退職|最短で転職したい場合は企業とのやりとりというよりどちらかというと「担当面接官」との…

転職活動で重要なことは希望する企業相手というよりもどちらかと言えば面接係員・・

  • 転職活動を成功させたい場合、希望先転職先の会社企業というより、人事や採用担当の面接官との勝負と言ったほうが正しい気がします。面接で満足いく結果を出すために、先ずは緊張せずに冷静に、焦る気持ちににならないように、たとえばお見合いのようなつもりでいる向かうと良いでしょう。とくに面接官に対しては先ず自分の人間性を観てもらうわけですから、マイナスな印象につながる態度は注意しゼッタイにやめましょう。そして常識的な社会人らしい整った服装を意識してください。あなたの個性を表現できるといいでしょう。面接官に良い印象を残せれば、きっと転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。
  • 退職|転職の時の面接などの際にもし担当者に名刺を渡された場・・

  • 再就職の時の面接などの際に名刺を渡された場合、こちらとしても名刺を相手側に渡すべきであるのか?ないのか?と悩んだら、大体の場合は渡さなくても良いと考えておいてください。転職のための面接とは仕事の内ではなくて、職に就くための採用活動の一環なので、大体は名刺を交換する時間とは違います。それに加えて、あなたは会社の人間としてではなく、あなたのことでそこにいるわけです。そういった訳で、相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらの方はもらうだけで問題なくて、相手に渡す責任は少しもないと言えるのです。
  • 退職|転社を繰り返さないためには、少しコツがいります。

  • 転社を繰り返す日々を止めるための対策は、シンプルです。スキルアップもそうですが、メンタル面で成長できれば、転職を繰り返しません。今現在は、ネットがあるので精神面を強くするヒントは誰でも知ることができます。さらには、転職とは全然違う行動でも、メンタル面を鍛えることが可能です。たとえば「外国に行くこと」です。海外旅行に行くと、文化、言語、生活様式など、違うことばかりなので、大きな刺激を常に得られます。なので、精神的成長を果たしたい人にはピッタリの修行といえます。日本に帰ってくると、己の視野の狭さを実感し、こんなにも世間は狭かったのだということを実感することができます。その気持ちのまま転職先を探し直ぐに面接に行くと、これまでの面接とは違い自信に満ち溢れた態度を示すことができます。でも、退職後しばらくの間は精神的に弱っていることが多いので、休業期間も必要です。
  • 退職|自分自身の趣味に通じることや好きなことを仕事にしたい…

  • 趣味に通じることや大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている方は気をつけた方が良いです。これは、私が実際に体験したことなるのですが、私は、もともと食べることが好きでそれが理由で、過去には、飲食業界(レストラン)で働いていました。そのお店での業務内容は、そのお店で担当していた業務内容は、シンプルな盛り付けやホール業務です。この業務内容については、嫌なこともなく楽しみながら仕事ができていました。けれども、職場の人間関係ですごく嫌になってしまったのです。ということが引き金になって、退職しましたが、同時に、大好きだった食べること、そしてその店で提供していた食べ物さえも嫌いになってしまい、その系列の飲食店は現在も行けません。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。仕事を始めた頃は、好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。自分自身の好きな分野の仕事に就きたいと願うのはステキだと思います。ですが、「好き」は、どのくらいすごいのか、真面目に自分と向き合う必要があります。
  • 退職|政治により状況が変化しつつある転職を取り囲む状況について・・

  • 政治により状況が変化しつつある転職を取り囲む状況について、現在の安倍内閣によって、アベノミクス「三本の矢」といった新たな経済政策が複数、展開されています。経済政策ともに金融政策ともあいまって財界・企業間でも新しい変化が増えつつあります。それもあって企業伸長とともに今度は若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる人手不足が社会的な問題として取り上げられています。ちなみに、「外国人労働者」の総数を今よりも増やしていく、と安倍政権は宣言しています。転職問題も大きく幅が広がりそうです。こうした社会情勢の変化によって、国内の雇用や転職といった状況にも、大きく変わっていくのは確実といえます。
  • 私はかつてかなり複数の人材紹介会社に登録していたのです…

  • 自らが転職を考えていた時期にかなり何社かの人材紹介会社に登録していたことがあります。その時に特に感じたのは転職アドバイザーの質においても本当に色々でたいていの場合、いまいちな方ばっかりでした。こっちは人生の大事な事なのにもっと誠意を込めて向き合ってほしいという落胆した気持ちが積もり積もってそんなことがあったこともあり自らキャリアカウンセラーの資格取得を目指すことにしました。その資格を取得できるまでにはお金もかかりましたし勉強においてもヘビーでしたが、仕事を探している人から信頼してもらえる人間になるために頑張っています。
  • 退職|転職活動を行う際の最後にクリアしなければいけない難問とし・・

  • 転職活動を行う際の最後にクリアしなければいけない難問として、現在勤務している会社の退職があげられます。転職先の会社が採用の内定を出しても、現在働いている企業が、あなたを離したくないと引き留めるというのも起こりがちなケースです。そうなってしまった場合、障害を乗り越えて退職する、という強固な信念を持つことが大切です。仮に会社に残るように説得されて、一時的に収まったとしても、一度辞めたいと考えた会社は結局、辞めることとなります。会社の規定を確認し、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届をつくっておきましょう。そのあとに、決定権のある上司と談判し、「退職に関しての交渉はご遠慮ください」とはっきり伝えます。「円満退社」で今の職場とお別れすることも転職活動において重要なポイントになってきます。
  • 転職候補となる採用面接に関して、多数の人が考え違いをしているのです…

  • 転職先での会社での面接でのやめておいたほうがよいのは採用を勝ち取りたいあまり露骨なまでの猫かぶりは、正直に言って悪い結果を招くおそれがあります。そうなる前に思い切って面接時は、「給与制度」といったような、普通であればちょっと聞きにくいことも勇気を持って率直に質問しておいた方が、間違いなくあなたのためになります。実際には「面接の段階でずけずけとそういった質問をすると最終的に良い結果が期待できないのではないか」と不安が募るかもしれませんが、ですが、相手からの印象もいいことは結果的にはいい場合が多いようです。このような「お金」や「労働環境」に関連する内容は、多くの人が知りたいと思っています。しかし、不採用を恐れるあまり、はっきりと聞けないものです。それをあえて踏み込んでおいたほうが、「こいつは他と違う」と自己アピールになるのです。
  • 退職|転職活動をスムーズに行いたい場合、相応の準備は必要です。

  • 転職活動を進めるには、準備は不可欠です。一言で準備といってもたくさんありますが、その中でも目に見えるファッションは気にしている人は多いはずです。ですが、現在の企業面接では私服が良い企業もあるので、スーツ(正装)で行く必要がない場合もあります。会社の創設して間もない企業などは、フレクシブルな考えなので私服の方が相手に良い印象を与えられます。さらに、正装でないので、フランクに会話できるのも魅力のひとつです。また、私服であれば面接時に、ファッションについて、相手との話が広がる可能性もあります。ですから、面接担当者と仲良くなれる期待ができます。ですので、転職は会社の創立した年で決めることが、(ベンチャー系企業相手の)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。
  • 退職|転職において、今の会社を辞めてからと考える人もいるでしょう・・

  • 転職活動をスタートするときに、まずは会社を辞めてからという人もいますが、そういったときには会社がいつボーナスを出すかを気にしておきましょう。ボーナス支給がある会社は多いですが、社員にボーナスが支給される場合には、ボーナスの支給の日まで少ししかないのなら、その日の後で辞職するという考えもおすすめしたい手口です。ボーナスは少々大金なので、もらっておかないともったいないとも明らかなわけですから、転職しようと思ったらいつ頃ボーナスが手に入るのかを確実に頭に入れておく方が損をしません。
  • 転職をするときにとても重要視されるのが「面接」である。

  • 再就職をする場合、重要視されるのがまぎれもなく「面接」だと言えます。通常の面接の際は、応募してきた人に対し、転職を決めた経緯や退職理由など色々なことを質問されると思います。そしてほぼ100%、面接を終えるあたりで次は、転職希望をする人からの疑問点などを質問できるわけです。例えば、「なにか弊社についての疑問に思うことはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。と聞かれたときに気持ちの準備もできていないし、質問を遠慮してしまうかもしれませんね。こんな場面に備えて、事前に面接官からの問いに対し、(あなたからの質問を)整理しておくことをお勧めします。冷静になればいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。
  • 満足できる転職を希望しているのなら、行動する前に情報を収集することをしておきましょう。

  • 満足できる転職を希望しているのなら、最初に情報収集が必須です。それには昨今はまったく無名の小さな会社らしくもなくHPに企業の紹介を書いている会社が多いため、ネットを活用してあれこれを手に入れるとまたその企業の疑問点などを解消しておくと転職の助けになってくれます。加えて公式ホームページの他に、「転職サイト」を利用するのも意外な発見があるはずです。ただし、インターネットだけに頼るだけでは不十分です。何より転職の候補にしている企業を自分の目でチェックしてみることも大切です。
  • 古来より「石の上にも三年」という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。

  • 日本には古来より「石の上にも三年」といわれる諺もありますが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」もなくなりつつある現在、「転職」が当たり前の世の中になってまいりました。とはいうものの、「転職」が珍しくなくなってきたとはいえ、うかつに仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。実際に転職しようと考えるなら、重要なのはタイミングを見計らうことです。とりあえず、現在の職場・全般的に、例えば仕事内容や待遇面について嫌な点を5~10個ほど、メモしてみてください。こうすることによって、転職活動の次の一手を考えやすくなります。そして、将来の進路が自身で見いだせたら、尻込みすることなく、今よりも良い仕事ができるよう、トライしていることも大切です。
  • 転職をしようとする場合、必ず準備する履歴書などにおいては・・

  • 転職をする際に準備しなくてはいけない履歴書や職務経歴書などについては、基本的にはパソコンを活用して作成するのが多いです。我が国においては履歴書については自筆で準備するというのが当然だと思われることもよくありますが、それは新卒の就職活動やアルバイトやパートに関してであって、転職においては履歴書や職務経歴書は100%パソコンで書いたものは駄目とはっきり言うことはできないのです。手書きの履歴書や職務経歴書をベストとするところもありますけど、そうじゃない会社が増えてきますから、パソコンを用いて作成したものでもよろしい会社は意外にもたくさんあるのです。
  • 一昔前の求人誌に雇用主が求める人材の「性別」まで明確に記載されていました。

  • 数年前は求人誌には、「性別」が記載されているのが普通でした。ところが最近では、「男女雇用機会均等法」ができたことによって、雇用する際、男女差別がないようにしないといけないとして、求人情報の概要に「性別」を明記できなくなりました。とはいうものの、募集情報を出す企業側は、男性・女性どちらでも同等に雇用するとは限りません。従って男性が希望の会社に女性の採用希望者がやってきたり、女手が必要なのに男性が来てしまい、でも採用されないといった可能性が高くなります。例として、「女性が活躍している仕事場です」とアピールする案件では、求めているのは女性だと認識したほうがべきです。
  • 派遣社員として働くことになりました。

  • 派遣の仕事が決定しました。就業初日に派遣会社の営業の担当者と会社の近くのコンビニで合流すると約束をしていたのですが、担当者がどういうわけか店の前にいなかったので店内にいるのかもしれないと思い店の中に入ってみたところ、営業担当者はなんと雑誌コーナーに座り込んで女性の裸が載ったグラビアページを開けて読んでいるではないですか。こんな担当の人のお仕事なんて人間としてプライドが許さないことと考えて、その場で声をかけずに店を出て即刻派遣会社へ仕事を辞退する旨を電話で伝えました。