退職|励んでいる転職活動中に、「私は今までにこういう価値のある…

転職活動の際に「自分は今までずっとこういう価値のあ・・

今励んでいる転職する活動で「経験としてこういう価値のあるの仕事を長く続けました」「過去の仕事によって、こういったスキルを得られました」と過去の自分自身の実績を十分にアピールする人はときどき目にします。が、希望する再スタートを図る職場で「させてもらえるのならばこうありたい」「私があげたような内容の事ならぜひ貢献できるはず」と将来的なビジョンを話して自分を売り込むほうが効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点に注意しつつ、転職活動をがんばってみましょう。

転職サイトに一度登録すると、電話・メールで何回も連絡が入ります。

「転職エージェント」で登録したあとに、電話・メールが何回も掛かってきます。これに対して初めて利用された人は大変びっくりするケースがよくあります。「転職エージェント」は、利用者の転職に協力することが仕事ですので、とても積極的に行動します。中でも大手エージェントは、転職を成功へと導くことで企業からお金が入る仕組みといえるので、転職活動をしている人の都合よりも企業の都合を優先的に考えることが多かったりします。加えて、彼らは、契約数を増やしたいために、内定が取れたすぐ後に、入社を強くすすめてくることが珍しくありません。対抗策として自身の気持ちをハッキリしておき、安易な妥協をしないように注意を払うことが大切です。

退職|クールビズ(軽装)のスタイルで再就職の面接を受けに行くときには・・

クールビズの格好で転職の面接場に出向くときには、さすがにジャケットまでは羽織って出向くことはないと間違いなく言えるのです。ですが、ネクタイは着用したほうが良い印象を与えてくれるのでお勧めです。タイもする必要ないと認める会社もある可能性はなくはないですが、ことネクタイにおいてはクールビズでもつける必要があるとしているところがまあまあ存在します。そのような訳で、クールビズ(軽装)でOKだと言われていてもネクタイだけはつけて面接した方が印象が良くなるということを知っておいてください。

もしあなたが再就職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」にお…

あなたが再就職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」において都市部から地方に移り住んで、再就職したいと希望する人、実践する人が増えています。最近は転職サイトを用いれば、地方での求人情報にも容易に知ることができますが、残念ながら郊外や地方での求人に関しては、どうしても都市部よりも少ないので、それがマイナスといえます。ですから、転職サイトを利用するのは当たり前ですが、求人サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」などのサイトもマメに確認しておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」などの行政が主催している就業サポートに関する情報もアンテナを張っておきましょう。

退職|今から転職活動をするのなら、気になる求人を見るたび…

転職活動のさなか、気になった求人(業界)を見た際にマメに「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネットで調べておくべきです。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントから入ってくる言葉からは、まずその業界のマイナス点は、アドバイスはないものと思っていてください。インターネットで調べればインターネット検索でいとも簡単に本来の姿を理解できるでしょう。そのような現実を知らずに入社してしまうと、後々に入ったことを後悔してしまうかもしれません。だいたいその求人が頻繁に出ている理由が「仕事内容がキツイから人がなかなか定着してくれない」というケースも多くあります。目に留まった業種について、下調べをしてから応募することを心がけましょう。

これはシフトの仕事に関する話なのですが、毎週、同じ曜日…

シフトの仕事についての話です。毎週、一定の曜日に働ける人を募集している求人を頻繁に見ますが、休む方法の詳細やシフトの提出方法については聞いておいたほうが良いでしょう。過去に私は産休で抜ける人の代わりにと正社員として入ったのですが、私のシフトがそこが「土日」固定のシフトだったのですが、新人の私以外は、他の社員は現場に出ないといった状況でした。前にいた人が「土日」に必ず出ることができたので、私自身も同じような人として扱われてしまいました。なので「土日」に休まざるを得なくなった場合、、シフト変更の必要があり上の人たちに「日曜日に休みたいのです」と自分で依頼しなくてはいけませんでした。立場も給料も同等なのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。冷静に考えると、「よく耐えた」と自分でも驚きです。

ある古物商の社員募集に応募したところ、書類審査を通…

とある古物商の会社で、書類選考をパスしました。その後担当者から、面接予定日を連絡してもらいました。けれども、当日、指定場所へ行ってみると、手違いがあったのか全く面接が予定されていませんでした。ようやく、所長らしき人物が面接に応じてくれたものの、始めから終わりまで、だらしのない態度で迎えられ、グダグダな状態で面接を終えました。ですが、約束の日を過ぎても、採用結果はまったく告げられず、こちらから問い合わせると「結果は郵送で本日送付しました」と告げられました。心待ちにしていたのですが、結局、届きませんでした。そこで改めて問い合わせたところなんと、「今回はご縁がなかったということで」と有無を言わせずに電話を切られてしまったのです。あまりのことに呆れ果てて何も言えませんでしたが、素直に、不採用で良かったと感謝しています。

転職サイトおよび転職エージェントを用いて、転職活動を行うことは常識になりつつあります。

転職サイトや転職エージェントといったサービスを活用して、転職活動される人は今では普通になってきました。とはいっても、より転職のチャンスを増やしたいのでしたら、同時に転職フェアの積極的活動をおすすめします。転職フェアの長所としては、多くの企業が一堂に会するので、参加することで多くの企業の情報が得られ、さらに、スタッフの言葉遣いやマナーから、企業特有の個性を感じられるでしょう。転職フェアに行く機会があれば、面接に行くのと同じ覚悟を持って良い印象を相手に伝えられるように意識しておきましょう。それによりフェアの中で、企業に自分の魅力が伝われば、その後の実際の面接時に非常に有利となります。

求人情報をチェックする場合、例えば、デスクワークが希望だから…

求人情報をチェックする際、「オフィス系の仕事をしたい」と思っている人ほどはなから製造業の項目を読み飛ばしていたりするものですが、そんなことをする人は「製造業での募集は、現場の製造マンだけ募集している」と誤解しているのです。事実、製造業での求人であっても現場作業者だけでなく、経理、総務、人事といったスタッフ募集に加え、資材、購買、営業管理などの「事務系」に分類される部門も結構多くあります。製造業の職場自体、ビジネス街などがある都市部からは離れていることが多いのでそれが嫌だと言う人もいるかもしれませんが、だとしても、自身の執着をなくすことで良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ選択肢に加えてみてください。

転職に先立ち現在働いている会社を辞める時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが・・

転職を目前にしているなら、現在勤めている会社を辞める時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、もしもあなたの都合で退職届を提出して会社を辞める、いわゆる依頼退職においてはすぐさま失業保険が出るのではなく手続きを終え、失業したことを認められてから3か月待たないと受け取れないのです。よく勘違いして退社した日の次の日からちょうど3ヶ月でもらえる、と勘違いしないように注意しましょう。実際にそのような誤解をしてしまった人が、ハローワーク側に落ち度があると思い込んでその結果ハローワークの職員と揉めているのを過去に見たことがあります。念のために付け加えておくと、リストラなど会社側の都合による退職のケースでは、失業認定されてから即座に失業保険が給付されます。

仕事の面接で着るスーツの色は、新卒の就活の時に着用するカラー・・

転職の面接で着用するビジネススーツのカラーは、新卒の方が就活の時に準じている色合いがベストとされています。ですから、紺色や黒色の暗めの色になります。それは転職でも、スーツの色味は黒系や紺系の落ち着いたカラーが大多数を占めていて、他のカラーを着ている転職者はほぼいません。他のカラーで言えば、たまにグレー系の人がいるくらいで、たいていの場合は黒系や紺系のスーツを着用する方が大多数を占めています。ですから、人事担当の方からも黒や紺色であるほうが普通です。ですから、見た目の印象という面ではぜひともそのようにしてくださいね。

退職|再就職の時にする面接では企業側からクールビズで良い・・

転職の時に行われる面接時の身なりはクールビズで来てくださいとと書いてあるケースもあるようですが、クールビズで面接するのは良くない印象になるのでは?と思ってしまう人もいます。そういう悩みを背負いこんでいる方に進言したいのは、企業側からクールビズで来るように言われた面接においては書かれていることを素直に聞き入れるほうが安心です。色々迷うことによってしまい、すごく汗がでる時期にしっかりとしたスーツを着用していくと面接担当者に暑苦しく感じられますから、企業側からクールビズでも大丈夫ですよと言われたらクールビズでいくのが望ましいです。

退職|転職のための面接に行ったときのことです。

転職における面接に伺ったときのことです。偶然社内の部屋が空いていないとのことで外部の会場で面接官との待ち合わせをして採用面接が行われて、その場で解散をして、面接をした方も会社に帰らず自宅に直帰されるとのことだったわけですが、驚くことに自宅の最寄駅が一緒だったのです。そのため電車内でも彼とずっと会話をしながらいっしょに帰ることとなり、すっかり緊張がほぐれ面接しているよりも話が弾んで、それが良かったからなのか問題なく採用も手に入れることができました。

退職|このように今の時代の雇用事情の変移に当たって、全世代の中で…

昨今の企業の雇用に対する考え方が目まぐるしく変わってきたことについて、全世代の中で34歳ぐらいまでの若者たちが特に注意してみているようです。おそらくは、自身のキャリアアップと転職とを思案しているのでしょう。こういった理由から労働者やサラリーマンといった人たちの労働力の「流動化」が活性化しているので、それに応じてこの先、転職への注目が高まると考えられます。この様な情勢の中、勤め先を変えることは誰しもが身近な事柄として認識すようになります。まして、今までは転職者というと評価が下がるとも言われて転職が思い通りにいかない人もたくさんあったようです。ところが、時流の変化とともに今の会社のみに執着する意味も必要性も薄れてきています。

失業した際に受け取れる失業保険は、失業している間もらえる・・

失業した人が受け取れる失業保険は、失業しているあいだは給付条件になりますが、給付される期間について規定があります。失業時までに勤務していた期間によって異なり、90とか120日とか決定されるのですが、世の中にはこの現実を理解していない人がいます。永久にもらえるものと勘違いして失業保険で食べていけばいいと考えて求職活動をしない人もいますが、後々あと1か月しかもらえないと分かってから慌てて就業先を探し始めても条件のよい仕事を見つけるのは困難です。会社の面接担当者が馬鹿でない限り、失業中に遊び惚けていなかったのかといった部分はだいたいバレると思っておくべきです。ときには、面接担当者から失業中何をしていたのかことごとく聞かれます。返答に詰まったり、自身を良く見せようとバレバレの嘘をついてしまうと、9割がた受かりません。

退職|数日前転職の準備をしておこうと人材紹介会社へと登録に出向きました。

昨日転職のために人材紹介会社へと登録に向かいました。そこで登録するときのカウンセリングの時に出てきた担当者の雰囲気が見たところ社会人経験の少ない社員のようで、こちらが説明している話の50%ほども理解できていない様子です。さらに「キャリアデザインがよくないですね」とか「もっと自分の強みをはっきりとさせることが必要でしょう」とか、わかったふうに偉そうにしゃべるので非常に不快でした。カウンセリングを担当させるのはいくらかカウンセリングのスキルがある人にしてほしいものです。