退職|将来転職活動をするのなら、良いと思える求人(あるいは業種・・

転職活動のとき、気になる求人(業界)を見るたびに100…

転職活動のさなか、良いと思う求人(OR 業種)を見付けるたびに逐一、「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネット検索したほうがいいです。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントからはまずその業界に関するマイナス部分について知ることはできません。もしも、ブラック案件が蔓延している業界なら、簡易的なインターネット検索によってすぐに多くの事例に触れられるはずです。そういった面を知らずに仕事を始めてしまうと、あとでしっぺ返しを食らう可能性が高いです。だいたい求人が出されていた理由が「仕事内容がキツイから人が定着してくれない」という場合が少なくないのです。目に留まった業種や案件に関しては、下調べをし疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

「シフト制」の仕事に関する話です。

「シフト制」の仕事についてです。毎週、一定の曜日に入れる人を募集している求人をけっこう目にするのですが、もし、応募しようと思っているなら休み方やシフトの提出方法を尋ねておいたほうが良いです。私自身、出産のため抜けた人の助っ人として、正社員として入社したのですが、私のシフトがそこが「土日」固定のシフトだったのですが、新人の私以外、他の社員はいない状態という職場でした。前任の女性が「土曜、日曜」に必ず出る人だったので、私も同じような人として扱われてしまいました。「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフト変更を出す必要があり、職場の先輩たちに「代わりに出勤していただけませんか?」と自らお願いしなくてはいけませんでした。立場も給料も同じなのに土日は私だけなんて・・・。思い出す度、腹が立ってきます。

とある古物商の求人に応募したところ、書類審査を通過しました。すぐに…

とある古物商の求人に応募し、書類選考に受かりました。すぐに先方から、面接予定日を連絡してもらいました。にもかかわらず、面接日当日、指定場所に向かうと、行き違いがあったのか相手が面接の用意を一切していないことがわかりました。しばらく待たされたのち、責任者らしき人が面接担当をしてくれましたが、終始面倒くさそうな態度を見せてかろうじて面接を終えました。だが、予定日を過ぎているのに、採用結果すらなく、ガマンできなくなり、私のほうから問い合わせてみると、「郵送で今日送った」と告げられました。しばらく待っていましたが、しかし、これも未達なのでそこでふたたび、電話した結果、どういうことなのか、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、と勝手に電話を切られました。あまりの対応に呆れて言葉も見つかりませんでしたが、素直に、不採用で良かったと感謝しています。

退職|転職サイトおよび転職エージェントを用いて、転職活動することは現在の常識かもしれません。

転職サイトや転職エージェントなどを使って、転職活動することは現在の常識かもしれません。ですが、より転職のチャンスを増やしたいのでしたら、それに加えて転職フェアを利用することをおすすめします。転職フェアでは、複数の企業が集まるので、参加すれば多くの企業について知ることができ、それにとどまらず、説明員等の雰囲気から、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。もしも、転職フェアに参加する機会があれば、1次面接に臨むつもりで自身をしっかりアピールしていきましょう。それが功を奏してフェアを通して企業側(の担当者に)認められれば、そのあとの採用面接時にかなり有利になると予想できます。

求人をチェックする場合、「デスクワークがしたい」と考えている人ほ…

求人関連の情報を見るとき、デスクワークがしたいからと、はなから製造業をあまりチェックしていませんが、そのような人の多くは「製造業って、現場で製造する仕事しか募集しない」と勘違いしているケースもあります。製造業の求人募集でも、現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、人事、総務などのスタッフ募集から、資材、購買、営業管理のような「オフィス系」に類する職も結構多くあります。ただ、製造業の勤務場所自体、ビジネス街のような雰囲気はないので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そういった点が受け入れられないと思う人もいるでしょう。そうだとしても、自らの執着をなくすことで良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ選択肢に加えてみてください。

退職|転職を目前にしているなら、現在勤めている会社を退社する時・・

転職を行うにあたり、現在勤務している会社を退社する時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけませんが、自分から退職願を提出して退職する、いわゆる依頼退職においては失業保険はすぐに受け取れません。手続きをしたのち、失業したことが認められてから3か月経ってやっと受け取れるのです。よく勘違いして辞めた次の日からちょうど3ヶ月で受け取れるワケではありません。この規則を勘違いして手続きに不手際があると勘違いしてハローワークのスタッフと言い争っていたのを過去に見たことがあります。念のため、労働者側の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇されたときには、失業認定を受けて即座に失業保険が給付されます。

退職|仕事の面接で着るビジネススーツのカラーは、新卒の就活の際…

転職の面接で必要なビジネススーツの色味については、新卒の人たちが就職活動の際にに着るカラーが一般的なルールとなっています。ということは、黒や紺といったようなダークなカラーになります。転職であっても、着用するビジネススーツの色はこういうダーク色が多数で、黒色や紺色以外の色の人は少ないです。他のカラーで言えば、グレーのスーツを着用している方が若干いるくらいで、大方は黒系や紺系が多く、人事担当の方からもそのような色が当たりまえに感じます。ですから、見た目の印象という観点ではおすすめです。

退職|再就職の面接に関してですがクールビズでも大丈夫で・・

転職時の面接での身なりは会社側からクールビズでも大丈夫ですよと連絡が来る場合もあります。ですが、クールビズで行くのは印象が良くないのではないか?と疑ってしまうこともあります。クールビズの悩みを懐に抱え込んでしまっている方々に伝えたいのは、クールビズでも良いとされている面接時は書かれている内容を実行したほうが安心できます。色々考えすぎて、暑い季節にしっかりとスーツを着用すると不自然に感じられます。ですから、会社側からクールビズ可と言われたらクールビズで良いのです。

退職|転職の面接を受けるため転職希望の会社へ向かいました。

転職における面接に希望先の会社へ出向いたときのことです。たまたまその会社にある会議室が空きがないとのことで外の場所で採用担当の人と待ち合わせて採用面接が行われて、そのまま解散して、面接をした方もそのまま自宅に直帰されるとのことでしたが、偶然にも下車する駅が私と一緒だったのです。ですから電車内においても彼とずっとおしゃべりをしながらいっしょに帰ることとなって、すっかり緊張がなくなって面接しているよりもお話が弾んで、それが良かったからなのか最終的に採用を掴み取ることができました。

このように近年の企業の労働背景が変化したことに当たって、全世代の中・・

このように今現在の会社や企業の雇用形態の変化について、社会人の中で34歳ぐらいまでの若者の世代は敏感に感じ取ってそれはたぶん、転職と自らのキャリアアップを同時に思案しているのでしょう。なので、働き手といった人たちの労働市場の「流動化」が顕著となっているので、よりこの先、若い世代の転職への関心が高まる気がします。「流動化」の影響により、勤め先を変えることは一般的なこととなっていくでしょう。終身雇用が蔓延していた時代には「会社を辞めて転職」にはそのことだけで良くないイメージがつき転職しようにもうまくいかない人もあったようです。ですが、時流の変化とともに今現在の会社だけに執着する意味も必要性も薄れてきています。

退職|失業時に受け取ることができる「失業保険」は、失業中でない人はもらえません・・

失業時に受け取れる「失業保険」は、失業している間もらえるが、いつまでも受け取れるワケではなく、「期間」があります。離職時までに勤務していた期間に応じて違い、3ヶ月とか、1年と決定するのですが、なんと知らないで期間の制限がないと勘違いして働けば失業保険がもらえなくなると考えて仕事を探さない人もいますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから大急ぎで仕事を探しても条件のよい仕事を探すのは至難の業です。転職を希望する会社の面接担当もバカではないので、「いつに失業したか」「どのくらい失業期間があるか」「その間、何をしてたか?」位は大半は相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いでしょう。状況次第では、失業中の求職活動についてことごとく聞かれます。うまく返答できなかったり、バレる嘘をついてしまって、合格する可能性は限りなくゼロに近くなります。

退職|先週新しい仕事を見つけるために人材バンクに登録に出向きました。

先日新しい仕事先を探すために人材紹介会社に登録に向かいました。そこで登録するときのカウンセリングを行うために出てきた担当の人がどうも入社してから間もない新入社員のようで、こちら側が説明していることの50%ほども彼はわかっていない感じ。それにもかかわらず「キャリアデザインを変えた方がいいですね」とか「きちんと自分の強みを明確化しておくべきでしょう」とか、わかったように横柄に言い散らかすから非常に嫌な気分になりました。カウンセリングを担当する人はある程度カウンセリングの経験がある社員にしてほしいです。

就職活動において、年収は非常に大事な要素です。

就職活動において、年収はとても大切なポイントです。面接の際、ほとんどすべての企業で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。現実の年収を上回る額をもらっていると偽り、高額な年収を獲得しようとしても、無駄でしょう。なぜなら、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、一時的に騙せたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ず虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ときにはトラブルを引き起こすこともあるので、現職での年収を正確に申告し、それに見合う希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。ちなみに、現在の年収が300万円の人が転職後にいきなり500万円になる可能性はほぼあり得ません。もし、現在の年収が430万円としたら、希望額は400~450万円であると伝えておくのが良いです。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に転職先に合格をもらったとしても、その後、退職しなくてはいけなくなることを招きかねません。

近頃はPCやスマホで調べればネットの世界では、今で・・

とみにスマートフォンを見ればインターネットで見られる世界では今では「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものが多数存在しているのをご存知でしょうか?その多くのサイトから自分自身が求めている転職先というのを見つけるにはまず、情報を集めることをする必要があります。「転職サイト」を上手く利用することで満足度の高い転職を叶えられます。転職情報が満載で、客観的なデータもしっかり掲載される有益な「転職サイト」がある一方、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、注意が必要です。使い慣れないうちは、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますから同ジャンルのサイトと比較しながらしっかり確かめてみてください。

在職期間にあるときは、なるべく周囲に気づかれないよう・・

在職中はできるだけ会社内の人にバレないよう(自身の転職活動では)雇用中に転職する気持ちのみを早い段階で社内で言ってみたことがありました。ですが、その後転職情報を散々みていったのですが、就職先や仕事を変えるタイミングも無計画なまま決まらず知らぬ間に時間だけが経過してしまいました。そしてその一方、会社の側は、業務の引き継ぎ予定や手続き、自らの退職予定日などが確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、就職先を見付ける」といった、本末転倒な事態になってしまいました。ですが結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経験したあとで、次の就業先を見付ける活動をはじめました。

退職|もしあなたが近い将来、転職するのなら、転職する前に「資格」を取得しておくと有利になります。

もし将来、転職したいと考えているなら、事前に「資格」を取得しておくと有利になります。とくに、現在の仕事をしているあいだに資格を取得するのがベストです。転職時でそれを生かせることができるので、仕事を探しやすくなります。こういった理由から、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階の資格取得が一番最適といえます。もしあなたが未来を考え、社会的に強みになるような資格を取得しておくと、今の職場を離れたあとも躊躇なく次に進められるはずです。加えて、資格取得後は転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接の際、即戦力として扱われこれまでの職場より待遇も良くなる可能性があります。