退職|昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。

退職|政治による影響がでつつある転職を取り囲む状況についてです・・

  • 転職を取り囲む状況ですが、政治による変化が出始めています。現在の安倍政権では、「アベノミクス」や三本の矢で新たな経済政策が矢継ぎ早に展開されています。内閣が打ち出した経済政策が日銀の金融政策との相乗効果によって、財界・民間企業間でも次の世代の変化が生じ始めています。その変化を受け、民間企業では、労働人口の減少による人手不足が深刻な社会問題になっています。ちなみに外国人労働者を増加させ人材確保に務めていくつもりでいると現内閣は語っています。雇用や転職問題についてもかなり幅が広がりそうです。このような社会的変化によって日本国内の雇用や転職状況にも、変わっていくのは間違いないでしょう。

  • 仕事を探していた時期にずいぶん多くの人材紹介会社に登録していました。

  • 勤め口を探していたころ割と多くの人材紹介会社に登録していました。その時に感じたこと、それは転職のアドバイザーのレベルも様々で大体は物足りなく感じる担当者ばかりでした。こっちは人生の大事な事なのにもっと思い入れを込めて向かい合ってほしいという願いがいっぱいになって、それが引き金となって自分自身がキャリアカウンセラーを目指すことになりました。キャリアカウンセラーとして働くための資格取得のためにはお金がかかりました。また勉強の面もハードなわけですが、求職中の方から担当者があなたで良かったと言ってもらえる人間になるべく努力しています。

  • 転職活動における最後に残る難関として、現在勤めている会社の退職があります。

  • 転職活動をする上での最後の難関として、現在の会社の退職があります。転職先の会社から採用の内定をゲットしたとしても、今いる企業があなたを手放したくないとして引き留めるというのもありがちなケースです。そのようなケースでは、どうあっても退職する、という強い信念を保つことが重要です。会社に残るように説得されて、一時的に残ったとしても、一度辞めたいと思った会社は、近い内に辞めることになるでしょう。会社の規定を良く調べ、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届を書いておきます。そうして、決定権を持っている上司と直接話をし、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」とハッキリと伝えましょう。円満退職をすること、これも一つの転職活動です。

  • 転職を成功させるための採用面接での、勘違いしている人が多いので・・

  • 転職活動中の会社の面接に関して、勘違いしている人が多いのですが良い印象を与えたいと過度に猫かぶりしていると、正直なところ採用を逃してしまいます。そんな事態を避けるためにはその場を繕うのではなく面接時は、「残業」などの、普通であればかなり質問しづらいことを勇気を出し尋ねておくと、結果的に絶対に自身のためにもなります。実際には「そんな無神経なずけずけと質問をすると、面接結果に落とされてしまうのでは?」と懸念するかもしれません。けれども、意外とプラスの結果になることは最終的には少なくないようです。これらの「お金」や「労働環境」に関する疑問点は、多くの人が気になっています。とはいえ、面接の場では不採用を恐れて質問できないのが普通です。なので、逆手に取って、「こいつは他と違う」ということで面接官に印象づけられるのです。

  • 退職|転職にあたって準備はやらなくてはいけません。

  • 転職活動をスムーズに行いたい場合、準備はしなければなりません。一言で準備といってもたくさんありますが、その中でも目に見えるファッションは気にしている人は多いはずです。ですが、現在の面接では、形式ばらない服装がOKな企業があるので、スーツを着て行く必要がない場合もあります。会社の創設して間もない会社などは、お堅い規則もないことが多く、私服で面接をした方が、良いイメージを持ってもらえます。加えて、フランクに話をしやすい、というメリットもあります。また、私服を見せるたことで面接中、洋服の事で話題が広がることがありますから、うまくいけば担当者と仲良くなれる期待ができます。ということから、転職をするつもりなら、企業の「設立した年」で選択し、(ベンチャー系企業相手の)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負してみるのもアリかもしれません。

  • 職を変える際に、今の会社を辞めてからという考え方もありますが…

  • 転職活動をスタートするときに、まず勤務先の会社の退社手続きをしてからと考える人もいるでしょうが、完全に今の仕事を辞めてから転職しようとするときには会社がいつボーナスを出すかを事前に確認しておくのが無難です。ボーナスのある会社はそこら中にありますが、社員にボーナスが支給される場合には、ボーナスをゲットできる日までもう少し待てば来るのであれば、ボーナスが振り込まれたのを確認してから退職届を提出するという方法も賢い方法です。ボーナスだとそこそこ多くもらえるはずなので、もらっておかないともったいないとも考えることもできるでしょうから、転職しようと思ったらボーナスが入る日を確認するのを忘れないようにするのがスマートなやり方です。

  • 退職|転職時にとても重要なのが間違いなく「面接」になります。

  • 再就職をするときにかなり重要視されるのが「面接」である。一般的な面接では面接官が応募者に対して、転職を決意した経緯や仕事の意気込みなどまずは、こちらが質問される側となります。そして、面接の終盤になると、転職希望者から、面接担当者へ不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがあります。面接担当のスタッフから「何か我が社についての疑問に思うことはありませんか?」と言ってくれるわけです。と尋ねられた際に緊張のあまり、何も聞けないこともあるかもしれません。そうならないためにも、面接の前に面接担当者からの問いに際し、答えを考えておくのがベストです。冷静になればいくつかの疑問点は見つかると思います。ぜひ、やってみてください。

  • 退職|転職することを成功させるためには、前に行動しなくてはいけません。

  • 転職することをスムーズなものにするには、前もって情報収集をしておきましょう。そうするには最近は名前を聞いたことのない小さな企業にもかかわらず公式サイトで会社のことをわかるケースが当たり前になっているので、ネットで色々と必要事項をチェックしておくとまたその企業について疑問を解消しておくと転職時に助かります。それと公式サイトに加え、「転職サイト」を利用してみるのも有りだと思います。ただし、インターネットだけに頼るだけでは不十分です。何より希望している職場を自分の目で見て判断してみるのも良いと思います。

  • 退職|古来より日本には”石の上にも3年”というコトワザがあります…

  • 古来より「石の上にも三年」という人生において役に立つ教えがあります。大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」は崩壊に向かっています。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、転職というのは当たり前の世の中になってまいりました。けれども、転職と言っても誰でも彼でも、何時でも、何処でも、というようなやたらと仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。実際に転職したいなら、時期を図る必要があります。とりあえず、今現在の職場、自分の置かれている立場などについて、なにが嫌なのか、およそ10個、箇条書きにしてみましょう。そうしておくことで、転職活動がスムーズになるはずです。そして、もし将来の進む道がなんとなく見えてきたのなら、尻込みすることなく、より良い仕事を手に入れるべく進めることも大事です。

  • 転職をしようとする際に絶対に書かなければいけない履歴書などについては…

  • 再就職の際に必ず必要となってくる履歴書においては、大体、パソコンで作成するというのが一般的です。現在の日本では履歴書や職務経歴書についてはパソコンを使ったものではなくペンを使って作成するというのが普通だと考えられていることも多々あるようですが、それは新卒の人たちの就活やアルバイトの時に準備する履歴書であって、転職をする時については絶対にパソコンを使ってはいけないと断言することはできないのです。手書きの履歴書を高く評価するところもあるようですが、そうではない企業が徐々に増加していていますので、パソコンで書かれたものでもOKなケースは意外にも、けっこうあるのです。

  • 退職|今までの求人情報では、募集要項の中に「性別」について…

  • 以前は求人情報に雇用主が必要とする人材の「性別」まで記載されているのがほとんどでした。しかし最近では、男女雇用機会均等法の施行によって、男女差別が雇用の際にあってはならないルールができて、応募条件内に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。そのような変化があったのですが、募集を出す側としては、男性・女性のどちらでも良い、とは心のうちでは考えていません。従って実際は男手を希望のジャンルに女性が応募したり、対称的に、女性が必要なのに、男性が応募してきたり、というようなトラブルに遭遇するケースもちらほら。もし、「女性が活躍できる仕事場です」と記載される案件の場合は、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と読むのが確実でしょう。

  • 派遣会社での仕事が決まりました。

  • 派遣で働く会社が決まりました。就業初日に営業の担当者と就業場所付近のコンビニで落ち合うことになっていたのですが、担当者がなぜか約束の店の前にいないので中にいるのだろうと思いコンビニの中に入ってみると、営業担当者はあろうことか雑誌売り場の前に座り込んでいかがわしいグラビアのページを開いて見ているのを発見!こんな担当の方の仕事なんて我慢できないことだと思って、声もかけずにこっそりとコンビニから出て即座に派遣会社に辞退をする旨の連絡をしました。

  • 私はこれまでに20代で転職を2回経験し、いまは資格をゲットする・・

  • これまで20代前半の時点で転職を数回し、そして現在、資格をゲットするべく「派遣社員」として働いています。フルタイムでの勤務ではないため、どうしても手取りは以前よりも少ないです。ですがその分、心と時間に大きな余裕が出来ています。思い返すと、学生時にもっと資格を取得し、仕事をできる人はとても少ないです。やはり、実際にそのような人を見てしまうと自分もああなりたかったと見えてしまいます。前の私は、今の自分と他人をどうしても比べてしまい、悩んでしまうこともありました。今は結婚してから、過去と比べ生活そのものが大きく変化し、前よりもそのなかで将来の進む道も定まったのでしあわせな生活を送れるようになりました。

  • 転職時の面接では、小規模業者クラスの場合概ね「人事」が面接担当です…

  • 再就職時の面接では、中小企業クラスの場合、大体が人事担当者ですが、それ以外の場合もあるはずです。具体的には、仕事をすることになる部署の責任者、平たく言えば課長・部長などの役職の人が面接の場にいることも珍しくありません。また事務系や営業系の場合は、資格だけでは見極めが難しいですから、自発的に自身をアピールしていくことがとても大事です。面接官から「この人は、きちんと自己アピールできるし、それに戦力になりそうだ」と思わせ、覚えていてもらうことがとても大事です。

  • 転職活動を現在の仕事と並行している人は少なくありません。

  • 転職活動を現職と並行している人は少なくありません。とはいっても、忙しく働きつつ求人を探して、その応募手続きをしたり、面接に臨むのは精神面だけでなく肉体面も苦しいものがあります。今の職場の同僚や上司にその動きを悟られないようにする必要があります。深く考えずに応募する、という人がいますが、もしも、そうした場合に書類選考が通り面接の連絡が来た後で事態すれば面倒な事になるかもしれません。転職エージェントを使って応募していた場合は、エージェントに対して印象が悪くなりますし、そうではなく自身で直接、応募した場合も応募した企業からの電話やメールでの勧誘がしつこくやってくることもあります。いずれにしても自分の貴重な時間をドブに捨てることになりかねないので、行く気のない案件は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は新卒の就活とは全く違うものであると理解しておきましょう。

  • 退職|転職を行うにあたって、当然仕事のやりがいのアップと…

  • 転職をするならば、むろん仕事のやりがいアップと共にそれだけでなく年収が増えることも大事なことなので「年収サイト」に登録をしてあらかじめ研究しています。全く同一の会社でその上全く一緒の職種、経歴なのにすごく人によって幅がある場合も多くあって、ぶっちゃけた話面接で質問したことがあります。面接をした人も一緒のサイトを見ていたようで「高い収入で書いているのは、書いた者も誰なのかある程度は予想できるのですが、多分良いように見せようとしてるんですよ。低い方だと覚悟しておいてください」とのことでした。