退職|これから転職活動をするのなら、良いと思う求人(あるいは業種…

退職|転職活動しているとき、気になる求人(もしくは業界)を見るた…

将来的に転職活動をされるなら、気になった求人(または職種)を見つけたときに100%「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネットで検索してみましょう。求人票や転職エージェントからはまずその業界のマイナスとなる面は、知ることができない、と思っておくべきです。もしも、ブラック案件が多い業界であれば、ネット検索を活用することでカンタンにおおまかな実態を理解できます。そうした手間を惜しんで入社した場合、後々にガッカリしてしまう可能性が高いです。だいたい求人が出ている理由が「業務内容が厳しく、人がすぐに辞めてしまう」という場合が少なくないのです。目に留まった案件・業種については、注意したほうが賢明です。

退職|これはシフト制の業務についてです。

「シフト制」の仕事についての話なのですが、決まった曜日に仕事できる人を募集している求人をけっこう見るのですが、もし、応募しようと思っているなら休む手順やシフトの提出方法についてはあらかじめ聞いておいたほうが良いでしょう。それはなぜかというと、以前に私自身が、産休で抜けた人の代わりに正社員として勤めることになったのですが、私のシフトがそこでは「土曜、日曜」固定のシフトで、新人の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。前任の方が土曜、日曜に必ず出勤できる人だったので、私も出勤できる人として扱われてしまいました。「土日」に休まざるを得なくなった場合、、シフトを変えてもらう必要があり、同じ部署の上司に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」とお願いをしに行かなければいけませんでした。立場も給料も同等なのに土日を私だけに任せるのは納得できませんでした。振り返ると「よく耐えた」と自分でも驚きです。

退職|とある古物商の求人に応募したところ、書類選考をパス…

とある古物商にて、書類審査に合格したので、担当者から、面接日時を教えてもらいました。ですが、面接日当日、指定場所へ行ってみると、手違いがあったのか相手が、面接の用意を一切していないと知りました。待っていると、所長らしき人物が面接に応じてくれたものの、終始たいへんにだらしのない態度で迎えられ、グダグダな状態で面接を終えました。ですが、2週間後と言われた合否の連絡が一切もらえず、待っていられず、私のほうから問い合わせてみると、「面接結果に関しては、郵送で本日送付しました」と告げられました。心待ちにしていたのですが、届くことはありませんでした。仕方なくまた電話した結果、意味が分からなかったのですが、「今回は見送らせてもらいました」とそう言われてすぐ、電話を切ってしまいました。呆れ返ってしまい言葉も出ませんでしたが、ハッキリ言って、不採用で良かったと思っています。

退職|転職エージェント、そして転職サイトを活用して、転職活動する人は年々増えています。

転職エージェント、そして転職サイトを活用し、転職活動される人は今では普通になってきました。でも、条件のよい転職先を確実に見つけたいなら、それに加えて転職フェアの利用が有益です。多くの企業が一堂に会し、そこに足を運べば気になる企業の情報に直接触れることができますし、加えて、スタッフの言葉遣いやマナーから、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。もしも、転職フェアに行く機会があれば、面接と同じ緊張感を持ってしっかりとした準備をしておくことがおすすめです。それによりフェアでの交流の中で自分の能力や人柄が評価されれば、そのあとの面接に進む際に非常に有利になると予想されます。

退職|求人をチェックする時、例えば、オフィス系の仕事が希望だからと…

求人に関する情報をチェックする時、例えば、「デスクワークがしたい」という人ほど製造業の項目を読み飛ばしていたりするものです。そんな人は「製造業は、現場で製造する仕事だけしか求人募集してない」と勘違いしていることが少なくありません。事実、製造業での求人であったとしても、人事・総務・経理と言ったスタッフや資材、購買、営業管理といった「オフィス系」に準ずるお仕事も相当数あります。しかし、製造業の勤務場所はオフィス街のような雰囲気はないのが正直なところです。ですから、アフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそこがデメリットに感じられるかもしれません。そうであったとしても、自分の執着をなくすことで意外な発見があったり、スキルアップのチャンスがあるかもしれません。

退職|転職を行うにあたり、今働いている会社を辞める時に失業保険受け取るための手続きをしなければいけませんが・・

転職を予定しているのなら現在勤務している会社を退社する時に「失業保険」給付のための手続きをしておく必要があるのですが、仮に自分から退職願を出して退社する、いわゆる依頼退職においては失業保険はすぐに受け取れません。手続きを行い、失業したことが認められてから3か月経ってやっと受け取れるのです。なので、会社を辞めた翌日から3か月経過すれば給付されると誤解している人がいますが、この規則を知らない人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると主張してそれが原因でハローワークの職員と口論していたのを以前見たことがあります。ちなみに、労働者側の都合ではなくリストラのような、「会社都合」での解雇のときは、失業認定が下ったのちすぐさま失業保険が給付になります。

仕事の面接で着るビジネススーツの色に関しては、新卒の就職活・・

転職の時の面接で着用するビジネススーツの色については、新卒の学生が就職活動の際にに準じた色が基本的です。言い換えると、紺色や黒色の暗い感じの色、ということになります。それは再就職であっても、着用するビジネススーツの色味は新卒の就活の時のようなダークカラーが多数を占めていて、それ以外の色の転職者はほとんど見かけることはありません。それ以外の色と言うと、グレー系を着用している方が若干いるくらいで、割合からしても紺色や黒色が大多数を占めているので、会社側から見ても黒や紺色であるほうが自然に見えます。ですから、第一印象という面ではぜひともそのようにしてくださいね。

再就職の面接での身なりはクールビズでお越しくださいと伝えられる場合もあるようです…

再就職の面接に関してですが企業側からクールビズ可とと記載されているケースもあるようです。ですが、なかには、クールビズで赴くのは本当は良くないのでは?とマイナスに考える人もいます。そのような思いを懐に抱いている人たちにアドバイスしておきたいのは、クールビズを指定された面接なのであれば、伝えられた内容をそのまま行動に移したほうが堅いです。悩みすぎて、真夏であるのも関わらずきちっとしたスーツの格好をしていくと相手に暑苦しく感じられますから、会社側からクールビズでお越しくださいと書かれていたらクールビズの格好をおすすめします。

転職における面接に転職したい会社へ出向いたときのことです。

転職における採用面接に転職したい会社へ出向いたときのことです。社内の部屋が空きがないということで社外の会場で人事部の方と待ち合わせて面接が行われて、その場所で解散、面接官もそのまま直接自宅に向かうとのことでしたが、ビックリしたのは下りる駅が私と一緒だったのです。ですから電車の中においても一緒におしゃべりをしながらいっしょに帰宅することになって、結果として打ち解けて面接よりお話が弾んで、それがプラスに働いたのかなんとか採用をゲットすることができました。

昨今の会社や企業の労働環境の激変ぶりにおいて、34歳ぐらいまでの若年…

このように特に昨今の企業の雇用に対する考え方の目まぐるしい変移をに関して、若者の世代が特に興味を持って見ているようです。それはたぶん、「将来的なキャリアアップ」を見据えようとしているのでしょう。そのため、労働者・サラリーマンの労働力の「流動化」が顕著となっているので、なおさら、今後、益々より広範囲な世代で転職について考える機会が増加すると予想されます。労働市場の「流動化」の影響により、転職することはますます身近となるのは間違いありません。「終身雇用制度」が存在していた頃には転職者は、評価が下がりやすい傾向が強い、事実、転職が難しい時代でもありました。時代が変化し現在の会社だけに執着する意味も必要性も段々と薄れてきています。

失業時に受け取れる「失業保険」は、失業しているあいだ、給付条件になります・・

失業時の助けになる「失業保険」は、失業しているあいだは給付条件になりますが、延々と受け取れるワケではなく、「期間」があります。失業時までに勤務していた期間によって異なり、90日とか120日とか設定されるのですが、なんとこれを知らずに失業を続ける限りもらえると思い込んで失業保険で食べていけばいいと考えて求職活動をしない人もいますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから焦って仕事を見つけようとしても条件のよい仕事を見つけるのは難しいです。転職を希望する会社の面接担当もバカではないので、「いつに失業したか」「どのくらい失業期間があるか」「その間、何をしてたか?」といった箇所はおおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。ときには、それらを根掘り葉掘り訊かれることもあります。答えに詰まったり、不自然な嘘をついたりしていると、9割がた受かりません。

先日転職先の会社を探すために人材紹介会社へ登録に行きました。

数日前仕事を探すために人材紹介会社へと登録に向かいました。そこでカウンセリングのために現れた担当の人が見た感じ新入社員のようで、こちら側が説明している話の50%ほども彼はわかっていない感じ。しかも「キャリアデザインを考え直した方がいいですね」とか「きちんと自分の強みと弱みを知っておくことが重要でしょう」とか、知ったかぶりに横柄にしゃべるので大変嫌な気分になりました。カウンセリング担当者はそこそこ社会人経験がある方にするべきです。

退職|就職活動において、必ず話題になるのが年収です。

就職活動において、必ず話題になるのが年収です。面接では、ほとんどすべての会社で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。本当にもらっている年収よりも多めに申告し、年収をUPさせようとしても、無駄でしょう。なぜかといえば、結局は源泉徴収を提出することになるので、たとえ一度は信じてもらえたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局は虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ときにはトラブルになることもあるので、現在の年収を水増しせずに申告し、それに釣り合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。例をあげると、年収400万の人が転職後に500万円となる可能性はほとんど場合ありえません。仮に、現在の年収が430万円であれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくとよいでしょう。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に転職先に合格をもらったとしても、直後に退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので、注意しましょう。

どうもパソコンを使えばネットで見られる世界では今で…

今ではPCやスマホを使えばわかるけどネットの世界では、今では「転職のためのサイト」と呼ばれるものがかなりの数存在します。その相当な数のサイトから自分の目的に合致した転職先を見つけるためには、まずは情報を収集することから始めましょう。こんな「転職サイト」を上手く使うことで、よりスムーズな転職が実現します。最新情報が満載で、頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される「転職サイト」もありますが、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、注意しておきましょう。使い慣れないうちは、実際に信用していいサイトであるかを見極めることがポイントとなりますから類似サイトと比較しながらしっかりチェックしてみてください。

雇用期間にあるときは、なるべく周りの人間に気づかれないように、…

雇用期間にあるときは、可能なかぎり同僚に気づかれないように、(自身の転職活動では)前職中に転身の意思表示だけを早いうちに社内で話してみました。ですが、その後求人情報を探してみたものの、結局は就職のあても転職時期も計画も立てずに煮詰まっていないままダラダラと時間だけが過ぎてしまいました。そして一方、会社の側は、業務の引き継ぎや手続き、私の退職日などが決定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で就職先を探していく」といった、本末転倒な事態になってしまいました。予定は噛み合うこともなく、失職期間を経験したあとで、次の就業先を探すことになりました。

もし転職を予定しているのなら、先に「資格」を取得しておいたほうが有利になります。

もしあなたが近い将来、転職するのなら、資格を取得することで有利に事が運びます。また、転職活動を始める前の段階で、資格を取るのがおすすめです。転職の際にあたって幅が広がるので、新しい仕事を探すのも容易になります。そのため、在任中の時間が最も好ましいタイミングです。再就職を考えているなら、このあと役立つ可能性の高い資格を持っておくと、今の会社を退職後も前向きに次に進めるはずです。そして、資格によって転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接時に戦力として使えるとみなされ、これまでの職場より待遇アップも期待できるでしょう。