退職|これから転職活動をされるなら、気になった求人(または職…

これから転職活動をされるなら、気になる求人(OR 業種…

  • 転職活動をするという時は、良いと思う求人(もしくは業界)を見付けるたびにマメに「〇〇業、ブラック、デメリット」でネット検索し目を通しておくべきです。求人票や担当してくれる転職エージェントの言葉からはまずその業界に関するマイナスにあたる箇所は、知ることができないのが普通です。もしも、ブラック案件が多い業界であれば、簡易的なインターネット検索によって瞬時に本来の姿を理解できるでしょう。そのような実態を理解しないまま、仕事を始めてしまうと、あとで痛い目に合うおそれがあります。そもそもその求人が出ていた理由が「業務内容がキツく、なかなか人が定着しない」といった場合も多くあります。気になる業種や案件に関しては、納得できるまでチェックして応募するようにしましょう。
  • 退職|これはシフトのある仕事についての話なのですが、毎週、一定の曜日…

  • シフトの仕事についての話なのですが、決まった曜日に仕事できる人を募集する求人をけっこう目にするのですが、もし、応募しようと考えているなら休む方法やシフトの出し方については事前に確認しておいた方が良いです。それはなぜかというと、私は以前出産のため休む人の穴埋めとして、正社員として入社したのですが、私のシフトがそこでは、「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、他に誰も来ず、新入社員の私一人だけで現場を任されるだけでした。産休に入った女性が土日は休むことなく出勤していたので、私もそのように思われていたみたいです・・・。実際「土日」に外せない用事が入ったりした場合、シフト変更を前もって伝える必要があり、同じ部署の先輩方に「日曜日に休みたいのです」と自ら連絡を入れなくてはいけませんでした。立場も給料も同等なのに土日を1人の人に任せるって・・・今思えば「本当によく耐えたな」と。
  • 退職|とある古物商の会社で、書類選考をクリアしました。その…

  • ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考をパスしました。2、3日して先方から、面接日時を教えてもらいました。にもかかわらず、面接日当日、指定場所まで行ってみると、手違いがあったのか相手が面接の用意を一切していないことがわかりました。しばらく待っていると、所長らしい男性が面接担当をしてくれましたが、始終非常にだらしない態度を見せられ、面接が終了しました。ですが、予定日を過ぎているのに、採用結果もまったく告げられず、いてもたってもいられず、自ら問い合わせると、「結果は郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待ちましたが、ですが、これも来ず、そんなわけで再度電話をしたところ、どういったわけか、「残念ですが不採用です」、と勝手に電話を切ってしまいました。呆れ返ってしまいましたが、採用されなくて良かったと痛感しています。
  • 転職サイトあるいは転職エージェントを利用して、転職活動を行う人はかなりいるはずです。

  • 転職サイトや転職エージェントなどを通じて、転職活動することは今では常識といえるかもしれません。ですが、転職のチャンスを高めたいのなら、同時に転職フェアの積極的活動をおすすめします。転職フェアは、多くの企業は一堂に会しており、そこに足を運ぶことによって複数の企業に関する情報に触れることができ、さらに、そこで説明してくれるスタッフから、企業特有の個性を感じられるでしょう。転職フェアに行く機会があれば、面接に臨むつもりでしっかりと準備をしておきましょう。それによりフェアを通じて、企業側(の担当者に)認められれば、その後応募して本格的な面接時にとても有利となるはずです。
  • 退職|求人関連の情報をチェックする折、「事務系の仕事をしたい」という人ほ…

  • 求人に係る情報を見るとき、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思っている人ほどはなから製造業をあまりチェックしていません。そういったことをしている人のほとんどは「製造業での募集は、現場の製造マンだけ募集している」と間違って理解しているケースもあります。事実、製造業での求人であったとしても、人事、経理、総務といったスタッフ募集をはじめ、資材、購買、営業管理のような「事務系」に類する仕事がたくさん存在します。しかし、製造業は往々にしてオフィス街などがある都市部からは離れていることが多いので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そこがデメリットに感じられるかもしれません。けれど、自身のエゴをなくすことで思いがけないチャンスにつながる可能性があるかもしれないのです。
  • 転職に先立ち今働いている会社を辞める時に「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが、…

  • 転職をするために現在勤めている会社を辞める時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけませんが、もしあなた自身が退職願を書いて退職する、いわゆる「依願退職」の際にはすぐさま失業保険を受け取れるわけではなく手続きをした後で失業が認定されてから3か月待たなければ受け取ることができないのです。よく勘違いして退社した日の翌日から3か月経てばもらえると勘違いしている人がいますが、この規則について誤解している人が、本当はもらえるはずだと思い込んでその結果ハローワークのスタッフと喧嘩をしているのを見たことがあります。因みに退職者の都合ではなくリストラみたいな「会社都合」での解雇に遭遇したときは、失業認定されてすぐに失業保険を受け取ることができます。
  • 転職の時の面接で着用するスーツのカラーにおいては、新卒の就職活動・・

  • 転職時の面接でいるビジネススーツの色においては、新卒の就活の時に身に付けるカラーが基本です。言い換えると、黒系や紺系のダークな感じの色、ということになります。それは転職であっても、着ていくビジネススーツの色合いに関してはこういったような暗い感じの落ち着いたカラーが圧倒的多数であって、他のカラーを着ている転職者はほぼ見ることはありません。それ以外の色と言うと、グレーを着ている人がいるくらいです。全体的には紺や黒のビジネススーツを着ている人が大多数なので、人事の方から見ても黒や紺色のスーツの方が自然に見えます。ですから、見た目の印象という観点では推奨したいわけです。
  • 退職|転職の時に行われる面接時の身なりは会社側からクールビズで良いと…

  • 再就職の時にする面接では企業側からクールビズで来てくださいとと記載されているケースもあるようです。しかし、なかには、クールビズの格好は実際は失礼に当たるのでは?と思ってしまいます。クールビズについての迷いを懐に抱え込んでしまっている人たちに言っておきたいことが、会社側からクールビズで良いとされた面接なら、伝えられた内容を素直に聞き入れるほうが正しいです。混乱して、真夏でありながらびしっとスーツを着込んでいくと面接担当者に暑苦しく感じられますから、会社側からクールビズで良いと伝えられたらクールビズで大丈夫なのです。
  • 退職|転職のための面接を受けに転職希望の会社へ出向いたときのことです。

  • 転職の面接を受けるためとある会社に赴いたときのことです会社で会議室が空いていないとのことで外の場所で面接担当の人と待ち合わせて採用面接が行われ、その場所で解散し、面接を行った方も会社に帰らず直接帰宅するとのことでしたが、驚くことに自宅の最寄駅が同じだったのです。そのため電車内でも彼と一緒に話しながらいっしょに帰ることとなって、結果として緊張が解け話が盛り上がり、それが原因か何事もないまま採用を手に入れることができました。
  • 退職|ここ数年の企業の労働環境の激しい変化において、全世代の…

  • このようにここ数年の会社や企業の労働背景の大きな変化に当たって、34歳ぐらいまでの若い人たちは鋭敏に感じ取って、大方、転職と自らのキャリアアップを同時に考えているのでしょう。こういった理由から労働者・サラリーマンの労働市場の流動化が進んでいるようで、輪をかけてこの先、若い世代の転職への関心が増加すると考えられます。そういったことから、一つの会社に縛られない生き方は一般的に当たり前となりつつあります。「終身雇用制度」があった頃は、「会社を辞めて転職」は、そのことでややネガティブに捉えられる傾向が強く、損をしてしまうこともありました。今ではこの事も全く当たらず今の会社のみに執着する意味も必要性も減っているように感じます。
  • 退職|失業することによって得られる失業保険は、失業状態でなければもらえませんが・・

  • 失業した際に受け取れる失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になりますが、永久に給付されるわけではありません。失業時までに勤務していた期間に応じて違い、3か月とか1年とかが決まるのだが、なんと知らないで失業を続ける限り給付されると勘違いして永久に失業保険で生活しようと考える人がいますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから慌てて転職活動をしてもうまくいかない可能性は高いでしょう。会社の面接官も無能では無いので、いつ失業してどの程度の時間経過しているか、その間まじめに仕事を探していたかについてそこそこわかるはずです。場合によっては、面接の時にそういった質問をされるキケンもあります。きちんと返答できなかったり、すぐにバレる嘘をついてしまえば、採用されることはまずありません。
  • 退職|数日前転職の準備をしようと人材会社へと登録に行きました。

  • 昨日人材会社へと登録に行きました。そのとき登録するときのカウンセリングを行いに出てきた担当者の雰囲気がどうも入社して間もない新入社員で、私の説明の5割も理解できてない感じでした。それにもかかわらず「そのキャリアデザインでは厳しいですね」とか「きちんと自分の強みを知っておくことが必要でしょう」とか、カウンセリングの専門家であるかのように偉そうに言うからとても不快な気分になりました。カウンセリングを担当させるのはそこそこ能力のある人にするべきだと思います。
  • 就職活動において、年収はかなり大事なポイントです。

  • 就職活動において、年収はかなり重要な要素です。大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき現実の年収を偽って、多く申告し、転職先の年収条件を引き上げてもらおうと考えるのはやめておきましょう。なぜなら、結局は源泉徴収を提出することになるので、一時的に信じてもらえたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ずウソはバレてしまうからです。トラブルに発展する可能性もあるので、現職での年収を正直に伝え、それに見合う希望年収を設定するのが一番良いです。ちなみに、現在の年収が400万円の方が、転職後にいきなり500万円になる可能性は極めて小さいです。現在の年収が430万円としたら、希望額は400~450万円であると伝えておくのが正しいです。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなって、せっかく入社した会社を退職を余儀なくされることもあるので、気をつけましょう。
  • 退職|この頃パソコンを使えばネットで見られる世界では「転職サイト」と呼ばれるも・・

  • どうもパソコンを使えばわかるけどインターネットのエリアには、いわゆる「転職サイト」と呼ばれるものがそこらじゅうに存在しているのをご存知でしょうか?その相当な数のサイトから自分の目的にあった転職先というのを探すためにも、なんといっても情報を収集することをする必要があります。このような転職サイトを上手く使いこなすことで、効率的に転職が叶えられるはずです。更新頻度が高く、さらには正しいレビューなども載っている優良なサイトがある一方で、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。使い慣れないうちは、実際に信用していいサイトであるかを見極めることが大事ですから同ジャンルのサイトと比較しながらしっかりチェックしてみてください。
  • 就労であるのなら、可能であれば、周囲に悟られないよ…

  • 在職期間にあるときは、なるべく周囲に悟られないよう、(私のときは)雇用期間中に転業したいという意図だけ、早期に社内で仄めかしてみました。だが、その顎、求人を色々と探してみたものの、思いとは裏腹に就職する仕事を変えるタイミングさえも計画も立てずに決まらず時間がムダになるだけでした。そして社内では退職に関わる諸々の手続き、私の退職予定日などが段々と確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で就職先を探していく」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。その後、予定が順風満帆とはいかず、失業期間を経験し、次の就業先を探すハメになりました。
  • 退職|もしもあなたが転職を予定しているのなら、資格を取るのがおすすめです。

  • もし転職を考えているのなら、先に資格を取得することで有利になります。また、仕事を続けながら資格取得しておくと、転職に有効に使えるので、転職先を探しやすいです。なので、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階が一番最適です。あなたが転職を目指しているなら、実際に役に立つ資格を取得しておくと、現在の会社を退職後も前向きな姿勢で転職に挑むことができます。さらに、資格取得後は転職活動では資格が味方をしてくれるので面接時に面接官に「即戦力」な人材として認められ、それまでの職場より待遇も良くなる可能性があります。