退職|今後転職活動をするのなら、気になる求人(あるいは業種)…

退職|転職活動中に、良いと思う求人(または業界)を見た…

あなたが転職活動中に、良いと思う求人(もしくは業種)があれば、必ず「〇〇業(気になる業界)、ブラック」とインターネットで検索し目を通しておくべきです。求人票や転職エージェントの情報では、その業界のマイナス点は、知ることはできません。仮にブラック案件が蔓延している業界であれば、ネット検索によってカンタンに瞬時に実態を知ることができます。そういった手間を惜しんで入社すると、直後に後悔してしまうかもしれません。だいたい求人が出ている理由が、「業務内容が厳しく、人がすぐに辞めてしまう」といったケースが多くを占めます。目に留まった業種や案件に関しては、しっかりチェックし疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

退職|これはシフトのある仕事についてです。

「シフト制」の仕事についての話なのですが、毎週、決まった曜日に入れる人を募集している求人をけっこう目にするのですが、もしも応募しようと思っているならシフトの提出方法や休む手順については、あらかじめ聞いておいたほうが良いでしょう。私は過去に、産休で休む人の代わりに正社員の仕事についたのですが、土曜、日曜が固定シフトで他の社員は来ず、私一人だけで現場を任されるだけでした。前任者が土曜、日曜は必ず出勤できる人だったので、私も同じタイプと思われていたようです。実際「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフトを変えてもらう必要があり、同じ部署の先輩方に「日曜日に休みたいのです」と自ら依頼しなくてはいけませんでした。立場も給料もほぼ同じなのに土日を1人の人に任せるって・・・振り返るとよくやってこれたなと思います。

退職|ある古物商の人員募集にて、書類審査を通過し担当者から面接の日時を指定してもらいました。

ある古物商の社員募集に応募したところ、書類選考をパスし、先方から面接の日時を指定してもらいました。けれども、当日、指定場所まで行ってみると、どういうわけか相手が面接の用意を一切していないことに気づきました。しばらく待っていると、所長らしき人物が面接に応じてくれましたが、最初から最後まで、驚くほどけだるい表情を見せ、面接が終了しました。ですが、予定日になっても結果連絡がまったく来ず、いてもたってもいられず、こちらから問い合わせると「郵送で今日送った」と言われましたがしばらく待ちましたが、ですが、これも届かず仕方がないので改めて問い合わせたところ、なんと、「残念ですが不採用です」、とこちらが話す隙もないまま電話を切られました。呆れて何も言えませんでしたが、不採用でよかったです。

退職|転職エージェント、そして転職サイトを利用して、転職活動することは今では常識といえるかもしれません。

転職サイトや転職エージェントなどを通じて、転職活動すること自体、一般化してきました。だとしても、転職活動の成果をもっと高めたいなら、同時に転職フェアに参加してみるのはいかがでしょうか?転職フェアの長所としては、多くの企業が一堂に会するので、参加した際はあなたの気になる企業の情報を効率的に得られますし、同時に、説明員等を通じて、企業の個性を伺えるはずです。仮に、近い将来転職フェアに参加するつもりなら、1次面接に行くつもりでしっかりと自分を売り込みましょう。それによってフェアの期間中に企業側の担当者に気に入られれば、その後応募して実際の面接時に良い手応えを期待できます。

求人誌をチェックする折、「デスクワークがしたい」と思う人ほど、…

求人関連の情報を見る場合、「オフィス系の仕事をしたい」という人は、製造業の項目を読み飛ばしていたりするものですが、そうした人の多くは「製造業って、現場で製造する仕事しか募集しない」と間違って解釈している場合もあります。実際に、製造業の求人であっても現場に出る仕事だけでなく人事、経理、総務といったスタッフ募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「事務系」に分類される仕事が多数あるのです。とはいえ、製造業がある場所はビジネス街のような雰囲気はないので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そういった点が受け入れられないと思う人もいるでしょう。そうした事には自分のこだわりを捨ててみることで素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、視野に入れてみてください。

退職|転職をするために今務めている会社を退社する時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが…

転職のために現在勤務している会社を退社する時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが、仮に自分の都合により退職願を出して会社を去る、いわゆる自己都合退職のときは失業保険をすぐさま受け取れません。手続きをしたのち、失業したことが認められてから3か月経つこことが必要なのです。よって、会社を辞めた翌日から3か月経過すればもらえると勘違いしている人がいますが、実際にそういった間違いをした人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると言い張ってその結果ハローワークの保険担当者と言い争っていたのを過去に見たことがあります。ちなみに、自分側の都合ではなくリストラのような、「会社都合」での解雇のケースでは、失業認定を受けてから直ちに失業保険を受け取ることができます。

仕事の面接でいるスーツの色合いに関しては、新卒の就活の…

仕事の面接で着るスーツの色合いに関しては、新卒の就活の際にに身に付ける色が無難です。ということは、紺系や黒系のような落ち着いた色味になります。それは再就職の場面においても、着ていくビジネススーツの色合いに関してはこういうダーク色がほとんどで、そうでないカラーを着ている転職者は少数です。それ以外の色と言うと、たまにグレー系のスーツを着ている人がいるくらいです。大方は黒や紺色が多数派なのです。ですから、採用担当の人もそのような色であるほうが自然です。ですから、第一印象という観点ではおすすめということになります。

退職|職を変える際の面接についてですが会社側からクールビズで良…

転職の時に行われる面接時にクールビズでお越しくださいと連絡が来る場合もあります。ですが、クールビズのスタイルで赴くのは印象が良くないのではないか?と思ってしまいます。クールビズの悩みを懐に抱えている人に伝えたいのは、会社側からクールビズでも大丈夫だと言われている面接の際は伝えられた内容をそのまま実行したほうが正しいです。疑心暗鬼になってしまい、汗がでる時期にしっかりとスーツを着ると面接担当者にに不自然に思われますから、会社側からクールビズでも大丈夫ですよと伝えられたらクールビズで構わないのです。

転職のための採用面接に向かいました。

転職の採用面接を受けにある会社に伺ったときのことです。その日に限って会社で部屋が空いていないというわけで外のある場所で会社の人と待ち合わせて面接を行い、そのまま解散して、面接を行った方も会社に帰らず自宅直帰されるとのことだったのですが、ビックリしたのは自宅最寄駅が私と同じ。ですから電車の中においても彼とずっとお話しながら帰宅することとなって、おかけで緊張が解け面接の時よりも込み入った話ができて、それがプラスに働いたのか何の問題もなく採用を掴み取ることができました。

最近の会社や企業の労働背景が変化したことに関して、働きざかりの世代の・・

現在の会社や企業の労働背景のめまぐるしい変化において、全世代の中で34歳ぐらいまでの若者の世代が特に興味を持って見ているようです。おそらくは、先行きを色々と考えているのでしょう。労働者・サラリーマンなどの労働市場の流動化が進行しているようで、なおさら、今後、益々若年層の転職への関心度が増加していくと思います。この様な情勢の中、転職することは自然なことになっていくでしょう。「終身雇用制度」があった時代には、転職者は印象が悪く、損をしてしまうこともたくさんあったのです。しかし時流が変わったせいもあり、現在の会社のみに執着する意味も必要性も減っているように感じます。

失業した際に受け取れる失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になります・・

失業したときに給付される失業保険は、給付されるためには失業中であることが必要ですが、永久にもらえるわけではありません。それまで働いていた期間に応じ、90日だったり120日だったりするのですが、なんとこのような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。失業保険で生活すればいいと考えて仕事を探さない人もいますが、給付期間の最後1か月になった段階でようやく自分の勘違いに気づき焦りながら職探しをしても好条件の仕事を探すのは難しいです。面接に応じる担当者も無能ではないので、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」といった箇所はだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。ときには、面接担当者からそれらを根掘り葉掘り訊かれることもあります。返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、合格する可能性は限りなくゼロに近くなります。

3日ほど前転職のために人材紹介会社へ登録に出向きました。

先週転職先を見つけるために人材紹介会社へ登録に行きました。そこでカウンセリングを行うために現れた担当の人がどうも学生と見間違うほどの若い社員で、こちら側が説明をしていることの5割ほども理解できてない感じでした。さらに「このキャリアデザインではダメですね」とか「きちんと自分の強みを考える必要性があります」等、一丁前の話を偉そうにのたまうのでとても不快な気分になりました。カウンセリング担当者はそこそこ仕事の経験がある社員にするべきだと思います。

就職活動を年収抜きに考えることは不可能です。

就職活動において、年収はとても大事な要素です。面接時には、現職の年収、そして今後の希望年収額について質問を受けることになるでしょう。ここで現実の年収より多く言って、転職先で多くの収入を得ようとしても、無駄な努力でしょう。なぜなら、結局は源泉徴収を提出することになるので、たとえ一時的に信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、必ずウソがバレてしまうのです。運が悪ければトラブルに発展することもあるので、現職での年収は正直に申告し、それに釣り合った希望年収額を設定しておくのが無難です。今の年収が400万円の方が、転職後に500万円となる可能性はまずあり得ません。年収が400万なのであれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくとよいでしょう。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、一時的に転職先に合格をもらったとしても、退職せざるを得なくなる恐れもあるので、気をつけましょう。

退職|近頃はPCで調べればインターネットで見られる世界・・

最近はPCやスマホを見ればインターネット上には、要するに転職に関連するサイトが数限りなくあったりします。サイトから自分にあった転職先と思えるのを探すためにも、何よりも情報収集をしましょう。こういう「転職サイト」をしっかり使うことで、スムーズな転職先探しが可能です。転職希望者にとって役立つ情報満載の優良な「転職サイト」がある一方、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。はじめは、実際に信用していいサイトであるかを見極めることが大事ですから類似サイトと比較しながらしっかりチェックしてみてください。

退職|雇用中には、極力周囲に悟られないよう、(自身の場合)…

就労中には、極力周囲にバレないように(自身の例ですが)在職期間中に転業したいという意思表示のみをはじめのうちに会社内で話してみました。けれど、それから、求人誌を必死にあれこれ見ていったものの、結局転職する転職するタイミングさえも何一つ進めていたので、時間が過ぎてしまいました。一方、会社の方も業務の引き継ぎ予定や手続き、退職日などが決定していき、最終的に「退職予定日に合わせて転職先を決める」といった、本末転倒な事態になってしまいました。ですが結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経たのち、次の就職先を探すハメになりました。

退職|もしあなたが転職するのなら、先に考えておいて損をしないのが資格の取得です。

もしも転職される場合は、「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。また、現在の仕事をしているあいだに資格取得しておくのがお勧めです。転職活動時にそれを有効活用できるので、仕事を見つけやすくなります。というワケで、資格取得するなら、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階が一番良い時期といえます。もしもあなたが将来を考え、社会的に強みになるような資格を取得しておくと、退職後も心残りなく仕事を探せます。また、資格を取ってからの面接のときには面接担当者に即戦力になる人材だと認められ、それまでより待遇も良くなる可能性があります。