退職|将来に目を向け、楽しく過ごしつつ、再就職に向けての転職…

楽しく過ごしつつ、再就職と向き合うことで、精神的な負担も少ないので、…

  • 楽しい気持ちを持ちながら転職と向き合うことで、精神的にも転職期間中の堕落も避けられるでしょう。それにメンタルが健全であれば、あまり時間をかけることなく転職先も見つかるはずです。お勧めなのは、やはり、休職せずに新たな勤め先を見付けることです。現在の会社を退職せずに次を見付ける形がベストです。しかも、休職期間をなくすことで、退職後、直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。こうしていれば、職歴の空白期間をなくせるため、履歴書にもキズがつかなくて済みます。つまり、転職の時にマイナスの要因がなくなるということです。今後を踏まえて、うまく転職活動を進めてみましょう。
  • 転職をするにあたってははじめに、求人票やパンフレット、WEBサイトなど・・

  • 転職活動を始める場合、まず、ネット上の求人サイトを見たりして気になる会社を調べるはずです。ですが、その会社が情報を掲載するにあたっては、コンサルタントから指導を受けていることが少なくありません。コンサルタントは、会社の利益にならない情報を隠す達人です。仮に公表したとしても差しさわりのない表現をします。その種の社員の声や社長のインタビューについては、それをすべて信じるのではなく、参考程度に聞いておいた方がいいでしょう。仮に心地よいフレーズを鵜呑みにしてしまったら、「聞いていた話と違うじゃないか」とあとで後悔するかもしれません。たちの悪い会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後は、難癖をつけながらいかにして辞めさせないようにするか画策しています。この手のブラック企業には注意が必要です。
  • 退職|転職したい会社の見学は、非常に勉強になります。

  • 転職したいと考えている会社の見学は、非常に参考になります。そのなかでも「職人」さんがいる会社では、スキルを間近で見られるので楽しいものです。しかしながら残念ながら「職人」がいる会社見学では見学者には高確率で、通常通りの現場を見せることはまずありません。典型的な例を挙げると、ずばり、「ブルーワーカー」(肉体労働)などの職種です。この業種では、個人のプライドが強いので仕事を始めてみるまでは、本来の姿はみえないものです。ですから、見学内容イコール仕事現場、と決めつけないことがとても賢明です。ましてや、見学の時に仕事体験できる会社はとてもキケンですし、注意しておくべきです。入社していない人間には、仮に問題が起きたとしても、保証などありません。万が一、勧められても丁重に断るほうが良いでしょう。
  • 退職|新しい転職先で、いきなり満足できるほどの「年収」を手にできると考えないほうが良いです。

  • 転職しようと思うなら、「年収」の高望みはしないほうが良いです。とりわけ入社した初年度は、大方研修期間が入っていることも多く、自らの新たな仕事に就いたときは、四苦八苦して転職したというのに、期待に反して前いた会社での稼ぎと大方同額だったことがあります。それに、仕事内容もきつく、たいへん責任のある立場で初年度を乗り切るのにたいへん厳しかったです。そういった実体験を踏まえると、初年度は、仕事を覚える期間として捉え、なるべく転職する前に貯蓄をして備えておくべき、と痛感します。
  • 退職|転職の際、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている・・

  • 転職を、「派遣社員」を選択しようと考えている人に覚えてほしいことが複数あります。まず派遣社員に対して、「データ入力」「電話対応」「お茶出し」といった業務をぼんやりと想像する人がおそらく少なくないとは思います。はじめはかく言う私自身もそう勘違いしていました。現在働いている企業に入社するまでは電話応対と聞いていました。面接で派遣会社から伝えてもらっていました。ところが、実際に入社したとたん、まさか「電話対応」だけでなく、欠員した正社員の穴埋め役をやってくれと言われました。知識もないので毎回てんてこまいですし、面接のときの説明とは全く違うので非常に困っています。とにかく、ひたすら「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。
  • 近年、ネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ…

  • 今日はウェブ上の就職斡旋エージェントの中でビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社も増加しています。特許権を取得した経歴のある人は、ヘッドハンティングの対象になりやすくなります。彼らは、特許出願を行った人だけでなく、研究開発で論文を発表したことのある人や、「雑誌・テレビ」などで話題になった人など何らかの実績も持つ人を対象に、電話・メールで接触してきて、ヘッドハンティング用のネタにしています。仮に、あなたがヘッドハンティングと疑われる連絡があった際には、心当たりがないか考えてみましょう。そんなにはないことですが、ヘッドハンディングのように見せかけて、登録料を要求してくる業者もありますが、そういったものは明らかに詐欺なので、騙されないようにしましょう。報酬は登録している会社が払うので転職希望者がお金を出すことはまずありません。
  • 退職|求人広告には、たいていの株式会社では月の給料が記載されているはずです。

  • 求人関連の情報を見てみると、とうぜん月の給料の記載に目が行きますよね。この月収を頭に入れる時には、しっかり確認する事が必要です。その数値だけで納得しないほうが無難です。というのは会社によっては、月収の額の中身が「毎月20時間分の残業」が条件になっているかもしれません。残業代を入れて好条件であるかのように見せ、人材を募集している所があるからです。それ以外にも、「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。その歩合を過大に計算に織り込んでいる可能性も考えられたりします。だから、こうして表記された数字どおりとなる見込みがない会社には興味を持たないほうが賢明です。
  • より安定した暮らしを希望して正規社員を目指す人は少なくない、というのが現状です。

  • より安定した暮らしを希望して正社員を狙っている人は少なくない、というのが現状です。にもかかわらず、即戦力として働けるように努力しても、中々正規雇用がうまくいかない可能性もあります。派遣社員の求人情報があるのに正社員の求人募集以外には目もくれず時間を浪費している人が少なくないと言います。もしもあなたが、正社員として希望する仕事に転職できない場合は、非正規雇用者に応募することも視野に入れてみてください。契約社員募集の会社のなかには、その人の実力によって、数年で正社員への転換を狙える可能性もあるからです。面接時に「正社員登用」の機会の有無をヒアリングするようにしておけば人生設計にも役立ちます。
  • 転職時、必ず面接をすることになるでしょう。

  • 転職のための面接では注意する点があります。人事担当から「転職の理由は何ですか?」といった形で、100%の確率で質問されます。この場合、どんな訳があっても、以前の職場の働く環境や人間関係に関しての愚痴を絡めた返事は、できれば話すのはやめておきましょう。というのも、此の様な内容の話は、あなたにマイナスのイメージが付き、チャンスを棒に振ってしまいます。そのため面接では「前向き」な人物であると印象づけるのが大事で、本当の理由でなくとも、「新しい職場で、より一層キャリアを生かせられるように、さらに会社の戦力になるように努力するように心がけるべきだと思います」、のような売り込みの形が担当者には受けます。
  • 今までは、転職サイトを利用するよりも、主に「ハローワーク」を利用していました。

  • 以前の私は、転職サイトを利用するよりも、主に「ハローワーク」が中心でした。というのも大手の転職サイトはなぜか都心部の求人募集ばかり掲載しているからです。このため、新しい職場を探す際は、「ハローワーク」しか利用していません。やはり、求人募集をするいくらか企業の知名度や給料は劣りますが、地域密着なので、安心して面接に進むことができます。「ハローワークはなんとなく地味なイメージがある」という先入観がある人も多少いるかもしれません。でも、良い求人情報もしっかり掲載されていたりするので、近いうちに転職するべきか悩んでいる場合は、お近くのハローワークに1度行ってみると意外な発見があるかもしれません。人気の転職サイトのような大量の電話やメールもありません。
  • 派遣会社に登録して働いている人が規制緩和の後、多くなっています・・

  • 派遣社員として仕事をする人が近時増える傾向にあります。派遣先が派遣会社に支払う時間当たりの報酬がいくらで、その中でどれだけが自分の報酬になるのかをなるたけ面接の際に聞いておいた方がいいでしょう。派遣業は、人材を必要としている企業に人を派遣してその対価としてお金を手数料を徴収するシステムと考えることができますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースが少なくありません。5割以上を労働者に還元しているのであるなら、まだよい会社ということも可能ですが、情報をひた隠しにする業者も多く、ひどいケースでは、労働者に2割しか還元しなかった、という場合も珍しくありません。面接時、丁寧に返答してくれない派遣業者は、隠ぺい体質である場合が多いので、なるたけ異なる派遣業者で登録されることを推奨します。
  • 退職|仕事のなかで回復が難しいほど精神的なダメージが蓄積されてしま・・

  • 会社が原因で精神的なダメージがあり、転職しなくてはいけない状況に追い込まれたのなら、そのときは、相談するのは会社でなく身内と話し合い、会社を辞めるか判断しておいた方が良いでしょう。なぜそうしたほうが良いかというと、働くのは当事者であるあなたのためでもあります。が、しかし身内の問題でもあります。どれだけ給料が良くてもメンタル面がボロボロになるまで我慢して仕事をすることは良くありません。現代は、物質的なことよりも、働く本人が働きやすいことを重視する生き方が尊重される時代です。あなたの身内、あなた自身の心身を大切にしていきましょう。
  • 退職|時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、契約期間を迎え…

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、1年経ったらすぐ退職できるというわけではないことを実際に転職活動を通じて学びました。結婚して落ち着いたら早く子供を持ちたかったので、子供ができる日が来るまでのあいだ、1年半~2年だけ現在の会社で仕事したいと思ったので、就職することにしました。常勤ではなく派遣社員ということもあり、正社員より月収は少なめでしたが、ですが「時間に自由が効く」というメリットがあるので、そこはガマンしました。ところが、いざ入社後、一緒に働く人たちのみなさん派遣社員として10年~15年ほど勤務しているというのです。たとえ派遣であっても契約が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気などなく、困ってしまいました。
  • 転職をする時に閲覧する募集内容については参考程度に、アバウ…

  • 職を変えようと考えている時に目を光らせることになる求人内容は基準的なものとして掲載されている、という可能性もあり得ますので、記載されている情報は正確な情報だとは思い込まない方が好ましいと言えます。中でもとりわけ報酬の金額などにおいては、社員を平均して出した金額なのか?それとも最低限の金額なのか?最高値なのか?といった見解ができる人は少なく、独断で判断してしまうと、後からそのことを悔いる確率もあります。ですから、そんな風にならないためにも、求人に記載されている情報は基準だと思って、そういったようなとても重要なことは直接問い合わせた方がよろしいです。
  • 昔は看護婦と言った看護師は務めとして歴史的にも女性の割合がとても・・

  • 昔は看護婦という名前だった看護師は、どうしてか男性以上に女性が活躍している職です。あまり知られていないかもしれませんが気力それに体力をひどく消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。そのために、対人関係で行き詰まったり、自分の結婚や出産といったそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活との両立が難しい仕事といえます。実際、そういった問題によって転職する人が多いといいます。過酷な労働環環境であるために、看護師は、慢性的な人材不足になっています。つねにそれぞれの医療機関は看護師を求めている「売り手市場」となっていて、転職の増加を後押しする原因になっているのでしょう。
  • 初挑戦となる業種などに転職するときには、自分が以前の会社…

  • 全く経験したことのない業界とかに転業したいと思っている場合には、前の会社で、自分が養われた腕前やこれまでの経験を発揮することができるという訴えが必要です。未経験の人は未経験の分その業界で今まで働いてきた人たちよりも事実、不利になりますけど、自らの持っているスキルがその業界でも十分に発揮することができるということをうまく相手に伝えれば、戦うことができることも考えられるのです。それゆえ、経験したことがないジャンルに挑むときには、その分野とこれまで自分が働いてきた仕事との関係を見つけ出しましょう。