退職|将来に目を向け、楽しみながら転職と向き合うことで、精神的な重荷が減るので…

期待をもって転職活動をすることができたら、精神的な重荷が減るの・・

期待をもって再就職に向けての転職活動と向き合えば、精神的な重荷が減るので、転職期間中の堕落も避けられます。そのうえ精神的な部分が元気なままでいれば、割と早く転職先も見つけられるはずです。ベストな形は、やはり、休職期間をつくることなく新しい職場を見付けることが大切です。今の仕事を辞めずに新たな仕事を探すのが理想的です。そのうえ、休職期間をなくすことで、今の仕事を辞めたあと、すぐに働けます。そうしておけば、働いていない空白の期間がなく、履歴への影響も回避できます。つまり、転職の際にマイナスの要因がなくなるということです。将来を踏まえながら、円滑に転職活動を進めてみましょう。

転職をする場合、最初に、ウェブ上の求人サイトを閲覧したりし…

転職活動を始めるとき、はじめに、ハローワークの求人票や求人雑誌を見たりして気になる会社を調査するとは思います。しかし、その会社がどういった情報を表に出すかは、専属「コンサルタント」の手が入っている、と理解しておくべきです。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す傾向があります。仮に公表したとしても差しさわりのない表現をします。そういった企業の「社長インタビュー」や「社員情報」については半信半疑で聞き流すべきです。仮に美辞麗句を信じて会社に入った場合、「こんなはずじゃない!」とあとで後悔するかもしれません。悪徳会社は、素直な人間を取り込み、その後、様々な言いがかりをつけて退社させないように画策しています。この手のブラック企業には注意が必要です。

転職したい会社の見学は、すごく勉強になります。

転職したい会社で会社見学しておけば、たいへん参考になります。とくに、「職人」のいる会社なら、職人技を近くで見られるので楽しめます。でも、「職人」がいる会社見学は、見学者にはたいていの場合、いつも通りの仕事風景とは違っているものです。典型的な例を挙げると、ブルーワーカーといわれる肉体労働などのジャンルです。個人のプライドも高い業種なので、入社後でなければ、実際の姿は伺えないものです。なので、見学で触れた内容がそのまま仕事現場とは思わないことがたいへん重要なのです。さらに、会社見学の時に仕事体験させてくれる会社はとても危険ですから正直言って、言語道断です。雇用契約を結んでない人にはもしトラブルが発生してもそれに対する保証は一切ありません。仮に、勧められたとしても丁寧に断るのが無難です。

退職|新しい仕事に就きたいと考えているのなら、「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。

職場を変えたいと思っているのなら、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。ことさら、はじめの年はほとんどの場合「研修期間」を含んでいる企業もほとんどで、私自身の事例では、四苦八苦して転職して前いた会社での稼ぎとほぼ同じということがありました。それに加えて、仕事内容は多忙を極め、かなり責任のあるもので、1年目は、たいへん厳しかったです。そういった体験から初年度はいわば勉強の期間と割り切って、できれば転職前にお金をためておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。

転職の際、派遣社員という勤務形態を考えている方にぜひ注意してほし…

転職の際、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人にぜひ注意していただきたい点が数点あります。なんとなく派遣社員に対して、「電話対応」「お茶出し」「その他雑用」のような業務内容を想像してしまう人が多いかと思います。実は私もそう思ってました。現在勤めている企業に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募したとき、「メインの業務は電話対応になります」と直接説明を受けました。しかし、いざ仕事に就くと、なんと「電話対応」だけでなく、退職した正社員の穴埋め役を要求されました。とくに特別な知識もなく、はじめの説明と大きな食い違いがあるので毎日かなりきついです。今はとにかく、ひたすら派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。

今日はウェブ上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティング会社をよく見かけるようになりました。

今日、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社もたくさんあります。特許を取った経験のある人は、彼ら(ヘッドハンティング会社)から電話が掛かってきやすいという話をご存知ですか?彼らは、特許を出願した人に加えて、研究開発で論文を出した人、テレビをはじめとするマスメディアで話題になった人など、何らかの実績も持つ人を対象に、電話・メールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと企んでいます。仮にあなたが、いかにもヘッドハンティングのような誘いを受けたなら、心当たりを考えてみてください。めったにないことですが、ヘッドハンディングを装って、登録料を請求する会社もあるらしいですが、そのような会社は確実に嘘であるので気を付けましょう。ヘッドハンティングは通常、企業が仲介業者に報酬を支払う形となるため、転職希望者が払う必要はありません。

求人関連の広告には、ほとんどの場合、たいていの会社で…

求人情報には多くの株式会社では月収が記載されているはずです。でもこの月収の欄を見る時には、注意して確認する事が大切です。その数字だけを見て判断しないほうが良いです。何故かというと場合によっては、月収の額の内訳で月15時間残業の場合を含んでいるかもしれません。つまり残業代の金額を含めて計算することで好条件であるかのように見せ、人材を募集しているケースも少なくないのです。それ以外にも、「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せている企業もあったります。そういうわけで、そういったよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社は興味を持たないほうが賢明です。

退職|安定的な暮らしを希望して正規の社員になりたい人はかなり多いと思います。

より安定した生活基盤を手に入れるために正規社員として働くことを念頭に置いている人がかなりいらっしゃるはずです。けれども、努力しても、中々正社員としての転職が現実化しない可能性もあります。派遣社員の求人募集を見たとしても、正社員の求人情報に執着しすぎて、落ち着かない日々を過ごしている人は少なくないようです。万一中々転職先が正社員として迎え入れてくれないのなら、非正社員の求人募集にも目を通してみましょう。正社員を募集していない企業であっても、働きぶりによって数年で非正規雇用から正規雇用への転換を狙えることもあるんです。ですから面接を受けた時に、「正社員登用」の可能性がどのくらいあるかをヒアリングしておくと将来設計も組みやすくなります。

退職|転職時の面接の時に人事から「転職の理由は何ですか?・・

転職時の面接では担当者から「転職理由は?」という風に、かなりの高確率で聞かれます。その際、どのような訳がであれ、以前の職場の人間関係や労働環境についての愚痴とも受け止められる受け答えは、出来るだけしないことをお勧めします。もしも、そのような不満を口にすると、採用条件としてはマイナスになるので、チャンスを台無しにしてしまいかねません。ですから面接では「前向き」な返答に徹するのが重要で、事実とは異なっていても、「新しい職場においては、自分の能力を十分に発揮し、さらに会社の戦力になるように努力するように心がけるべきだと思います」、のような未来形での話ぶりが理想です。

これまでは新たな仕事を探す時は主に「ハローワーク」を利用していました。

今まで私は、職探しは「転職サイト」よりも「ハローワーク」で探していました。というのは、大手「転職サイト」は、なぜか都心部にある会社の求人ばかりだからです。このため、転職活動をする際は、「ハローワーク」ばかり使用していました。もちろん、掲載されるいくらか給料などの条件は若干見劣りするのですが、昔から地域に寄り添った企業が多く、ピンポイントで見えるのはありがたいです。また、「ハローワークってなんだか古臭いイメージがある」というイメージがある方も多いかと思います。良い求人情報もそれなりに掲載されているため、もしも転職したい場合は、お近くのハローワークに1度行ってみるのも手です。「転職サイト」みたいに大量の電話・メールが頻繁に送られてくる心配もありません。

退職|派遣会社を介して仕事をする人が徐々に増える傾向にあります。

派遣会社に登録して働く人が規制緩和の後、多くなっていますが、派遣会社が受け取る報酬が一時間あたりいくらで、どのくらいの金額(または比率)、自分に入ってくるかを面接のときに確認しておきましょう。派遣業は、人材を必要としている企業に人を派遣してその見返りとして、手数料を徴収する仕組みになっています。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっている場合がほとんどです。5割以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということができますが、中には開示すらされない派遣業者も多く、気が付くと3割しか労働者に還元しないという場合も珍しくありません。面接のときにあいまいな返答しかしない会社は、不都合な点を隠す傾向が強いので、できるなら違う派遣会社を利用されることを推奨します。

働く中で回復が難しいほど精神的にとてもつらくなってしま・・

働くにあたって心的に厳しくなって、転職しなくてはいけない状況にまで悪化したなら、職場の人に相談するよりも自身の家族と相談し、退職するかどうかの判断をしてみましょう。なぜなら、仕事をするのは当事者であるあなた自身のためでもありますが、同時に、家族の問題ともいえるのです。毎月、どんなに高給をもらっていたからといって、心的ダメージを負うほど、我慢して仕事をするのは好ましいとは言えません。今の時代は働きやすいことを優先していく生き方が尊重される時代です。ですから気に病むことなく、あなたの身内とあなたの体を大事にしましょう。

派遣社員であっても、契約期間を迎えたらすぐ退職できるというわけではないこと・・

派遣社員というものは、1年ごとに任意のタイミングで辞められるわけではないと、転職活動を通じて理解しました。結婚生活が落ちついたら、早く子育てに取り組みたかったので、その時が訪れるまでのあいだ、数年くらい今のそのまま仕事したかったので就職しました。常勤ではなく派遣社員だったので、正社員よりも収入は少なかったのですが、やはり時間的な自由を優先するために、あえて選択しました。が、入社したあと、一緒に働く人たちのほぼ全員10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。たとえ派遣であったとしても、契約が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気ではないと気づき、この先どうすべきか、とても困惑しています。

転職をする際に見る募集要項の情報というのは、だいたいのもの…

転職をする際に注視する募集要項に関しては、目安として記載されている可能性もあり得ます。なので、そこに記載されている情報は正確なことだとは思わない方が最適でしょう。その中でも特に生活に大きくかかわってくる給与面に関しては、一般的な額なのか?最低限もらえる金額であるのか?一番高い給料なのか?というような見極めができる人は少なく、自分判断で考えてしまうと、今後、後悔することになる可能性もあります。そういった訳で、後悔しないようにするためにも、募集事項は、目安だと思って、そのような重要なことは会社に直接聞いてみた方がよろしいでしょう。

看護師というのは働く者としてやっぱり女性比率がとても大・・

看護婦と呼ばれていた看護師というのは務めとしてやっぱり女性比率がかなり高い職です。知られていると思いますが気力、体力ともに消耗が激しい傾向にあります。したがって人間関係がうまくいかなかったり、自分の結婚・出産などによってそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事とプライベートとの両立が難しい職業ともいえます。実際に、上記のような点に行き詰まり、転職希望者が多いのが現実です。過酷な環境ということもあり、看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足になっています。というワケで、医療業界は、看護師を欲する「売り手市場」であり、これが転職の希望者が後を絶たない原因の一つなのかもしれません。

全く経験したことがない分野などに転職を行う際は、自分が以前の・・

全くの初挑戦の業界などに転身するときには、以前の業界で育んできたスキルやこれまでの経験値が生かせるというアピールがいるようになります。その業界に勤務したことがない人はその分だけその業界で今まで働いてきた人たちよりも正直、不利になりますけど、自分が保持している力がそのジャンルでも十分に発揮できるということを相手に言えば、戦うことができることもあります。ですから、経験が全然ないジャンルに挑む際には、その業種とこれまで自分が働いてきた職務とのかかわりを必ず見つけ出しましょう。