退職|日本には「石の上にも三年」というコトワザがあります…

退職|日本には昔から「石の上にも三年」という人生において役に立つ教えがあります。

  • 古来より”石の上にも3年”という教えがあります。昨今、定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」はとても身近なものになってきました。けれども、「仕事を変えること」が珍しくなくなってきたとはいえ、やたらと職を変えようとするのはキケンです。実際に転職を検討する際は、時期を的確に捉える必要があります。最初に、現在の職場・自分の置かれている立場などについて、何が不服なのか、何が不適なのかを少なくとも5、できれば10個ほど、書き出してみてください。こうすることによって、将来の再就職に役立ちます。そして、未来の展望が拓けたのなら、できるだけ早急によりキャリアアップできるように、進めることが大切です。
  • 再就職しようとする場合絶対に書かないといけない履歴書は・・

  • 再就職しようとする際に必ず必要となってくる履歴書や職務経歴書においてですが、たいていはパソコンを活用して作成するのが基本です。我が国においては履歴書や職務経歴書はパソコンを使わず手書きで準備するのが当然だと思われることも多いですが、それは新卒に関する就活やアルバイトやパートに関してであって、実際のところ、転職においては履歴書は絶対にパソコンを使ってはいけないとはっきりとは言えません。手書きを高く評価する時もあるようですが、そうではない時がだんだん増えてきているようなので、パソコンを使って作成した履歴書でもOKな企業は意外にもたくさんあるのです。
  • 以前の求人誌には、募集条件の中に「性別」が、明記されていました。

  • 以前は求人情報には、雇用主が必要とする人材の「性別」まで当然のように書かれていました。しかしながら今現在では、「男女雇用機会均等法」が成立した影響もあり、男女の求人や、採用での差別をあってはいけない事となり、応募条件のなかに男女の文字を見ることはなくなりました。そういった変化があるものの、募集側は、男女どちらでも良い、とは本音では思っていません。そのため、本当は男性を希望の会社に募集に女性がやってきたり、その反対に女性が必要な案件なのに、男性が来てしまったり、といったトラブルもひとごとではないのです。例えば、「女性が活躍する職場です」と紹介されている求人募集の場合は、雇用主が働き手は女性を必要としている、と考えたほうが確実です。
  • 派遣でのお仕事が決定しました。

  • 派遣での仕事が決まりました。勤務1日目に営業の担当者と派遣先に近いコンビニエンスストアで合流すると約束をしていたのですが、なぜか約束のお店の前にいないから店内にいるのかもしれないと思い店内に入ったところ、雑誌コーナーにしゃがみ込んでアダルト雑誌のグラビアページを開いて閲覧しているではないですか。こんな人が担当者だなんてやってられないだと感じ、その場で声をかけることなくこっそりとコンビニの外へ出て直ちに派遣会社に辞退すると連絡をしました。
  • 退職|これまで20代前半の時点で転職を数回し、現在、いくつか資格を取得するた・・

  • 20代前半の時点で転職を2回し、いまは資格を手に入れたいので「派遣社員」として働いています。常勤の勤務を選択しなかったので給料は以前よりも少ないです。前よりも心と時間に余裕ができました。たまに、学生時に資格を取得し、仕事できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。やはり、実際、そのような人を見るとうらやましいなと感じたりもします。前の私は、自分と他人を比べてしまい、劣等感を感じる日もありました。しかし今では、結婚してから、過去と比べ生活環境が大きく変わり、前よりもそのなかで将来の進む道も定まったので充実して毎日を過ごせるようになりました。
  • 退職|再就職のための採用面接では、小規模業者クラスの場合概ね「人事」が面接担当ですが、…

  • 再就職の際に行われる面接というのは、規模の小さい企業クラスの場合概ね「人事」が面接担当ですが、場合によっては違うこともあるようです。例を挙げるとしたら、今後職場でかかわりの深くなる部署の責任者、言い換えれば管理職である課長や部長が面接場にいあわせることも決して少なくありません。また事務・営業に転職する際は、資格などで具体的なイメージはありませんので、なんといっても自身を売り込んでいくようにするべきです。担当者から「この男はハッキリ自己主張できるし、それに戦力になりそうだ」と思わせ、記憶に残すことがとても大事です。
  • 転職活動を今の仕事と並行している人が多いです。

  • 転職活動と今の仕事の同時進行を行う人が多いです。とはいっても、仕事を続けつつ求人情報を調べながら応募したり、面接に挑む、というのは大変だといえるでしょう。転職活動中は、現在の会社の同僚や上司にその動きを悟られないようにする必要があります。そんな状況下で、「とりあえず応募しておこう」という人がいますが、書類選考が通ってしまい、いざ面接というときに辞退すると今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを通している場合はエージェントに悪いイメージを持たれてしまいますし、そうではなく自分で直接応募した場合も相手企業から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。いずれにせよ自分の大事な時間を浪費することになりかねないので、行くつもりのない企業は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は新卒の就活とは全く別物であると理解しておくべきです。
  • 退職|転職にあたっては、当然やりがいのある仕事か考えるとも大事だけ…

  • 転職ならば、むろんやりがいを考慮することも重要だけど加えて年収のアップも重要なポイントになりますから「年収サイト」というサイトに登録して前もって研究しています。同じ会社でそして全く一緒の職種、経歴であるのに人によってずいぶんと違いがあることも多数あって、正直に言うと面接時に質問したことがあります。面接官も一緒のサイトを見たことがあるようで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた方も誰であるのかだいたい見通しはついているんですけどね、おろらく格好をつけているのでしょう。低い方の収入だと覚悟しておいてください」とのことでした。
  • 現在では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得や個人経営 を目指す人も増えています。

  • 昨今では、株や不動産投資等の不労所得、または独立、起業等、そのような変化もあり、「自営業は安定しない」といったこれまでの考えも変わってきています。高度経済成長を遂げている最中には、不安の残る自営業といった稼ぎ方よりも会社勤めの方が手堅いとされていました。そのため人が生きていくうえでもっとも正しい道としてまたそれが至極当然のことのように、一般常識化していました。しかし、そういった成長期は過ぎ去り、現代では「成熟期」という風にも言い表されています。コンピューターの進化とともに、近い将来では自動化・機械化が顕著になり、仕事においても人が不要な社会になる、といいます。
  • 退職|新卒として入った会社を辞めて、転職することになりました。

  • 新卒採用で入社した会社に別れを告げ、一歩踏み出して転職をしました。実際に転職する前は、長い間転職できるか不安になりました。新卒採用で入社した会社を退職し、中途採用で働いている人ばかりであると自身の転職を通じて理解し、自然と不安が消えて、安心しました。なにより1度、転職をするとなにか考えも前向きになって、自分のしたい仕事を見つけることが前向きに過ごせるようになりました。なかには「仕事をコロコロ変えるなんてとんでもない」といったような転職に否定的な考えがあるのは理解していますが、必ずしも正しいとは限らないと思いました。私の場合、転職を経験して良かったと思います。
  • 初めて失業保険を受ける際に、給付されるのを待っているだけでいいと思っている・・

  • 生まれて初めて失業保険をもらうケースでは、じっとしていれば受け取れると思っている人がかなり多いですが、それは誤解です。本当は、もらい続けるためには、求職活動を行っていなければならず、その上、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月間隔でハローワーク職員との面談を通じて、真剣に就職活動をしていることをわかってもらえれば翌月の給付を受け取ることができるというシステムです。一方、真剣に就職活動をしていないと思われたり、月に一度のスタッフとの面談に顔を出さない場合は、決まりとして給付の一時停止となったり、ケースによってはそれ以降の給付資格も失効するおそれがあるのでそうならないよう注意が必要です。
  • 数ヶ月ほどまえに、転職したばかりだというのに、早・・

  • 少し前に転職したばかりというのに、あっという間に退職届を提出する人がずいぶん多いものです。たぶん気持ちも新たに、自分自身に合った仕事を見つけたものの、「自分の想像していた仕事とかけ離れていた」「独自のルールに慣れなかった」といった感じで去っていくみたいです。このような、転職先選びでの失敗を避けるためにはやはり、事前の情報収集を徹底しなくてはなりません。徹底して行うべきなのです。職場内の環境、具体的な業務内容、通勤に掛かる時間、などいろいろ事前にチェックしておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。
  • 今年中に転職される人で次の仕事を始めるまでに時間があるのなら、…

  • 近いうちに転職活動を考えている人で次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合は、可能ならば「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。勤めている所属する会社が「雇用保険」を払っていた場合は、申請をすれば必ず誰でも失業手当を手にできます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。もしも自己都合での退職なら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、場合よっては企業の都合での退職、あるいは残業時間次第ではただちに受け取れることもあります。なお、もらえる「失業手当」の金額については、最後となる月の直近の給料を基準に支給する額を算出されるので、勤めている会社に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、繁忙期の後に辞めたほうがいいです。
  • 新たな仕事で今までの実力を活かすことができれば、即戦力として認められ・・

  • 転職した会社で今までに培ってきたスキル・キャリア生かすことができたら即戦力として認識され、割と早く職場で存在感を得られるでしょう。いい人を求人している雇用先もスキルを持つ人材は常に欲しがるので、時期さえうまくいけば、そこまで難しいものではありません。しかも、今までの仕事内容と似た内容であれば転職自体はすんなりいくはずです。しかし、なかなかの実力があるといっても大手企業の事務職系や公務員系は時代・景気に関係なく中々の難関を突破する必要があります。
  • 転職活動を行うときには「履歴書」「職務経歴書」を用意しなくてはいけません。

  • 転職活動の際には履歴書と職務経歴書が必要不可欠だとされています。多くの企業は履歴書及び職務経歴書に書かれている内容を元に面接するかどうかを決めるため、まず第一にこの2枚の書類が大事なアイテムです。ただ記入しさえすればいいというわけではなく、記載内容が魅力的であることも重要です。職務経歴書は、過去の職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り書いておきましょう。また、現職の社内で挙げた実績を、売上を過去○年の平均を△パーセントアップさせた、など分かるように書いておきましょう。作成の仕方がもうひとつわからない場合は、「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、よりよい内容にしてみましょう。ブランディングのためにうまく活用することもよい転職をするための有効な手段です。
  • 大手の就職エージェントに限って、様々な案件を扱ってい・・

  • 就職エージェントの大手に限って、いろんな案件があるというメリットがあるといえますが、その反面、転職を希望する競合者も多くいる可能性が高いです。そのためあなたが、気になる案件を探し出したとしても、担当スタッフが「転職が難しい」と判断すれば応募してもらえないこともよくありますし、企業から見てあなたよりも評価の高い人がいると、そのライバルを優先して送り込む傾向があります。要するに大規模な転職エージェントの運営元は、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱っており非常に難しいので、考えを変更して中小クラスのエージェントに対し、応募したい会社や案件を伝え、応募できませんか?と問い合わせてみると自分のために働きかけてくれることもあるので、そうした活用方法もあります。