退職|期待をもって転職ができれば、精神的な負担を抑えられるので…

将来に目を向け、たのしい気持ちでいながら転職活動ができれば・・

楽しみながら転職と付き合っていけば、精神的に重荷を感じることもないので、結果として転職先が見つかるまでの間に堕落しないで済みます。またメンタル部分が損なわれていない分、すぐ、転職先も見つかるはずです。一番良いのは、やはり、休職期間をつくることなく新たな勤め先を見付けることが大事です。今の仕事を続けながら、新たな仕事を探すのがベストです。そのうえ、間をおかなければ今現在の仕事を辞めても、すぐに始動できます。そうしておけば、働いていない期間はできませんから、将来に響くこともありません。つまり、転職の際に不利になることがないということです。今後のことを考えつつ、うまく転職活動を進めてみましょう。

転職するのなら、はじめに、求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを見たりして…

転職活動を行うにあたっては、はじめに、ハローワークや求人雑誌の求人情報を閲覧したりしてその会社のことを調査するのですが、とはいっても、その会社が情報を公にする際には、、コンサルタントからアドバイスを受けていることが多いです。コンサルタントは、会社に不利益な情報を隠すプロでもあります。たとえ公表するとしても差しさわりのない表現をします。そういった会社情報や社員のインタビューについては、それを鵜呑みにするのではなく、半信半疑で受け止めておいた方が良いでしょう。心地よい言葉を鵜呑みにしてしまうと、「聞いていた話とまったく違う・・・」とあとになってから後悔しかねません。たちの悪い会社は、素直な人間を取り込み、その後は、色々と理由をつけて退社させないように画策しています。この手のブラック企業には注意しましょう。

転職したいと考えている会社で会社見学しておけば、たいへん参考になります。

転職先の会社見学ができれば、非常に勉強になります。その中でも、「職人」のいる会社なら、職人技を近い距離で見られるので楽しいものです。ですが、残念なことに「職人」がいる会社見学ではほぼ見学者には、日常の働き方を見せてくれないのが特徴です。典型的なのは、ずばり、「ブルーワーカー」(肉体労働)などの職種です。この職種では、個人のプライドが強いので仕事を始めてみるまでは、本当の姿はわからないものです。そのため、見学だけの仕事だと思わないことがたいへん重要なのです。ましてや、会社見学時に仕事体験させてくれる会社は、かなり問題なのでハッキリ言うと「論外」です。入社していない段階では仮にケガなどのトラブルに見舞われたとしても、保障が一切ないため、万が一、勧められても丁重に断るようにしましょう。

職場を変えたいと思っているのなら、すぐに「年収」を高望みしないほうが無難です。

転職しようと思うなら、「年収」の理想を高くしないようにしましょう。転職1年目の段階では、ほぼほぼ研修期間を入っている企業が多くあります。私の転職して新たな仕事をした時は、やっと手にした職場だったものの、前の会社での稼ぎとあまり変わりませんでした。そればかりか、業務は多様で忙しく、たいへん責任のあるもので、初年度をクリアするのにとても苦労しました。そういった実体験をしたからこそ、初年度は、勉強に充てる期間と捉えておき、状況が許す限りやれるだけ転職前から貯蓄しておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

転職の際、「派遣社員」を選択しようと考えている人に注意して欲し…

転職の際、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方に注意してもらいたいポイントが複数あります。まずはじめに派遣に関しては、電話対応、その他雑用等をといったものをぼんやりと思い浮かべている方がおそらく少なくないでしょう。本音を言うと私も「派遣社員」の求人に応募したとき、「担当してもらう業務は電話対応になります」と入社前に派遣会社からも説明も受けてました。しかし実際に入社してみると、まさか「電話対応」とともに、辞めた正社員の業務の穴埋め役となるよう、要求されました。とくに特別な知識もなく、面接のときの説明とは全く違うので困っています。今はとにかく、「契約期間が早く終わらないかな・・・」と願うばかりです。

退職|最近はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」や・・

今日はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、ヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社もたくさんあります。もしもあなたが特許を出願したことがあるなら、コンタクトを受ける可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許申請を行った人のほかに、研究開発で論文を世に出した実績のある人や、マスコミによって注目を浴びている人など、何らかのインパクトを残した人を対象に、電話やメールを用いてコンタクトを図り、ヘッドハンティングのネタにしようと企んでいます。もしもあなたが、ヘッドハンディングのようなことを言われたなら、そうなったキッカケを思い出してみましょう。かなりレアなケースでは、ヘッドハンディングを装って、「登録料」を請求しようとする業者がありますが、その手の輩は完全な詐欺なので、引っかからないようにしましょう。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者が負担するものではありません。

求人についての情報誌やサイトを見てみると、大部分の場合…

求人情報にはとうぜん多くの株式会社では月収が明記されています。でもこの月収の欄を見る時には、注意して確認する事が欠かせないです。額の多い少ないだけを見て納得しないほうが良いです。場合によっては、月収の金額のなかに「毎月15時間分の残業」が含まれているかもしれません。つまり残業代を入れることで金額が高く見えるようにしている所があるからです。また「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せている可能性が考えられます。こうして「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件には「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。

退職|安定を求めて正社員として働くことを念頭に置いている人・・

安定を希望して正規の雇用社員として働くことを念頭に置いている人が多いと思います。ですが、即戦力として働けるように資格を取得するなどして努力しても、正規雇用が難しいケースも少なくないはずです。派遣社員の求人募集が目につくのに正社員の求人募集以外はそっちのけで時間を空費している人が多いといいます。万一正社員として望む職場や仕事に転職できない場合には、派遣社員の求人募集も選択肢に加えてみましょう。契約社員募集の企業のなかには、働き手の活躍の度合いによって数年で契約社員から正社員への転身ができることもあるからです。面接を受ける際に、正社員として働けるチャンスがあるかどうかを聞いておくようにすれば将来設計にも役立ちます。

転職時の面接では面接担当から「転職理由をお聞かせください」…

転職のための面接では注意しておくべきポイントがあります。人事担当から「転職理由を聞かせて頂けますか?」といった形で、訊かれるのは確実です。この場合、どれだけ正しい意見だと思っても、前の仕事場での人づきあいや働く環境に関しての不満ともとれる返答は、可能な限り避けましょう。なぜかというと、此の様な内容の話は、あなたのイメージが悪くなり、チャンスを逃してしまうことになります。そのため面接時は、「前向き」な内容に徹底することがかなり重要です。正直な理由でなくとも、「新しい職場においては、これまでのキャリアをしっかり生かして、会社にも充分に貢献していこうと思います。」のような内容で自分を売り込むことが好印象となります。

以前は、「転職サイト」よりも「ハローワーク」を優先していました。

これまで私は、「転職サイト」を利用するより、いつも「ハローワーク」を利用していました。というのも大手「転職サイト」は、やはり都会を中心にした求人情報ばかり掲載してあるからです。そのため、転職するときには「ハローワーク」しか利用していません。やっぱり、大手転職サイトに掲載されている求人より企業も、給料などの労働条件も若干見劣りはしますが、昔から地域密着タイプなので安心できます。「ハローワークって地味な雰囲気がある」という先入観がある人もいるかもしれません。ですが、良い求人もそこそこ掲載されているのでもしも転職を本気で検討しているのなら、ハローワークに行って、相談するものいい案です。有名な転職サイトみたいにこれでもかというくらいの電話やメールが繰り返し来ることもありません。

退職|直接雇用ではなく派遣という形態で仕事をする人が規制緩和以来・・

派遣会社に会員登録して仕事をする人が近頃は増えてきていますが、派遣社員として働くつもりなら、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、そのうちいくらが自分の給与として支払われるかを面接の際に質問しておいた方がいいでしょう。派遣業は、労働力を必要とする会社に人材を派遣し、その見返りに、手数料を徴収していく仕組みで運営していますが、実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっているケースが少なくありません。50%以上が労働者に支払われていればまだいい会社なのですが、中には開示すらしないところも少なくなく、酷い場合は、3割だけしか労働者に還元しないケースもあり得ます。面接のときにあいまいにしか答えない会社は、不都合な点を何も教えない傾向が強いので、可能であれば別の派遣会社のもとで登録すべきです。

退職|働いていることで回復が難しいほど心的なダメージが蓄積され…

仕事のために精神的に自分が苦しくなって転職せざるを得ない状況にまで悪化したなら、職場の人と相談する以上に身内などの近しい存在の人と話して、退職するかどうかを決めたほうがいいです。働くことはあなた自身のためでもあります。が、しかし同時に家族の問題でもあります。毎月、納得のいく給料が良くても精神的にボロボロになるほど我慢して働くことは、好ましい状態とは言えません。今の時代は、金銭的な豊かさよりも、仕事のしやすさを大事にする生き方も徐々に増えつつあります。ですから気に病むことなく、あなたの身内とともに、あなたの心と体をいたわりましょう。

退職|時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、1年経ったら…

派遣社員になっても自分の好きなタイミングで退職できるものではないと実際に転職を経験して学びました。私は新婚し、生活に慣れたらできればすぐに子供を持ちたかったので、子供ができる日がくるまでのあいだ、数年ほど今の職場で仕事をしたいと思い、就職しました。フルタイムでなく派遣社員だったので、年収は安かったですが仕方ないので時間的な融通のために、この道を選択しました。ところが、入社したあとに、一緒に働く人たちの大半のスタッフが10年~15年くらい勤務しているというのです。たとえ派遣社員であっても契約が終わってもすぐ辞められる雰囲気ではないと気付かされ、これが今の悩みになっています。

退職|再就職を考えている時にチェックすることになる求人情報というの…

転職を考えている時に気にかける求人情報に関しては、参考程度に、アバウトに掲載されている確率があります。なので、そこに書いてある情報は正確な情報だとは信頼すのはやめておいたほうがよろしいでしょう。中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる給与の金額などに関しては、全社員を平均した給料なのか?最低限保証されている給料であるのか?最高値なのか?というようなジャッジができない人も多く、適当な判断で読み取ってしまうと、後から後悔することになるかもしれないのです。ですから、そんな風にならないためにも、求人に載っている情報は一般的なものだと思って、そういったような大事な事は会社側に直に問い合わせた方がベストでしょう。

退職|以前は看護婦ですが看護師は資格としてやはり女性の割合がとても大き・・

看護婦と呼んでいた看護師は職業としてどうしても女性比率がとても大きい職です。厳しいことに気力それに体力ともに消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。それ故に、職場の人間関係にトラブルを抱えやすく、自身の結婚・出産といった仕事と家族との折り合いをつけるのが難しい仕事といえます。実際、上記のような点に行き詰まり、職場を替える人がとても多い現実があります。看護師という職種の労働市場は人手不足の状況に陥っています。ずっと、それぞれの医療機関は看護師を募集する「売り手市場」であるという現実も、それが転職希望が後を絶たないスパイラルになっています。

未経験である業種などに転職したいと思っている場合には・・

全くの未経験の業界などに転身したいと考えているときには、前の業界で、自分が身に付けた腕前や経験値が生かせるという内容の自己主張が必要です。経験をしたことのないジャンルの場合、経験のない分そのジャンルを経験している人よりも損にはなりますが、自らが保持している能力がそこで生かせるということをしっかりと相手に伝えることができれば、戦うことができることも考えられるのです。そのため、未経験である業種にチャレンジするときには、その分野と今まで自分が経験してきた職務との関連を必ず見付けましょう。