退職|古来より”石の上にも3年”という諺がありますが、1998年に派遣法において対象業務が自由化したととも…

昔から日本には”石の上にも3年”といわれる諺もあります…

古来より「石の上にも三年」という諺がありますが、現在、定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」はとても身近なものになってきました。ただ、「転職」する人が増えているとはいっても、うかつに仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。実際に転職するつもりなら、まずは良い時期を図る必要があります。必ずや現在の職場、具体的に、例えば仕事内容や待遇面について不満を強く感じていることを10個程度、メモしてみてください。そうしておくと、転職に役立ちます。そして、もし未来の展望が拓けたのなら、尻込みせず、良い仕事を手に入れられるようにトライしてみましょう。

再就職の時に用意しないといけない履歴書などに関しては・・

再就職の際に絶対に書く必要がある履歴書に関してですが、だいたいは手書きではなく、パソコンで作成するというのが通常です。日本に関しては履歴書はパソコンを使わず手書きで用意するというのが当然と思われることもよくありますが、それは新卒の人の就活やアルバイトやパートの時に用意する履歴書であって、転職のケースは100%必ず手書きでないといけないとは言えないのです。自筆の履歴書や職務経歴書を高く評価するケースもありますけど、そうじゃないところがずっと多くなってきていますから、パソコンを使って作った履歴書でもよろしい場合は意外にもかなりあるのです。

何年か前までは求人誌では、雇用側が求める人材の「性別」が…

かつては求人情報に雇用主が必要とする「性別」について、書かれていました。でも、1985年に男女雇用機会均等法が成立したことによって、雇用する際、男女差別があってはならないルールができて、応募資格のなかに「性別」の表記ができなくなりました。ですが、募集情報を出す企業は、男女どちらでも良い、とは本音では思っていません。実際に、実際は男性が必要としている業種に、女性が応募したり、女性が必要なのに男性が応募してきたり、といった感じのトラブルが多々発生しています。例えば、「女性が活躍する職場です」とアピールする案件では、女性を希望しているのだと考えたほうができます。

派遣として働く会社が決まりました。

派遣として働く会社が決まりました。勤務初日に派遣会社の営業担当の人と就業先の近所にあるコンビニエンスストアで合流することになっていたところ、彼が約束のお店の前にいないので中にいるのではないかと思い店の中に入ってみると、なんとまあ雑誌コーナー前の通路に座り込んで成人向けのグラビアページを開いて読んでいるところを発見しました。こんな担当の人のお仕事なんて絶対嫌だと感じて、声もかけずに気付かれないようにコンビニから出て即刻派遣会社に辞退の連絡を入れました。

20代の時点で転職を2回し、そして現在、資格の勉強をしながら、…

20代前半に転職を2度経験して、現在は資格の勉強をしながら、派遣社員として企業に採用されました。フルタイム勤務とは違うのでやはり手取りは安くなりました。しかしその分、前よりも心と時間的な余裕ができました。思い返すと、学生時代にもっと資格を取得し、就職できたらムダがなかったのにな、とは思います。やはり、実際、そういった成功例を間近に見てしまうと少し羨ましさを見えたりもします。これまで、それなりに成功している人と自分を比べ、劣等感を感じていましたが、今では結婚を契機に随分と生活そのものが大きく変化し、前よりもやりたい仕事や稼ぐべき給料も変わり、充実して毎日を過ごせるようになりました。

退職|転職時の面接では、小企業だったらほとんど、その社内の「人事」担当者が面接官になります・・

再就職のための採用面接では、小企業クラスの場合その社内の「人事」担当者が面接官ですが、状況によっては、人事以外が担当するかもしれません。具体的には、仕事を一緒にしていく担当者、要は課長・部長などの中間管理職が面接を担当することも少なくありません。とりわけ事務系・営業系といったカテゴリでは、資格などという具体的なイメージはありませんので、きちっと自分自身をアピールしていくことが求められます。面接官の誰からも「この人は、堂々と自己アピールしてるし、なかなかの戦力になりそう」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことが大切です。

転職活動を今の仕事と同時に行う人が多いです。

転職活動を今の仕事と並行している人が多いです。しかし、忙しく仕事を続けつつ求人案件案件を調べながら応募したり、面接を受けるのは精神面も肉体面も負担がかかるといえるでしょう。加えて、転職活動中は、今の会社の同僚や上司にバレないように振る舞う必要があります。「とりあえず応募しておこう」という選択肢もありますが、もしも、そうした場合に書類選考が通り面接に呼ばれてから辞退すると今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを介して応募していた場合は、そのエージェントに対する印象に響きますし、他方自分で直接、応募したとしても相手企業から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。どちらにせよ自分の大切な時間を浪費することになりかねないので、行くつもりのない会社は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は新卒の就活とは全く異なるものであると徹底しましょう。

転職先を探す際、むろん仕事におけるやりがいアップも大切だ・・

転職先を決めるのに、むろんやりがいを考慮することも大事だけどそれにとどまらず給料が上がることも大事なポイントになりますから「年収比較サイト」に登録していろいろと調査をしています。全く同一の会社でしかも全く一緒の職種、社歴であるのに人によってすごく幅がある場合も多数あり、ぶっちゃけた話面接の時質問をしたことがあります。面接をした方も一緒のサイトをよく見ていたようで「高い収入で書かれているのは、書いた人について誰だろうとある程度予想がついているのですが、おそらく見栄をはってるんですよ。低い方で心の準備をしておいてください」とのことでした。

今の時代は株・不動産投資などといった不労所得のほか、…

現在では、株式・不動産投資などの不労所得のほか、独立といった生き方も増えています。そういったような変化に伴い、「雇用されて働くこと以外は不安定であぶない」といった考えも変わりつつあります。高度経済成長期に関してはどう転ぶかわからない株式投資や自営業よりも組織の一員として働くほうが賢明でした。人のあるべき形として、またそれが当たり前であるかのように、一般の人々に認知されてはいました。そんな社会全体が等しく成長する時代は終わり、いまの社会は「成熟期」という名が表現されています。コンピューターの進化とともに、今後は、自動化・機械化がさらに進み社会においては人手が不要になると言われています。

新卒で入社した会社を離れ、一歩踏み出して転職することにしました。

新卒採用で入った会社にお別れをして、転職を決断しました。実際に退職する前後は、とても悩み、辛い気持ちでした。しかし、数年で会社を辞めて、多くの人が中途採用で働いていることを転職活動をしていく中で理解し、無意識のうちに悩みが消えて、気持ちが楽になりました。なにより1度、転職を経験したことによって自然と前向きに物事を考えるようになって、「自分の好きなこと」を見つけ出すのが日々が明るくなりました。やはり「辞めることが悪」といったような転職に否定的な意見もありますが、それが必ず正しいのかなと思いました。私の場合、間違ってなかった、と思っています。

退職|はじめて「失業保険」をもらう際に、「自動的にもらえる社会保障」と考えている人が…

過去に失業保険を受けた経験のない人は、何もしなくても給付されると思っている人が大部分ですが、それは誤りです。現実には、きちんと受け続けるためには、仕事探しを行っている必要があり、さらには、月に一回以上はハローワークに行く必要があります。1ヶ月間隔でハローワーク職員との面談を行い、きちんと仕事を探していると判断されれば翌月の保険給付が行われるシステムです。その真逆に、きちんと仕事を探そうとしていないとみなされたり、月に一度の職員との面談に顔を出さない場合は、強制的に給付の一時停止となったり、ときには以降の給与資格をなくしかねないので、それを防ぐために注意してください。

退職|ほんの2,3ヶ月まえに、転職したばかりであるにも関わら…

ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたというのに、慣れもしないあいだに辞めてしまうケースがとても多かったりします。何故かと考えてみると私の考えでは心機一転、新たな仕事で勤務を始めてみたものの、「自分自身の考えていたものと堪えられほど違っていた」「独自のルールに慣れなかった」と考えて退職を決意することが多いといいます。可能ならこういった転職における失敗を避けるためにはまずは前もっての情報収集をまじめにやっておかなくてはなりません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。具体的な業務内容、通勤に掛かる時間、などあれこれ前もってチェックしておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

今年中に転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでに時間があるのなら・・

今から転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでに時間があるのなら、「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。失業手当は勤めている所属する会社がもし「雇用保険」を払ってくれている場合は、必ず誰でも失業手当を受け取れます。また、手続きについては「ハローワーク」で行います。しかし自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、今の会社都合での退職、あるいは残業時間次第では日数をおかずすぐに貰える可能性もあります。さらに「失業手当」の額は、最後に働いた月の給料を基準にして失業手当の金額を算出されるため、現在の会社に繁忙期や閑散期がある方は理想なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

退職|新たな勤め先でこれまでに培ってきたスキルが生かせれば、…

新しく就いた仕事でこれまでのスキルが生かせれば、即戦力として仕事をすることができすぐ職場内に自分の居場所ができ、いい人を求人している雇用した側としてもそのような人材は常に必要なので、タイミングさえあえば、すんなりと採用されるでしょう。加えて今までの職場と近い仕事なら転職はとても楽となります。しかし、それなりに実力があるといっても一流企業の事務系の業務や、公務員系(国家・地方ともに)の募集は、いつの世になっても、かなりの競争率となることを覚悟しておきましょう。

転職活動においては、「履歴書」「職務経歴書」が必需品です。

転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠となります。多数の企業は履歴書と職務経歴書に記載されている内容を考慮した上で面接するかどうかを判断するため、この2枚の書類の作成が大切なポイントといえるでしょう。単に穴埋めするだけにとどまらず、記載内容を充実させることも大切です。職務経歴書は、これまでの職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り書き綴ります。さらに、過去以外に、現職で挙げた実績でアピールをするのも忘れずに。部門の残業時間を何%減らしました、などわかりやすく記載しましょう。もしも、作成に行き詰まったのなら、「転職エージェント」に職務経歴書の推敲を手伝ってもらい、上手な文章を引き出したりして自分のブランディングのために利用することも満足のいく転職をするための選択肢として考えておきましょう。

「就職エージェント」の大手になると、様々な案件を持って…

大手の「就職エージェント」ほど、たくさんの案件を抱えているという魅力があるといえますが、同時に転職を希望するライバルも大勢いる可能性が高いです。それゆえに気になる企業を探し出したとしても、転職エージェント側が難しいと判断すると応募してくれないこともかなりありますし、企業から見て自分よりも評価の高い人がいれば、そのライバルを優先しやすいのです。要するに大規模なエージェントの場合、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱い応募することが困難なので、考えを変えて少し規模の小さいエージェントに対し、気になる会社や案件を伝えておき、応募できないか相談してみると、転職希望者のために仕事してくれることもあるので、そういった活用も一つの手です。