の上にも3年”という教えがあります。

  • 日本には”石の上にも3年”という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。現在の社会では終身雇用制は死語になりつつあります。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、転職というのは決して珍しいものでなくなっています。が、「仕事を変えること」が当たり前になったからといっても、やたらと仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。実際に仕事を変えたいと考えているなら、タイミングを的確に捉える必要があります。まず、今現在の職場、仕事について全般的に、不服点を箇条書きにして多くて10項目、最低でも5項目はメモしてみてください。こうすることによって、転職活動の次の一手を考えやすくなります。そして、もし将来の進むべき道が見えてきたら、早めに今よりも良い仕事ができるよう、頑張っていきましょう。

  • 退職|転職をする時に絶対に書く履歴書や職務経歴書などにおいては…

  • 転職をしようとする時に絶対に書く必要がある履歴書などにおいてですが、原則的にはパソコンで作るというのがほとんどです。現在の日本においては履歴書はパソコンではなく自筆で準備するというのが一般的だと思われていることも多々あるようですが、それは新卒の人たちの就職活動やアルバイトやパートの際に準備する履歴書であって、実際のところ、転職においては履歴書や職務経歴書は必ずパソコンで書いたものは駄目とはっきりとは言えません。自筆の履歴書の方を高く評価する企業もありますけど、違う会社がずっと増えてきますから、手書きでなくてもよろしい会社はけっこうあるのです。

  • 退職|以前の求人情報に募集条件の中に「性別」が、書かれていました。

  • 何年か前までは求人情報に雇いたい人の「性別」まで記載されているのが一般的でした。ですが、1985年に制定された男女雇用機会均等法によって採用時、男女の差別をしてはいけない事となり、求人情報のなかに「性別」の表記ができなくなりました。そうはいうものの、求人側は、男性・女性のどちらでも良い、とは内心では考えていません。実際に、実際は男性希望の業種に女性が応募してきたり、逆に女手が欲しいのに、男性が応募してきたり、といった問題もひとごとではないのです。例として、「女性が活躍できる仕事場です」とアピールする案件では、希望しているのは女性だと読み取ることがトラブルを回避できます。

  • 派遣先の会社が決まりました。仕事の初日に派遣会社の営業の担当の…

  • 派遣で働く会社が決まりました。最初の出勤日に営業の担当の人と勤務先の近くのコンビニエンスストアで合流する約束だったのですが、どうしたことか店の前にいないので店内にいるのではないかと思ってお店の中に入ってみたら、担当者は雑誌コーナーのところで座りいやらしいグラビアページを開いて閲覧していました。こんな担当の人の仕事なんてまっぴらごめんと考えて、そこで声をかけず店を出て速攻派遣会社に辞退の連絡をしました。

  • 退職|20代に転職を2度行い、そして今、資格をゲットするべく…

  • 20代のうちに転職を2回経験し、現在、資格を取るべく派遣社員として企業に採用されました。フルタイム勤務を選択しなかったので給料は過去の仕事よりも少ないです。しかし、心と時間に大きな余裕が生まれ、満足しています。思い返すと、学生の頃にいくつか資格を取り、就職できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。やはり、実際、そういった成功例を間近に見てしまうと自分もああなりたかったと見えてしまいます。前までは、自分と他人をどうしても比べてしまい、落ち込むこともありました。現在は結婚を経験し、過去と比べ生活そのものが大きく変化し、前よりもその中で仕事や将来の夢も定まったので、自分の人生に満足できるようになりました。

  • 退職|再就職の際の面接は、中小企業クラスの場合、ほとんどは「人事」が面接担当になります・・

  • 転職の際の採用面接では、小規模業者であれば大抵は「人事」が面接担当になりますが、それ以外にも具体的には、これから一緒に仕事をする担当者、要は部長や課長などが面接することも決して少なくありません。特に、営業職や事務職に転職する場合は資格などという判断がしづらいですから、自信を持ち自分という人物を売り込んでいくようにしたいものです。面接担当者から「この男、なかなか言うし、それになかなかの戦力になりそう」と思わせ、記憶に残すことが大事です。

  • 退職|現在の仕事と並行しつつ、転職活動をする人はかなり多くいます。

  • 転職活動を現在の仕事と同時進行させる人が多いです。とはいっても、忙しく仕事をしながら求人の応募に走ったり、面接を受けるのは精神的にも肉体的にも負担が大きいといえます。加えて、転職活動中は、今の会社の同僚や上司に隠さなければいけません。とりあえず応募するという方針の人もいますが、もしも、書類選考をクリアし、面接の段になって辞退すれば厄介な事態となるかもしれません。転職エージェントにサポートしてもらって応募していた場合は、そのエージェントからの信用を失いますし、それとは異なり自分で直接、応募した場合でも、相手の会社から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。貴重な時間を失う結果になるおそれもあるので、行くつもりのない企業は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は、新卒の就活とは全く違う、と意識しておくと、賢い判断ができるはずです。

  • 転職を行うなら、言うまでもなくやりがいのある仕事をすることも大事だけ・・

  • 転職をするなら、当然仕事におけるやりがいアップと共にそれにとどまらず給料アップも大切なポイントになりますから「年収サイト」というところに登録してあらかじめ研究をしています。全く一緒の会社で加えて同じ職種、経歴なのに人によってかなりの幅がある場合も少なくなく、正直に言えば面接で質問をしたことがあります。面接をした人もそのサイトを見ていたみたいで「その高収入で書いているのは、書いた人間について誰だろうとそこそこ予想はついているんですけどね、おそらく見栄をはっているのでしょう。低い方だと考えておいてください」とのことでした。

  • 近頃、株式・不動産投資などといった不労所得で生活資金を得た…

  • この頃では、株式・不動産投資の不労所得で儲けたり、独立・起業といった生き方も増えています。そのような社会的変化もあるせいか、雇用されて働くことが世の習いといったこれまでの考えも変わってきています。高度経済成長の頃に関しては、将来が不安定な自営業や株式よりも雇用されて働くほうが賢明でした。そのため人生の正しい進路として、またそれが自然のことのように世の中に認識されていました。しかし、そういった時代は終わり、時代は変わって「成熟期」などというらしいです。コンピューターの進化とともに、近い将来では、自動化・機械化がさらに進み社会においては人手が必要なくなると言われています。

  • 退職|新卒で入った会社を辞め、一歩踏み出して転職することにしました。

  • 新卒採用で入社した会社を辞め、転職を決意しました。実際に転職する前後は、しばらくの間ちゃんと転職できるか不安でした。しかし、社会に出て数年経てば転職をして中途採用で働いている人ばかりであることを転職活動中に気づき、いつの間にか悩みが消えて、気持ちが楽になりました。転職をしたことでなんだか気持ちが楽になり、自分に合った仕事見つけることが出来て嬉しくなっていきました。いまだに「続けてこそ意味がある」といったような意見もありますが、それが正しいのかなと感じました。私の場合は間違ってなかった、と思っています。

  • 生まれて初めて失業保険を受けるケースでは、「期間内は自動的に受け取れる」と考える…

  • 生まれて初めて失業保険をもらう場合、給付されるのを待っているだけでいいと思っている人がとても多いですが、それは間違いです。現実には、失業保険の給付を希望通りに受け続けるためには、仕事探しを行っている必要があり、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月スパンでハローワーク職員との面談を通じて、真面目に仕事を探していることを信じてもらえれば翌月の給付を受け取ることができるというシステムです。因みにきちんと就職活動をしていないという心証を与えたり、月に一度の職員との面談に参加しない場合は、情け無用で給付が一時停止となったり、酷い場合はそれ以降の給付資格も失効するおそれがあるのでそれを防ぐために充分に気をつけてください。

  • このあいだ転職したばかりであるにも関わらず、入ってす…

  • ほんの2ヶ月まえに、転職したばかりであるにもかかわらず、わずかしかたっていないのに退職届を提出する人がとても少なくないのです。何故そうかと考えてみるとおそらく転職先の仕事環境を見つけたものの、「自分自身の期待していた職場環境とけっこうギャップがあって幻滅した」「独自のルールにどうしても慣れなかった」といった感じで別の仕事を探すのじゃあないかと思います。可能ならこういった転職における失敗をしないためには、とにかく情報収集をまじめにやっておかなくてはなりません。職場内の環境、具体的な業務内容、給与システム、などいろいろ事前にチェックしておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。