退職|再就職する場合、それなりの準備が必要です。

転職を進めるには、それなりに準備をしなくてはなりません。

  • 転職にあたって相応の準備はしなければなりません。そのなかでも、目に見える「ファッション」は大事な部分だと感じてしまいます。でも、今の採用面接に関しては形式ばらない服装で良い会社もあるため、ビジネススーツで臨まなくても良いケースもあります。創業してすぐの企業などは、厳しいルールも作られてないことが多く、私服で行ったほうが、相手からの印象が良くなります。加えて、ざっくばらんに話ができるのも魅力のひとつです。さらに、私服を見せることで面接の間に、洋服の事で話題が広がることがありますから、うまくいけば担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ですので、転職にトライするなら「創立した年」に注目してみて、(ベンチャー系の)面接時には私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。
  • 退職|職を変える際に、まずは今勤務している会社を辞職した後…

  • 転職活動を行う際に、とにかく働いている会社の退社手続きを終えてからと考える方もいますが、そういった場合今度のボーナスの時期を考えておきましょう。ボーナスが支給される会社は多いですが、社員にボーナスが支給される場合には、ボーナスが入る時期まで長くないのなら、ボーナスが振り込まれたのを確認してから会社を去るという方法も悪くないです。ボーナスは月々の給与と比べて額が大きいので、絶対もらったほうが良いと明白ですから、辞職する際には会社がボーナスを支給する時期について確実に頭に入れておく方がボーナスをもらうのを忘れないと思います。
  • 転職時、比較的要となるのがまぎれもなく「面接」だと言えます。

  • 転職する際、とても重要となるのが間違いなく「面接」です。一般的な面接の際は、面接担当者が応募者に対して転職の経緯や仕事の意気込みなどさまざまな内容を尋ねる形になります。そして、面接終了の直前に今度は、面接係員が転職者である面接者にたいして逆質問に切り替わります。面接官側が、「何か弊社に関して質問はありますか?」と。と尋ねられた際に面接者本人が気持ちの準備ができず、慌ててしまうこともあるかもしれません。こういった場面に備えて、事前に面接官からの質問に対する、質問の内容を用意しておきましょう。実際に働く前の段階で、いくつかの疑問点は見つかると思います。ぜひ、試してみてください。
  • 満足できる転職するを希望しているのなら、前もって行動しなくてはいけません。

  • 満足できる転職を希望しているのなら、あらかじめ、行動をするようにしなくてはいけません。そうしようと思うのならこの頃は会社の名前を知られていない中小企業らしくもなくHPに企業のことを書いている会社が普通だから、ネットで知りたい情報をチェックしておくとまたその会社のよくわからないことを解消しておくと良いでしょう。公式サイト以外にも「転職サイト」にログインするのも良いかもしれません。また、インターネット以外の手段として、転職候補にしている職場を自身で確かめることも大事なことです。
  • 日本には昔から”石の上にも3年”という教訓があります。

  • 昔から”石の上にも3年”という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。「終身雇用制度」は死語になりつつあります。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験する人が増え、身近なものとして捉えている人も多いはずです。けれども、「転職」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、軽い気持ちで仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。再就職を検討する際は、タイミングを的確に捉える必要があります。はじめに、今やっている職場、仕事について具体的に、例えば仕事内容や待遇面について納得できていないと思うことを少なくとも5、できれば10個ほど、メモしてみてください。そうしておくことで、転職活動に良いヒントを与えてくれます。そして、もし将来の進路が自身で見いだせたら、できるだけ素早く、良い仕事を手に入れられるように取り組むことが大切です。
  • 退職|転職をしようとする場合、必ず必要となってくる履歴書などにおいては、…

  • 再就職する場合準備しないといけない履歴書などについては、ほとんどは手書きではなく、パソコンを活用して作るのが主流です。現代の日本社会では履歴書や職務経歴書についてはパソコンによるものではなく手書きで書くのが一般的だと思われていることも多々あるようですが、それは新卒時の人たちの就活アルバイトの時に用意する履歴書であって、実際には、転職の際は履歴書や職務経歴書は100%手書きでないといけないとまでは言うことはできません。手書きの履歴書を評価する会社もありますけど、そうではない時が増えてきますから、手書きでなくても良いケースは意外にも大量にあるのです。
  • かつては求人情報では、雇用主の希望する「性別」がしっかりと記載されていました。

  • かつては求人情報には、雇用側が求める人材の「性別」が明確に記載されていました。しかし今では、1985年に男女雇用機会均等法が成立したことによって、採用において、男女の差別がないようにしないといけないとして、募集要項の中身に「性別」が記載されなくなりました。それでも、募集情報を出す会社は、男性・女性どちらでも平等に雇用するとは限りません。ですから、本当は男手を必要な企業に女性が募集にやってきたり、対称的に、女性が必要なのに、男性がエントリーしてきたり、といった問題も他人事ではないのです。もし、「女性が活躍している職場です」と記載される案件の場合は、女性の働き手を希望しているのだと認識しておく良いでしょう。
  • 退職|派遣で働く会社が決まりました。

  • 派遣会社での仕事が決定しました。お仕事開始の初日に営業の担当の人と就業先の近所にあるコンビニエンスストアで合流すると約束をしていたのですが、どういうわけか店の前にいないから店の中にいるのではないかと考え店の中に入ってみると、こともあろうに雑誌売り場前の通路にしゃがみ込んでいやらしいグラビアページを開いて読んでいるのを発見しました。こんな担当の方の仕事なんて勘弁してと判断し、そこで声をかけずに気付かれないようにコンビニの外へ出てすぐさま派遣会社に辞退をする旨の連絡をしました。
  • 私はこれまでに20代で転職を2回経験し、そして現・・

  • 20代前半に転職を2度経験して、そして現在、いくつか資格を取得するため、「派遣社員」で勤務しています。常勤での勤務ではないため、やはり給料は以前よりも少ないです。しかし、心と時間に大きな余裕が生まれました。思い返すと、もっと学生のときに資格を取得し、就職すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。資格を活かして働いている方と話すと羨ましいと感じます。昔の私は、成功している人と自分との違いに劣等感を感じる日もありました。しかし今は、結婚を契機にがらりと生活環境も大きく変化し、明確な目標ができて自分の人生に満足できるようになりました。
  • 退職|転職のための面接では、中小企業であればおおよそは、そこの会社の「人事」担当者が面接官となります・・

  • 再就職のための採用面接では、中小企業であれば、概ねそこの会社の「人事」担当者が面接官ですが、別のケースもあるようです。たとえば、ともに仕事をしていく現場の担当者、言い換えれば役職クラスである課長や部長が面接場にいあわせることも決して少なくありません。中でも事務系・営業系などのカテゴリでは、資格を介した判断がしづらいですから、自信を持ち自分自身をアピールしていくことがとても必要であります。担当者から「この人は、きちんと自己アピールできるし、頼りになりそうだ」と思わせ、記憶に残すことがとても大事です。
  • 転職活動を今の仕事と並立して進行させる人が多いです。

  • 転職活動を今の仕事と並立して進行させる人が多いです。忙しく仕事を行いながら求人を調べながら応募したり、面接に行くのは精神的だけでなく肉体的にも大変だといえるでしょう。転職活動をしているあいだ、現在の会社の同僚や上司に気づかれないように気を遣う必要があります。応募するだけしてみよう、という人がいますが、もしも、書類選考をクリアし、面接前にキャンセルすると面倒な事になるかもしれません。エージェントを通している場合はそのエージェントからの評価が落ちますし、他方自身で直接、応募した場合も応募した会社からの電話やメールでの勧誘がしつこくやってくることもあります。どちらにせよ自分の大切な時間を浪費することとなるため、行くつもりがない企業は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は新卒の就活とは全く別物であると理解しなければいけません。
  • 転職先を選ぶ際、もちろん仕事におけるやりがいアップと…

  • 転職を行うならば、当然やりがいを考慮することも重要だけど加えて収入のアップも大事なので「年収サイト」に登録して事前に研究しています。同じ会社でその上同じ職種、経歴であるにも関わらず人によってすごく違いがあることも多く、正直に言えば面接を受けた時に質問したことがあります。面接をした方もそのサイトを見たことがあるようで「その高収入で書いているのは、書いたのは誰であるのか予測できるのですが、おそらく良いように見せようとしてるんですよ。低い方の給料で心づもりしといてください」とのことでした。
  • 退職|近頃、株・不動産投資などの不労所得を得たり、個人経営 や起業で頑張っている人も増えています。

  • 近年では、株・不動産投資といった、不労所得、または自営業、起業等、そのような変化もあり、「会社員以外の道はキケンだ」といったこれまでの常識も変わってきています。1960年代ごろの高度経済成長の頃には、将来が不安定な株式投資、個人事業といった稼ぎ方よりも雇用されて働いているほうが堅実であり、人生の「花形」としてまたそれが決まり切ったことであるかのように世の中に認知されていました。しかし、そんな社会全体が安定成長する時代は過ぎ去り、現代は「成熟期」と表現されています。コンピューターの進化とともに、近い将来では自動化・機械化が顕著になり、仕事でも人を不要とする社会になっていく、と言われています。
  • 退職|新卒採用で入社した会社を退職し心を改めて転職を決意しました。

  • 新卒採用で入社した会社を退職し転職すると決意しました。実際に行動する前は、1人で悩みました。でも、新卒で入った会社を数年で退職し、中途採用で働いている人ばかりであると転職活動中に学び、無意識のうちに前よりも気持ちが楽になりました。なにより転職をするとふしぎなことに考えも前向きになって、「本当に自分のしたいこと」を優先できることに楽しくなりました。いまだ「最低でも5年働いた方が良い」という意見もありますが、それが正しいとは限らないと思いました。私の場合は転職をやって良かったと思っています。
  • はじめて「失業保険」をもらう際に、何もしなくても給付されると思っている人が…

  • 生涯初の失業保険を受けるときに、何もしなくても給付されると考えている人が少なくありませんが、それは間違いです。実際には、受け続けるためには、職探しを続けていることが必要で、その上で、月に一度はハローワークに行く必要があります。一か月おきに職員に就職活動の状況を報告してきちんと就職活動をしていると見なされれば翌月も保険を受けられる仕組みとなっています。これに対し、きちんと就職活動をしていないとみなされたり、毎月のスタッフとの面談に顔を出さないときは、問答無用で給付の一時停止の措置を取られたり、場合によっては以降の給付資格を失うことになるので気をつけておきましょう。
  • ほんの2,3ヶ月まえに、転職したばかりであるにも関わらず…

  • 3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、すぐに退職を選択してしまう人が意外と多いものです。何故そうかと考えてみると私の考えではリフレッシュな気持ちで自分に合った環境を手に入れたはずなのに「自分自身の想像していた仕事と違っていた」「会社独自のルールになじめない」といったことで去っていくことが多いといいます。でもこのような、転職に関しての失敗を未然に防ぐためには、はやり事前の情報集めを徹底しなくてはなりません。職場内の環境、具体的な業務内容、業務におけるルール、などいろいろ調べておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。