近時は、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり、…

現在、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりして、…

  • 現代では、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり、労働条件違反などが厳しく取り締まられたり、悪質な企業の場合は公開されるなど、損をするシステムができてきましたが、完全とは言い難いです。なので、事前に面接で「ブラック企業」かどうかを見破れる方法があるので覚えておきましょう。最初に、求人票などに記載された労働条件に目を通して、それらをもとに色々と質問してみましょう。相手がブラック企業であれば、求人票の記載が嘘の場合、返答が曖昧になったり、結局は答えられなかったり逃げの姿勢に入ります。中でも「給与」「休日」「残業」の箇所については、詳細について聞くと、渋い顔をすることが多いです。それでも質問を続けると、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたような態度になってくるので、そこで「この会社は信用に値しない」と確信できます。この手の会社は、約束を履行してもらえないばかりか、入社後もふてぶてしい態度を繰り返される可能性が高いので、変だと思ったら、その会社に入社すべきではありません。

  • 退職|転職を予定しているのなら、まめに多様な会社の募集案・・

  • 再就職しようと思っているなら頻繁にたくさんの企業の採用情報を定期的にチェックしておけば再就職先を大いに選びやすくなります。現在の仕事に不満足だと感じている場合、いざ転職活動を開始した時、どの会社もいいように思えてしまします。そうなったら、どの企業に決めればよいのか、困ってしまいかねず、どんな企業でも飛びついてしまうのです。したがって、最終的にはごく短期間で退職してしまうおそれもあるので、見る力を養っておくべきなのです。方法としては、会社の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、転職したい会社の取引している会社も気にしてみましょう。透明性を重視する企業は、取引先を公表していますし、逆にそうでない企業は、宣伝ばかりに力を入れる傾向があるので、その点をおさえて求人情報を見るようにしてみてください。そのうえ、会社によって個人グループに入っているケースもあるので、グループ名で調べ、確認しておくのも手です。

  • 退職|就業していた会社で怒りっぽい上司に困惑してしまい、つい…

  • 昔働いていた会社でのことですが意地の悪い上司に困惑してしまい、その結果我慢することができなくなりその会社は辞め、同業者の他の企業へ転職しました。そこでは会社の雰囲気がよく充実した毎日でしたが、ちょっとずつ業績が悪くなって、ついにはとある会社に経営統合されることになりました。奇遇にもその統合した先の会社がなんと以前働いていた会社で、大嫌いだった上司がまた私の上司になることに。まったく困ったことになりましたが、どれだけ縁があるのでしょうか。当然ながらまた転職活動を始める予定です。

  • 転職活動を行っていると面接で「志望動機」「転職理由」の2点は絶対に質問されます。

  • 転職活動をしていると、例外なく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。志望動機に限っては、正直に話しても問題ありませんが、これとは異なり転職理由について隠さずに伝えるのはよくありません。収入面の不満、人間関係の問題など、面接官に好印象を与えるものではありません。自分の得にならないことをそのまま話す人は極めて稀だと思いますが、転職先の企業の多くは、そういったマイナス箇所に関心を持っているため、慎重に質問してくると考えておくべきです。不満を言わずにうまく答える方法として、現職の業務内容以外を一切話さないことです。そのあと、この企業に入ってこんな仕事をしたい、「3年後にはーしたい」「5年後にはーしているだろう」、「こういった私の希望が叶うのは御社だけだと思っています」、といったように志望動機に話をすり替えてみましょう。

  • もし、現職からの転業を決定したなら、徹底して周囲にこっそり…

  • 例えばあばたが、転職の決心を固めたなら、徹底して会社には内密にその気持ちを悟られないように、首尾よく活動を進めていき、現職にいるあいだは、徹底的に周りの人間に悟られないよう普通に仕事をするのがもっとも妥当です。その点を認識していれば、希望通りに働き先が見付けることができなくても、転職の予定を延長しながら現在の仕事をそれまで通りにし続けても何ら問題がありません。そうではなくて、つい「転職するつもりでいる」と口にすると、会社は、その言葉に合わせた対応を取るようになります。会社内で「辞めるつもりです」と言ったが最後、会社内では「あの人は退職する人」という位置付けになります。そういったシチュエーションのあとで、転職したい思いが薄れ、「やっぱり退職しないことにしました」と釈明しても、同僚たちは、「一度は辞めようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、在籍しているあいだ、身の置き所がない思いををするおそれもあります。

  • 友人の紹介で転職先を見つける人もいます。

  • 人の紹介をキッカケにして転職を叶えようとしている人もいるでしょう。ただし、転職の先の労働環境、労働条件に関する情報について、友人知人からの口コミ情報を過剰に信じると後々面倒なことになるかもしれません。口コミである以上、ある特定の人の口コミというのは客観的な要素が排除されやすく、誤解・齟齬が多くなってしまいます。知人にとって、働きやすい良い職場だとしても、あなた自身には、そうではない環境なのかもしれません。でもその逆も然りです。ということで、職場環境については口コミだけに頼らずに、最後は自身の目で確かめておくことも大切です。

  • 再就職する時に行われる面接のときにつける腕時計について申し上げますが・・

  • 再就職の面接でする腕時計に関しては、ビジネスの場らしからぬ派手な腕時計はやめておいた方が良いです。この場合の目立つという意味は高そうなデザインだったり、というだけではありません。反対に、明らかにチープに見える腕時計に見えるとか、そういう真反対で目立つ、ということで認識しておいてください。面接のときの腕時計においてはネクタイやスーツと同じようにとらえ面接に適切なものを選ぶのがベストです。そうはいっても、自身の年齢に適している腕時計ということも大切なことで、新卒の時に面接で着けていた腕時計よりはわずかであっても値を上げた方が良いということは言えるでしょう。

  • 退職|一般的観点からすると大きな会社では、「定期採用」で人材募集することが普通です。ですか・・

  • 一般的に見て一流企業は「定期採用」がメインです。ですから、転職で入りたい人にはかなり厳しい条件といえます。それに、都会エリア外だとそのチャンスがずっと低くなります。とはいえ「製造業」の場合であれば、地方の工業団地周辺に工場を持っていることも少なくありません。そのような工場なら、事業拡大をする際に人員募集をすることも珍しいことではありません。このタイミングに転職を検討してみるのも有りです。そのためには、地方の工場に転職したいと考えているなら、転職を希望する企業についての予備知識をあらかじめ仕入れておきましょう。その企業のHPをチェックし、人員募集の有無など、定期的にチェックしておきましょう。

  • 退職|今やっている転職活動中に、「これまでずっとこういう種・・

  • いい転職をしようと転職する活動時、「自分は今までにこういった種類の仕事をしました」「今までにこういった技術を得られました」とそれまでの自分の成功体験やセールスポイントを強めにアピールする人は少なくありません。しかし、応募し1から始める組織で「可能ならこういったことをしたい」「私が話したような内容の事ならぜひ貢献できるはず」と将来のプランで自分をアピールしていったほうが過去をメインにしながら語るより採用チャンスに恵まれます。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。

  • 退職|転職サイトは一度登録したあとに、嫌になるぐらい電話やメールをしてきます。

  • 転職サイトに登録すれば必ず、電話やメールで頻繁に連絡が入ってきます。初めて利用する人はかなり驚く場合がよくあります。「転職エージェント」は、会員の転職を促すことが目的だといえるので、とても積極的に行動します。大手エージェントは、転職を完了させることで企業からお金を受け取るシステムのため、転職希望者の都合を考えるよりも企業側を優先させることが珍しくありません。その上「転職エージェント」は契約件数を増やすために内定が取れた瞬間に、入社を強くすすめてくることが珍しくありません。防御策として自身の希望や意思を明確にしておき、妥協した形の転職とならないように心がけるようにしましょう。

  • クールビズ(軽装)で再就職の面接会場に行こうとする場…

  • クールビズで再就職の面接会場に行こうとする場合、ジャケットまでは着ていかなくて良いとはっきりと言い切ることができるわけです。ですが、ネクタイは面接では着用しているほうが印象が良くなるのでお勧めです。ネクタイの着用はなくてもOKだと思っている会社もある確率もなくはないですが、ネクタイはクールビズが推奨されていても着用する必要があると決めている企業がそこそこ存在するわけです。それゆえに、例えクールビズ(軽装)と言われていたとしてもネクタイだけは必ず着用いく方が良いということを知っておいてそんはありません。

  • もしあなたが転職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」にお…

  • 再就職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」など、都会から地方に移住した上で転職したい、と考える人が増加しています。今のネット社会では求人情報サイトを用いれば、地方・郊外での求人情報にも手軽にアクセスできるようになりました。ですが、郊外や地方での求人情報は、大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある企業が少ないので、その点がマイナスといえます。ですので、求人サイトだけを頼りにし過ぎてしまうのは考え物です。求人サイトとともに、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトも定期的に確認し、「地方自治体・商工会議所」などの行政が主催している就業サポートの関連情報もチェックすると良いでしょう。

  • 退職|将来転職活動をするのなら、良いと思う求人(OR 業界…

  • 今後転職活動をするという時は、良いと思う求人(業界)を見た際に忘れず「〇〇業(気になる業界)、ブラック」とインターネットでチェックしておきましょう。求人票・転職エージェントからはまずその業界に関するマイナス点は教えてもらえない、と思っておくべきです。もしも、ブラック案件が多い業種であれば、ネット検索によってカンタンにいとも簡単に現実を知ることができます。そういった現実を知らずに仕事を始めてしまうと、あとになってしっぺ返しを食らうおそれがあります。そもそもその求人が頻繁に出ている理由が「内容がきつく、人がなかなか定着してくれない」ということも多くあります。目に留まった案件について、下調べをしてから応募しましょう。

  • 「シフト制」の業務についてです。

  • シフトがある仕事についての話です。毎週、同じ曜日に入れる人を募集している求人をよく目にするのですが、休み方やシフトの出し方を面接の際に確認しておくべきです。それはなぜかというと、以前に私自身が、産休で抜ける人の代わりにと正社員として仕事をすることになったのですが、私のシフトが「土曜、日曜」固定となるシフトで、新入社員の私以外は、誰一人現場にいませんでした。前にいた人が「土日」に必ず出ることができたので、私自身もそのような人と思われていたようです。「土日」に外せない用事が入ったりした場合、シフト変更の必要があり同じ部署の先輩たちに「代わりに出勤していただけませんか?」と私自身が依頼しなくてはいけませんでした。立場も給料も同じなのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。思い返してみると「本当によく耐えた」と自分でも驚きです。

  • とある古物商の求人に応募したところ、書類選考に受かりました。すぐ・・

  • とある古物商の求人に応募したところ、書類審査に受かりました。その後相手方から面接の日時を指定してもらいました。けれど、当日、指定場所まで行ってみると、なぜか全く面接が予定されていませんでした。ようやく、所長と思しき人が面接に応じてくれましたが、呆れるほどだるそうな対応の状態のまま何とか面接は終わりました。予定日を過ぎても結果連絡が一切なく、もう待ちきれなくなり、私から問い合わせると、「郵送で本日送付してあります」とのこと。しばらく待っていましたが、届くことはありませんでした。そこでふたたび、問い合わせると、どういったわけか、「残念ですが不採用とします」、と勝手に電話を切られてしまったのです。あまりのことにしばらく絶句してしまったのですが、正直なところ、採用されなくて良かったと思っています。

  • 退職|転職サイトや転職エージェントといったサービスを活用し…

  • 転職サイトや転職エージェントを通じて、転職活動することは今では当たり前のことです。さらに、よりよい転職先を見つけたいのであれば、それと同時に転職フェアも併用されることをお勧めします。多くの企業が一度に集まるので、参加すれば一度に複数の企業の情報を得ることができ、そして、説明員等の雰囲気から、企業の個性を伺えるはずです。もしも、転職フェアに行く際には、1次面接を受けるつもりでしっかりとした考えで参加する事がお勧めです。その結果としてフェアの最中に企業に自分の魅力が伝われば、後に面接の本番時にかなり有利なはずです。