退職|求人に関係する情報をチェックする際、デスクワークがしたいから…

退職|求人に関係する情報をチェックする際、例えば、「事務系の仕事をしたい」という人ほど…

  • 求人に係る情報をチェックする場合、例えば、デスクワークがしたいからと、はなから製造業の項目を読み飛ばしていたりするものですが、そのような人というのは、「製造業は、現場で製造する仕事だけしか求人募集してない」と誤解している可能性が高いです。現に、製造業の求人でも、経理、人事、総務などのスタッフ募集をはじめ、資材、購買、営業管理といった「オフィス系」に分類される役職もたくさん存在します。ただ、製造業にはありがちですが、ビジネス街のような雰囲気はないのが正直なところです。ですから、仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その点がマイナスに映る人もいるかもしれません。けれど、自分のこだわりを捨てることで意外な発見があったり、スキルアップのチャンスがあるかもしれません。

  • 退職|転職のために今勤務している会社を退社する時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要です…

  • 転職に先立ち現在勤務している会社を退社する時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが、もし自己都合で退職願を出して退社する、いわゆる「依願退職」のときは即座に失業保険を受け取れるわけではなく手続きが終わった後で失業したことが認定されてから3か月経ってやっと給付があるのです。よく間違って退社日の翌日からキッカリ3ヶ月で受け取れる、と誤解しないようにしてください。この規則を誤って理解している人が、本当はもらえるはずだと思い込んでその結果ハローワークのスタッフと言い争っていたのを過去に見たことがあります。例外として、リストラなど会社の都合で退職するケースでは、失業認定を受けてからすぐ失業保険が給付となります。

  • 仕事の面接で着るスーツの色合いに関しては、新卒の人たちが就職活動の・・

  • 転職時の面接で着るスーツの色合いに関しては、新卒の人たちが就職活動の際にに準じた色合いが良いとされています。言い換えると、紺系や黒系といった感じのようなダークな色合いになります。転職のケースでも、ビジネススーツの色合いは黒系や紺系のダークカラーが大多数を占めていて、そうでないカラーの人はほぼいません。それ以外の色と言うと、ごくたまにグレーのビジネススーツを着ている人がいるくらいです。だいたいは黒や紺色のスーツを着用している方が大多数を占めているので、面接担当者もそういった色であるほうが自然です。ですから、身だしなみ、という面においてはぜひともそのようにしてくださいね。

  • 再就職をする際の面接での身なりは企業側からクールビズ・・

  • 転職の時にする面接ではクールビズで良いとと記載されているケースもあるようですが、なかには、クールビズで赴くのは失礼に当たるのでは?と考えてしまいます。そのような考えを心に抱え込んでしまっている人に進言したいのは、クールビズでも良いとされているのなら、書かれていることをそのまま実行したほうが大丈夫です。色々考えすぎてしまい、汗をかく季節にスーツを着用すると面接担当者に暑苦しいと思われますから、クールビズでも大丈夫ですよと書かれていたらクールビズで大丈夫なのです。

  • 転職時の採用面接に転職希望の会社へ伺いました。

  • 転職のための面接を受けにある会社に訪ねました。たまたまその会社で部屋が空いておらず外のとある場所で採用担当者と待ち合わせて面接をして、その場所で解散し、面接官もそのまま自宅に直帰されるとのことだったわけですが、奇遇にも自宅の最寄駅が同じだったのです。結局は電車内でも面接を行った人とずっと話しながら帰宅することとなり、そのため打ち解け面接しているよりもお話が弾んで、それがプラスになったのか運良く採用を掴み取ることができました。

  • このようにここ最近の企業の労働環境が激しく変わってきたこ…

  • このように特に昨今の企業の労働環境が慌ただしく変わってきたことに際して、働きざかりの世代の中で若者の世代は敏感に感じ取ってそれはたぶん、「将来的なキャリアアップ」を視野にいれているのでしょう。このため、労働者・サラリーマンといった層の労働市場の「流動化」が活溌になっているので、次第にこの先、世代に関わらず転職への関心は高くなるでしょう。労働市場の「流動化」の影響で転職することは当たり前になり、「終身雇用制度」が機能していた頃には「会社を辞めて転職」は若干ネガティブなイメージがあり、転職が思うようにいかず、困っていた人もたくさんあったようです。しかしながら、時代も変わり今の会社に執着する必要は減少しているように感じられます。

  • 失業した際に受け取れる失業保険は、失業している間もらえる・・

  • 失業した際に給付される失業保険は、失業状態でなければもらえませんが、もらえる期間が決まっています。離職時までに勤務していた期間によって異なり、3か月とか1年とかが決まるのだが、驚くことにこの事実を知らない人がいたりします。永久にもらえるものと勘違いして「失業保険が給付される間は遊んでいよう」という人をたまに見かけますが、後々あと1か月しかもらえないと分かってから急に職を探し始めても条件のよい仕事を探すのは難しいです。転職を希望する会社の面接担当も無能ではないので、いつ失業してどの程度の時間経過しているか、その間まじめに仕事を探していたかといった箇所は大よその想像が付く。相手によっては、失業中何をしていたのかことごとく聞かれます。きちんと返答できなかったり、すぐにバレる嘘をついてしまえば、採用されることはまずありません。

  • 3日ほど前転職の準備をしようと人材バンクに登録に行きました。

  • 3日ほど前人材バンクへ登録に向かいました。そのとき登録するときのカウンセリングの時に現れた担当者がどうも入社間もない新入社員で、私が説明した話の5割ほどもわかっていないようでした。それに加えて「キャリアデザインが甘すぎますね」とか「もっと自分の強みと弱みを明確化しておくべきです」等、知ったかぶりに偉そうに言うからとっても不愉快でした。カウンセリング担当者はそれなりにカウンセリングの経験がある方にするべきだと思います。

  • 退職|就職活動において、必ず話題になるのが年収です。

  • 就職活動において、年収はかなり重要な要素です。面接の時、ほとんどすべての会社で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。ここで現実の年収を偽って、多く申告し、転職先で高額の年収を得ようと試みても、無駄な努力でしょう。というのは、「源泉徴収票」が必要となり、一度は信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ず後からバレてしまいます。最悪、転職先とのトラブルにもなりかねないので、現在の年収を正確に申告し、それに釣り合う希望年収を設定することです。なお、現在の年収が400万円の方が、転職後にいきなり500万円になる可能性は通常あり得ません。もし、現在の年収が430万円としたら、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくのが正しいです。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に入社できたとしても、退職を余儀なくされることもあるので、注意しましょう

  • 世の中は便利になったものでスマホで調べればネットの世界では・・

  • 世の中は便利になったものでスマホを使えばわかるけどネットで見られる世界には「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものが多数存在します。自分の目的にあった転職先を見付けるためには、なんといっても情報を収集することをする必要があります。「転職サイト」をしっかり使いこなすことで、スムーズな転職先探しが可能です。転職情報が満載で、転職希望者にとって役立つ情報満載の有益な「転職サイト」がある一方、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。利用して間もない頃は、信用できるサイトかどうかを見極めることが大事ですから類似サイトと比較しながら厳しくチェックしてみてください。

  • 退職|雇用期間中なら、できれば周囲に気づかれないように・・

  • 在職中はできれば社内の人間にバレないように(自身の例ですが)在職期間中に転業したいという意図だけ、活動初期の段階で会社内で話したことがあります。にもかかわらず、その後求人誌を散々あれこれ見ていったものの、思いとは裏腹に就職のあてもタイミングさえも何一つ決まらず時間を空費する結果に。そして一方、当時所属していた会社の方は、退職に関わる諸々の手続き、退職の日程などが確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、転職先を見付ける」といった、本末転倒な事態になってしまいました。その後、予定が順風満帆とはいかず、失職期間を経たのち、次の就業先を探す流れになりました。

  • 退職|もし転職される場合は、「資格」を取っておくと選択肢が増えます。

  • もしあなたが将来、転職したいと考えているなら、あらかじめ資格を取るのがおすすめです。また、現在の仕事をしているあいだに資格を取るのがおすすめです。転職の際でそれを生かせることができるので、転職の幅がグッと拡がります。こういった理由から、在職中であり、かつ転職活動前の段階がベストタイミングです。あなたが未来を見据えて、次の仕事に必要な資格を取得しておくと、退職後も心残りもなく、前に進んでいけます。おまけに、資格を取得した後では、面接時に担当者に「即戦力」な人材として認められ、以前の職場より待遇アップも期待できるでしょう。

  • 転職を考える場合、すべての人が満足いく成果をあげら・・

  • 転職にもすべての人が満足いく成果をあげられるとは言えません。どうせするなら、どう転んでも転職をしなくてはならないならなるべく早い時期に変えてしまった方が良いです。大半の場合、20代の若いうちは良い成果があがりやすいですが、30代後半~40代を迎えてしまうと転職活動は、たいへん厳しいものと考えておくべきです。もしも、重要なポジションに就いているのなら、転職したいと思い立っても、思いとどまることも結論として選ぶ答えの中から外さないほうが良いです。つまり、退職してから転職活動するよりも、今の会社に籍を置いたまま慎重に行動したほうが賢明といえます。

  • 将来、労働力という観点において着々と思考を必要としない作・・

  • 私たちの労働環境は、将来今以上に考えなくてもできる作業は機械に差し替えられていきそして、必要な稼働人口は少なからず縮小していきます。その理由は、短絡的な作業は人間以上に機械でやったほうが比べられないほど分があるからです。例えば、数をカウントしたり、同一の作業を延々とリピートしたりすることは機械にとってはへっちゃらです。人間とは違って文句は言わないし、肉体的な疲れもないし、インチキをすることもないし、正確な作業をしてくれますし、均一化できる強みもあります。さらには人と違って、給与が発生しません。こういったことから、人間を使う意味が無さすぎるため、機械化されるのは無理もありません。

  • 今ある自分のスキルが有利にはたらくように転職活動をしていく場合…

  • 今ある自分のスキルが有利にはたらくように転職活動をするつもりなら、転職がしやすい業界と、そうでないものを知っておくことは大切です。再就職が容易な業界としては、たえず人材が不足している「医療・介護」系が代表でしょう。医療・介護の分野では看護師および介護士の資格保有者でなければ働くことができないので、容易に応募することができない事がかなり大きく影響しています。ですが、現在「医療・介護」の仕事をしていてとある事情によって異業種へ再就職したいと思っているのなら、少し考えてみたほうが良いです。「医療」「介護」以外の多数の業界は、人材の流動性は決して高くはないのです。そのため、容易に考えない事が必要です。転職を希望するなら、他の業種では医療や介護系の業界の仕事探しよりも厳しいものとなることを理解しておきましょう。

  • 退職|転職やることに当たっては、今いる職場や仕事で感じている不満点…

  • 今から転職しようと思うのなら、現在の仕事で感じている不満点を明確にしておいた方が良いです。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。もともと不満が限界に達しているから転職しようと思っているはずです。しかし「現在の客観的に考えた問題を列挙する」ことをほとんどの人はやっていません。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びでの失敗は大きく減らせます。それを終えたあと、仮に転職した場合、「どういった事がマイナスになるだろうか」をしっかり想像してみましょう。なぜなら、職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。こうした整理をする事で、転職の失敗は防ぐ事が可能なはずです。