退職|就職活動において、必ず問題になるのが年収です。

就職活動において、年収は大変大切なポイントです。

就職活動において、年収は極めて大事な要素です。面接では、大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで現実にもらっている年収よりも多めに申告し転職先で高額の年収を得ようとしても、無駄な努力でしょう。「源泉徴収票」が必要となり、もし一時的に騙せたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結局はウソがバレてしまいます。ヘタをするとトラブルに発展するおそれもあるので、現在の年収を正確に相手に伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのが正解です。なお、現在の年収が400万円の方が、急に年収500万になるようなことは極めて小さいです。仮に、今、430万円の年収であるのなら、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくべきです。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなり、入社できたのを退職せざるを得なくなる状況も考えられます。

退職|この頃パソコンやスマホを見ればネットの世界では、「転職サイト」と呼ばれるものが…

近頃スマートフォンは便利でインターネット上には、今では「転職に関するサイト」と呼ばれるものが数多くあったりします。その多くのサイトから自分に合った転職先というのを見つけたいなら、なんといっても情報収集が必要です。こんな「転職サイト」を上手く活用することで、効率的に転職先探しができます。転職情報が満載で、頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される役に立つ「転職サイト」がある一方、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。とりあえずは、本当に信用していいのかどうかを見極めることがポイントとなりますから同ジャンルのサイトと比較しながらしっかり確かめてみてください。

雇用期間中なら、状況が許す限り、社内の人間に気づかれないように、…

就労期間にあるときは、できれば周りの人にバレないよう(自身のときは)在職期間中に転身したいという意思表示のみを早期に会社内で言ってみたことがありました。しかしながら、その顎、求人サイトを散々見て回ったものの、結局転職先やタイミングさえも何も決まらないまま、知らぬ間に時間だけが過ぎてしまいました。その傍ら、社内では仕事の引き継ぎや手続き、自らの退職の日程などが確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、就職先を見付ける」という、お粗末な状況下で会社を辞める形になりました。そして、予定は思うようにはいかず、失業期間を経験したのち、次の就職先を探す流れになりました。

もし転職したいと考えているなら、先に「資格」を取得しておくと有利になります。

転職を視野に入れているなら、事前に資格を取るとステップアップします。また、仕事を続けているうちに、資格取得をしておくのがお勧めです。転職でそれを生かせるので、新しい仕事も探しやすくなります。こういった理由から、資格取得は、在任期間中が良いといえます。未来を考え、次の仕事に必要な資格を取得しておくと、現在の会社を退職後も後悔なく次に進めます。しかも、資格を取得した後では、転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接の際、戦力になると判断してもらえ、活躍しやすくなるばかりでなく待遇面でも期待でます。

再就職を考える場合、全てが首尾よく運ぶという確証はどこにもありません。

実際に、転職活動をはじめたとしても全てが都合よく運ぶというわけではありません。どうせするなら、どう転んでも転職をしなくてはならないなら歳がいかないうちに出来るだけ早く変えてしまった方が良いです。普通一般的には、30代前半までは有利な展開を期待できますが、30代後半~40代に達すると転職そのものがかなり厳しくなります。もしもあなたが、重要な役職を担当している場合、転職を意識していても今の会社に残ることも選択肢に残しておくべきです。退職してから転職活動を行うのでなく、現在の会社には残ったまま時間をかけて注意深く行動したほうが失敗することもありません。

今後、私たちの社会的環境において着実にシンプルな労働は…

この先、私たちの社会的環境において段々と簡単な労働は機械に切り替えられてその変化によって必要な労働力は少なからず削減させられてしまいます。どうしてかというと、単純労働においては、人間以上に機械で作業するほうが数段に分があるからです。例えば、数量をカウントしたり、同じ動作を繰り返すのは機械には何も不自由もありません。当たり前のことながら人と違って泣き言も言わない、疲れないし、ズルもしないし、正確に作業してくれますし、それを均一化できます。加えて、人と違って「人件費」も発生しません。このような理由から、労働力として人を使う理由が無いので機械化されるのは自然といえます。

今の自分のスキルや資格を有効活用しながら、再就職を検討する場合・・

自分のスキルや資格を武器に転職する場合、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界と難しいものを事前に知っておきましょう。再就職しやすい業界は、人材不足が社会問題にまでなっている医療や介護系のジャンルが最たる例です。医療・介護の分野では看護師、介護士資格を持っていることが必須条件となりますので、ハードルが高めなのも転職しやすさに起因しています。でも現在、「医療・介護」の仕事をしていて、様々な理由により、他の業界に転職する事を考える場合、すぐに決めないほうがいいです。「医療」「介護」以外の流動性は少ないもの、と理解しておきましょう。ですから、安易に考えないことが大切です。異業種への転職を実際に行う際は、異業種では「医療」「介護」ほど売り手市場とはいかないので理解しておきましょう。

今からでも転職することを考えているのなら、現状の業務や・・

いよいよ転職を考えているのなら、今いる仕事での不満に思う部分を明確にしておいた方が良いです。当然と思われますが、意外とそうでもないのです。気に入らない点があるからこそ、転職しようと思っているはずです。でも「しっかりと存在する客観的にみた不満を挙げる」ことをほとんどの人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職における後悔を減らせます。それを終えたあと、仮に転職した場合、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を想像してみましょう。なぜなら、職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職の失敗は高確率で防げますから、失敗しないのは可能です。

転職は、最初の第一歩は希望する企業そのもの、というより…

転職活動は、希望する企業とのやりとりというより、ある意味、「担当面接官」との勝負と言ったほうが正しい気がします。面接で良い印象を与えるために、初歩としてあまり意識せずに焦らずに対応しましょう。たとえば女性とお見合いをするような意識で望むのも大事でしょう。また面接を介して最も初めにあなた自身の「人間性」を判定されるので余計な誤解を招くような態度や身なりは注意しぜったいに控えましょう。そして品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて綺麗に整った服装で向かいましょう。あなたの個性を表現できるといいでしょう。企業にとって採用したい人材と思ってもらえれば、良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。

再就職での面接などの時に担当者に名刺を渡された場合、…

転職の面接などの場面で名刺を差し出してきた場合、こちらとしても名刺を相手側に渡すべきかどうかと悩んだ場合は、大体の場合は渡さないもの、と理解しておくと良いですね。転職のための面接というものは仕事内のことではなくて、職に就くための採用活動内のことなので、基本的には名刺を交換する時ではないのです。重ねて、あなたは立場上会社の人間としてではなく、あなたの問題でそこにいるわけです。要するに、相手から名刺を差し出されても、あなた自身は、ただもらうだけでよくて、面接担当者に相手の方にあげる義務はまったくないと推測できるのです。

退職|転社を度々しないためには、少しコツがいります。

退職と転職を繰り返す日々を止めるためにすることはただ一つです。スキルを向上させることもそうですが、精神面を鍛えると、転職を繰り返しません。ネット社会の現在ではメンタル面を鍛えるための自己啓発系の情報は容易に知ることができます。また、不思議に感じるかもしれませんが、転職とは全然違う行動でも、メンタル面を鍛えさせてくれます。その最たる例はズバリ「海外に行くこと」ですね。海外に旅行に行くと文化も生活習慣も違うことばかりなので、大きな刺激を常に得られます。ですから、心の成長を成し遂げるにはぴったりの方法といえます。日本に戻ってくると、自分のこれまでの視野の狭さに気づき、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちのまま転職先を探し直ぐに面接に行くと、これまでとは格段に違い自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。どうしても、退職後しばらくは精神面がダメージを受けやすいので気力が回復したと思えるまで、しっかり休みましょう。

自分の大好きなことを仕事にしたいという風に考えている人は気をつけた方が良いです。

趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就きたいと思っている方は注意した方が良いです。これは、私が経験したことなのですが、私自身、もともと食べることが本当に大好きでそれが高じて飲食店(レストラン)に勤めていた時期があります。そのレストランでの業務内容は、そのお店で私が担当していた業務内容は、簡単な盛り付け作業やホール業務です。この業務内容に関しては、不満もなく楽しんで働いていました。けれども、人間関係のいざこざにとても悩まされました。そのことが引き金となって退職する羽目になりましたが、その影響で、大好きだった食べること、そしてその飲食店でメニューとして扱っていた食べ物も嫌いになってしまい、似たような店にはしばらく経った現在も行くことができません。当時の匂いを思い出すだけで辛くなります。仕事を始めたばかりの頃は、大好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。自分の得意なことや大好きな分野の仕事に就きたいと思うのはステキだと思います。ですが、あなたの「好き」の度合いはどの程度のものか、真面目に問いただした上で行動するべきです。

退職|最近の転職事情では、政治による影響が出始めています。

政治によって変化の出始めている転職事情ですが、安倍総理が主導する現政権によって、「アベノミクス」「三本の矢」など、新たな経済政策が複数、展開されています。日銀の金融政策とあいまって、財界・企業間でもあたらしい明るい動向が著しく現れてきています。そういった変化が加わったせいか、企業伸長とともに今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「働き手が足りないこと」が社会では大きな問題となっています。なお、外国人の労働者を増やしていくつもりでいると現政権は方針として掲げています。外国人労働者の増加に伴い、転職問題も大きく幅が広がりそうです。こうした政治の流れによって、日本国内の雇用や転職事情にも、大きく変わっていくのは確実といえます。

退職|私はかつてたいへん多くの人材紹介会社に登録していました。

私が転職を考えていた時期にかなり多くの人材紹介会社に登録していのだが、その際に特に思ったのはサポートしてくれる担当者のレベルがまちまちでほぼ不満を感じるアドバイザーばかり。私にとってはかなり重要なことことだからもっと心して向かい合ってほしいという欲が高まってしまいました。それがきっかけとなって自分自身がキャリアカウンセラーになろうと思い立ちました。その資格の取得は経済的な負担にもなりました。それに加えて勉強面においても大変でしたが、就活中の人たちから頼みの綱とされるようなキャリアカウンセラーになるべく努力しています。

転職活動を行う上での最後に残る厄介な難問として、「現職の退職」があげられるのではないでしょうか。

転職活動における最後に残る壁として、現在勤務している企業からの退職があります。転職先から採用の内定を得たとしても、今いる会社があなたを手放したくないとして引き留めるというのも起こりがちなことです。そのような場合は、何としても退職する、という強固な気持ちを保つことが必要といえます。会社に残るように説得されて、一時的に残ったとしても、一度辞めたいと思った会社には、最終的には愛着もなくなってきます。退職を成功させるには、まずは会社の規定に目を通し、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届をつくります。そして、決定権を持つ上司と相談し、退職を考え直すことは絶対にありませんと、はっきり伝えます。「円満退社」をすることも転職活動において重要な要素になってきます。

退職|転職のための採用面接での勘違いしている人が多いのです・・

転職時の面接では、してはいけないのは採用を勝ち取りたいあまり無理に猫かぶりをすることです。するとそれがそのまま不採用となる可能性が高いです。そうならないために例に挙げるならば面接の際は「報酬」などの、通常はちょっと聞きにくいことも勇気を出し聞いておくと間違いなく自身のためになります。意外に思うかもしれませんが、「そんな無神経なずけずけとそういった質問をすると最終選考に響くのではないか」と危惧するかもしれませんが、だけども、意外と好印象を持ってもらえることは最終的には可能性が高いのです。これらの労働環境やお金に関連する疑問点は、実際には、誰もが聞きたい事項ではあるのに、しかし、面接に応募した人たちの多くは、なかなか聞きづらいのも事実です。なので、一歩踏み込む勇気があれば「勇気のある人だな」と自己アピールになるのです。