退職|これまで20代前半で転職を数回した為、今現在は資格取得のため…

これまで20代前半に転職を数回経験し、現在はいくつか資格を取得するため、…

  • 私は20代までに転職2回で、現在は資格取得のため、派遣社員として企業に採用されました。常勤の勤務でないため、やはり給料は安くなりました。ですが、以前より心と時間に大きな余裕が生まれました。思い返すと、学生のときに資格を取得し、仕事すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。実際、そういった人をみるととても羨ましいと見えたりもします。昔の私は、今の自分と他人をどうしても比べてしまい、気分が落ち込むことが多かったのですが、しかし今では、結婚してから、がらりと生活環境が大きく変わり、前よりもそのなかで将来の進路も定まったので私も新たな目標に向かっています。

  • 再就職の際の採用面接では、小企業クラスの場合おおよそは、その社内の「人事」担当が面接官です・・

  • 再就職の際の面接では、零細企業クラスの場合概ねその社内の「人事」担当者が面接官ですが、100%ではないのです。例を挙げるとしたら、今後仕事を一緒にしていく現場の一番偉い人、かいつまんで言えば部長・課長などの中間管理職が担当することになるでしょう。とりわけ、事務・営業といった部署に転職する場合は、資格による人の評価が難しいのできちっと自分という人物を売り込んでいくようにしたいものです。面接担当者たちから「この候補者はしっかり自己アピールするし、それに良い戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことが大事です。

  • 退職|転職活動を現在の仕事と同時に行う人が多いです。

  • 転職活動を現職と並行する人が多いです。とはいっても、忙しく仕事をしつつ求人を探しながら、その応募手続きをしたり、面接を受けるのは精神的だけでなく肉体的にも大変です。今の会社の同僚や上司にその動きを悟られないようにしなければいけません。応募するだけしてみよう、という人がいますが、もしも、そうした場合に書類選考が通り面接の段になって辞退すると面倒な事になるかもしれません。エージェントを使っていた場合は、エージェントに悪い印象を持たれてしまいますし、そうではなく直接応募していたとしても、相手企業から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。どちらにしても自分の大切な時間をドブに捨てることになりかねないので、行くつもりのない会社は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は、新卒時の就活とは似て非なるもの、と意識しておきましょう。

  • 転職を行うにあたって、言うまでもなくやりがいを考慮することも大切だ・・

  • 転職先を探すにあたって、むろん仕事のやりがいのアップと共にそれにとどまらず給料が上がることも大事なので「年収サイト」というところに登録をしていろいろと調査をしています。同一の会社でその上全く同じ職種、経歴であるのに人によってかなりの違いがある場合も多くて、ぶっちゃけた話面接を受けた時に質問したことがあります。面接官もそのサイトを見たことがあるようで「高い収入で書いているのは、書いた人も誰かそこそこは予想できるのですが、多分良いように見せようとしてるんですよ。低い方の収入で心づもりしといてください」とのことでした。

  • 近年では、株・不動産投資の不労所得で生活資金を得たり…

  • 今では、株・不動産投資といった、不労所得で稼いだり、個人事業、起業等、そのような社会的変化もあるせいか、「起業することは不安定であぶない」といった従来の常識も変わりつつあるようです。高度経済成長時代には、不安の残る株式投資や個人事業よりも組織の一員であるほうが安定していて、人が生きていくうえでもっとも正しい道として社会に認識されていました。しかし、そういった時代は終わり、今は、「成熟期」という名が付けられています。将来的には、機械化、自動化が進んで仕事で、人の力を不要とする時代が到来する、とも言われています。

  • 退職|新卒で入社した会社に別れを告げ、心を改めて転職を決意しました。

  • 新卒で入社した会社に別れを告げ、悩んだ結果、転職しました。実際に退職する前後は、1人で不安で悩みました。ですが、新卒で入った会社を数年で退職し、中途採用で働いている人が大多数だと自身の転職を通じて知り、無意識のうちに不安が消えて、安心しました。なにより転職を経験したことによりなにか肩の荷が下りたような感覚になり、「自分のやりたいこと」が再確認できて喜びになっていきました。いまだ「辞めることが悪」といったような転職に対してマイナスな意見もありますが、それが必ず正しいのかなと感じました。私の転職活動は転職を経験して良かったと思います。

  • 生涯初の失業保険を受ける場合、じっとしていれば給付されると考えている人が…

  • 生涯初の失業保険の給付を受ける場合、じっとしていれば受け取れると考えている人が極めて多いですが、それは正しくありません。本当は、きちんと受け取り続けるためには、求職活動を行っている必要があり、月に一度はハローワークに行く必要があります。月ごとに担当者に求職活動の状況を報告してきちんと就職活動をしていることを理解してもらえれば翌月の保険給付が行われるシステムです。これに対し、真面目に就職活動に取り組んでいないという心証を与えたり、月に一度のスタッフとの面談に参加しないときは、強制的に給付の一時停止の措置を取られたり、ときにはそれ以降の給付資格も失効するおそれがあるのでそうならないために気をつけておきましょう。

  • 退職|ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりなのに、わずかしかたっていない・・

  • ほんの2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりというのに、早期に辞めてしまう決意してしまう人がなんとなくよく見受けられます。何故そうかと思うと私の思うところは気持ちも新たに、良い会社で勤務を始めてみたものの、「思っていた職場とけっこうかけ離れていた」「ルールに慣れなかった」という理由で去っていくことが多いようです。可能ならこういった、転職先選びで後悔しないためには、はやり前もっての情報集めは欠かせません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場独自のルール、通勤にかかる時間、などいろいろ前もってチェックしておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

  • これから転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでに時間があるのな…

  • 今から転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにある程度時間が掛かりそうならできれば失業手当をもらうことをおススメします。失業手当はあなたが働いている企業側がきちんと「雇用保険」を支払っているのなら、誰しも失業手当を受け取れます。手続きは「ハローワーク」で行います。しかし自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、今の企業の都合や残業時間によってはすぐに貰える可能性もあります。ちなみに、受け取れる「失業手当」の金額については、会社の仕事を辞めた月の給料を基準に失業手当の支給する額を計算されるため、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、なるべく「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。

  • 再就職先でこれまでに培われてきた実力を活かすことができれば・・

  • 新たな勤め先で今までに身に付けたスキル・キャリア活かせられれば、即戦力として認識され、割と早く仕事場にも馴染めるし、いい人を求人している会社サイドしても、そういった即戦力となる人材は常に必要なので、タイミングさえ問題なければ、容易だといえます。更に過去の働いていた職場と同じような業務内容なら確率は十分にあります。けれども、そこそこ実力があるといっても一流企業の事務系の仕事や、公職については、時代・景気に関係なくかなりの競争率になることを覚悟しておいたほうが良いです。

  • 転職活動では、履歴書と職務経歴書を必ず準備しなければいけません。

  • 転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書が必須といえます。企業の多くは履歴書に加えて職務経歴に記載されている内容を見た上で面接するかどうかを決めるため、まず第一にこれらの書類が大切なアイテムです。ただ必要事項を埋めるだけにとどまらず、記載内容の魅力化を図ることも大事です。「職務経歴書」では、今まで経験してきた職務の詳細や、可能な限り自己アピールとなる内容を記入しましょう。さらに、現職の社内で挙げた実績を、たとえば残業時間を何時間減らしました、などかなり具体的に書いていきます。初めてで難しい場合は「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、上手な言い回しのヒントを聞いたりしましょう。自分にプラスになるように転職エージェントを利用してみるのも有効な方法です。

  • 大きな転職エージェントは、様々な案件を扱っているという強みがあるといえますが…

  • 「就職エージェント」大手の場合、たくさんの案件を取り扱っているという魅力がありますが、同時に競合する転職希望者も大勢います。したがってあなたが気になる企業を探し出したとしても、あなたの担当者が不可能だと判断すると応募してくれないこともかなりありますし、あなたよりも入社の見込みがあるライバルがいれば、その人を優先して売り込もうとするのです。このように大手エージェントの場合、サイトに未掲載の案件のデータを宝庫として扱っており大変難しいので、考えを変えてもっと規模の小さなエージェントに対し、希望する企業や案件に関して相談し、応募できないか相談してみると、自分のために働いてくれることもあるので、そのような活用法もあります。

  • 退職|『転職をしたい!』と思っていて、自身の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、…

  • 『今すぐ転職をしたい!』という願望があって、自身の意志が固いならば辞めたいという旨をすぐに上司に言うべきです。なぜならば相談という形で話せば上司に必ず言いくるめられます。また、実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、退職するタイミングを伸ばされてしまい、退職までに半年ほど掛かってしまいました。辞職することをはじめて直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、数ヶ月働いて退職届けを出せたのは同年の11月です。希望ではちょうど年度末を退職のタイミングにしようと考えていたのに、思うようにはいきませんでした。やっぱり職場側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、社員の意見を聞かずに、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、非常に心の底から呆れてしまいました。

  • 退職|このところ私は派遣会社に登録して仕事をしています。

  • このところ私は派遣会社に登録をしています。インターネットサイトで気の向くままに自分にぴったりの仕事を探して聞いてみると「そのお仕事はもう他の方の採用が内定しています」と言われてしまい一時的にウェブサイト内から仕事の情報を閲覧できなくなるのですが、なぜか次の日になればもう一度載っています。これって結局私だとダメってことですよね。そうであれば最初から変に隠さないくらいで正直に伝えてくれれあありがたいのですが、なかなかそうもいかないのでしょうか。そうでなければ客寄せのための偽の仕事なのでしょうか?

  • 今の勤め先や仕事内容に対して、何かしらの不満点があるはずです。

  • 現在のあなたの職場・仕事内容についてほとんどの人は何かしらの不満点を感じているでしょう。「自身の持っているスキル・能力が正当に評価してくれない」ゆえに、「給料は上がらず、将来的な昇格もまったく期待できない」といった不満が多くを占めるでしょう。でも、そういった悩みを持っている人の中には、自身の持っている力量を過大評価していることもあるのです。過大評価していることに気が付いていない人が転職しようとすると、自分に合った求人がないと、就職するまでの期間が長くなるおそれがあるので、要注意です。可能性も少なくありません。ですから転職で良い成果をあげるためにも、実際の自分のキャパシティを客観的に分析することからはじめて見てください。

  • 退職|この話は知り合いからの話です。

  • こういう転職というのは知人から聞いた話です。新卒採用でなにがなんでも勤務したかった目標であるA社で行われた最終面接までで行ったけど不採用になって、後に不本意ながら別の会社につきました。その後2年経ったぐらいに派遣の求人サイトを見ていた際偶然A社の紹介予定派遣の仕事が目に入り、じっとしていられなくなって当時働いていた会社を即座に退職し、A社で派遣勤務を開始、思い切った行動ですね。必死に頑張ってそれから後どうにかA社で正社員になれて、今となってはやりがいを持ちながら楽しく勤めています。