退職|求人に関する情報を見る際、「オフィス系の仕事をしたい」と考えている人ほ…

退職|求人に関係する情報を見るとき、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」と思う人ほ・・

  • 求人をチェックする際、例えば、「事務系の仕事をしたい」という人は、製造業に目を通さない人がいますが、そういったことをしている人は、「製造業は現場で製造する求人しかやっていないだろう」と勘違いしていることが少なくありません。事実、製造業での求人募集でも、現場に出る製造の仕事だけでなく、人事、経理、総務といった人材募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「事務系」に分類されるお仕事も結構多くあります。とはいえ、製造業の仕事場はビジネス街から外れたエリアにあります。ですから、そういった点が受け入れられないと感じる人もいるでしょう。そうであったとしても、自分のこだわりを捨ててみることで素晴らしい人との出会いによって、将来をより良いものにしてくれる可能性もあるのです。

  • 退職|転職するにあたって、今働いている会社を辞める時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけません・・

  • 転職に先立ち現在勤務している会社を辞める時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりませんが、もしも自らの希望によって退職願を書いて退社する、いわゆる依願退職の場合は、失業保険が即座にはでません。手続して失業したことが認められてから3ヶ月間を経ないと受け取ることが出来ないのです。よく勘違いして退社した日の翌日からちょうど3ヶ月で受け取れる、と誤解しないようにしましょう。この規則を勘違いしてハローワーク側にミスがあると思い込んでその結果ハローワークの担当スタッフと喧嘩をしているのを見たことがあります。念のため、自己都合ではなくリストラなど会社都合で解雇されたときには、失業認定されてから即座に失業保険が給付されます。

  • 転職の時の面接で着るビジネススーツの色味について…

  • 転職の面接で着るスーツの色合いについては、新卒の方が就活の時に準じたカラーが良いです。つまり、黒とか紺色のダークな色味になります。それは再就職のケースであっても、着ていくビジネススーツの色合いに関してはこういうダーク色が多数を占めていて、黒や紺以外の色の転職者はほとんどいません。それ以外の色と言うと、ごくたまにグレー系が少しいるほどで、ほぼ紺系や黒系のスーツを着用している方が大多数を占めているので、面接担当者も多数を占めるカラーを着用している人の方が普通です。ですから、第一印象という点ではぜひおすすめします。

  • 退職|再就職の時にする面接での身なりはクールビズで良いとと書いてある場合もあるようです。しか・・

  • 再就職をする際の面接での身なりはクールビズでお越しくださいと連絡が来るケースもあります。しかし、なかには、クールビズで面接を受けるのは実際は印象が悪いのではないか?と懸念する人もいます。クールビズに関する不安を抱え込んでしまっている方に伝えたいのは、クールビズを指定された面接なのであれば、伝達事項を素直に聞き入れるほうが間違いないです。考えすぎてしまい、夏の暑いときにクールビズでないと相手に不自然なイメージを持たれてしまいますから、企業側からクールビズで来てくださいと事前に聞かされたのならクールビズでいくのが望ましいです。

  • 退職|転職の採用面接を受けるためとある会社に伺いました。

  • 転職の面接を受けに向かいました。たまたまその会社で会議室が空きがないというわけで社外のとある場所で面接官と待ち合わせをして面接を行って、その場で解散ということになり、面接をした方も会社に帰らず自宅に直接帰るとのことでしたが、ところが自宅からの最寄駅が同じ。そのため電車の中でも面接担当者とずっと話しながら帰宅することとなって、おかけで緊張が解け面接しているよりもお話が弾み、それが良かったのか最終的に採用を掴むことができました。

  • ここ最近の会社や企業の労働背景の目まぐるしい変移をに関して、社会人の中…

  • 近年の雇用事情のめまぐるしい変化に当たって、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若い世代が特に興味を持って見ているようです。今後の転身とキャリアアップを考えているのでしょう。そんなわけで、就業者といった層の「流動化」が顕著になっているため、それに応じて今後、若い世代以外の層にも転職の関心度が強くなると予想されます。労働力の「流動化」の影響で一つの会社に縛られない生き方はあなたの身近なものとなるのは間違いありません。「終身雇用制度」が普通に実在した頃には、「転職」をする人は、経歴にマイナス評価がつく、と言われて転職が思い通りにいかないことも多くあったのです。けれども、時代も変わり現在やっている会社のみに執着する必要も薄れてきています。

  • 退職|失業したときにもらえる失業保険は、失業中でない人はもらえませんが…

  • 失業した際にもらえる失業保険は、給付されるためには失業中であることが必要ですが、いつまでも受け取れるワケではなく、「期間」があります。それまで勤務してきた期間に応じて違い、3ヶ月とか1年と決められるのですが、中にはこの事実を知らない人がいたりします。永久にもらえるものと勘違いして仕事をすれば失業保険をもらえなくなるから損だと考えて遊び続けている人もいますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き焦って職を探しても条件のよいところを見つけるのは至難の業です。面接担当者が馬鹿である場合を除いていつ失業してどの程度の時間経過しているか、その間まじめに仕事を探していたかといった点は大半は相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いでしょう。もしかすると、面接時に失業中何をしていたのかことごとく聞かれます。返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、9割がた採用されません。

  • 先日新しい仕事を見つけるために人材紹介会社に登録に向かいました。

  • 先日転職活動の一環として人材紹介会社に登録に向かいました。登録カウンセリングをするために出てきた担当者の雰囲気がどうも会社に入って間もない社員のようで、こちらが説明していることの50%ほどもその社員は理解していないように見えました。おまけに「キャリアデザインが甘すぎますね」とか「もっと強みと弱みをはっきりさせておくことが大事でしょう」とか、一人前のように偉そうに話すので大変不快でした。カウンセラーはある程度社会人の経験がある方にするべきです。

  • 退職|就職活動において、年収は非常に大切な要素です。

  • 就職活動において、年収は大変大事な要素です。面接の時、ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。ここで現実にもらっている年収よりも多めに申告し高額な年収を獲得しようと試みても、無駄な努力でしょう。というのは、「源泉徴収票」が必要となり、一時的に信じさせたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局はウソはバレてしまうからです。ときにはトラブルになることもあるので、現職での年収をハッキリと伝え、それに釣り合う希望年収を設定することです。例をあげれば、年収400万の人が転職後すぐに500万円となる見込みはほとんど無い、と見ておくべきです。仮に、現在が430万円の年収であれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくのが正しいです。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなって、せっかく入社したのに退職しなければならないという事態になるおそれもあるので注意が必要です。

  • 退職|近頃PCを使えばネット上では、いわゆる転職系のサイト…

  • 世の中は変化していてPCを見ればインターネットのエリアには、いわゆる「転職に関するサイト」と呼ばれるものが無数に存在しています。その多くて困るくらいのサイトから自分自身の目的にあった転職先というのを探すためにも、まずは情報を収集することです。転職サイトをうまく使うことで、スムーズな転職が実現します。客観性と正確性を持ち合わせた「転職サイト」がある一方、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。まずは、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることが大事ですから同ジャンルのサイトと比較しながらチェックしてみてください。

  • 就労であるのなら、なるべく会社内の人にバレないよう…

  • 雇用中は状況が許す限り、周りの人にバレないよう(私の経験談ですが)就労期間中に転職の考えのみ早期に周りの人に話してみました。にもかかわらず、その顎、求人を散々探してみたのですが、結局は転職する仕事を変えるタイミングも無鉄砲に進めていたので、時間を空費する結果に。その傍ら、会社の側は、仕事の引き継ぎ予定や手続き、私の退職日などが決定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。そして、思うような展開にはならず、失業期間を経験したあとで、次の就職先を探すことになりました。

  • もしあなたが転職を考えているなら、転職前に資格を取得しておくことをお勧めします。

  • もしあなたが将来、転職をするつもりなら、あらかじめ資格を取得することで有利になります。とくに、転職活動を始める前の段階で、資格取得しておけば、転職時に有利に働くので転職先を探すのが容易になります。そういうわけで、在職期間中での資格取得がベストタイミングになります。あなたがキャリアアップを考えているなら、このあと役立つ資格を持っておくと、今の会社を辞めたあとも前向きに次に進めるはずです。また、資格取得によって転職活動では資格が味方をしてくれるので面接で担当者に「即戦力」と判断され、これまでの職場より待遇も良くなる可能性が高いです。

  • 退職|転職を考える場合、あらゆることが順調に運ぶとは限りません、…

  • 再就職するにも何もかもが首尾よく運ぶという確証はありません。それはいつか、しようと考えているなら歳がいかないうちに考えておいたほうが良いです。平均として見た場合、20代のうちは良い成果があがりやすいですが、30代後半~40代に至ってからの転職は厳しいものと考えておくべきです。もしも、役職を担当している場合、転職の意識が強くなっていても現在の仕事を続けるということを選択肢に残しておくべきです。つまり、退職後に転職活動をするよりも、今の会社に残った状態で、時間をかけて慎重に探すほうが良いということです。

  • 将来的に、私たちの社会的環境において徐々にシンプルな労働・・

  • 将来的に、私たちの労働環境においてみるみるうちに単純労働は機械に変えられてそして、稼働人口はどう考えても削減されます。なぜかというと思考を必要としない仕事という観点では人が作業するよりも機械で作業するほうが数段に強いからです。例えば、数をカウントするとか、同一の動きを延々と繰り返すことは、機械には何も不自由もありません。もちろん人間とは違って不平不満を言わないし、ペースが変わることもなくインチキをすることもないし、何より正確ですし、それを均一化できます。さらに、人と違って「人件費」を渡す必要もありません。こういった点から、人を使う理由が無さすぎるため、機械にシフトされるもの注目されているのです。

  • 退職|今ある自分のスキルを活かして就職活動する場合は、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界と…

  • 今ある自分のスキルや資格を有効活用しつつ、転職活動を検討する場合は、再就職がしやすい業界と、難しいものとを知っておいてください。転職が容易な業界としては、たえず人手不足である医療や介護系の業種が代表でしょう。看護師および介護士資格を持っていることが必須条件となりますので、ハードルが高めなのも転職しやすさに起因しています。今、医療や介護の現場で働いている人が、諸事情によって、他のジャンルへ転職してみたいと思う場合は、すぐに動いてしまうのは危険です。「医療」「介護」以外の人材の流動性がそれほどありません。そのため、簡単に考えないことが重要です。再就職を希望するなら、「医療」「介護」ほど売り手市場とはいかないので覚悟しておいたほうがよさそうです。

  • これから転職活動しようと考えるのなら、現在の職場や…

  • いよいよ転職活動しようと思うのなら、現在の業務や業務の何に不満があるのかを明確化する事が必要です。当然できていると思うと、意外とできてないです。もともと気に入らない点があるからこそ、転職したいと考えているのは分かります。が、「しっかりと現状である職場・業務の客観的にみた不満なことを列挙する」ことをほとんどの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、現状より悪化する事をあるでしょうがどこまで許せるかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びでの失敗を防げます。そして、もしも転職した場合、「今より何が不便になるか」を明確化してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職の失敗は防ぐ事が容易になるはずです。