退職|やっている転職する活動時、「今までにこういった種…

いい転職をしようと転職活動中に、「私はかつて、このような内容・・

今やっている転職する活動時、「自分はこれまでずっとこういった仕事をしました」「過去の会社の仕事によって、手にした技術は、、、です」と自身の成功体験などをよく伝わるようにアピールしようと考える人はよく目にします。ところが、転職先の新しい場所で「させてもらえるのならばこういった仕事をしたい」「こういうような内容の業務なら積極的に貢献できるはず」と未来の姿を話して自分をアピールしていくほうがよっぽど効果があります。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。

退職|転職サイトは、一度登録したら、電話・メールで何度も連絡が入ります。

転職サイトで登録したあとに、嫌になるぐらい電話やメールをしてきます。転職初心者は非常にびっくりする場合が多いです。転職エージェントは転職を後押しすることが目的だといえるので、大変積極的に行動します。とりわけ大手エージェントは、転職を成就させることで企業からお金がもらえる仕組みであるといえるので、転職活動をしている人の都合よりも企業の都合を優先的に考えることが少なくありません。また、転職エージェントは、成約数を増加させたいがために、内定が取れるとすぐに、「入社されてはどうでしょうか?」と説得してくることも多いです。防御策として自身の気持ちや意思をハッキリしておき、転職にしくじらないように注意を払っておきましょう。

退職|クールビズ(軽装)の服装で再就職の面接に臨む場合、いくらなんでもジャケッ…

クールビズの服装で転職の面接に臨む際には、いくらなんでもジャケットは着ていかなくても大丈夫だとはっきりと言えるのです。ですが、ネクタイは着用しておいたほうが印象的には良いです。タイもする必要ないとする会社もある確率もあるにはあります。ですが、ことネクタイについてはクールビズだろうと着用するべきだと考える会社がいくらか存在するわけです。という訳で、例えクールビズで大丈夫だと言われていてもネクタイだけはしていく方が安心であるということをわかっておいてください。

もしもあなたが再就職を考える場合に「Uターン」「Iターン」におい…

あなたが転職を考えた場合、U・J・Iターンで都会から地方に移り住んだ上で再就職したい、と思っている方も少なくありません。今では求人情報サイトを駆使すれば、地方や郊外での求人情報にも手軽にアクセスできます。けれども、地方での求人に関しては、都市部の場合よりも、数が少なく良い条件も少ないのが正直なところです。といった性質上の問題があるので、求人サイトだけに頼りすぎるのも考えものです。求人サイトとともに、その地方の自治体や商工会議所のサイトもよく確認し、「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に開催している就業サポートのイベントにも見ておくと間違いがありません。

これから先、転職活動をするという時は、良いと思う求人(OR 職…

転職活動の際に、良いと思う求人(または業種)を見つけたときにしっかり「〇〇業、ブラック」でネットでチェックしておきましょう。求人票や転職エージェントからはまずその業界のマイナス要素について、教えてもらえない、と思っておくべきです。もしも、ブラック案件が多い業界であれば、簡易的なインターネット検索によってカンタンに多くの事例に触れられるはずです。そのような実態を理解しないまま、仕事を始めてしまうと、後々に落胆してしまう可能性もあります。そもそも求人が出ていた理由が「仕事内容がキツイから人が辞めて穴が開く」といった場合も多くあります。気になった業種について、納得するまできちんと調べた上で応募するようにしましょう。

シフトの勤務形態がある仕事についての話です。

これはシフト制のある仕事についてです。毎週、決まった曜日に勤務できる人を募集する求人をよく見ますが、もしも応募しようと考えているなら休む手順やシフトの提出方法については前もってチェックしておきましょう。過去に私は出産のため抜けた人の代理として正社員の仕事をはじめたのですが、私のシフトが土日が固定シフトだったのですが、新入社員の私以外だれも出てくれませんでした。産休に入った前任の女性が土曜、日曜は必ず出勤できる人だったので、私も同じタイプと思われていたようです。「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフトを変わってもらうときは、上の人たちに私の代わりに出勤してもらえるように、と自分で依頼しなくてはいけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日は一人だけなんて・・・。今思うと本当によく我慢したなと思います。

とある古物商のお店で、書類審査に合格しました。す…

ある古物商の社員募集に応募したところ、書類選考に受かりました。2、3日して担当者から面接日時を告げられました。にもかかわらず、当日、指定場所まで行ってみると、手違いがあったのか相手が面接の準備を全くしていことがわかりました。しばらく待って、所長と思しき人が面接担当をしてくれたのですが、最初から最後まで、だるそうな対応の状態のままグダグダな状態で面接が終了しました。だが、予定日を過ぎても合否連絡が一切なく、もどかしくなり、私から問い合わせてみたところ、「郵送で本日送付してあります」と告げられました。心待ちにしていたのですが、私の手に届くことはありませんでした。仕方がないのでもう一度連絡をしたところ、どういったわけか、「残念ですが不採用です」、とその直後、電話が切られてしまいました。私は呆れて言葉も見つかりませんでしたが、率直に、採用されなくて良かったと痛感しています。

転職エージェント、そして転職サイトを通じて、転職活動を行うことは常識になりつつあります。

転職サイトおよび転職エージェントを通じて、転職活動を行うことは現在では当然のことでしょう。でも、よりよい転職先を探すには、それに並行して転職フェアを利用してみるのもありだと思います。転職フェアは、数多くの企業が一堂に会するイベントです。参加することで企業の情報に直接触れることができますし、さらに、そこで説明してくれるスタッフから、企業の個性を伺えるはずです。仮に、転職フェアに行くときには、1次面接に臨むつもりで自身をしっかりアピールしていきましょう。運よくフェアを通して企業側に必要な人材と思わせることができれば、後日応募して本格的な面接時にかなり有利なはずです。

退職|求人に係る情報をチェックする時、「デスクワークがしたい」という人ほ…

求人をチェックする折、「デスクワークがしたい」と考えている人ほど製造業の項目を読み飛ばしていたりするものです。そのような人は、「製造業は現場で製造する求人募集しかやっていないだろう」と早合点していることが少なくありません。現に、製造業の求人であったとしても、現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、総務などの人材募集をはじめ、資材、購買、営業管理といった「オフィス系」に準ずる部署もかなりの数あります。しかしながら、製造業がある場所はオフィス街からやや離れたエリアにかまえていることが多いです。そのため、その箇所がマイナスと感じるかもしれません。けれど、自らのこだわりを捨てることによって素晴らしい人との出会いによって、将来をより良いものにしてくれる可能性もあるのです。

退職|転職をするために現在勤めている会社を退社する時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが、…

転職に先立ち現在勤めている会社を退社する時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、もしも自発的に退職届を出して退職する、いわゆる自己都合退職のときは失業保険は即座に給付されるのではなく手続きが終わった後で失業したことが認められてから3か月経ってやっと給付があるのです。よく勘違いして退社の1日後から3か月経過すればもらえると誤解している人がいますが、この規則を知らない人が、ハローワークの職員の方が間違っていると言い張ってその結果ハローワークのスタッフと喧嘩をしているのを見たことがあります。なお、リストラなど会社の都合で退職するときは、失業認定されて即座に失業保険が給付となります。

職を変える時に必要なスーツの色においては、新卒の方が就活の際・・

転職時の面接で着るスーツのカラーにおいては、新卒の就活に身に付ける色合いが良いです。言い換えるならば、黒や紺といった感じのような暗めのカラー、ということになります。それが、転職の面接においても、スーツのカラーというのはこのような暗めの落ち着いたカラーが多数派になっており、そうでないカラーの人はほとんどいません。それ以外の色と言うと、ごくたまにグレーのビジネススーツを着ている人がいるくらいで、ほぼ紺や黒が圧倒的に多いので、人事から見ても多数を占めるカラーを着用している人の方が普通です。ですから、身だしなみ、という点においてはおすすめということになります。

退職|転職をする際の面接で企業側からクールビズでお越しくださ…

再就職の時にする面接での身なりは会社側からクールビズで良いとと事前に連絡が来るケースもあります。しかし、なかには、クールビズの格好で面接するのは悪い印象を与えるのでは?と感じてしまいます。クールビズの悩みを背負いこんでいる方にアドバイスしておきたいのは、会社側からクールビズで来ても良いとされた面接は伝えられた内容をそのまま守った方が安心できます。迷いすぎてしまい、汗をかく季節にしっかりとしたスーツを着用していくと相手に逆に暑苦しい印象を与えてしまいますから、クールビズ可と書かれていたらクールビズで大丈夫なのです。

転職のための面接に転職したい会社へ赴いたときのことで…

転職のための面接を受けに転職希望の会社へ出向いたときのことです。たまたまその会社で会議室が空いていないというわけで外部のとある場所で面接をする方と待ち合わせをして面接が行われ、その場所で解散し、面接官も会社に帰らず自宅直帰されるとのことでしたが、ところが下車する駅が私と一緒だったのです。それで電車内でも彼とずっと世間話をしながらいっしょに帰宅することとなり、結果として打ち解けて面接の時よりも話が弾み、それが原因か何の問題もなく採用を勝ちとることができました。

退職|昨今の雇用事情が激しく変わってきたことについて若い人た・・

このように現代の雇用形態のめまぐるしい変化において、若年層が特に気にかけているようです。「将来的なキャリアアップ」を視野にいれているのでしょう。従って、就業者といった人たちの「流動化」が年々大きくなっているので、それに応じてこの先、世代に関わらず転職の関心は増加していくものと思われます。労働力の「流動化」が進んでいく結果、勤め先を変えることはあなたにとって身近なものとなっていくでしょう。「終身雇用制度」が実在した頃は、「転職」をする人は、それだけで経歴にマイナス評価がつく、と言われて転職しようにもうまくいかない人もたくさんありました。しかしながら、社会の流れが変わり現在の仕事だけに執着する必要があまり無くなっているように感じます。

失業者に給付される失業保険は、失業中でなければもらえませんが、…

失業した人が受け取れる失業保険は、失業中でない人はもらえませんが、給付される期間が定められています。離職時までに勤務していた期間に応じて異なり、3ヶ月とか1年と決められるのですが、世の中にはこの事実を知らない人がいたりします。期間の制限がないと勘違いして「失業保険が給付される間は遊んでいよう」という人をたまに見かけますが、給付の残りが1ヶ月という段階でようやく気づいてから慌てて仕事を探しても条件のよい仕事を見つけるのは困難です。転職を希望する会社の面接担当もアホウではないので、失業中にきちんと求職活動をしていたかについて大半は相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いでしょう。相手によっては、面接の時にそれらを根掘り葉掘り訊かれることもあります。答えに困ってバレバレの嘘をついたりしていると、受かりません。

退職|先日新しい仕事先を探すために人材紹介会社に登録に向かいました。

3日ほど前転職活動の一環として人材紹介会社へ登録に向かいました。そのとき登録カウンセリングをしに出てきた担当の人の雰囲気が見たところ学生と見間違うほどの若い社員で、私が説明していることの3割も彼はわかってはいない感じです!おまけに「キャリアデザインを作り直した方がいいですね」とか「もっと強みをはっきりとさせることが大事でしょう」とか、一丁前の話を偉そうに言うからとても嫌な気分になりました。カウンセラーはそれなりには仕事の経験がある方にするべきです。