退職|これから転職する場合、「派遣社員」を選択しようと思っている…

転職する場合、派遣社員」で考えている人にぜひ覚えていてほ…

これから転職する場合、派遣社員という勤務形態を考えている方に覚えてほしい点があります。まず派遣と聞くとお茶出し、その他雑用等をのような業務内容をぼんやりと想像した人がおそらくいるはずです。私自身もそのように思っていました。現在働いている企業に入るまでは「主な業務は電話対応になります」と直接説明を受けました。でも、実際に働き始めると、なんと「電話対応」だけでなく、退職した正社員の穴埋め役を頼まれました。毎回振り回されますし、求人表だけでは、かなりきついです。とりあえず、「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。

近頃、ネット上では、「就職斡旋エージェント」や、「ヘッドハンティング」を専門に取り仕切る会社も増えています。

最近はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社もたくさんあります。「特許」を出すと、連絡を受ける可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を取った人に加えて、研究開発で論文を発表した実績のある人や、メディアで取り上げられた人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人を対象に、電話・メールで接触してきて、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。もしも、あなたがヘッドハンティングの匂いがする連絡を受けたなら、思い出してみましょう。まれにヘッドハンティングと称して、登録料を払わせようとする会社がありますが、その手の業者はほとんどはイカサマなので、注意しましょう。ヘッドハンティングは通常、企業が仲介業者に報酬を支払う形となるため、転職希望者がお金を払う必要などありません。

求人広告には、大部分の企業では月にもらえるお金等が記載されています。

求人関連の情報を見てみると、大部分の場合はまともな会社では月の収入等が記載されています。だけれどもこのポイントを確認する際は、注意して確認する事が大事です。多い少ないだけで納得してはいけません。実は案件によっては、月収の金額の中身が「毎月30時間分の残業」が含まれているおそれもあります。つまり残業代の金額を含めて好条件であるかのように見せ、人材を募集している場合もあります。それ以外にも、「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合をかなり盛って月収を多く見せているケースもあるんです。そうやってよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社は「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。

退職|安定した生活基盤を欲しがって正規の雇用社員になろうとしている人は…

より安定した生活基盤を手にするべく正社員を目指す人は相当数います。即戦力として働けるようにかなり頑張っても、正社員として雇い入れてもらうことが難しいこともあります。契約社員の求人があるのに正社員の求人募集に執着しすぎて、時間だけが経過していく、といったケースが多いようです。万が一あなたが、正社員として望む職場や仕事に転職できない場合には、非正社員の募集にも目を通してみましょう。企業によっては、成果次第で2,3年で契約社員から正社員にステップアップができる可能性もあるからです。ですので採用面接の際に、こうした可能性を質問しておけば、後々の役に立ちます。

転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。

転職時の面接では「転職理由は」という風に、必ずと言っていいほど質問されます。こういった場合、どんなにあなたが正しくとも、以前の職場の働く環境や人づきあいが良くなかった返しなどは、できるだけ口にするのは避けるべきです。なぜなら、そのような不満を口にすると、印象が悪くなってしまい、チャンスを無駄にしてしまいかねません。ですから面接では「前向き」な返答に徹するのがかなり重要で、とりあえず「新しい職場で、自分のキャリアを十分生かし、会社のためにより一層の努力をしていくつもりです」のように仕事に対して前向きな受け答えが必要とされます。

これまでの私は、「転職サイト」で職を探すより、「ハローワーク」を使っていました。

今まで私は、求人情報は「転職サイト」を使うより、いつも「ハローワーク」で探していました。というのは、大手の転職サイトはどうしても都心部での求人情報がメインになっているためです。そのために、求人情報をチェックする時は、「ハローワーク」しか利用していません。やっぱり、多少知名度は低くなってしまいますが、昔から地域密着なので、自分に適した職が探しやすくなります。ですが、「ハローワークはなんとなく地味なイメージがある」と感じている方もいるかもしれません。以外にも、良い求人もありますのでそろそろ退職後にすぐ転職活動したい方は、お近くのハローワークに1度行って、確認してみるのもアリだと思います。有名な転職サイトのようにたくさんの電話・メールが頻繁に送られてくる心配もありません。

退職|派遣会社に会員登録して働く人が近時は増加しています。

派遣会社に会員登録して仕事をする人が現在増加する傾向にあります。もし、あなたが派遣社員になるつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、そのうちどの位の金額、もしくは割合で自分に入ってくるかをできる限り面接の際に聞いた方がいいです。派遣業は、労働力を欲する会社に人材を派遣し、その見返りに、手数料をもらう形を取っています。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっていることがほとんどです。5割以上が労働者に支払われていればまだいい会社なのですが、中には開示すらされないところも少なくなく、酷い会社では、3割しか支払われていなかった場合もあり得ます。面接時に、真摯に返答してくれない派遣業者は、色々と不都合なことは隠そうとする可能性が高いのでなるたけ異なる派遣会社のもとで登録されることをおすすめします。

退職|会社で何かあって回復が難しいほど心的なダメージが蓄積されてしまい、…

仕事をするにあたって回復が難しいほど心的な負担が大きくなり、転職せざるを得ない状況になったのなら、そんな時は、職場の人と相談するより自身の家族と相談し、転職するかどうかを決めたほうがいいです。仕事をするということは当事者であるあなたです。が、しかし同時に身内の問題でもあります。どれだけ高い給料を得られたからといって、メンタル面が追い込まれるまで我慢して仕事をするのは健全ではないはずです。現代は、金銭的なことよりも、働きやすいことを大事にしていく生き方も認められつつあります。ですから気に病むことなく、あなたの身内や、あなた自身の心と体をいたわりましょう。

時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって契約期間を迎え…

派遣社員であったとしても、契約期間を迎えたら好きな時にすぐ退職できるわけではないことを転職活動を経験して感じました。新婚した後、生活に慣れたらすぐにでも子供が欲しかったので、妊娠する時が来るまでのあいだ、数年だけ現在の会社でそのまま仕事出来たらいいなと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員であったために、正社員より年収は少なかったですが、「時間にが融通が効く」というメリットがあるので、そこはガマンしました。ですが、入社後、一緒に働く人たちのほとんどのスタッフが派遣社員として10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。なので派遣を選択したとしても、期間が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気ではないと気づき、ちょっと困っています。

再就職を考えている時に目を光らせることになる募集内容について…

転職を考えている時にチェックする募集要項は、目安として書いてある、という可能性があります。なので、書いてある情報は何もかもが間違いのないものだと迂闊に信頼しないほうが賢明でしょう。その中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる報酬面においては、全社員を平均した給料なのか?最低限もらえる金額であるのか?それとも最高値の金額であるのか?といった見極めができない時が多く、自分の判断でわかったつもりでいると、後から後悔することもあります。それゆえ、嫌な思いをすることになる前に、募集事項に関しては、基準だと思って、そのような情報は会社の方に直接確認を取るのが適切です。

その昔は看護婦と言われていた看護師というのは働く者とし…

昔は看護婦と言った看護師は務めとしてやっぱり女性の割合がかなり大きい職場です。あまり知られていないかもしれませんが気力それに体力の大きく消耗する職場ともいえます。とうぜん職場の人間関係にトラブルを抱えやすく、自身の結婚や出産といったそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活との両立が取りづらい職業といえます。実際、上記のような問題に行き詰まり、転職する人が多い傾向にあります。流動性が高い仕事であるため、看護師は、人材不足な状態に陥っています。つねに各医療機関は、看護師を必要とする「売り手市場」な状態で、転職の増加を後押しする原因の一つなのかもしれません。

未経験である業界などに転業したいと考えている場合に…

初挑戦となる分野などに転職したいと考えているときには、前の職で身についた腕前やこれまでの経験値が生かせるという内容の自己アピールがいるようになります。経験をしたことのない分野の場合、その分だけそのジャンルで今まで働いてきた人たちよりも事実、不利になりますけど、自分の持っている能力がその場でも生かせるということをうまく伝えることができれば、戦うことができる場合もあり得ます。そのような訳で、経験のない業種に挑むときには、その業界と自分が今までやってきた仕事との関連を可能な限り探し出してみましょう。

退職|転職活動をする際、いろいろな方面から情報収集されるかと思います…

転職するときには、様々な手段で情報を得ることが多いと思いますが、転職に関する口コミサイトはとても役に立ちます。過去に、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたということで、サイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こした事例がありました。辞めた(辞めさせられた)社員の報復としてそういった口コミが投稿された、という見方が一般的ですが、逆に言えば、書き込みの内容が嘘であれば、書かれた会社側が気にする必要もないはずです。あるいは、本当のことが書いてあるので会社側としては、「周囲に気づかれたら恥になるから、なんとか火消ししたい」と思っているかもしれません。口コミサイトも炎上によって有名になるメリットもあるので黙認していますが、悪い内容の口コミがかなり多いということは、その分入社後に厄介事が降りかかる覚悟をしなければいけないといえるでしょう。そもそも、いい会社だったらトラブルなんて起こりません。

退職|失業保険の給付について、活動していることの証明が必要になるが、…

実際に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職探しをしていることを証明しなくてはいけません。しかし、実際は「会社を辞めたことだし、とりあえずはのんびりしたい」と思うのが正直なところでしょう。そこで、しっかり求職活動をしているように思わせる方法があるので紹介します。月に一度のハローワーク職員との面談は当然ながら必要ですが、その場にて、求人票を閲覧することが最低限必要です。本音では探したくないときは、求人票を熱心に見ているふりをして、ハローワーク職員との面談で、「労働条件のいい仕事や自分の能力を生かせる仕事や、希望する求人が残念ながら確認できませんでした」と言って、次の機会を探すという方法もあります。

転職期間中は、趣味に没頭する他、体力を損なわない生活が…

転職期間中には、「趣味」に没頭することに加え、体力の向上を意識しておくとベストです。勤め口が見つかり、仕事を再開した際に、趣味に夢中になっていたことによって知らない間に集中力が養われています。そしてまた、体力を補っている事で、他の社員と比較すると疲れにくい身体になっているということを自覚します。というワケで、退職したら好きなことに没頭することと、体力を落とさないようにしておくのがベストです。もしも、働き出した会社であなたと同様の趣味の方と知り合えたのなら、会話も弾むので、これまでやってみたかった物事に挑戦してみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。

ずっと接客業で仕事をしてきましたが、年のせいか立ってする仕事は…

長期間接客業で働いていたのですが、歳をとると共に立ったまま行う仕事は体力的につらいため、座って仕事を続けられるオフィスワークへの転職を志して動き始めました。事務が未経験となるとなかなか難しくて、そこで接客の経験が役に立つ受付兼医療事務になりたいと思い資格も合格し個人医院に転職をしました。周囲は超ベテランである先輩パートさんばかりでよい人間関係を気づくのが難しい。夜間のシフトばかり押し付けられて、接客業で働いていた頃よりも帰宅する時間も遅いわけですが、初めの頃はキャリア形成の時期と考えて仕事を続けます。