近時は、ブラック企業がメディアで注目されたりして、労働条件関係の取り締まりが厳しくなった・・

近時は、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようにな・・

  • 今日では、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件に関する取り締まりが厳しくなったり、悪質な会社が公開されるなど、厳罰に処する傾向にありますが、まだまだ完璧ではないのが現状です。だから、面接で見破る必要が出てきます。まずは求人票などに記載された労働条件に目を通して、それらを使って遠慮せずに質問してみることです。ブラック企業であれば、求人票の記載が嘘の場合、明確な返答ができなかったり、「その場ではハッキリとは答えられない」と逃げようとすることがよくあります。特に「休日」「給与」「残業」では、質問責めすると、渋い表情を見せるケースが多いです。それでも食い下がると、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せはじめるので、会社の正体がわかります。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、何か違和感を感じたら、他の会社をあたったほうが良いと思います。
  • 転身したいなら、様々な会社の採用情報をチェックすること・・

  • 再就職を念頭に置いているなら労を惜しまずに多種多様な会社の情報を定期的にチェックしておけば就職先をかなり選びやすくなります。今現在の仕事を不服だと思っているなら、転職活動を開始したとき、どの会社もいいように思えてしまします。そうなると、どこを選ぶべきか判断が難しくなり、選択をしくじりかねません。ヘタをすると、最終的には短期で退職してしまうおそれもあるので、会社の良しあしを見極める目を養っておくべきなのです。転職したい会社の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、その企業の「取引先」も気にしておきましょう。透明性を重んじる企業は取引している会社の情報を公開していますし、逆にそうでない企業は、宣伝に力を入れる傾向があるので、その点もチェックしてみましょう。さらに、企業によっては、個人グループに入っているケースもあるので、グループ名をチェックをすると細かい所もチェックできます。
  • 就業していた会社で感じの悪い上司に悩みを抱え、結局我慢ができなくなりその会社は辞め、…

  • 勤務していた会社で嫌な上司の存在に悩みを持ち、結局耐えることができなくなって退職し、同業者の他の会社へ変えました。その会社では気分よく勤務することができてとても満足のいく日々でしたが、じわじわと業績が落ち込んで、とうとう経営統合されることになりました。ところがその統合した会社が驚くなかれ以前勤務していた会社で、加えて大変嫌いだった上司がまた私の上司になることに。まったく困ったことになりましたが、どれほどご縁があるのでしょうか。当たり前のことですがまた転職活動をし始めています。
  • 転職活動をしていると、面接時に「志望動機」「転職理由」の2点は高い確率で質問されます。

  • 転職のための活動を行っていて面接において絶対に質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。志望動機に限っては、正直に話しても問題ありませんが、これと違って転職理由について正直に伝えるのはよくありません。転職理由でよくある給料の不満、上司や同僚との人間関係など面接官に好印象を持ってもらえるものではありません。とはいっても、自分の得にならないことを馬鹿正直に話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそのような部分に関心を持つことが多いので、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。これに対抗して現職の不満を言わないように答えるには、現職の仕事内容以外を話さないことに尽きます。そして、この企業に入ってこんなことを実現したい、5年以内にこんなゴールを達成したい、そのために御社に応募しました、と未来志向な志望動機に変えていきましょう。
  • 仮にあなたが、とらばーゆを決意したなら、完全に周囲の人…

  • 一度、とらばーゆの決断したなら、徹底して周囲には内密にそれを告げずに首尾よく転職活動を進めていき、働いている間は徹底して周りの人間に悟られないよう通常通りに仕事をする方がたいへん安全です。働いている間、その姿勢を保っていれば、最悪の場合良い転職先を容易に見つからなくても、転身の予定を保留しながら、現職に続けてもできます。そうではなくて、軽率に、口にしてしまったら同僚はそれに合わせて動きます。それに加えて「辞めるつもりです」と言ってしまうと周りからは「あいつは辞める人」という位置づけになります。その後で転職したい思いが消えて、「やっぱり仕事は辞めない」となっても、会社内の人間は、「一度は退職しようとした人」ということで在籍中ずっと、立場が悪くなる思いををするリスクが高いです。
  • 退職|友人や知人の紹介をキッカケにして転職先を見つける人もいます。

  • 人の紹介をキッカケにして転職を叶えようとしている人もいるでしょう。とはいっても転職の先の労働環境、それから労働条件といった部分について知っている人からの口コミ情報を過剰に信用するのは後々問題になるかもしれません。そういうのはある特定の人による口コミ情報は客観性に乏しいからです。それ故に友人・知人から見たら居心地の良い職場に思えても、、自分自身の価値観に照らし合わせたときには、まったくそう思えない可能性かもしれません。でもその逆も然りです。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミだけで判断せず、自身の目でチェックしておくようにしましょう。
  • 退職|転職をする際の面接のときにつける腕時計においては、目を惹くような…

  • 再就職の面接を受ける時につけていく腕時計について申し上げますが、どう見ても目を惹くようなものはつけて行かない方が安全です。目立つ腕時計とは有名ブランドの腕時計であるとか、それとは逆に安物に見えてしまうとか、そういった目を惹くという意味であって真逆の目を惹く、ということで考えておいてください。再就職の面接の際の腕時計に関してもスーツやネクタイのようにとらえて、堅実なものを選んだ方がベストだと言えます。ただし、歳に見合った腕時計であるということもとても肝心であって、新卒の頃に面接時にしていたものよりはほんのちょっとでも値を上げた方が良いと断言できます。
  • 退職|大半は一流企業は「定期採用」がメインなので、転職で入る事はとても難しいものです。

  • ほとんどの場合大手企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですから、転職で入りたい場合は、タイミングを考慮しなくてはいけません。おまけに、都会エリア外だとその可能性がたいへん低くなりそうです。例外的に、製造業の会社においては、地方の工業団地の近所に工場を持っていることもよくあります。そういう地方の工場は、事業拡大をする際に途中採用することも珍しいことではありません。そういったチャンスに転職を検討してみるのも有りです。そのためには、地方の工場での転職を考えているなら、希望する企業についての情報をあらかじめ収集しておきましょう。ホームページを見て、求人がないか時々チェックしておくと間違いがありません。
  • 退職|今がんばっている転職活動の際、「自分は今までずっとこのような種類…

  • やっている転職する活動をしているときに、「今までずっとこういう価値のあるの仕事をがんばってきました」「仕事の中でこういった技術を身につけることができました」と過去の自分自身の実績・セールスポイントを十分にアピールしなくちゃと考える人はしばしば見かけます。しかし、転職先となる新たな環境下で「可能ならこのようなことをしてみたい」「私が経験したような業務ならできれば貢献できるに違いない」と将来のプランで売り込むほうが過去の実績以上に反応が良いはずです。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。
  • 転職サイトに登録した場合、電話・メールで嫌になるぐらい連絡が入ります。

  • 転職サイトに登録すれば必ず、嫌になるぐらい電話やメールをしてきます。このことに対して「転職エージェント」の初心者の方は、結構びっくりする場合がよくあります。転職エージェントは転職をサポートすることが業務なため、非常に積極的です。中でも大手エージェントは、転職を完了させることで企業から報酬が入る仕組みであるといえるので、転職する側の都合より企業の都合を優先的に考えることが多々あります。「転職エージェント」は契約件数を増やすために内定が取れるとすかさず、入社するよう後押ししてくることがよくあります。対抗策として自身の気持ちを明確にしておき、無理に転職することがないように注意しなければいけません。
  • 退職|クールビズ(軽装)スタイルで再就職の面接会場に行こうとする場合・・

  • クールビズの格好で再就職の面接場に出向く際には、やっぱりジャケットまでは着ていかなくても大丈夫だと間違いなく断言できます。ですが、ネクタイは着用したほうが好印象を与えてくれるのでお勧めです。ネクタイなしで良いと認めている会社も存在する確率もなくはないです。ですが、ことネクタイにおいては例えクールビズであろうとすべきだと考えているところがあります。そういった訳で、例えクールビズ(軽装)で来るように言われていてもネクタイは着用していった方が良いというのは分かっておいてほしいです。
  • 再就職を考える場合に「Uターン」「Iターン」におい・・

  • もしもあなたが再就職を視野に入れたとき、「Uターン」「Iターン」など、都市部から地方に移住しつつ、再就職したいと考えている人が、近年増えています。ここ最近は求人情報サイトを使用することで郊外・地方の求人もいつでも簡単にアクセスできます。ただし、地方での求人については、都心のような選択肢は期待できないので、それがマイナスといえます。といった性質上の問題があるので、求人サイトだけに頼りすぎるのも考えものです。「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトもチェックしておきましょう。そうした機関の就業サポートの有無も見ておくと、良い出会いが期待できます。
  • 退職|これから先、転職活動をされるなら、良いと思える求人(OR 業・・

  • 転職活動のとき、良いと思う求人(もしくは業界)を見付けるたびに必ず「〇〇業、ブラック、デメリット」でネット検索してみましょう。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントでは、業界のデメリットなどは、アドバイスはないものと思っていてください。もしブラックな面があるならインターネット検索によってカンタンにカンタンに現実を知ることができます。そういった検索をしないまま、入社すると、直後に入ったことを後悔してしまうおそれがあります。そもそも求人が頻繁に出ている理由が「仕事がキツイから入っても続かない」ということも多いので目に留まった案件・業種については、下調べをし疑問点を払拭した上で、応募しましょう。
  • 退職|「シフト制」のある仕事についてです。

  • これはシフトの勤務形態がある仕事についての話です。毎週、同じ曜日に勤務できる人を募集する求人をよく見るのですが、もし、応募しようと思っているなら休み方やシフトの提出方法を面接の際に尋ねておいたほうが良いです。それはなぜかというと、前に私は産休で抜けた人の代役として、正社員として仕事に就いたのですが、私のシフトがそこでは、「土日」固定のシフトだったのですが、他の社員は来ず、私一人だけで現場を任されるだけでした。前任者が「土曜、日曜」に必ず出れる人だったので、私自身もそう思われていたみたいです。実際「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフトを変更してもらう必要があり、上の人たちに「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と私が依頼しなくてはいけませんでした。立場も給料も同等なのに土日を私1人だけに任せるって、どういうことなのでしょう?思い返すとよく我慢したな、と自分でも驚きです。
  • とある古物商のお店で、書類選考に受かりました。2、3日して…

  • ある古物商の社員募集に応募したところ、書類審査に受かりました。すぐに面接の日時について相手方から連絡をもらい、ところが、当日、時間通りに行ってみると、なぜなのか相手が面接の用意を全くしていませんでした。しばらく待って、所長らしい男性が面接担当をしてくれたのですが、始めから終わりまで、たいへんにやる気のなさそうな態度を見せて、ひとまず面接が終了しました。しかし、予定日になっても結果連絡がまったく来ず、もう待ちきれなくなり、自ら問い合わせると、「郵送で今日送った」と告げられました。しばらく待ちましたが、私の手に届くことはありませんでした。そこでふたたび、連絡をしたところ、「残念ですが不採用とします」、とそう言われてすぐ、電話を切られました。私はしばらく絶句してしまったのですが、正直、採用されなくて良かったと感謝しています。
  • 転職エージェントと転職サイトを活用して、転職活動するといった方法は最近人気です。

  • 転職サイトや転職エージェントなどを活用し、転職活動を行う人は大勢います。だとしても、転職先を確実に見つけたいのであれば、それと同時に転職フェアにも積極的に参加してみてはいかがでしょう?多くの企業が一度に集まるので、そこに足を運ぶことによって気になる企業の情報に直接触れることができますし、その上、フェアに参加している企業スタッフから、その企業がどんな雰囲気なのかある程度わかります。もしも、転職フェアに参加する機会があれば、1次面接を受ける心構えでしっかりとした準備をしておくことがおすすめです。その結果としてフェアのあいだに企業側から魅力的な人材、と思われれば、後に実際の面接時にかなり有利なはずです。