退職|仮に、現職からの転職の決断したなら、会社にはひそか…

退職|もしもあなたが、転職を決心したなら、一緒に働く人に…

  • 例えば、転業を意思を固めたなら、徹底して周りの人にはひそかにその気持ちを知られないように、活動を進め、転身先が決定していないのなら、あくまでも社内の人間に悟られないよう平常通りに業務をこなしていくのが堅実です。現職中、その点を認識していれば、最悪の場合希望に沿う転職先を見つけられなくても、転職の予定を延ばしつつ、今の仕事をそのまま残っても簡単にできます。でも軽率に、「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、会社の人間は、それを受けた態度を取り始めます。それどころか社内の人間に「辞めるつもりです」と口にしたら、周囲には「あの人はもうすぐ辞める」と見なされます。そうなってしまってから「やっぱり退職しないことにしました」と手のひらを返しても、周りの人は、「一度は辞めようとした人」といった目であなたを見るので、在籍中は、身の置き所がないと感じるしてしまうことになるかもしれません。

    退職|知っている人による紹介で転職の先を見付ける人がいます。

  • 友人や知人からの紹介によって転職の先を探す人もいるでしょう。でも、そこでの労働環境や、それから労働条件といったポイントを友人知人の口コミを過剰に信じると後々後悔するかもしれません。そういうわけは一人の個人の口コミというのは、性質上、主観が入りすぎてしまい、客観性に乏しくなります。友人・知人から見たら働きやすい働く場所だとしても、あなた自身の主観で見た場合、イマイチな環境かもしれません。その逆も然りです。ということで、職場環境については口コミのみで判断せずに、最終的には自身の決断を信じるしかありません。

    退職|転職をする際の面接でつける腕時計について申し上げますが・・

  • 転職の面接のときにする腕時計に関しては、目立つタイプの時計はしていかないほうが最善です。目立つ腕時計とは高そうに見える腕時計とか、といった意味合いだけではなくその反対で安物の腕時計の印象を与えるとか、そういう正反対の意味で目を惹くのだと考えておいてください。転職の面接のときの腕時計についてもネクタイやスーツのようにとらえて、面接するにふさわしい無難なものを身にするほうが賢明です。しかし、自分の年齢にあった腕時計というのもとても重要で、新卒の時に着用していた腕時計よりはわずかでも高価なものにした方が好ましいと断言できます。

    たいてい一流企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなので、…

  • 大企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるため、転職で入る事は簡単ではありません。また、都会の外だとその確率はとても低くなりそうです。とはいえ製造業においては、地方の工業団地などに工場を置いているよくあります。さらに、そういう地方の工場の場合、事業拡大時に人員募集をする事が結構あります。この好機に転職を考えるのが良いでしょう。地方の工場に転職したいなら、希望する企業についての情報をまえもって得ておきましょう。公式サイトにアクセスし、スタッフの募集予定はないか、ちょこちょこ確認しておきましょう。

    転職する活動の際に「経験としてこういった種類の仕事に従事しました・・

  • 今やっている転職する活動で「自分は振り返るとこういった職場の仕事を長く続けてきました」「過去の仕事によって、手にしたスキルは、、、です」とそれまでの自分自身の経歴をよく伝わるようにアピールしようと考える人は多くいます。が、転職希望する1から始める組織で「こういうような仕事をしたい」「このような業務ならできれば貢献したい」と未来の話をして自身をアピールする方がはるかに効果的だったりします。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。

    退職|転職サイトは、一度登録したら、嫌になるぐらい電話やメールをしてきます。

  • 転職サイトは一度登録すると、電話やメールで執拗に連絡が入ってきます。「転職エージェント」の初心者の方は、かなり驚くかもしれません。転職エージェントは転職させることが役割だと考えられるので、大変積極的な姿勢を見せます。その中でも大手エージェントは、転職を成就へと導くことで企業から報酬が支払われる仕組みのため、転職する側の都合より企業の都合を優先的に考えるケースが目立ちます。さらに、「転職エージェント」は契約を欲するあまり内定が取れたその日に、入社を強くすすめてくることが多いです。対抗策として自身の気持ちをハッキリしておき、無理に転職することがないように気を付けることが重要です。

    退職|クールビズ(軽装)スタイルで再就職の面接場に出向くときには・・

  • クールビズ(軽装)の格好をして再就職の面接場に出向く場合、やっぱりジャケットまでは着用しなくても安心であると言えるのですが、ネクタイは着用したほうが良い印象を与えます。ネクタイもジャケット同様になしで良いとしている会社も存在する場合もなくはないですが、ネクタイに関してはクールビズであろうと身だしなみとしてつける必要があると思っている会社がそこそこあります。それゆえに、例えクールビズの恰好でもネクタイにおいては必ず着用から行った方が悪い印象を与えないということは知っておいてそんはありません。

    仮にあなたが再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」におい・・

  • 転職を考える場合に「Uターン」「Jターン」「Iターン」において大都市から地方に移って転職したいと考える人が増加しています。この頃は転職サイトの地域指定をするだけで、国内のあらゆる場所の求人も簡単に得られますが、しかしながら、地方での求人については、都心のような選択肢は期待できないのが正直なところです。といった問題があるので、求人サイトだけを頼りにし過ぎてしまうのは考え物です。転職サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」といったサイトもチェックし、「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に開催している就業サポートの有無もチェックすると良いでしょう。

    退職|転職活動をされるなら、良いと思う求人(職種)を見た際…

  • あなたが転職活動をしているなら、気になる求人(OR 業種)を見付けるたびにしっかり「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネット検索してみましょう。求人票や転職サイトの担当者の情報では、業界に関するマイナスにあたる箇所は、知ることができる確率は低いです。もしも、やましい箇所がある場合は、ネット検索で瞬時に現実を知ることができます。そのようなチェックを怠りながら仕事を始めてしまうと、あとからしっぺ返しを食らうおそれがあります。だいたいその求人が出されていた理由が「業務内容がキツく、スタッフの出入りが激しい」というケースも多くあります。目に留まった案件・業種については、注意したほうが賢明です。

    退職|「シフト制」の仕事についての話です。

  • 「シフト制」の勤務形態がある仕事についての話です。毎週、特定の曜日に勤務できる人を募集している求人をけっこう目にするのですが、もし、応募しようと思っているなら休み方やシフトの出し方をあらかじめチェックしておきましょう。それはどうしてかというと、私は以前産休で抜けた人の助っ人として、正社員の仕事についたのですが、私のシフトが「土日」固定となるシフトだったのですが、新人の私以外は、他の社員は現場に出ないといった状況でした。前任の方が土日に必ずでれる人だったので、私自身もそのような人と思われていたようです。ですから「土日」に休まざるを得なくなった場合、、シフトを変更してもらう必要があり、同じ部署の先輩たちに「代わりに出ていただけませんか?」と自らお願いをしに行かなければいけませんでした。立場も給料も同等なのに土日は一人だけなんて・・・。振り返ると本当によく我慢してやってこれたと思います。

    退職|ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考をパス…

  • ある古物商の会社で書類審査に受かりました。すぐに先方から、面接予定日を連絡してもらいました。ですが、当日、行ってみると、手違いがあったのか相手が面接準備を全くしていませんでした。しばらく待っていると、所長らしき人物が面接担当をしてくれましたが、終始驚くほどだるそうな対応の状態のままかろうじて面接は終わりました。だが、予定日を過ぎているのに、採用結果も告げられず、もどかしくなり、私のほうから問い合わせると、「郵送で今日、送付しました」と告げられました。心待ちにしていたのですが、届くことはありませんでした。仕方なくもう一度問い合わせると、どういったわけか、「残念ですが不採用になりました」、と有無を言わせずに電話を切られました。あまりのことにしばらく言葉も出ませんでしたが、内心、不採用でよかったです。

    転職サイトあるいは転職エージェントを用いて、転職活動される人は多くなってきました。

  • 転職サイトや転職エージェントを使って、転職活動する人は年々増加しています。しかし、その上に転職フェアの利用が有益です。転職フェアは、多くの企業が一堂に会するイベントです。参加した際は一度に複数の企業の情報を得ることができ、それだけでなく、説明担当の企業スタッフから、その企業の社風を感じる事が出来る事も少なくありません。転職フェアに行くときには、これも面接のうちだと思って自身を売り込む気持ちで行きましょう。その結果としてフェアに参加している間に、企業から興味を持ってもらえたら、後で本格的な面接時にかなり有利なはずです。

    求人関連の情報をチェックする場合、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人は、…

  • 求人誌をチェックする際、「オフィス系の仕事をしたい」と思う人ほど、製造業を見逃してしまっていますが、そういった人のほとんどは「製造業での求人募集は、現場の製造マンだけ募集している」と勘違いしているケースもあります。事実、製造業の求人であったとしても、現場作業者だけでなく、総務・経理と言った従業員や資材・購買や営業管理等のオフィス系の部署もたくさん存在します。しかし、製造業の勤務場所自体、ビジネス街からは離れた地域にあります。ですから、仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その箇所がマイナスと思うかもしれません。とはいえ、自らの執着をなくすことでよく考えた方が良いですね。

    転職する際、今勤務している会社辞める時に失業保険受け取るための手続きをしなければいけませんが…

  • 転職を行う際、今働いている会社を辞める時に「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが、仮に自分の都合により退職届を出して退職する、いわゆる依頼退職においては失業保険が即座にはでません。手続きしたのち、失業したことがきちんと認められてから、3ヶ月経たないと受け取れないのです。よく間違って退社した日の次の日からちょうど3ヶ月でもらえる、と勘違いしないように注意しましょう。実際にこの間違いを犯した人が、その結果ハローワークの職員とトラブルを起こしているのを見たことがあります。念のため、自分側の都合ではなくリストラのような、「会社都合」での解雇の場合は、失業認定されてすぐに失業保険を受け取ることができます。

    転職の面接で必要となるビジネススーツの色において・・

  • 転職時の面接で着るスーツの色合いは、新卒の人たちが就職活動の際にに身に付ける色が基本的です。言い換えると、紺色や黒色といった感じのようなダークな色味になります。それが、転職のケースにおいても、ビジネススーツの色というのはこういったダーク色が圧倒的多数であって、黒や紺以外の色の人はほとんどいません。それ以外の色と言うと、ごくたまにグレー系のスーツを着ている人がいるくらいで、全体的には黒や紺が大多数を占めているのです。ですから、人事部から見ても黒や紺色のスーツの方が違和感なく感じます。ですから、見た目の印象という観点ではぜひともそのようにしてくださいね。

    転職の時に行われる面接時の身なりは企業側からクールビズでもO…

  • 再就職の面接に関してですがクールビズで来てくださいとと事前に言われる場合もあります。ですが、クールビズの格好は本当は良くない印象を与えるのではないか?と懸念する人もいます。クールビズに関する不安を心に抱いている人たちに関しては、クールビズで来るように言われた面接のときは伝達事項をそのまま実行したほうが無難です。色々迷うことによってしまい、夏にクールビズでないのは相手に逆に暑苦しい印象を与えてしまいます。ですから、クールビズでお越しくださいと言われたらクールビズで行く方が好ましいのです。