退職|就職活動において、年収は大変重要なポイントです。

退職|就職活動において、年収はかなり大切な要素です。

就職活動において、年収はとても大切な要素です。面接では、ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。ここで実際の年収を上回る額をもらっていると偽り、転職先で高額の年収を得ようとしても、無駄でしょう。源泉徴収票が必要となるため、一度は信じてもらえたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局はウソがバレてしまうためです。ヘタをすると、トラブルに発展しかねないので、現職での年収は正直に申告し、それに釣り合う希望年収額を設定しておくのが無難です。例をあげれば、今の年収が300万円の方が転職後に500万円となる可能性はまず無理です。仮に、今、430万円の年収であるのなら、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくべきです。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に入社できたとしても、直後に退職しなくてはいけなくなることもあるので、気をつけましょう。

退職|今ではスマートフォンは便利でインターネット上には、「転職のためのサイト」と呼ばれるも…

世の中は便利になったものでPCは便利でインターネット上では、いわゆる「転職サイト」と呼ばれるものが無数にあったりします。そのいっぱいのサイトから自分自身の目的に合致した転職先と思えるのを見つけるにはなんといっても情報を収集することをする必要があります。こういう転職サイトを上手く使いこなすことで、効率的かつ満足度の高い転職が叶えられるはずです。最新情報が満載で、転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む「転職サイト」がある一方、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、注意が必要です。はじめは、信用に値するサイトかどうかを見極めることが大事ですからよそと比較しながら確かめてみてください。

退職|雇用期間中は、可能なかぎり悟られないよう、(ちなみに私自身のと…

在職期間中は、極力水面下で(ちなみに私のときは)在職期間中に転身する考えのみ活動初期に同僚に知らせたことがありました。しかしながら、その後に求人サイトを散々探してみたのですが、働く先や仕事を変えるタイミングすら何一つ決まらずやみくもに時間だけが過ぎてしまいました。挙句の果てにはその傍ら、会社の方も仕事の引き継ぎ予定や手続き、私自身の退職の日程などが確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、本末転倒な展開を迎えました。実際には内定をもらったその会社を蹴り、失業期間を経たのち、次の就職先を見付ける活動をはじめました。

退職|もしあなたが転職される場合は、先に「資格」を取得しておくと有利になります。

もしもあなたが転職を考えているのなら、転職する前に「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。また、仕事を続けているうちに、資格取得しておけば、転職活動の際に有効に使えるので、仕事を探しやすくなります。そういうわけで、資格取得するなら、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階がもっとも好ましいタイミングといえます。もしもあなたが再就職を考えているなら、このあとに役立つであろう資格を取得しておけば、現在の会社を辞めたあとも心残りもなく、前に進んでいけます。さらには、資格を取ってからの面接の際戦力になると判断してもらえ、以前の職場より待遇も良くなる可能性が高いです。

退職|仮に転職しようとしても全てがスムーズに進行するというわけではありません。

転職を考える場合、全てがうまくゆく保証はありません。どうせするなら、いつか、転職しようと考えているなら速やかに変えてしまった方が良いです。大半の場合、20代の若いあいだは良い展開を期待できますが、残念なことに、30代後半~40代になると転職活動全般は、とても厳しいものと理解しておくべきです。もしも、重要な役職に就いているのなら、転職を意識していても現在の会社にとどまることも選択肢に入れておくべきです。つまり、退職してから転職活動を行うのでなく、今の会社を辞めないままの方向でじっくり探すほうが良い、ということです。

これからますます単純作業は機械化が進歩していきその切り替えによ…

将来的に、労働力という観点においてますます考えなくてもできる作業は機械化が発展していき当然のことながら必要な労働人口は削減されます。なぜかというと、短絡的な仕事は機械のほうが数段にすぐれているからです。数量を計測したり、同一の動きをずっと反復したりすることは機械にとっては問題ありません。もちろん人と違って文句を言わず、疲れもしない、横着をすることもないし、正確だし均一化できる強みもあります。また、人と違って給料が発生しないのもメリットといえます。労働力として人間を使う意味がまったくなさすぎます。ですから機械にシフトされるもの当然の結果といえます。

退職|自分のスキルを有効活用しつつ、転職活動を検討しているな…

今の自分のスキルや資格を有効活用しつつ、就職活動する場合、再就職しやすい業界と、比較的そのスキルが不必要な、転職が難しい業界がある事を理解しておきましょう。転職がしやすい業界としては、人手不足が問題視されている医療や介護系の仕事が代表でしょう。医療・介護の職種では看護師や介護士の資格が必要で、資格を持っている人たちにとってはとても転職しやすい業界です。現在、看護師や介護士として勤務している人が、様々な理由により、他の業界に再就職しようと思う場合は、すぐに決断してしまわないほうが良いです。「医療」「介護」以外の多数の業界は、スタッフの流動性は決して高くはないのです。したがって、簡単に考えない事が必要です。再就職をされるのであれば、異業種では「医療」「介護」のような売り手市場ではないと覚悟しておきましょう。

退職|来週からでも転職を考えているのなら、今いる業務や・・

いよいよ転職を考えているのなら、直近の仕事・業務での不満に思う部分を洗い出しておく必要があります。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。もともと不満なことが大きいから転職しようと思っているはずです。が、「いまある仕事や業務の客観的に考えた不満点を挙げる」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びでの失敗は大きく減らせます。それを終えたあと、仮に転職した場合、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を想像してみましょう。転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職後の急激なモチベーションの低下は抑えることはできます。

退職|スムーズに転職したい時は、希望する企業とのやりとりというよ・・

最短で転職したい場合は企業とのやりとりというよりある意味、「担当面接官」とのやり取りが重要です。希望する企業に採用されるために、第一歩として面接が始まるときに焦る気持ちを抑え、平常心を意識しましょう。たとえば「お見合いする」と捉えておく望むと問題はありません。また面接に進むとまずはじめにあなたの「人間性」を判定してもらうので誤解を招くような見た目・言動は気をつけて控えましょう。なおかつ良識ある社会人らしく身だしなみや服装を整えながら、あなたらしさを表現できるといいでしょう。面接官に企業に適した人材と認識されれば、きっと良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。

退職|転職の時の面接などの際にもし名刺を渡された時、こちらも名刺を相・・

転職での面接などの時に担当者に名刺を手渡されとしたら、同じようにあなたも名刺を差し出す方が良いのか?差し出さなくてよいのか?と対応の仕方に迷ったら、ほとんどは渡す必要はないと思っておきましょう。面接とは仕事の一環ではなく、職を得るための採用活動内のことなので、大体の場合は名刺を交換する場とは異なります。また、会社の者としてその場にいるのではなく、あなた個人のことでそこにいるわけです。そのため、もしも相手から名刺を差し出されても、あなたのほうは、ただ受け取るだけで問題なくて、相手に渡す義務はまったくないと考えられます。

退職と転職を繰り返す日々を止めるために、ひとつだけ対策が必要です。

退職と転職を度々しないための対策は至ってシンプルです。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタル部分のスキルを磨くと、転職を繰り返しません。ネット社会の現在では精神面を鍛えるコツはカンタンに知ることができます。さらに、転職とは全然違う行動でも、精神面を強くすることが可能です。その最たる例は「外国に行くこと」ですね。海外に旅行に行くと日本では考えられないような文化があったりと、目につくすべてが刺激となります。ですから、精神的な成長は、想像以上に得らるはずです。帰国してみると、己の視野の狭さを実感し、「世間の小ささ」というものをしみじみと実感することができます。その気持ちを携え(転職のための)面接に向かえば、これまでの面接とは比べ物にならないほどに自信満々に自己アピールができるはずです。ただ、退職後しばらくは精神的に弱っている人が多いので気力回復のために休みも必要です。

退職|自分の得意なことや好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている方は気をつけた方が良いです。

自分自身の大好き、を仕事にしたいという風に考えている人は注意した方が良いです。これは、私が実際に経験したことなのですが、私自身、食べることが好きだったのですが、それが高じて、以前は、飲食業界で仕事をしていた時期があります。そのレストランでの業務内容は、そのレストランで私が担当していた業務は、簡単な盛り付け作業やホール業務です。この仕事内容については、不満もありませんでしたし楽しんで働いていました。けれども、人間関係ですごく嫌になってしまったのです。そのことが引き金となり、職場を去ることになったのですが、そのせいで、好きだった食べることやその店で扱われていた食べ物すら嫌いになってしまい、類似の飲食店はしばらく経った今も行けません。当時の店の匂いを思い出すだけで辛くなります。この仕事を始めたばかりの頃は、大好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。大好きな分野の仕事に就きたいと夢見て、実現させることは素敵なことです。しかし、「好き」はどのレベルのものなのか、もう一度自分自身と向き合う必要があります。

退職|社会的な転職事情ですが、現在の安倍政権によって、アベノミ・・

転職を取り囲む状況は、政治による変化の兆しが出始めています。今の安倍政権では、「アベノミクス」や「三本の矢」といった新たに多くの経済政策が盛り込まれています。内閣が打ち出した新たな経済政策共々金融政策とも、たがいに作用しあって財界・企業といった民間側からも新時代となる明るい動きが顕著に現れてきております。そういった変化を受け、企業伸長とともに今度は若い世代の減少と現役世代の大量退職による「人材不足」がクローズアップされています。ここ最近では、外国人の労働者を現状よりも増やしていく、つもりでいると現政権は語っています。転職問題についても大きく幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化によって国内の雇用状況や転職状況も変化していくのは確実です。

退職|転職を考えていた時期にかなり何個かの人材紹介会社に登録していました。

昔はかなりたくさんの人材紹介会社に登録していました。その際に特に思ったのは転職のアドバイザーの質が本当に様々でそのほとんどが不満を感じる方ばっかり。こちらは人生の大事な事なのにもっと熱心にに臨んでほしいという感情が積もり積もってそれが発端となり私はキャリアカウンセラーになろうと思い立ちました。キャリアカウンセラーとして働くための資格取得のためにはコストもかかりました。それに加えて勉強もヘビーでしたが、仕事を探している方から信頼される人になるために努力しています。

転職活動を行う上での最後の問題として、「現職の退職」があげられます。

転職活動において最後にクリアしなければいけない難問として、今勤めている企業からの退職があげられます。転職先が決まっても、今いる企業が、あなたを離したくないと引き留めるというのもよくある話です。もしそうなってしまったら、「ゼッタイに退職する」という強い気持ちを維持することが大切でしょう。仮に会社に残るように説得されて、一時的に収まったとしても、一時辞めたいと思った会社は、最終的には関係が終わることになります。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届を作成しておきます。そのあとに、決定権のある上司と直接話し、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」とキッパリと伝えましょう。円満退職をすること、これも転職活動において重要な要素になってきます。

転職時の採用面接での、勘違いしている人が多いので・・

転職の際に必須となる会社での採用面接でのやめておいたほうがよいのは採用をされたいあまり露骨なまでの猫かぶりすることは、正直なところ採用を逃してしまいます。そんな事態を避けるためには思い切って面接時は、「産休」など、通常ならかなり質問に躊躇してしまいそうな内容を勇気を持って質問しておいた方が、結果的に間違いなく自身のためにもなります。実際には「採用前の段階で、そのような質問をすることで面接結果に響くのではないか」と不安が募るかもしれません。けれども、意外なことに、悪い印象を持たれる場合が多いようです。こうしたお金・労働環境に関する内容は、実のところ、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。とはいうものの、不採用を恐れるあまり、大半の人が質問を躊躇しています。そこで、あなたが一歩踏み込む勇気があれば「こいつは他と違う」ということで面接担当者へのアピールとなるのです。