退職|この頃では、株・不動産投資などといった不労所得で生活費を稼いだり、…

近頃、株・不動産投資などの不労所得で稼いだり、起業で頑張っている人も増えています。

  • 現在は、株・不動産投資の不労所得で収入を得たり、独立や起業といった形で生きる方法も人気です。そのような移り変わりもあるせいか、「会社の下で働く以外は怖い」といった従来の常識も変わりつつあるようです。高度経済成長の頃の際には、株式投資や、自営業で生きるよりも組織の一員として働くほうが堅実でした。そのため人生の正しい進路として、またそれが当たり前であるかのように、一般常識化していました。しかし、そういった成長期は終わり、現在は、「成熟期」という風にも付けられています。今後は、機械化、自動化が進んで社会においては人手が不要となる時代が到来すると言われています。

  • 退職|新卒として入った会社を辞めて、悩みましたが、転職すると決めました。

  • 新卒採用で入社した会社を辞め、転職を決意しました。会社を辞めた後は、とても悩んでばかりでした。社会人となったあと数年経てから仕事を辞め、多くの人が中途採用で働いていることを私自身が転職することで理解し、自然と将来の不安が解消していきました。なにより転職を経験すると何か、前向きに物事を考えるようになって、「自分のやりたいこと」を優先できて日々が明るくなりました。なかには「続けてこそ意味がある」といった転職に対するマイナスイメージもありますが、それが正しいのかなと感じました。私の転職活動は転職してみるも大事だと思いました。

  • 生涯初の失業保険をもらうときに、給付されるのを待っているだけでいいと考えている・・

  • 初めて失業保険を受ける際に、じっとしていれば受け取れると考えている人がたいへん多いですが、それは誤りです。実は、失業保険をきちんと受け取り続けるためには、就職活動をしなければならず、さらに、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月ごとに担当者に就職活動の状況をきちんと説明してきちんと就職活動をしていることを信じてもらえれば翌月、保険が給付されるシステムです。もしも、真面目に就職活動をしていないと思われたり、月に一度のスタッフとの面談に参加しないときは、強制的に給付してもらえなかったり、ときには以降の給与資格をなくしかねないので、それを防ぐために気をつけておきましょう。

  • この前、転職したというのに、数ヶ月しかたっていない…

  • 少し前に転職したばかりというのに、数ヶ月しかたっていないのに辞めてしまうという届を提出する人が結構多いといいます。何故そうなるのかと思うと私見ですが心機一転、転職先の仕事環境で勤務を始めてみたものの、「自分の期待していた職場環境とかなりギャップがあって幻滅した」「独自のルールに慣れなかった」ということが理由で退職してしまうことが多いようです。可能ならばこういった、転職先選びで繰り返さないために、はやり転職先の情報収集をまじめにやっておかなくてはなりません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。具体的な業務内容、昇給システム、などあれこれ調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

  • 今年中に転職活動を考えている人で、次の仕事をする前にまだ期間があるのなら、…

  • 転職活動をしていく人で、次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合は、必ず「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。これはあなたが働いている会社で社員に「雇用保険」を支払っているのなら、手続きをすれば誰でも失業手当を受け取れます。また、手続きは「ハローワーク」で行います。自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、現在の企業の都合の退職だったり、残業時間次第でただちにもらえる場合もあります。「失業手当」の金額は、会社で最後に受け取った月の直近の給料を基に手当の額を計算されるので、勤めている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

  • 退職|新たな職場にてそれまでに培ってきたスキル・キャリア生かせた…

  • 転職した会社で今までのキャリアやスキルを生かすことができたら即戦力として仕事をすることができ割と早く仕事場にも馴染めるはずです。いい人を求人している会社サイドしても、スキルを持つ人材は常に欲しがるので、時期さえうまくいけば、難なく事が運ぶでしょう。しかも、今までの職場と同じような仕事内容なら転職は大変楽になるでしょう。かと言って、即戦力な人材であったとしても、大手企業の事務系の仕事や、公職については、時代・景気に関係なくかなりの競争率を突破する必要があります。

  • 転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書が必要不可欠といえます。

  • 転職活動を行うにあたっては、履歴書と職務経歴書が必要不可欠だとされています。多数の会社は履歴書と職務経歴書に書かれている内容を考慮して面接するかどうかを決めるため、ともかくこれらの書類の作成が大切といえるでしょう。ただ穴埋めすることにとどまらず、記載内容を充実させることも大事です。職務経歴書は、これまでの職務の詳細と、自己アピールとなる内容を可能な限り記入します。さらに、現在の会社で挙げた実績を、たとえば売上を過去○年の平均を△パーセントアップさせた、など具体的に記します。作成に行き詰まったら、転職エージェントに職務経歴書のチェックをさせたり、上手な言い回しのヒントを聞いたりしましょう。ブランディングのために利用することも満足のいく転職をするための一つの手です。

  • 退職|「就職エージェント」大手には、豊富な案件を扱っている…

  • 転職エージェントは大規模なものに限って、多数の案件があるという魅力があるといえますが、その反面、転職を希望する競合者もたくさんいます。そのせいかあなたが、応募したい会社を見つけても、そのエージェント担当者が望みがないと判断すれば応募してもらえないことも少なくありませんし、あなた以上に転職が成功しやすい別の人がいたとしたら、その人を優先したりもするのです。大手エージェントの場合は、サイトに未掲載の案件のデータを宝庫として扱っており応募することが難しいので、策略を変更して中小レベルのエージェントに対し、希望する企業や案件について相談し、応募できないか、と相談しておくと転職希望者の利益を考えて働きかけてくれることもあるので、そのような活用も良いかもしれません。

  • 退職|『なるべく早く転職をしたい!』と考えていて、自身の意志が本当に強いものであるな・・

  • 『なるべく早く転職したい!』と思っている人のなかで、その意志が強いのであれば、速やかに上司に伝えるべきです。なぜかというと、相談という形で話せば言いくるめられる可能性が高いので要注意です。そして、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、スンナリと受理されずに結局、半年以上にわたり辞められませんでした。辞めたい旨を当初、直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、いろいろあって数ヶ月働いて退職を受け入れられたのは同年11月です。本当ならは仕事の落ち着いた年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、あれこれと理由を付けられて、かなり伸びてしまいました。やっぱり企業側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、社員のを要望を聞かずに、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、かなり以前にも増して失望しました。

  • 今、私は派遣会社で働いています。

  • 派遣の会社に登録しています。ウェブサイトでなんとなく自分にぴったりの仕事を発見し応募したい旨を伝えると「そのお仕事はもうすでに別の方でお話が進んでいます」と断られてしまい一時的にウェブサイトからお仕事情報がなくなるのですが、その翌日にそのページを見るとまた情報が掲載されています。ということは要するに私ではダメっていう意味ですよね。そうであるならばトラブルにならない程度に正直に言ってくれるといいのですが、なかなかそういうわけにもいかないでしょうか。それともまた客寄せのための偽の仕事なのでしょうか?

  • 現在の職場や業務内容に対して、大半の人は不満を感じていると思います。

  • 今現在の職場や仕事内容に対して、不服に感じていることの中に、「自分の持っている能力(スキル)を正当に評価してもらえない」だから、「給与アップも、将来的な昇格もまったく期待できない」といった不満が割合的に多くを占めています。とはいえ、その手の不満を持っている人の一部には、本人が自分自身のスキル・能力を過剰評価してないか、再確認する必要があります。仮に、過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できる求人なんてない」と中々転職先が見つからないので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。ので生活自体に支障をきたすおそれがあります。そういうわけで転職活動を効率的にしていくためにも、あなた自身のスキルや能力を厳しく、客観視していくことから始めてみましょう。

  • 退職|この話は友人から聞いた話です。

  • このような話は友達の話です。新卒の就職活動でどうしても入社したかった憧れの対象であるA社で行われた入社試験で、最終面接までいきながら内定を得られず、その後泣く泣く他の会社に入りました。2年経ったぐらいに派遣の求人サイトの中で偶然にもA社の紹介予定派遣の仕事を発見して、いてもたってもいられなくなって当時働いていた会社をすぐさま辞めて、A社で派遣就業を開始、思い切った行動ですね。必死に頑張ってそれから後予定通りにA社で正社員として働くことができ、今となってはやりがいを感じながらいきいき仕事しています。

  • 退職|転職サイトは、大手が運営しているものであるほどたくさんの案件が掲載されているた・・

  • 転職サイトは知名度の高いサイトの方がたくさんの企業が掲載されているため、興味を引く2~3社を、とりあえずウェブ登録して、希望する勤務地や年収に対して条件を設定しておき、加えて条件に合った求人情報が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと楽に情報収集を行うことが可能になります。最初は登録するのが非常に大変なので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をきちんと準備しておき、さらにそれらをテキストファイル化して、コピー&ペーストする形で登録しておくと手間が減って便利です。登録の初日は、少々時間がかかることから、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、次回以降は、新着の求人情報だけ確認すればいいので、最初の準備を抜かりなく行うことを推奨します。

  • 職を変えた場合には、高確率で前の会社の仕事は多くの記憶は美化されます。

  • 転職すると、だいたいの場合はそれまでの会社の仕事での出来事は美化されます。そもそも今の仕事に不満を覚えるから、そういった思いをどうにかするために、やっと転職することになったのに、気がつくと、新しい会社よりも「前職のほうが良かったかも」と思ってくるのです。というのも至って当たり前で、以前の職では日々の仕事に慣れ切っていてきちんとやるべき業務が淡々とできていたのも根底にあると思います。ところが、「やっぱり退職などするべきでなかった」と本気で悔やむほど、前の仕事の方が仕事に対してのやりがいや全体的な待遇が良い場合があります。

  • 転職のため職探しをする場合に注意すべき求人情報は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料がよく、…

  • 就職するため仕事探しをする際に気を付けるすべき求人の募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのに給料が高めで、拘束時間が長めというものです。このような求人の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで算出している場合が多いのです。みなし残業代というのは、通称『みなし』とも表記し、例えばですが、30時間や45時間というように求人の内容に時間が書いてあります。毎月これくらいの残業が想定されるため、給料に残業代を組み込んで計算しておくというものです。(注・違法ではありません)もしも『みなし残業代35時間込』と表記されていれば、「書かれた時間分の残業代を入れた場合は、これだけの給料です」ということになるわけです。が、悪質な求人は、告知しておくべき『みなし』を記載していないこともあるので充分に注意を払っておきましょう。

  • 退職|現在の仕事に不安があり、転職サイトを活用してあなたの希望条件にマッチ…

  • あなたが今、「転職サイト」を利用して自分のライフスタイルに合った働いてみたいと思えるような仕事情報を見ているのなら、「転職エージェント」も併せて利用しておきましょう。どうしてかというと、必要情報を入力し、エージェントサービスの登録を終え、そこで紹介してもらえる求人情報は、一般的に公開されていないからです。誰しもが見られる公開求人とは異なります。なぜなら、どう比べても、比べ物にならないほどにとても高品質といえます。そればかりか、あなたに合ったものをピックアップし、調査して紹介してくれます。ですから、良質な案件を求めていた職種の求人にめぐり逢えることが多々あります。仮に、同一の求人に出くわすとしても、あなたが自身で最初から調べていくことと比べれば、効率は良いです。ですからたいへん確実です。