退職|昔から”石の上にも3年”という諺がありますが、現在の社会で・・

退職|昔から日本には「石の上にも三年」という人生において役に立つ教えがあります。

  • ”石の上にも3年”という格言があります。現在の社会では「終身雇用制度」は過去のものとなってきています。「転職」は当たり前になりつつあります。でも、誰もが簡単に転職できるやたらと仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。実際に再就職したいなら、適したを図る必要があります。はじめに、今現在の職場、全般的に、例えば仕事内容や待遇面について不満に思っている点を10個前後、紙とペンを使い、リストにしてみましょう。そうしておくと、将来の転職活動に役立ちます。そしてあなたが、いつか決断した時には素早く、今より良い仕事を手に入れるべくトライしてみましょう。

  • 退職|転職の際に書く必要がある履歴書や職務経歴書などに関しては…

  • 再就職の際に用意する必要がある履歴書についてですが、大方、自筆ではなく、パソコンを使って作るのが普通です。日本の社会では履歴書はパソコンを使わず自筆で準備するのが常識だと考えられている面も多々ありますが、それは新卒時の就職活動やアルバイトについてであって、実は、転職においては履歴書は必ず手書きでないといけないとまでは言えません。自筆を高く買う企業もありますけど、そうじゃないケースが徐々に多くなってきているので、自筆の履歴書や職務経歴書でなくても大丈夫な会社は意外にもいくつもあるのです。

  • 前の求人情報に募集要項の中に「性別」について、きちんと書かれていました。

  • 以前は求人誌には、雇用主が求める人材の「性別」まで書かれていました。けれども「男女雇用機会均等法」の影響によって、採用時、男女の差別をあってはいけないルールが決まり、求人情報の詳細に「性別」が記載されなくなりました。そういった時代になったのですが、求人側は、実際はどちらが希望と言う想いがあるはずです。ですので、実際は男手を希望の企業に女性の採用希望者がやってきたり、女性が必要なのに男性がエントリーしてきたり、といったトラブルもひとごとではないのです。例として、「女性が活躍できる職場です」とアピールする案件では、会社側が「女性」を必要としている、と認識しておく確実です。

  • 派遣でのお仕事が決まりました。

  • 派遣でのお仕事が決まりました。最初の出勤日に派遣会社の営業担当の方と就業先の会社近くのコンビニエンスストアで待ち合わせたところ、営業担当者がなぜかコンビニの前にいなかったので店の中にいるのかもしれないと思って店の中に入っていくと、彼はこともあろうに雑誌のコーナーで座り込んで卑猥なグラビアページを開けて見ているところを発見しました。こんな担当の方の仕事なんてとてもじゃないけどできないことだと感じて、そこで声をかけずコンビニの外へ出てすぐに派遣会社に辞退の連絡を入れました。

  • 退職|これまで20代前半の時点で転職を数回し、いまは資格を取るべ・・

  • これまで20代前半までに転職を数回で、現在、資格の勉強をしながら、「派遣社員」を選択しています。フルタイム勤務でないため、給料が以前よりも少なくなりました。ですが、心と時間的な余裕ができました。学生のときにいくつか資格を取得し、就職すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。また、実際に、そういった人を見る度、私もこうなりたかったと感じます。これまで、自分よりも上手くいっている人と比べ、気分が落ち込むことが多かったのですが、今は結婚し、私の生活環境が大きく変わり、前よりもその中で仕事や将来の夢も定まったので、まいにち充実しています。

  • 転職の際の面接は、小企業だったら大体が人事担当者です…

  • 転職時の採用面接では、中堅企業だったらおおよそは、その社内の「人事」担当者が面接官ですが、それ以外の場合もあります。実際、今後仕事を一緒にしていく管理職、という具合に中間管理職である部長や課長が面接を担当する可能性も考えられます。その中でも営業職や事務職などのジャンルでは、資格での見極めが難しいですから、自主的に自分という人物をアピールすることが必要であります。面接官の誰からも「この男は、堂々と自己発言してるし、戦力になりそうだ」と思わせ、覚えていてもらうことがとても大事です。

  • 転職活動を現職と同時に行っている人は少なくありません。

  • 転職活動と現在の仕事の同時進行を行う人が多いです。でも、忙しく仕事を行いながら求人情報を求めて奔走したり、面接に臨む、というのは負担がかかるといえるでしょう。転職活動を行っている間は、今の職場の同僚や上司にもバレないようにやり過ごさなければいけません。とりあえず応募する、という人がいますが、もしも、そうした場合に書類選考が通り面接が決定した後で辞退すれば厄介な事態となるかもしれません。エージェントを利用していた場合は、エージェントに悪いイメージを与えてしまいますし、自身で直接、応募した場合も相手の会社から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。いずれにしても自分の大切な時間を浪費することになりかねないので、行くつもりのない企業は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は、新卒の就活とは全く違う、と理解しておく必要があります。

  • 退職|転職にあたっては、むろん仕事におけるやりがいアップと一緒・・

  • 転職先を決めるとき、むろんやりがいのある仕事か考えるとも大事だけどそれにとどまらず収入のアップも重要なことなので「年収サイト」というところに登録して前もって研究しています。同じ会社で加えて同じ職種、経歴であるのに人によってずいぶんと幅がある場合も多くあり、ぶっちゃけて言えば面接の際質問したことがあります。面接をした人も一緒のサイトを見ていたようで「その高い年収で書いてるのは、書いた者について誰かある程度察しがついているのですけどね、多分良いように見せようとしてるんですよ。低い方の年収で心づもりしといてください」とのことでした。

  • 退職|今では、株・不動産投資をはじめとした不労所得で生活費を稼いだり・・

  • ここ最近は、株や不動産投資等の不労所得を得たり、独立といった生き方も増えています。そのような世の中の変化もあり、「起業することは怖い」といった考えも変わってきています。高度経済成長時代においては、先行きがみえない株式投資や個人事業よりも会社勤めの方がずっと安定性にすぐれ、人のあるべき形として、またそれが当たり前であるかのように、一般の人々に認知されてはいました。そういった成長期は終わり、今は、「成熟期」などと表現されています。将来的にはコンピューターの進化につれて、機械化や自動化が加速し、多くの仕事で人の手を必要としなくなる社会になる、とも言われています。

  • 新卒で入社した会社を退職し、悩みましたが、転職すると決めました。

  • 新卒採用で入社しましたが、心を改めて転職を決意しました。退職したときは、とても転職できるか不安になりました。ですが、新卒で入った会社を数年で辞めて、大半の人が中途採用で働いていることを自身の転職を通じて理解し、無意識のうちに悩みは消えていきました。1回転職したことで自然と肩の荷が下りたかのような気分になり、「自分のやりたいこと」を探すのが毎日が楽しくなりました。いまだに「一通り経験してから」という意見も根強くありますが、それが必ず正しいとは限らないと思いました。私のケースでは転職をやって良かったと思っています。

  • 初めて「失業保険」を受けるとき、「何もしなくても自動的にもらい続けられる」と考える人…

  • 生涯初の失業保険の給付を受ける場合、何もしなくても給付されると思っている人がたいへん多いですが、それは正しくありません。現実には、受け取るためには、条件として求職活動を行っていることが必要で、その上で、月に一度はハローワークに行く必要があります。毎月職員と就職活動の状況やきちんと活動をしているかを勘案して、きちんと就職活動をしていることをわかってもらえれば翌月、保険が下りる仕組みになっています。その反対に、真面目に就職活動をしていないと思われたり、月に一度のスタッフとの面談に顔を出さない場合は、当然問答無用で給付が一時停止となったり、ケースによっては以降の給与資格をなくしかねないので、気をつけてください。

  • ついこの間、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、…

  • 2,3ヶ月まえに、転職したというのに、すぐに退職を決断する人が意外と多いといいます。何故かと思うとリフレッシュな気持ちで自分に合った仕事環境に飛び込んだものの、「自分自身の理想としていたものとギャップがあって幻滅した」「職場の雰囲気にどうしても馴染めない」といったことで退職してしまうみたいです。可能ならばこのような失敗を未然に防ぐためには、初歩として、転職先の情報収集を徹底しなくてはなりません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、具体的な業務内容、業務におけるルール、など事前に調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

  • 近いうちに転職される人で次の仕事をする前に期間があるのな…

  • 転職活動を考えている人で、次の仕事をはじめるまでに期間がある場合は、「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。失業手当は今働いている会社側がきちんと「雇用保険」を払ってくれている場合は、申請をすれば必ず誰でも失業手当を手にできます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、勤めている会社都合の退職、または残業時間次第で日数をおかずすぐに貰える可能性もあります。さらに支給される「失業手当」の金額は、辞めた月の近々の給料を基に失業手当の金額を割り出されるので「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、理想的なのは「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

  • 退職|新たな勤め先であなたの過去のスキル・キャリア生かせれ・・

  • 新しい環境下で自身の過去の能力を活かせられれば、即戦力として高く評価されて、割と早く職場にも馴染めるようになるでしょう。人を募集している会社側も、即戦力は常に必要なので、企業側が判断しても即戦力となる転職はわけなく採用されるでしょう。更に過去の職場と同じような職種なら転職はとても楽になるでしょう。けれども、なかなかの能力があるといっても一流企業の事務職、公務員の募集などは、時代背景に左右されることなく相当な競争率ですから、覚悟を決めておきましょう。

  • 転職活動では、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠といえます。

  • 転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書が重要になってきます。会社の大多数は履歴書や職務経歴書に書かれている内容で面接するかどうかを決めるため、ともかくこれらの書類の作成が大事です。単に穴を埋めるだけでなく、記載内容を充実させることも考えてみましょう。職務経歴書は、過去の職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り書き出しましょう。さらに、現在の職務で挙げた実績を、たとえば売上を過去○年の平均を△パーセントアップさせた、などわかりやすく書くのが得策です。作成の方仕方がイマイチわからあい場合は、転職エージェントに職務経歴書のチェックをさせたり、良い文章を引き出してもらうなどしてみましょう。自分の価値を高められるように転職エージェントを利用するのも転職を成就するための良い結果を導きやすくなります。

  • 「就職エージェント」の大手になると、豊富な案件を持って…

  • 「就職エージェント」大手には、多数の案件を取り扱っているという魅力があるといえますが、反面、転職希望登録者も大勢います。それゆえに気になる企業を探し出したとしても、担当スタッフが難しいと判断すると応募してもらえないこともありますし、会社から見て自分よりも有能な人がいれば、そのライバルを優先することも考えられます。つまり大規模なエージェントは、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱っておりなかなか難しいので、発想を変えて中小規模のエージェントたちに対し、応募したい会社や案件について相談し、応募できないか相談してみると、転職希望者のために動いてくれることもあるので、そういった活用の仕方も良いでしょう。