退職|今日では、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり…

今日では、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりして・・

近時は、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件に関する取り締まりが強化されたり、悪質な会社が公表されたりするなど、厳罰化の流れが続いていますが、まだまだ物足りないと考えられます。ですが、実際に入社するまえの面接時に「ブラック企業」かどうかを見破る方法があるので、まずは理解しておきましょう。とりあえず、求人票などで労働条件を見えておき、それらをもとに質問をぶつけてみることです。相手が「ブラック企業」な場合、質問したことが嘘であった場合、答え方が不自然になったり、その場では答えられないなど逃げようとすることが多いです。特に「給与」「残業」「休日」については、質問してみると、渋い顔をするケースが多いです。それでも質問を続けると、ふてくされるような態度になるのでブラック企業だと見破ることができます。このような会社は、嘘をつく体質であるといえるので、「何か引っかかる」と思ったなら、他の面接を受けたほうが良いと思います。

転業を念頭に置いているなら労を惜しまず頻繁に会社の募集・・

転業を考えているなら、労を惜しまずに色々な会社を定期的にチェックしておくと転業先の労働環境の見極めがとてもしやすくなります。今現在の職場にやりがいを感じられないと思っている場合、転職活動を開始したとき、どの企業も魅力的です。そんな状況に陥ると、どの会社を選択するべきか、困ってしまいかねず、選択を誤りかねません。結果的には直ぐに転職しなくてはいけなくなるかもしれないので事前に会社の良し悪しを判断できる目を養っておくべきなのです。企業の雇用に関する情報だけ見る以外に、その会社の「取引先」も気にしておきましょう。透明性を重んじる会社は取引している会社情報を開示していますし、逆にそういった企業ではない場合、広告宣伝ばかりしている傾向が強いので、確認しておいて損にはなりません。さらに、会社によっては、個人でのグループに入っている企業があるので、グループ名で調べ、確認しておくのも手です。

新卒で採用された会社で嫌な感じの上司の存在に悩まされ…

初めて働いた会社で反りが合わない上司に悩みを抱えて、結局耐えきれなくなり退職し、同業者である別の企業へ転職をしました。そこでは人間関係を良好に保つことができ非常に満足していましたが、ゆっくりと会社の収益が少なくなり、とうとうとある会社に経営統合されることとなりました。偶然にも経営統合の相手はなんと前勤務していた会社で、しかも転職のきっかけとなった上司が再び私の上司になることに。こういう悪いめぐり合わせとは、どれだけ縁があるのでしょう。当たり前ですが新しい転職活動を開始する予定です。

転職活動を行っていて面接で間違いなく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動を行っていて面接のときに絶対に聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。これらのうち志望動機に限っては、隠さずに話しても差し支えないですが、これと違って転職理由についてありのままに伝えるのは賢明ではありません。例をあげれば報酬に関する不満、人間関係に関する問題など、面接担当者によいイメージを持ってもらえるものではありません。とはいっても、過去のマイナスをそのまま話する人は稀だとは思いますが、転職先となる企業は、そのような部分を重要視している傾向があるため、慎重に質問されることは避けられないでしょう。これに対抗して現職の不満を回答しないためには、現職の仕事内容から脱線する箇所には一切触れないことです。さらに、「入社後、〇〇をしていくつもりです」、「3年後にはこうしている、5年までに〇〇を叶える」、「このような私の目標達成のためには、御社が必要なんです」、といった形で志望動機に話をすり替えるのが正解です。

退職|一度あなたが、現職からの転職の意思を固めたのなら、完・・

万一転業の決心をしたのであれば、徹底的に周囲の人間には内密にそれを言わずに、首尾よく転職活動を進め、現職にいるあいだは、できるだけ周りの人に気づかれないように普段どおりに振舞うのがとても安全です。働いている間、その点を自覚しておくと、もしも希望に沿った働き先が行き詰ったとしても、転身予定を見送りながら今の職をそれまで通りに継続しても容易にできます。そうではなくて、「転職するつもりでいる」と言ってしまうと、周りはそれを受けた応対をし始めます。そればかりでなく会社内で「辞めるつもりです」と言った場合、会社内では「あの人は辞める人」と受け止められます。その後で転職の気持ちが冷めて、「やっぱり辞めないことにしました」となっても、会社内の人たちは、「一度は退職しようとした人」といった目であなたを見るので、肩身の狭い思いををするリスクが高いです。

退職|人による紹介で転職の先を探すこともあるでしょう。

人の紹介で転職の先を見付ける人がいます。しかし、転職先の労働環境、それから労働条件などを友人からの口コミだけを鵜呑みに判断してしまうと問題です。口コミの中でもそういう口コミは誤解・齟齬が多くなってしまいます。つまり友人から見たら心地よい働く場所だったとしても、自分には、イライラするだけの可能性だってあるのです。またその逆も然りです。ということで、職場環境については口コミを過剰に信用しないように、しっかり自分自身の目で確かめておくことも大切です。

再就職する時に行われる面接でする腕時計ですが、ビジネスの場らしからぬ目立つタイプの…

転職する時に行われる面接でつける腕時計についてですが、ビジネスの場らしからぬ目を惹くタイプのものはつけて行かない方が安全です。この場合の、目立つ意味は明らかに高そうに見える腕時計とか、といったことだけではありません。それとは反対に安っぽいものに見られてしまうとか、そのような目立つという意味であって両極端で目立つ、と思い浮かべておきましょう。転職時の面接にしていく腕時計についてもネクタイやスーツと同じようにとらえ面接にふさわしい無難なものを選択した方がベストだと言えます。しかしながら、自分の年齢にあった腕時計であるということも大切なことで、新卒の就活の頃に買った腕時計よりはほんのちょっとでも高級感のあるものにした方が好ましいと言えます。

一般的に見て大きな会社は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めます。ですか…

大手企業は「定期採用」がメインなので、転職で入る事は中々難しいものです。おまけに、都会の外だと転職の見込みはさらに狭まります。ただし、製造業に関連する企業に関して言うと、都市部でない地方の工業団地などを工場を持っていることも多々あります。さらに、そういう地方工場では事業分野の拡大する際に「人員募集」を行っているので、このチャンスを利用するのが無難です。地方の工場に転職したいなら、希望する会社についての下調べからあらかじめ知っておきましょう。その会社のホームページを覗いて、求人の予定がないか、こまめにチェックされることをお勧めします。

今励んでいる転職活動中に、「自分は今までずっとこうい…

今やっている転職する活動の際に「今まで、このような内容の仕事に尽力してきました」「過去の会社の仕事によって、こういったスキルを得られました」と過去の自身の実績・セールスポイントを十分にアピールする人はとても多いです。ただし、志願し再スタートを図る企業で「可能ならばこういったことをしたい」「私が言ったような事ならぜひ貢献したい」と未来の話をして自分を売り込むほうがよっぽど効果があります。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。

「転職エージェント」は、一度登録したら、電話やメール連絡が何回も入ります。

「転職エージェント」は、一度登録したら、電話・メールが何回も掛かってきます。このことに対して初めて利用された人はとてもびっくりするケースがよくあります。「転職エージェント」は、利用者の転職をサポートすることが仕事だといえるので、本当に積極的にかまえています。とりわけ大手のエージェントは、転職を完了させると企業から報酬が支払われるシステムのため、転職活動される人の都合よりも企業側を優先的に考えることが珍しくありません。さらに、彼らは、成約数を増加させたいがために、内定が出ると間髪入れずに、「入社されてはどうでしょうか?」と半ば強引に説得してきます。自身の気持ちや意思を明確にしておき、無理に転職しないように気をつけておきましょう。

退職|クールビズの格好をして転職の面接に行くときには、やっぱりジャケットま…

クールビズの格好で再就職の面接を受けに行く場合、ジャケットまでは着用していくことはないと断言できますが、ネクタイに関しては着用していったほうが間違いありません。タイもジャケットと一緒でなくてもOKだと認める企業も存在することはあると思いますが、ことネクタイにおいてはクールビズであっても身だしなみとしてしなければならないと考えているところが存在するわけです。それゆえに、クールビズ(軽装)の恰好でもネクタイだけは絶対に着用して面接した方が良いということをお知らせしておきます。

退職|仮にあなたが転職を考えたとき、「Uターン」「Iターン」…

あなたが転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」のように、大都会から地方に引っ越したうえで転職したいと興味を持っている人も、実践している人も増えています。ここ最近は転職サイトを活用すれば、国内全エリアの求人もいつでも閲覧できるようになりました。ですが、郊外や地方での求人については、大都会のそれよりも内容が薄く、数も少ないのが事実、難点でもあります。ですから、求人サイトを使用するのは当たり前ですが、求人情報サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」などのサイトもきちんと確認し、そうした機関の転職サポート系のイベントについても注意してみておきましょう。

転職活動の際に、良いと思う求人(OR 業界)を見つけたら…

転職活動の最中、良いと思う求人(もしくは職種)を見付けるたびに逐一、「〇〇業、ブラック、デメリット」でネットでチェックしておきましょう。求人票・転職エージェントの情報では、業界に関するマイナス部分について知ることができる確率は低いです。ネットで調べればインターネット検索を通じて一発でヒットします。そうした手間を惜しんで仕事を始めてしまうと、あとでしっぺ返しを食らう可能性が高いです。だいたい求人が出されていた理由が「業務内容がキツく、すぐに人が辞めてしまう」といったケースも多くあります。目に留まった案件・業種については、きちんとチェックした上で応募しましょう。

退職|これはシフトの業務についてです。

シフトの仕事についての話なのですが、特定の曜日に仕事できる人を募集している求人をけっこう見るのですが、もしも応募しようと思っているならシフトの提出方法や、休む方法の詳細を面接の際に確認しておきましょう。私は以前出産のため休む人の代わりに正社員として勤めることになったのですが、私のシフトが「土日」固定のシフトで、新人の私以外は、誰一人現場にいませんでした。前任の女性が土曜、日曜に必ずでれる人だったので、私自身も同じような人として扱われてしまいました。実際土日に外せない用事が入ることもあり、シフトを変えてもらう必要があり、職場の先輩方に「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と自分でお願いしなくてはいけませんでした。立場も給料も同等なのに土日を私だけに任せるのは納得できませんでした。思い出すと「本当によく耐えた」と自分でも驚きです。

ある古物商の会社で書類選考に受かりました。すぐに先方から面接の日時を教えてもらいました。

とある古物商の求人にて、書類審査を通過し相手方から面接日時を告げられました。けれど、当日、時間通りに指定場所まで行ってみると、なぜか相手が面接の用意を全くしていないとわかりました。しばらく待って、責任者らしき人が面接中も半ば聞きというか、最初から最後まで、たいへんにけだるい表情を見せ、ひとまず面接を終えました。が、予定日になっても結果連絡が一切来ず、私から問い合わせてみたところ、「結果は郵送で本日送付しました」と返答されました。しばらく待っていましたが、ですが、これも来ず、仕方なくまた問い合わせてみた結果、意味が分からなかったのですが、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、と一方的に電話を切られてしまったのです。あまりのことにしばらく言葉を失いましたが、とりあえず採用されなくて良かったと感謝しています。

退職|転職エージェントや転職サイトなどを用いて、転職活動することは今では常識といえるかもしれません。

転職エージェントや転職サイトなどを用いて、転職活動を行うことは現在では当然のことでしょう。そうとはいえ、より転職のチャンスを増やしたいのでしたら、その上に転職フェアも利用してみてはいかがでしょう?転職フェアは、多くの企業が一堂に会するイベントです。参加することによって気になる企業の情報に直接触れることができますし、それに加え、その場で説明してくれるスタッフから、それぞれの企業の「雰囲気」を感じられるはずです。転職フェアに参加する場合は、面接に臨むつもりでしっかりと準備をしておきましょう。それが奏功してフェアの最中に自分の能力や人柄が評価されれば、後に応募して本格的な面接時に大きなアドバンテージになるでしょう。