退職|仮に転職を考えたとしても、何もかもがうまく進行するワケではありません。

仮に転職活動をはじめたとしても万事うまく進行するという確証はどこにもありません。

仮に転職を目指そうとしても、万事順調に運ぶ確証はどこにもありません。どうせするなら、可能なら歳の若いうちにできるだけ早く行動したほうが良いです。平均的に見ると、30代前半まではかなり有利ですが、残念なことに、30代後半~40代に至ってからの転職結果は、かなり厳しいといえます。もしも、役職に就いているのなら、転職したいと思い立っても、今の会社に籍を置くことも結論として選ぶ答えの中に残しておくべきです。ようするに、会社を辞めてから転職活動を行うよりも、現在の会社をやめないまま、注意深く行動したほうが良い、ということです。

将来、社会的には確実に簡単な労働は機械化に置き換わっ…

私たちの社会的環境において、近い将来一段とシンプルな仕事は機械化が進行し、その変化によってそういう仕事をする人員は減少していきます。なぜかというと、考えなくてもできる作業はヒト以上に機械で作業するほうが圧倒的に分があるからです。数量を計測したり、同一の動作を延々と繰り返すことは、機械には何の苦もありません。もちろん人と違って言い訳もしないし、ペースが変わらないし、適当にすることもないし、正確だし均一化できるメリットもあります。さらには、給与も発生しません。人間を使う意味がなさすぎます。ですから機械化が無理もありません。

自分のスキルを有効活用しながら、転職活動を検討する場合・・

自分のスキルや資格を活用しながら転職を検討しているなら、比較的、転職しやすい業種と比較的そのスキルが不必要な、転職が難しい業界がある事を知っておくことは大切です。再就職がしやすい業界としては、人材不足が社会問題にまでなっている「医療・介護」が代表的といえます。医療・介護は、看護師、介護士は「資格」が必須で、ハードルの高いジャンルといえます。今、医療や介護の現場で勤務している人が、仕事のきつさから、異業種へ再就職してみたいと思う場合は、すぐに決めないほうがいいです。「医療」「介護」以外の働き手の流動性は決して高くないということを理解しておきましょう。そのため、容易に考えないことが大切です。異業種への再就職される場合は、異業種では「医療」「介護」のような売り手市場ではないと覚悟しておいたほうがよさそうです。

退職|いよいよ転職活動しようと思うのなら、今いる業務や・・

今からでも転職活動を考えているのなら、現在の業務や業務での納得いかない部分、不満に思う部分をハッキリとさせておきましょう。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。元々気に入らないことにガマンできないから転職したい、と考えるのは分かります。が、「よく考えて仕事・業務の客観的に考えた問題なことを挙げる」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びでの失敗は大きく減らせます。それを終えたあと、転職を叶えたあと、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を明確にイメージしてみましょう。なぜなら、転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職したあとのモチベーションの急激な低下は抑えることは可能なはずです。

スムーズに転職したい時は、希望する企業とのやりとりというより…

転職活動で重要なことは企業とのやりとりよりもある意味、「担当面接官」との勝負と言ったほうが正しい気がします。しっかりと採用してもらうために、先ずは普段通りを意識して冷静に、焦る気持ちににならないように、たとえば女性とお見合いをする心構えで望むと良いでしょう。面接によってもっとも最初に自分の人間性をチェックされるので誤解を招くような見た目・言動は気をつけてぜったいに控えましょう。社会人らしく面接に適した服装を意識しましょう。あなたらしさを表現できるといいでしょう。企業にとって必要な人材と感じてもらえれば、かならず自ずと良い結果を出せるはずです。

退職|転職の時の面接などの際にもし面接担当者に名刺を差し出されたとしたら…

再就職での面接などの時にもし面接担当者に名刺を手渡されとしたら、同じようにあなたも名刺を渡した方が良いのか?と迷ったときは、たいていは渡す必要はないと覚えておきましょう。転職のための面接とは仕事内のことではなくて、仕事を得るための採用活動内のことなので、大方は名刺を交換する場とは違います。加えて、あなたは立場上会社の者として出向いているのではなく、あなた個人の問題でそこにいるわけです。なので、もし相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらの方は、ただもらうだけで大丈夫で、面接担当者に相手に渡す必要はないと考えます。

退職|退職と転職を繰り返さないためには、少しコツがいります。

転職を繰り返す日々を止めるための対策が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。今現在は、インターネットがあるので精神面を鍛えるのには良い情報はカンタンに知ることができます。さらに、転職と異なる行動をする事もメンタル面を鍛えることができます。オススメは、ズバリ「海外に行くこと」です。海外は、生活様式・文化・言語など、違うことばかりなので、逐一、勉強になります。なので、人間的に成長させてくれる修行とも言えます。日本に戻ってくると、「自分の視野の狭さ」に驚き、こんなにも世間は狭かったのだということを思い知らされることになります。その気持ちのまま面接を行えば、今までとは格段に違い自信満々に自己アピールができるはずです。しかしながら、退職して間もない頃は精神面がもろくなっている人も多いので心の回復のために休業期間も必要です。

退職|趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている人は注意が必要です。

自分自身の大好きな分野の仕事に就きたいと考えている方は注意です。これは、私の経験に基づいたことなのですが、私自身、食べることが大好きで以前は、飲食の世界で仕事をしていた期間があります。その飲食店での仕事内容は、そのお店で私が任されていた業務内容は、シンプルな盛り付け作業やホール業務です。この仕事内容については、不満もなく楽しんで仕事ができていました。けれども、人間関係のいざこざで嫌になってしまいました。ということが引き金となって退職する羽目になったのですが、同時に、好きだった食べることやそのレストランで扱っていた食べ物さえも苦手になってしまい、類似の飲食店には現在も行けません。当時の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。仕事に就いたばかりの頃は、好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいと夢見て、実現できるのは本当に素敵ですよね。ですが、あなたの「好き」は、どのくらいすごいのか、もう一度自分自身と向き合ってから行動するべきです。

政治による影響がでつつある転職事情ですが、内閣総理大臣である安倍総理が舵取りを行う現政権下では…

昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。現在の安倍内閣ではアベノミクスや「三本の矢」といった経済に関係する政策が次々と打ち出されています。経済政策が日銀の金融政策とあいまって、財界や企業間においても今までにない変化が出つつあります。そういった変化が加わったせいか、民間企業サイドでも今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人員不足」が深刻化しています。ちなみに外国人の労働者も現状以上に高めていくつもりでいると現政権は語っています。外国人労働者の増加に伴い、転職問題も大きく幅が広がりそうです。こういった政治の流れによって、国内の雇用や転職をとりまく状況も変化していくのは間違いありません。

退職|求職中のころ何社かの人材紹介会社に登録していたことがあります。

仕事を探していた時期にかなり何個かの人材紹介会社に登録していました。転職のアドバイザーのレベルにおいても驚くほど様々あってほとんどの場合、物足らないと感じる担当者ばかりでした。私にとっては、とても大切なことことだからもっと気持ちを込めて臨んでほしいという感情が積もり、それがきっかけとなって自分がキャリアカウンセラーを志すことになりました。その資格を取得できるまでには出費も増えたし勉強面に関してもかなりヘビーだったわけですが、就職活動中の人たちに頼りにされるキャリアカウンセラーになるために頑張っています。

退職|転職活動を行う際の最後に残る厄介な難問として、今の仕事を辞めることがあげられます。

転職活動における最後に残る壁として、現在勤めている会社の退職があります。転職先の会社が決定しても、現在勤務している会社があなたを放出したくないとして引き留めるというのもよくあるケースです。そのような場合は、絶対に退職する、という強い意志を貫くことが大事です。仮に会社に残るように説得されて、一時は思いとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社は、最終的には辞めることになるでしょう。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届をつくります。そのあとに、決定権を持つ上司と面と向かって話し合い、退職を考え直す可能性はありませんと、正直に伝えましょう。円満退社になるよう心掛けるのも転職活動において重要な要素になってきます。

転職先での面接では、勘違いしている人が多いのですが露骨なま…

転職の際に必須となる会社での面接での勘違いしている人が多いのですが良い印象を与えたいと過度に猫をかぶることは残念ながら逆効果です。ですから、思い切って面接時は、「報酬」といったような、多数の人がかなり質問しづらい内容を思い切って訊いておくと、結果的に自身のためになります。意外に思うかもしれませんが、「面接の段階でそのような質問をすることで最終選考に採用されないのではないか」と不安になる人もいるかもしれません。しかし、かえってプラスの結果になることは結果的には少なくないようです。このような労働環境やお金に関する内容は、仕事をするとなれば、多くの人が知りたい内容なはずです。しかし、面接応募者の多くは、なかなか聞けないものです。なので、あえて踏み込んでおいたほうが、「こいつは他と違う」と面接官の記憶に残る可能性が高くなります。

退職|転職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備が必要です。

再就職にあたって準備は不可欠です。とりわけ目に見える服装は誰しも気を遣う部分ではないでしょうか。けれども、近年の企業面接については私服が良い会社もあるので、スーツを着込んで面接に出向かなくても良いでしょう。とくに創業間もない企業などは、柔軟な考えなので私服で面接をした方が、印象が良くなります。また、堅いイメージを与えないのでフランクに話をしやすいのもメリットといえます。また、私服を見せるたことで面接中に、ファッションについて、相手との話が広がる可能性もあります。ですから、うまくいけば担当者に気に入らえるチャンスを作れます。ということで、これから転職は企業の設立した年で決めることが、(ベンチャー系企業相手の)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

転職活動を行う際に、今の会社を辞職した後で転職しようと考える方もいますが、…

新しい仕事を探すのに、まずは勤務している会社を辞めてからと考える方もいますが、完全に今の仕事を辞めてから転職しようとするときには会社がいつボーナスを出すかを事前に確認しておくのが無難です。ボーナスがもらえる会社はいっぱいあるわけですが、社員にボーナスを出す会社の場合には、ボーナスが支給される日まで長くないのであれば、ボーナスが振り込まれた後で辞めるという考えも良い手です。ボーナスは月々の給与と比べて多くの額が入るはずなので、絶対もらったほうが良いと言えるでしょうから、会社を辞める決意をしたならいつボーナスが入るのかをまず第一に確かめておくと賢明な方法です。

再就職において、とても重要となるのが間違いなく「面接」になります。

転職をするときにとても重視されるのがまぎれもなく「面接」です。普通の面接の際は、面接官が応募者に対して転職の経緯や退職理由などさまざまな内容を尋ねる形になります。そして、面接を終えるあたりで今度は、転職希望者から面接担当の人に疑問点などを質問できるわけです。面接担当のスタッフから「何か我が社についての疑問や質問などはありますか・・?」と尋ねてくれるわけです。こういったときは、面接者本人が緊張しすぎて慌ててしまうこともあるかもしれません。こんな場面に備えて、前もって面接官からの問いに対する、(あなたからの質問を)準備しておきましょう。よく考えてみればいくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、試してみてください。

転職をスムーズなものにするには、最初に行動しなくてはいけません。

良い転職先を見つけるためには、前に行動しなくてはいけません。それには昨今は名前も知らないような中小零細企業だって公式ホームページで企業のことをわかるというのがよくあるので、インターネット上で自分の知りたい情報をチェックしておくとそれとその会社のなんだろうと思う点などを整理しておくと転職の助けになってくれます。公式ホームページの他に、「転職サイト」を利用してみるのも対策としては有効です。さらに、インターネット以外の方法として、転職の候補している職場を自身の目で確かめることも大事なことです。