退職|今がんばっている転職する活動中に、「自分は今まで、このような内容・・

退職|今やっている転職活動時、「自分は振り返るとこのよう…

励んでいる転職する活動時、「自分は経験としてこういう職場の仕事を長く続けてきました」「過去の仕事では、手にした技術は、、、です」と成功体験などを強めにアピールする人はけっこう少なくありません。しかし、応募し新しい企業で「そのうちこうありたい」「私が申したような事なら積極的に貢献できるはず」と将来のプランを話して自分をアピールを狙ったほうが過去をメインにしながら語るより採用チャンスに恵まれます。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。

転職エージェントに登録すれば必ず、電話やメール連絡が呆れるくらい入ります。

転職サイトでは、登録後、電話やメールで何回も連絡が入ってきます。そのため「転職エージェント」の初心者の方は、非常に驚くことが少なくありません。「転職エージェント」は、会員の転職を促すことが業務だと考えられるので、本当に積極的にアプローチしてきます。とりわけ大手エージェントは、転職を成就へと導くことで企業からお金を受け取る仕組みであることから、転職者の都合よりも企業側を優先的に考えることが多々あります。また、「転職エージェント」は契約を欲するあまり内定が出たその日に、入社を強くすすめてくることが少なくありません。自身の気持ちをハッキリしておき、無理に転職しないように注意することが必要です。

クールビズの服装で再就職の面接に臨むときには、ジャケットに関し…

クールビズをして転職の面接に臨む場合、やっぱりジャケットは着用していくことはないと言い切れますが、ネクタイは着用したほうが良い印象を与えます。タイもする必要ないとしている企業も存在するケースもなくはないですが、ことネクタイに関してだけは例えクールビズであっても必ず着用する必要があると考えている会社がいくらか存在するわけです。それゆえに、クールビズで大丈夫だと言われていてもネクタイに関しては絶対に着用いく方が良いということをわかっておいてください。

退職|仮にあなたが再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」におい・・

再就職をするとき、「Uターン」「Jターン」において都会から地方に移住した上で転職したい、と考える人も多いです。この頃は求人情報サイトを活用すれば、地方での求人情報にも手軽に知ることができますが、ただ残念なことに、地方での求人の場合、募集してる企業や会社の数自体が少ないので、その点がマイナスといえます。そのため、求人サイトだけに頼りすぎるのも考えものです。求人サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトもチェックしておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所が主催する転職サポート系のイベントについても注視しておきましょう。

退職|将来転職活動をするという時は、良いと思う求人(OR 業種)…

これから転職活動をするという時は、良いと思える求人(OR 業種)があれば、しっかり「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネット検索しておきましょう。求人票・転職エージェントの言葉からはその業界のマイナスにあたる箇所は、教えてもらえないのが普通です。もしも、ブラック案件が多い業種であれば、ネット検索で瞬時に実態を知ることができます。そうした検索をしないまま、入社してしまうと、のちに痛い目にあいます。その求人が出ていた理由が「業務内容がキツく、人がなかなか定着してくれない」というケースが少なくないのです。気になる業種や案件に関しては、疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

「シフト制」の仕事についての話です。

これはシフトのある仕事についてです。毎週、特定の曜日に仕事できる人を募集している求人をけっこう見るのですが、もし、応募しようと考えているならシフトの提出方法や休み方を面接の際に確認しておいたほうが良いです。私は過去に、出産のため休む人の代理として正社員として入ったのですが、私のシフトが土曜、日曜が固定シフトだったのですが、他に誰も来ず、私一人だけで現場を任されるだけでした。前にいた人が土曜、日曜は必ず出勤していたので、私も出勤できる人として扱われてしまいました。実際「土日」に休まざるを得なくなった場合、、シフトを変わってもらうときは、同じ部署の先輩たちに「代わりに出ていただけませんか?」と自らお願いしなくてはいけませんでした。立場も給料もほぼ同じなのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い出す度、「本当によく耐えたな」と。

とある古物商の会社で、書類選考をクリアしました。すぐ・・

ある古物商の社員募集に応募したところ、書類選考をパスし、担当者から面接の日時を指定してもらいました。それなのに、当日、時間通りに行ってみると、どうしてか相手が面接の用意を全くしていないとわかりました。待っていると、責任者らしき人が面接中も半ば聞きというか、終始けだるい表情を見せ、ひとまず面接は終わりました。だが、予定日を過ぎても結果連絡が一切なく、気になったので、自ら問い合わせてみたところ、「郵送で今日送った」と告げられました。心待ちにしていたのですが、しかし、これも未達なのでそこで再度電話した結果、なんと、「今回は見送らせてもらいました」とそう言われてすぐ、電話を切られてしまったのです。あまりのことにしばらく言葉も出ませんでしたが、正直、不採用で良かったと感謝しています。

転職サイトあるいは転職エージェントを活用し、転職活動を行う人はますます増えています。

転職エージェントや転職サイトなどを使用して、転職活動を行う人は大勢います。転職の幅を広げたいのであれば、それと同時に転職フェアにも積極的に参加してみてはいかがでしょう?転職フェアでは、複数の企業が集まるので、参加すれば一度に複数の企業の情報を得ることができ、その上、説明員等の雰囲気から、その企業の社風を感じる事が出来る事も少なくありません。今後、転職フェアに参加する場合は、1次面接に行くつもりで自身の売り込みをしていく気概をもっておいてください。それによりフェアを通じて、企業から気に入られれば、その後採用面接時にアドバンテージになるはずです。

求人関連の情報を見る際、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」と思う人ほど・・

求人サイトをチェックする場合、例えば、オフィス系の仕事が希望だからと、はなから製造業はチェックしない人がいますが、そういった人の多くは「製造業って、現場で製造する仕事しか募集しない」と勘違いしている可能性が高いです。現に、製造業での求人でも、現場に出る仕事だけでなく経理、人事、総務などの人材募集から、購買、営業管理といった「事務系」の部署もとても多いです。とはいえ、製造業の勤務場所自体、ビジネス街のように都会のイメージとはかけ離れた地域にあるのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそういった部分がイヤと思う人もいるでしょう。とはいえ、自身のこだわりを捨てることで素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、視野に入れてみてください。

退職|転職の際に現在勤務している会社を退社する時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけない・・

転職をするために今勤務している会社辞める時に失業保険に関する手続きを行う必要がありますが、もしもあなたの側から退職届を提出して会社を去る、いわゆる自己都合退職においては直ちに失業保険が出るのではなく手続きを終え、失業したことを認められてから3ヶ月経ないといけないのです。であるため、会社を辞めた翌日から3か月経てば給付されると誤解している人がいますが、実際にそのような誤解をしてしまった人が、本当はもらえるはずだと言い張ってハローワークの職員とトラブルになっているのを見たことがあります。加えて、社員側の都合ではなくリストラのように、「会社都合」での解雇のケースでは、、失業が認定されれば即座に失業保険を受けとることができます。

退職|転職時の面接で着用するビジネススーツの色味については…

仕事の面接で必要なスーツのカラーにおいては、新卒の人たちが就職活動の際にに身に付けている色味が基本的です。要するに、紺や黒といった感じのようなダークな色合い、ということになります。それは転職のケースであっても、着用していくビジネススーツのカラーはこういう暗めの落ち着いた色が多数派になっており、黒色や紺色以外の色の人は少数です。それ以外だと、たまにグレーのスーツを着ている人がいるくらいで、ほとんどが黒や紺色が多数派なので、会社側から見ても黒とか紺のスーツを着ている人が普通に感じます。ですから、身だしなみ、という点においてはそのようにする方が好ましいわけです。

退職|再就職の面接での身なりは企業側からクールビズで来てください・・

職を変える際の面接での身なりは会社側からクールビズでも大丈夫ですよと事前に言われる場合もあります。しかし、クールビズで面接を受けるのは社会人として常識に欠けるのでは?と疑ってしまうこともあります。クールビズに関する迷いを心に持っている方にアドバイスしておきたいのは、クールビズで来ても良いとされたのなら、書かれている内容を守った方が大丈夫です。迷ってしまい、暑い季節にしっかりとスーツを着ていくと面接担当者に不自然な印象を与えてしまいますから、クールビズでお越しくださいと書かれていたらクールビズで大丈夫なのです。

退職|転職における採用面接に転職したい会社へ行ったときのことです。

転職における面接に転職希望の会社へ出向いたときのことです。その日に限って会社内の面接ができる部屋がすべて他の客でつまっているということで外部のとある場所で面接官と待ち合わせで面接を行い、そのまま解散して、面接担当者も会社に寄ることなく直接自宅に向かうとのことでしたが、ところが自宅の最寄駅が一緒だったのです。そのため電車の中においても面接担当者と一緒に会話をしながらいっしょに帰宅することとなって、その結果緊張がほぐれて面接よりお話が弾み、それが功を奏したのかなんと採用を勝ち取りました。

退職|このように現在の企業の労働環境が大きく変化したことにつ・・

このように昨今の労働環境が目まぐるしく変わってきたことに際して、社会人の中で若い人たちが特に注目しているようです。大方、転職とキャリアアップを考えているのでしょう。ですので、労働者やサラリーマンの「流動化」が著しくなっているため、より一層、今後、益々より広い世代で転職についての注目が強くなると考えられます。労働市場の「流動化」が背景にあることで、労働者の転職は一般的なこととなっていくでしょう。「終身雇用制度」が機能していた頃には転職者にはそのことだけで良くないイメージがつきそれで損してしまうことも多くあったのです。ですが、時流の変化とともに現在の会社に固執する意味も必要性も減っているように感じます。

退職|失業者が受け取れる失業保険は、失業中でない人はもらえません…

失業時にもらえる「失業保険」は、失業しているあいだ、給付条件になりますが、「期間」が定められています。失業時までに働いていた期間によって変わり、90日だったり120日だったりするのですが、中にはこれを知らない人が一定数います。失業を続ける限りもらえると勘違いしていつまでも遊んでいる人がいますが、給付期間があと1か月しか残ってないと気づいてから急に就職先を探し始めても良い結果につながらない可能性が高いのです。会社の面接官もアホウでは無いので、「いつに失業したか」「どのくらい失業期間があるか」「その間、何をしてたか?」といった点はそこそこわかるはずです。相手によっては、面接官から何をしていたか質問されることになり、答えに困ってとんでもないことを言ってしまったりすると、受かりません。

退職|新しい仕事先を探すために人材バンクへ登録を行いに行きました。

先日新しい仕事先を探すために人材紹介会社へと登録に行きました。そのとき登録するときのカウンセリングの時に出てきた担当の方が見た感じ新入社員みたいで、私の話の50%も彼はわかってはいない感じです!おまけに「そのキャリアデザインでは厳しいですね」とか「きちんと自分の強みと弱みを知っておくべきでしょう」等、一人前のように偉そうにしゃべるのでとても不快でした。カウンセラーはそれなりにはカウンセリングのスキルがある方にしてほしいと感じます。