退職|今では、株・不動産投資などの不労所得、もしくは自営業や起業といった形で生きる方法も人気です。

退職|今のご時世では、株・不動産投資などといった不労所得で稼いだり、…

  • 現在では、株・不動産投資の不労所得、または個人経営 で頑張っている人も増えています。そのような社会的変化もあり、「雇用されて働くこと以外は怖い」といったこれまでの考えも変わってきています。高度経済成長時代においては、株式投資や、自営業で生きるよりも雇用されて働いているほうが安定していてました。人が生きていくうえで正しい進路として、またそれが至極当然のことのように、世の中に認知されていた。そのような社会全体が等しく成長する時代は過ぎ去り、現代では「成熟期」といった名称で表現します。コンピューターの進化とともに、今後は、自動化・機械化がさらに進み多くの仕事で人の手を必要としなくなる社会になる、とも言われています。

    新卒採用で入社した会社に別れを告げ、一歩踏み出して転職をしました。

  • 新卒採用で入った会社を辞めて、思い切って転職を決意しました。実際にやめる前後は、1人で悩み、辛い気持ちでした。会社を数年で辞めて、多くの人が転職を経験していることを自らの転職を通じて感じいつの間にか漠然とした不安が消え、ほっとしました。1度、転職をするとなんというか、肩の荷が下りたかのような気分になり、「自分のやりたいこと」を探すのが喜びになっていきました。いまだ「仕事をコロコロ変えるなんてとんでもない」といった転職に対するマイナスイメージもありますが、それが正しいとは限りません。私の場合、転職を決断して良かったと思います。

    退職|生まれて初めて失業保険をもらうときに、じっとしていれば給付されると考えている・・

  • はじめて「失業保険」を受ける際、何もしなくても受け取れると思っている人が極めて多いですが、それは誤解です。本当は、きちんと受け取り続けるためには、求職活動を行う必要があり、毎月一回はハローワークに通う必要がある。1ヶ月間隔で担当者に就職活動の状況をきちんと説明して本気で仕事を探していると判断されれば翌月、保険が給付されるという仕組みになっています。他方、真面目に就職活動をしていないとみなされたり、毎月のスタッフとの面談を欠席した場合は、強制的に給付を一時的に止められたり、ケースによっては以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、そうならないよう十分注意しましょう。

    2,3ヶ月まえに、転職したばかりというのに、何ヶ月もたっていないの…

  • 3ヶ月まえに、転職したばかりであるにもかかわらず、わずかしかたっていないのに退職してしまうケースが意外にも多いといいます。それはおそらくリフレッシュな気持ちで新たな職場を見つけたものの、「自分自身の理想としていたものと堪えられほどギャップがあって幻滅した」「ルールにどうしても慣れなかった」というワケで別の仕事を探すみたいです。でもこのような、転職における失敗をしないためには、初歩として、事前の情報集めを徹底する、に尽きます。職場内の環境、職場独自のルール、給与システム、など多角的に前もってチェックしておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

    近いうちに転職活動をしていく人で、次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合は・・

  • 近いうちに転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのなら、必ず「失業手当」を受け取っておきましょう。この手当ては勤めている会社側がきちんと「雇用保険」を払ってくれている場合は、申請をすれば誰でも失業手当を受け取ることができます。手続きについては、「ハローワーク」で行います。自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、働いている会社都合での退職や、残業時間によっては、日数をおかずすぐに受け取れることもあります。さらに支給される「失業手当」の額は、会社で最後に働いた月の直近の給料を軸に支給する額を割り出されるので勤めているる会社に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、理想なのは「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

    新しい環境下でそれまでに培われてきた能力を最大限に活用できれば、…

  • 新たな職場でそれまでに培ってきた資格やキャリアを存分に発揮できれば、即戦力として仕事をすることができ早々に職場にも馴染めるはずです。会社側も大いに助かると言うものです。採用側が判断しても即戦力となる転職は難なく事が運ぶでしょう。更にこれまでの仕事内容と近い仕事なら転職は非常に楽になるでしょう。そういっても、ある程度の実力があるといっても大手企業の事務系の業務や、公務員系(国家・地方ともに)は時代に関係に左右されることなく中々の難関になることを肝に銘じておきましょう。

    退職|転職活動の際には履歴書と職務経歴書を準備することが必須といえるでしょう。

  • 転職活動をする際は、「履歴書」「職務経歴書」の2点が必須となります。企業の大多数は履歴書や職務経歴書に記載されている内容を判断材料にして面接するかどうかを決めるため、まずはこれらの書類の作成が重要なポイントになってきます。単に穴埋めするだけにとどまらず、記載内容が魅力的であることも必要です。「職務経歴書」では、過去に経験してきた職務の詳細や、可能な限り自己アピールとなる内容を書きます。さらに、現在の職場で挙げた実績を、たとえば売上〇%UPした等、わかりやすく記載しましょう。もしも、作成に行き詰まったのなら、「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、より良い内容に改善していきましょう。自己ブランディングのために活用をはかることも転職を成就するための有効な方法です。

    転職エージェントは大規模なものに限って、多くの案件があ・・

  • 大手の「就職エージェント」ほど、多くの案件を持っているという長所がありますが、反面、転職希望登録者も多くいる可能性が高いです。そのせいか気になる企業を見つけたとしても、転職エージェント側が無理だと判断すると応募してもらえないことも多々ありますし、企業から見てあなたよりも有能な人がいれば、その人を優先して送り込む傾向があります。要するに大手エージェントの場合は、サイトに掲載していない案件をデータ宝庫として扱い応募しがたいので、発想を変えてもっと規模の小さなエージェントに対し、希望する企業や案件に関して相談し、応募できませんか?と話しをしてみると、転職希望者の利益を考えて働いてくれることもあるので、そのような活用も一つの手でしょう。

    『今すぐ転職したい!』と思っている人のなかで、自分の意志が本当に強いものであるなら、…

  • 『今すぐ転職したい!』と考えていて、自分の意志が強いのであれば、すぐに上司に言うべきです。そのときに曖昧な表現をしていると、場合によって言いくるめられる可能性が高いので気をつけましょう。そして、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、手を変え人を変え、結局、半年ほど予定が伸びてしまいました。辞職することをはじめて直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、結果的には数ヶ月延びて辞められたのはその年の11月です。予定では、仕事の落ち着いた年度末いっぱいで辞めたかったのに、色々と理由をつけられ、予定が狂ってしまいました。やっぱり企業も、人事的な都合があるのかもしれませんが、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、ほとほと心の底から信頼はなくなりました。

    退職|今、私は派遣会社に登録しています。

  • 今、私は派遣会社に入っています。インターネットサイト内でなんとなく自分に合っていそうな仕事を見つけ応募しようとすると「その仕事はもうすでに別の方に決まりました」と言われ瞬間的にウェブサイト上から仕事の情報を閲覧できなくなるのですが、その翌日に閲覧すると再掲載されています。それって結局は私だとダメってことですよね。それなら最初から変に隠さない程度にはっきりと伝えてくれるといいのですが、なかなかそういうわけにもいかないでしょうか。それとももしかすると存在しない仕事を載せているのでしょうか?

    退職|今現在の自身の職場や業務に対する不服に思っていることの中に…

  • 今の勤め先や仕事の中身について不服に感じていることの中に、「自身の資格やスキルを真摯に評価してくれない」よって、「月給は上がらないし、将来昇進する見込みもない」といった不満が多いように見受けられます。しかしながら、気持ちは理解できます。しかし、そんな人の中には自分自身の持っている手腕を実際よりも過剰評価し過ぎていないか、再確認することが不可欠です。自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍するための求人がない」と仕事をしない期間が長くなることになりかねません。可能性が少なからずあります。そういうわけで転職で成果を上げるためには、あなた自身の能力を今一度、厳しく評価してみることから始めてみましょう。

    退職|この話は知人からの話です。始めに新卒時になにがなんでも勤めたかった…

  • この話は友達からの話です。始めに大学生のときの就職活動でどうしても勤めたかった憧れのA社で行われた入社試験で、最終面接までいきながら不採用となり、その先仕方なく他の会社につきました。数年後派遣求人サイトを見ていてA社の紹介予定派遣の求人を見つけ、我慢できなくなって当時の会社をすぐ辞めて、A社で派遣の仕事を開始しました。勇気がありますね。真剣に頑張ってのちに幸運にもA社で正社員登用され、今は仕事に誇りを持ちつつ元気に働いています。

    退職|転職サイトはメジャーなサイトの方が掲載数も豊富なため…

  • 転職サイトは知名度の高いサイトの方が掲載される会社の数も多くなるため、だいたい2~3社ほどサイト登録して、希望する勤務地や収入についてチェックを入れて、さらに条件に適合する求人情報が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと簡単に転職情報を集めることが可能です。とはいっても、初めに限っては登録するのが非常に大変なので、サイト登録するよりも前に、「履歴書」「職務経歴書」を予め作成しておき、さらにそれらをテキストファイル化して、コピー&ペーストする形で登録しておくと手間が減って便利です。登録初日は少し時間がかかりますし、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、その後は新着の求人情報のみチェックすれば大丈夫なので、後のことを考えれば、最初の準備をきちんと行うことを心がけるのが無難です。

    転職した際には、高確率で前職はほとんどの記憶は美化されます。

  • 職を変えた際には、だいたいの場合はそれまでの会社の仕事でのたいていの出来事は美化されます。実を言えば今の待遇に合意できない点があるから、そういった思いをクリアするためにやっとのことで再就職を決めたはずなのに、気が付けば不思議なことに転職後の会社よりも「前職のほうが良かった」と思うことは多いです。というのも当然のことで、以前の職では仕事に慣れていて、今よりも簡単にやるべき業務もこなせていたからというのが理由にあると思います。しかし、「転職なんてしないほうが良かった」と本気で思うほど、前の会社のほうが待遇や労働環境が良い事も考えられます。

    退職|転職活動をするときに注意が必要な求人の募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料が高く…

  • 就職活動する際に気を付けて欲しい求人内容は、そこまできつそうな仕事ではないのに給料が高く、拘束時間が長めであるというものです。こういった求人は、記載されている給料に『みなし残業代』を含んでいることが非常に多いです。みなし残業代は、『みなし』と呼ばれるもので例えばですが、30時間とか45時間といった感じで求人の内容に時間が併記されているものです。これは、毎月これくらいの残業が想定されるため、前もって給料に残業代を組み込んで計算しておく、といった仕組みになります。(なお、これは違法ではありません)『みなし残業代45時間込』とあれば、「記載時間分の残業代も含めてこれだけの給料がもらえます」ということになるわけです。でも、悪質な求人は、『みなし』を記載していないことも少なくないので要注意です。

    現在の仕事に不満があり、転職サイトを利用して自身の希望条件に合…

  • 新たなことにチャレンジしたいと考え、転職サイトで自身がストレスなく働ける魅力的な仕事情報を調べているのなら、ぜったいに「転職エージェント」を活用しておきましょう。登録は簡単です。エージェントサービスの登録を済まて、紹介してくれる求人情報というのは誰でも見ることのできる公開求人とは違ってどう比べても、比較にならない程たいへん質が良いといえます。そして何より、あなたの条件にフィットしたものを調査し、紹介してくれます。そういうわけで、あなたの希望とする自身の理想に近い業種の求人を教えてもらえる可能性があります。もし、同一の求人を発見したとしても、あなたが一人の力で手当たり次第に探す手間を考えれば、かなり効率的です。ですからたいへん使ってみる価値は大いにあるといえます。