退職|「転職サイト」は、大手のほうが掲載される求人情報が豊富なため、…

退職|転職サイトは大きなサイトであるほど案件が多いため、興味のある2~3社を…

  • 転職サイトはよく知られたサイトであるほどたくさんの企業が掲載されているため、約2~3社ほどまずはサイトに登録した上で、勤務地・年収などの条件を事前に設定しておき、条件に合った求人情報が自動的にメールで送られるように設定しておくと楽に情報を集めることができます。ですが、最初に限っては登録するのが多少大変なので、登録前に履歴書と職務経歴書をきちんと準備し、そのコピー&ペーストをする形で登録すると手間がかかりません。登録をする初回時は時間がやや必要ですし、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、その後は、新着案件のみチェックするだけで大丈夫なので、最初の準備をきちんと行うことを頭に入れておきましょう。
  • 退職|仕事を変えると、高い確率で前職は出来事は美化されます。

  • 転職したケースでは、高い確率で前の仕事での多くの記憶は美化されます。現実には今の職務にダメだからそういった思いを解消するためにどうにか退職を決め、再就職を決めたはずなのに、過去を思い返すとなぜか転職後の会社よりも「前の職場のほうが心地良かった」と感じることは多いです。もっともなことで以前の職場では日々の業務をこなすことに慣れていて普通にやるべき仕事がたやすくできていたから、一番の根底にあるでしょう。ですが、「やっぱり退職なんてしなけりゃよかった」と真剣に後悔するほど、前の会社のほうがやりがいも環境がいい可能性もあるはずです。
  • 退職|就職のため職探しをする際に注意して欲しい求人の募集内容は…

  • 就職のため仕事探しをする場合に特に注意が必要な募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料が高く、拘束時間が長いというものです。このような求人内容の場合、給料に『みなし残業代』を入れて告知していることがとても多いのです。みなし残業代は、『みなし』と呼ばれるもので30時間・45時間といった感じで求人の内容に時間が併記してあります。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、最初から給料形態に残業代を組み込んでおくということです。(ちなみに、これは合法です)『みなし残業代30時間込』と表記されていれば、「記載時間分の残業代を入れれば、これだけの給料になります」ということになるわけです。でも、悪質な求人は、告知しておくべき『みなし』を記載していない可能性もあるのでよく注意をしておきましょう。
  • あなたがもしも、「転職サイト」を活用して自分の希望条件にマッチし…

  • 新たなことにチャレンジしたいと考え、転職サイトを利用して自身のライフスタイルに合った魅力的な企業を探しているならば、絶対に「転職エージェント」も活用しましょう。登録は簡単です。エージェントサービスに登録後その場で紹介してもらえる仕事は、一般的に公開されていないからです。誰でも見ることのできる公開求人とは異なります。それは、比べようがないほどにとても高品質といえます。それから、自分に合ったものをピックアップし、調査して紹介してくれます。そのおかげで、あなたの希望とする職種の求人にめぐり逢えることが多々あります。もし仮に同じ求人に行きつくとしても、あなたが一人の力で手当たり次第に探す労力を考えれば、とても効率がいいし、試してみる価値は大いにあります。
  • 派遣で就業しています。労働契約法の関連で残念ですが長く務めて…

  • 派遣として働いています。派遣法や労働契約法のおかげで残念ながら長く勤務してきた会社での仕事があと数週間で終了します。同じく派遣で働いている人の中には派遣先から正社員の条件を手に入れた人もいるのですがその理由としてはぶっちゃけると仕事の能力というよりは派遣先上司の扱い方がうまい方でそのおかげで採用されたように思えます。業務処理能力よりおじさんを転がすスキルの方が大切なんだねーと抜擢されなかった別の派遣のメンバーといつも愚痴っています。
  • 転職をするための活動を成功させるには、ゼッタイにあなた…

  • 転職の活動を効率的にやっていくには、まず必ず自分自身の心のうちが急がないということを重要視しましょう。在職中に転職をする活動をしている場合、あまりないかもしれませんが、退職後にするのであれば、かなり内心が焦燥感が出てしまいがちです。そういった点を理解し、気持ちを抑えつつ、活動するように意識しましょう。将来、自分がやってみたい仕事や、理想とする職場のイメージなどを具体的にしてみてください。候補の職場と比較してみて、それらが矛盾していないか、徹底的に考えてみてください。そうすることで、転職での失敗を防げるはずです。ぜひ実践してみてください。
  • 転職の面接でだいたい追求されることが会社を辞職した原因のことですが、…

  • 転職をする場合でほぼ確実に聞かれるのは辞めた原因のことです。このような質問になった場合には話題の中心を前職からそらしたほうが安心です。退職理由に焦点を当てると必然的に良くない面を取り込んだ話になってしまいます。このことを上手く話すには、なぜ前職を辞めたのかという事をこの職場に絶対に入社したい理由があったからという話にできたらベストという感じで、自己アピールもかねて今、自分が入社したい会社に焦点を向けていくべきなのです。転職理由でも、今面接をしている会社のことであればマイナスではなくプラス面を印象づける辞職の理由になります。
  • 退職|再就職先を探している間は、無意識のうちに時間に余裕があるた…

  • 転職先を探している間は、そんな風に過ごすつもりもないのに時間に余裕がある分、緊張感がなくなり、だらけてしまいがちです。だとしても、そのような生活を常態化させるのはキケンです。人間というのは、緊張感のない、だらけてしまった生活を続けると、「心」もだらしなくなるからです。徐々に、仕事をしようとする意欲がなくなり、生活ができなくなり困ることにもなるでしょう。そうして、仕事も生活も悪いほうに進んでしまい、次の勤め先が見つからなくなります。将来の決断ができないのは、給料を一番に考えるためです。もらえるお金を第一に考えざるを得ない状況ではやりたかった仕事を求めて転職に踏み出したとしても結果はあまりいいものとは言えません。そんなわけで、お金に縛られない生活をしていく上で、ダラダラした生活は、意識して避けるようにしてください。
  • 将来に目を向け、楽しく過ごしつつ、転職をすることができた・・

  • 将来に目を向け、たのしい気持ちでいながら転職活動をすることができたら、精神的な重荷が減るので、転職活動の間の堕落も避けられるでしょう。しかもメンタルにも損なわれていない分、すぐに新たな転職先も見つかるはずです。一番良いのは、休職によるブランクをつくらず新たな勤め先を見付けることが大切です。今の会社に勤務しながら、新たな仕事を探すのが理想です。それに、間をおかなければ仕事をやめても、すぐに働けます。そうすることで、働いていない期間はできませんから、将来に響くこともありません。つまり、転職の時に不利になることがないということです。先のことを考えながら、上手に転職活動を進めていきましょう。
  • 退職|転職活動をするとき、予め、求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを見たりして…

  • 転職をするにあたっては予め、ハローワークや求人雑誌の求人情報を閲覧したりして興味のある会社を調査するでしょう。その会社が情報を公表するにあたっては、コンサルタントが主導していることが多いです。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す特徴があります。仮に公開する場合でも遠回しな表現に徹します。その種の会社や社員に関連する情報については、それを鵜呑みにするのではなく、話半分で捉えておいた方が良いでしょう。仮に情報を信じて入社してしまった場合、期待していたことと全く違うと後々、後悔するおそれがあります。悪意ある会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後は難癖をつけて、辞めさせないように謀っています。この手のブラック企業には気を付けましょう。
  • 退職|転職候補先での見学に参加するとすごく参考になります。

  • 転職したい会社での見学に参加するとかなり参考になります。とりわけ、技術を必要とされる業種なら、職人技を間近で見られて楽しみです。が、残念なことに「職人」がいる会社見学は、見学者には間違いなく、実際の働き方を見せてくれないのが特徴です。特にその傾向が強いのはずばり、ブルーワーカーといわれる肉体労働です。この業種では、個人のプライドが強いので入社した後でないと、本当の姿はわからないものです。そのため、「見学現場=仕事現場」と解釈しないことが無難です。それに加えて、見学時に実際に仕事体験させてくれる会社は、問題があるので注意しておくべきです。入社すらしてない人には仮に問題が起きたとしても、それに対する保障がないため、スタッフから勧められてもやんわりと断るとこが大切です。
  • 退職|転職した場所では、「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。

  • 転職の意思があるのなら、「年間報酬」の理想を高くしないようにしましょう。一年目の段階ではほぼほぼ「試用期間」が含まれていることも多いです。私のケースでは、四苦八苦して手にした仕事なのに、なんと以前の会社での年収とほとんど同額ということがありました。それにプラスして、仕事は多様で忙しく、立場上責任を伴い、1年目を越すのもたいへん苦労しました。そうした経験から転職1年目は、仕事を覚える期間として捉え、もっというと転職する前から貯金しておき、仕事に没頭した方が良いと思います。
  • 退職|転職の際、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている人…

  • 転職する場合、派遣社員」で考えている人にぜひ注意してほしい点が数点あります。なんとなく派遣社員に関しては、「電話対応」「データ入力」「その他雑用」のような業務を思った方がいるはずです。実は私自身もそう思ってました。今、勤めている会社に入社するまでは「業務は電話対応になります」と採用の際に派遣会社からも説明も受けてました。しかし、実際に業務に掛かると、まさか「電話対応」とともに、辞めた正社員の業務の穴埋め役となるよう、頼まれました。何をしていいのかもよくわからず、面接のときの説明と大きな食い違いがあるので困っています。現在は、「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。
  • 最近はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ・・

  • 近頃はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティングの専門会社も増加しています。特許権を取得したことのある人は、連絡が来やすくなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許申請を行った人以外にも、「研究開発論文」を世に出した人、「雑誌・テレビ」などで話題になった人など「功績」ある人に狙いを定めて、電話やメールを用いてコンタクトを取り、ヘッドハンティングのためのネタとしています。仮に、あなたがヘッドハンティングと推測される話が出てきた場合は、そうなったきっかけを考えてみましょう。極稀にヘッドハンティング名目として、登録料を要求しようとする業者もありますが、そういったものはむろん詐欺なので、きっぱりと断るようにしましょう。報酬を支払わなければいけないのは登録している会社で、転職希望者がお金を出すことはまずありません。
  • 退職|求人関連の情報では、とうぜん月の収入が記載されているはずです。

  • 求人についての情報を見てみると、とうぜん多くの職場では月にもらえるお金が記載されているはずです。この月収の項目を見る時には、深く確認する事が大事です。多い少ないだけで判断しないほうが無難です。実は会社によっては、月収のなかに月30時間残業の場合が含まれているかもしれません。つまり残業代を含めて計算することで金額を多く見せ、応募者を増やそうとするケースも少なくないのです。そのほか、基本給プラス歩合給で、その歩合を過大に計算に織り込んでいる可能性も考えられます。だから、こういった「不誠実」極まりない案件は、近づかないほうが良いでしょう。
  • 退職|より安定した人生を願って正規の雇用社員になりたいと考えている・・

  • 安定した生活基盤を欲しがって正社員を狙っている人は結構多いと思います。けれども、役立つスキルを身に着けたりしていくら頑張っても正社員としての転身が叶えられないこともあります。契約社員の求人があるのに正規雇用の求人募集以外には目も通さず時間がムダに過ぎる、といった人が最近多いようです。もしも、正社員として望む職場や仕事に転職できない場合には、非正社員の求人募集も選択肢に入れておくほうが良いでしょう。契約社員や派遣社員募集の会社の中にはその人の実力によって、2,3年で契約社員から正社員への転換を狙えることもあるんです。面接を受ける際に、こうした可能性を訊いておくようにすれば良いでしょう。