退職|就職活動において、年収は非常に重要なポイントです。

就職活動において、年収は極めて大事な要素です。

就職活動において、だれもが気にするのが年収です。面接において、ほとんどすべての会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき本当の年収を多く偽って、転職先で多くの収入を得ようと試みても、無駄でしょう。なぜかといえば、結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、もし一時的に信じさせたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的にはウソがバレてしまうのです。最悪の場合、トラブルを引き起こすこともあるので、現職での年収を正確に申告し、それに見合う希望年収を設定するのが一番良いです。なお、年収400万の人が転職後にいきなり500万円になる可能性はほとんど無い、と見ておくべきです。もし、現在の年収が430万円としたら、希望額は400~450万円であると伝えておくとよいでしょう。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に採用されたとしても、退職せざるを得なくなるおそれもあるので、注意しましょう。

世の中は変化していてスマートフォンで調べればインターネットのエリアに…

どうもスマホを使えばわかるけどネットで見られる世界では「転職サイト」と呼ばれるものがあちこちに存在しています。その数限りないサイトから自分にあった転職先というのを見付けるために、とりあえず情報を集めることが欠かせません。こんな転職サイトをしっかり利用することで効率的かつ満足度の高い転職を叶えられます。更新頻度が高く、さらには客観性と正確性を持ち合わせた役に立つ「転職サイト」がある一方、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。とりあえずは、信用に値するサイトかどうかを同ジャンルのサイトと比較しながら厳しくチェックしてみましょう。

退職|在職中であるのなら、極力周りの人に気づかれないよう…

在職中には、出来るだけ同僚に悟られないよう、(自身の転職活動では)雇用中に転社する意図だけ、早い時期に社内の人間にほのめかしたことがありました。だが、その後に求人サイトを散々あれこれ見ていったものの、結局就職のあても時期などさえも計画も立てずに決まらずいつの間にか時間が過ぎてしまいました。挙句の果てにはその一方、社内では仕事の引き継ぎ、諸々の手続き、私自身の退職の日程などが確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、就職先を見付ける」という、本末転倒な状況で会社を去ることになりました。その後、予定が順風満帆とはいかず、失職期間を経験し、次の就業先を見付ける活動をはじめました。

退職|もしあなたが転職を考えているなら、転職する前に「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。

もしも将来、転職したいと考えているなら、事前に資格を取得することで有利に事が運びます。とくに、仕事をしているあいだに資格を取得すると、転職活動時にあたって幅が広がるので、転職先を探すのが楽になります。であるため、資格取得は、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階が一番良いタイミングです。もしあなたが将来のために、社会的に強みになるような資格を取得しておくと、現在の仕事を辞めたとしても悔やむことなく前に進めるはずです。さらには、資格を取得した後では、転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、面接のときには面接担当者に「即戦力」な人材として認められ、今までの職場より待遇アップも期待できるでしょう。

再就職を考える場合、あらゆることがうまく進行するとは言えません。

再就職を考える場合、誰でも思ったとおりの結果が出る確証はありません。どうせするなら、いつか、しようと考えているなら年齢が若いうちに出来るだけ早く転職を試みるべきでしょう。ほとんどの場合、20代の若いうちはかなり有利に働きますが、残念なことに、30代後半~40代に突入すると転職の場合は、とても難しくなります。もしも、管理職などの重要なポジションに就いているのなら、転職する意思が芽生えたとしても、現在の会社にとどまることも選択肢から除外しないでおきましょう。要するに、会社を辞めてから転職活動を開始するよりも、今の仕事は続けながら慎重に探す方が良い、ということです。

私たちの社会的環境において、この先一段と簡単な仕事・・

これから、私たちの労働環境において徐々に短絡的な作業は機械で対処されるようになりその移り変わりによってそういう仕事をする稼働人口はどう考えても減少していきます。なぜかというと、単純作業という観点では機械でやったほうが圧倒的に強いからです。数をカウントしたり、同じ作業を繰り返すのは機械にとっては何の苦もないのです。もちろん人間とは違って文句を言わず、肉体的な疲れもないし、ずるもしない、正確な作業をしてくれますし、均一化できるメリットもあります。また、人と違って賃金を渡す必要もありません。なので、労働力として人間を使う意味が無いので機械に移行していくのも当然の流れなのです。

あなたが持つ現在のスキルを有効活用しつつ、就職活動をしようと考えているのなら・・

自身のスキルが有利にはたらくように就職活動をしようと考えているのなら、比較的、再就職しやすい業種と比較的そのスキルが不必要な、転職が難しい職種がある事を知っておくと仕事選びに役立ちます。すんなりと転職がかなうジャンルとしては、たえず人材が不足している医療や介護系の業種が代表でしょう。医療や介護の業種では看護師および介護士の「資格」が必須なため、資格を持っている人たちにとってはとても転職しやすい業界です。ですが、「医療・介護」の仕事を現在やっていて、とある事情によって異業種へ転職してみたいと思う場合は、すぐに動いてしまうのは危険です。「医療」「介護」以外の多数の業界は、働き手の流動性は少ないもの、と理解しておきましょう。したがって、簡単に考えないことが重要です。転職をされるのであれば、ほかの分野の仕事では「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを覚悟しておいたほうがよさそうです。

退職|いよいよ転職しようと思うのなら、直近の職場・業務での納得いかない部分を…

明日からでも転職活動を考えているのなら、直近の業務や仕事で感じている不満点を明確化する事が良いです。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。そもそも気に入らないことが大きいから転職しようと思っているはずです。が、「よく考えて業務や業務の満足できないことを挙げる」ことをほとんどの人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びでの失敗は大きく減らせます。そして、転職を叶えたあと、「今よりも不便になること」を明確化してみましょう。なぜなら、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。こうした整理をする事で、転職したあとのモチベーションの急激な低下は抑えることは可能です。

退職|転職活動のコツは企業とのやりとりというより人事や採用担当の面接官と・・

転職活動では、企業そのものというより、どっちかというと「担当面接官」とのやり取りが大事といえます。希望する企業の面接で良い印象を与えるために、はじめに普段通りを意識して焦る気持ちを抑え、平常心を意識しましょう。例えればお見合いをする意識で向かうのも大事でしょう。更に大事なことは面接を介して第一にあなたの「人間性」を評価されるので悪い評価になるような態度は気をつけてぜったいに控えましょう。また良識ある社会人らしさが伝わるように、綺麗に整った服装を意識してください。オーラを感じさせることができればいいです。企業にとって魅力的な人材と思ってもらえれば、良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。

再就職の面接などの場面で面接担当者に名刺を手渡されたら・・

転職の面接などにおいて担当者に名刺を差し出された場合、あなたも名刺を相手側に渡す必要があるのかどうかと対応の仕方に迷った場合は、基本的には差し出す必要のないもの、と理解しておいてください。転職のための面接に関して言えば仕事の延長ではなく、職に就くための採用活動の一環です。ですからほとんどの場合は名刺をやりとりする場とは異なります。重ねて、会社の人として出向いているのではなく、あなた個人のことでこの場にいるわけです。それゆえに、もしも相手の方から名刺を渡された時でも、こちらとしては名刺をもらうだけで大丈夫で、面接担当者に相手の方に渡すことはまったくないと考えられます。

転社を繰り返す日々を止めるためには、コツが要ります。

転職を度々しないための術が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、それとは別にメンタル部分のスキルを磨くと、転職を繰り返さなくなります。現在は、ネットを使ってメンタル面を鍛えるための自己啓発系の情報は誰でも知ることができます。加えて、転職とは無関係な「とある行動」によってもメンタルを鍛えられます。その行動とは、ズバリ海外に行くことです。海外は、言葉も文化も違うので、大きな刺激を常に得られます。なので、精神的な成長を遂げるにはピッタリの方法といえます。帰国してみると、「自分の視野の狭さ」に気づき、世間はこんなにも狭かったのだということを実感することができます。その気持ちのまま面接に行けば、今までとは違って胸を張った面接になるので良い方法です。ですが、退職後しばらくは精神的に弱っている人が多いのでその後のために休みも必要です。

退職|自分の好きなことを仕事にしたいという風に思っている人は注意です。

趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたいと思っている人は要注意です。これは、私が実際に体験したことなるのですが、私は、もともと食べることが本当に大好きでそれが理由で、前に、料理店(レストラン)で勤務していました。そのお店での業務は、そのレストランで私が担当していた仕事内容は、シンプルな盛り付け作業やホール業務です。この仕事内容に関しては、不満もなく楽しかったのですが、人間関係にとても疲れてしまいました。そのことが引き金になって、職場を離れることになったのですが、その影響で、食べること、そしてその店で提供していた食べ物すら嫌になり、似たような飲食店は現在も行けません。当時の匂いを思い出すだけで辛くなります。仕事を始めた当初、大好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。好き、を仕事にしたいと夢見て、それを実現させることは本当にステキだと思います。ですが、「好き」はどのくらい本気なものなのか、改めて判断する必要があります。

退職|転職を取り囲む状況は、政治によって左右されつつあります。

最近の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。安倍総理による現内閣によって、「アベノミクス」や「三本の矢」などの新たに多くの経済政策が盛り込まれています。内閣が打ち出した経済政策ともに日銀主導の金融政策との相乗効果によって、財界や民間企業間においても新しい変化が増えつつあります。その変化の中で、企業サイドでも若い世代の減少と現役世代の大量退職による「人材不足」が社会では多いな問題として取り上げられています。最近では「外国人の労働者」の数を今よりも増やしていく、つもりでいると現政権は語っています。国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした社会的変化のなかで日本国内の雇用や転職状況にも、大きな影響が出てくるはずです。

キャリアップしたいと思いかなりたくさんの人材紹介会社に登録していました。

何社かの人材紹介会社に登録していたのですが、その時に感じたこと、それは転職のアドバイザーのレベルもまちまちでたいていの場合、物足らないと感じる方ばっかり。こちらは人生かかっているのにもっと思い入れを込めて向かい合ってほしいという気持ちが積もり積もってしまいました。そのことが契機となって自らキャリアカウンセラーの道を目標にすることになりました。その資格取得のためには支出が増えましたし資格取得のための勉強面に関してもかなり大変ですが、就職活動の際に信用してもらえる人になるべく頑張っています。

転職活動をする際の最後にクリアしなければいけない難問とし…

転職活動を行う上での最後の難関として、「今勤務している企業をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先の企業が採用の内定を出しても、現在、所属している会社があなたを引き留めることもよくあります。そうなってしまった場合、何としても退職する、という強固な意思を保つことが大事といえます。もしも引き留められて、一時的に収まったとしても、一度辞めたいと考えた会社は結局、辞めることとなります。退職を成功させるには、まずは会社の規定に目を通し、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を用意します。その後、決定権を持つ上司と直接話し、「退職にあたって、いかなる交渉も受け付けません」と堂々と伝えます。円満退社という形をとることも転職活動において重要な要素になってきます。

退職|転職活動中の採用面接では、よく思い違いがあるので・・

転職の際に必須となる採用面接でのしてはいけないのは過度に猫かぶりすることは、残念なことに悪い結果を招くおそれがあります。そんな事態を避けるためにはその場を繕うのではなく面接時は、「ボーナス」など、通常であればかなり質問しづらい内容を思い切って率直に質問しておくと、最終的に確実に自身のためにもなります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「採用前の段階で、そういった質問をすると面接結果に響くのではないか」と危惧する人もいるかもしれません。けれども、意外と面接官からの印象もいい直結するといいます。こうした労働環境やお金に関する内容は、実際には、多くの人が知りたいと思っています。しかしながら、面接で緊張していると、不採用を恐れて質問できないのが普通です。それをあえてそんな状況で踏み込んでおくと、「こいつは他と違う」ということで自己アピールになるのです。