退職|政治による影響がでつつある転職事情ですが、内閣総理大臣である安倍総理が舵取りを行う現政権下では・・

政治により状況が変化しつつある転職を取り囲む状況につい…

近年の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。内閣総理大臣である安倍総理が主導する現政権によって、アベノミクス「三本の矢」といった新たに多くの経済政策が盛り込まれています。内閣が打ち出した経済政策に連れ立って金融政策とも、たがいに作用しあって財界や企業間では次の世代の社会的な変化が増加しつつあります。そういった変化を受けたことで、民間企業のあいだでも若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「人員不足」が根深い問題となっています。また最近では、「外国人労働者」の割合を高めていく前提と現内閣は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、国内の転職問題についても幅が広がりそうです。こうした社会情勢の変化のなかで、日本国内の雇用や転職事情にも、大きく変わっていくのは確実といえます。

私が求職中のころかなり何社かの人材紹介会社に登録していのだ…

私はかつて何個かの人材紹介会社に登録していたのですが、その際に特に思ったのは転職アドバイザーの質においても本当に多様で大抵は物足りないと感じる方ばっかりでした。こちら側は人生がかかっているのにもっと真摯に向き合ってほしいという願いがこみあげてきてしまいました。その事がきっかけとなって自分自身がキャリアカウンセラーを目指すことになりました。キャリアカウンセラーの資格を取るためには経済的な負担にもなりました。それに加えて資格取得のための勉強においてもかなり大変ではありますが、お仕事を探している人からあなたが担当者でよかったと言ってもらえるキャリアカウンセラーになるべく努力しています。

転職活動を行う際の最後にクリアしなければいけない問題とし…

転職活動を行う上での最後に残る難関として、現在の会社の退職があげられます。転職先の企業を決めたとしても、今いる会社があなたを手放したくないとして引き留めしてくる可能性があります。仮にそうなったとしても、絶対に退職をあきらめない、という強固な意思を持つことが大切です。たとえ会社に残るように説得されて、一時的に収まったとしても、一時辞めたいと思った会社には、結局は長居はできないはずです。会社の規定をチェックし、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届を書いておきましょう。そのあとに、決定権のある上司と談判し、退職を考え直す可能性はありませんと、堂々と伝えましょう。円満退職をすること、これも転職活動を成功させるためには必須です。

転職のための面接では、よく思い違いがあるのですが露骨なま…

転職候補となる採用面接では、勘違いしている人が多いのですが採用を勝ち取りたいあまりあからさまな猫かぶりをすることです。するとそれがそのまま悪い結果を招くおそれがあります。そんな事態を避けるためにはその場を繕うのではなく面接時は、「給与」など、多くの人がかなり聞きづらいことも思い切って尋ねておくと、絶対に自分のためになります。実際には「そんな無遠慮なそういった内容を無神経に尋ねたら、最終的に響くのではないか」と不安が募るかもしれませんが、ところが、意外とプラスに作用することは最終的には少なくないようです。これらの実は面接時に多くの人が知りたいと思っています。とはいえ、多数の人が気を遣い普通は質問できません。なので、あなたが一歩踏み込む勇気があれば「正直な人だな」ということで格好の自己アピールとなるのです。

転職にあたって然るべき準備は不可欠です。

転職にあたって相応の準備が必要です。準備といってもたくさんあるのですが、特に目に映る「ファッション」は、気になりますよね。でも、ここ数年の、企業面接については形式ばらない服装が多い企業があるので、ビジネススーツ(正装)で面接に行く必要がない場合もあります。会社の設立してすぐの歴史のない企業ほど、お堅いルールもないことが多く、私服で面接をした方が、良い印象を持ってもらえます。そして、正装ではないので、堅いイメージを与えないのでフランクに会話がしやすくなります。さらに私服であれば、面接のなかで、洋服について、盛り上がる可能性もあります。ですから、担当者に気に入らえるチャンスを作れます。というワケで、今から転職活動をするつもりなら、企業の「創立した年」で選択し、(ベンチャー系企業相手の)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。

転職活動を行う際に、今の会社を退社してからと考える人もいるでしょうが、…

新しい職を探すのに、まずは今の会社を辞職した後でと考える人もいるでしょうが、そのような場合には次のボーナスがいつ入るのかを事前に確認しておくのが無難です。社員にボーナスを出す企業はいっぱいあるわけですが、ボーナスもらえる場合は、ボーナスが手に入る日まで数か月しかないのなら、支給日が過ぎるのを待って辞職するという考えも賢い方法です。ボーナスは結構たくさんもらえると思うので、絶対もらったほうが良いと言えるでしょうから、この職場を辞めようと思ったらボーナスが入る日を確実に把握しておくと賢明なやり方です。

転職活動において、とても要となるのが「面接」なのは間違いありません。

転職時、かなり重視されるのが間違いなく「面接」である。一般的な面接では応募者に対し、転職をする理由などいろいろと聞かれることになりますが、そして、面接官の質問攻めが終わったら次は、転職希望者から、面接担当の人へ不安・疑問に感じることを質問できるチャンスがやってきます。面接担当のスタッフから「なにか弊社についての疑問に思うことはありませんか?」と。と聞かれた際に気持ちの準備もできていないし、慌ててしまうかもしれません。後々後悔しないように前もって面接担当者からの質問を想定し、質問の内容をいくつか考えておくことをお勧めします。実際に働く前の段階で、いくつかの疑問点は見つかると思います。ぜひ、試してみてください。

良い転職先を見つけるためには、事前の情報を収集することが必須です。

後悔しない転職するとを目指すのなら、事前の徹底した情報を集めることが不可欠です。ですから現在はいくら中小企業の意地でかホームページで会社のことをわかるというのがよくあるので、ネットの機能を使って自分が知りたい情報をチェックしておくとまたその会社のわからない点を解消しておくと転職に役立つはずです。また、公式ホームページ以外にも、転職サイトなどを上手く利用することも意外な発見があるはずです。実際に何より転職を考えている希望の職場を自身の目で判断するのも大事です。

昔から”石の上にも3年”という諺もありますが、現在…

昔から”石の上にも3年”という格言があります。現在の社会では「終身雇用制度」は衰退してきています。「転職」を経験するのが決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。しかし、「仕事を変えること」身近な存在になったからといっても、安易に仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。実際に転職を検討する際は、時期を捉える必要があります。まず、現在の職場・仕事について具体的に、嫌だと感じいているポイントを、5~10個ほど、書き出してみてください。こうした作業をしておくことによって、再就職に役立ちます。そして、将来の進むべき道が見えてきたら、素早く、今より良い仕事を手に入れるべく頑張っていきましょう。

再就職する時に絶対に用意する必要がある履歴書に関して・・

転職をしようとする際に用意する必要がある履歴書や職務経歴書などについてですが、大方は自筆ではなく、パソコンを活用して作成するのが基本です。今の日本社会では履歴書や職務経歴書はパソコンを用いずペンを使って作成するというのが常識と捉えられていることも多々あるようですが、それは新卒の人たちに関する就職活動やアルバイトやパートの際に用意する履歴書であって、実際のところ、転職については履歴書や職務経歴書は必ずしも手書きでないといけないとまでは断言できません。自筆を高く評価する企業もありますけど、違う会社がずっと増えてきているようなので、パソコンで作成した履歴書や職務経歴書でも良いとする企業はいくつもあるのです。

一昔前の求人情報に募集要項の中に「性別」が、記載されているのが普通でした。

何年か前までは求人情報では、雇用主の希望する「性別」が記載されていました。ところが現在では、「男女雇用機会均等法」が成立したことによって、男女差別が雇用の際にあってはならないルールができて、応募資格の中身に「性別」を明記できなくなりました。ですが、募集を出す側としては、男性・女性どちらでも平等に雇用するとは限りません。そんなわけで、実は男手を希望の案件に募集に女性がやってきたり、女性が必要なのに男性がエントリーしてきたり、といった問題も無関係ではありません。例として、「女性が活躍する職場です」といった内容の案件は、求めているのは女性だと認識しておく良いでしょう。

退職|派遣先が決まりました。最初の勤務日に派遣会社で営業を担当している方と…

派遣先の会社が決まりました。就業の初日に派遣会社の営業の担当者と派遣先の会社に近いコンビニで合流することになっていたのですが、彼がどうしたことか約束したお店の前にいないから店内にいるのかもしれないと思ってコンビニの中に入ってみたら営業担当者は雑誌コーナー前の通路に座り込んでアダルト雑誌のグラビアページを開けて見ているところを発見しました。自分の担当者がここまで酷いのはやってられないだと思って、その場で声をかけずに気付かれないように店内から出て即座に派遣会社へ辞退の連絡をしました。

退職|私は20代で転職を2回経験し、いまは資格取得のため…

20代前半の時点で転職を2回し、そして現在、資格取得の勉強をしながら、「派遣社員」として働いています。フルタイムの勤務とは異なるため、やはり手取りは安いのですが、ですが、心と時間に大きな余裕が生まれ、満足しています。思い返すと、学生のときにいくつか資格を取得し、仕事すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。また、実際にそのような人を見てしまうと非常に羨ましいと思ってしまいます。昔は、自分に自身が持てず、気にしてしまい、気分が落ち込むことが多かったのですが、しかし現在では、結婚をキッカケに私の生活環境が大きく変わり、以前よりもそのなかで将来の進路も定まったので自ずと生活が充実するようになりました。

転職のための採用面接では、小規模業者クラスの場合おおよそ「人事」が面接官ですが、…

再就職をする時に受ける面接では、中堅企業であれば「人事」が面接官となりますが、例外もあるはずです。例を挙げるとしたら、今後職場でかかわりの深くなる作業部署の責任者、つまり課長・部長などの役職の人が当たることになるでしょう。その中でも営業や事務といったカテゴリでは、資格を介した見極めが難しいので、結局のところ自分自身をアピールしていくことがとても必要であり大事なことです。面接官から「この男、なかなか言うし、戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことが大事です。

転職活動を今の仕事と同時進行させる人が多いです。

転職活動と現在の仕事の同時進行を行う人が多いです。けれども、働きながら求人を見つけて応募したり、面接を受けるのは精神的だけでなく肉体的にも大変です。また、転職活動時は、今の職場の同僚や上司に隠さなければいけません。先のことを考えずに応募するという行動をとる人もいますが、仮に、そのまま書類選考が通り、面接に呼ばれたあとに「辞退」を選択したとしたら、面倒な事になるかもしれません。転職エージェントを利用して応募していた場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、他方自分で直接応募した場合も応募した会社からの電話やメールでの勧誘がしつこくやってくることもあります。どちらにせよ自分の貴重な時間をドブに捨てることになりかねないので、行く気のないとりあえずの応募は避けましょう。転職活動は、新卒の就活とは全く違う、と認識しなければいけません。

転職先を選ぶのに、言うまでもなくやりがいのある仕事をすることも重要だけ…

転職先を決める際、もちろんやりがいのある仕事をすることも大事だけど加えて手取りのアップも大切なので「年収サイト」というサイトに登録して前もって調べています。全く同じ会社で全く同じ職種、社歴であるのにずいぶん人によって違いがある場合も少なくなく、ぶっちゃけて言えば面接の時質問したことがあります。面接をした人も一緒のサイトをよく見ていたようで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた者についてある程度は察しがついてるのですが、多分格好をつけてるんですよ。低い方で心づもりしといてください」とのことでした。