退職|求人情報をチェックする折、例えば、「デスクワークがしたい」と考えている人ほ…

求人に関する情報をチェックする際、例えば、事務系の仕事がしたいからと・・

  • 求人情報をチェックする時、「オフィス系の仕事をしたい」と考えている人ほどはなから製造業をスルーしてしまっていますが、そうした人のほとんどは「製造業は現場で製造する求人しかやっていないだろう」と勘違いしていたりします。製造業の求人であったとしても、現場作業者だけでなく、経理、総務、人事といった人材募集に加え、資材・購買や営業管理等のオフィス系のお仕事もとても多いです。とはいえ、製造業の勤務場所はビジネス街のような環境とは違うのでそこがマイナスに感じられるかもしれません。そうした事には自分のこだわりを捨てることによって仕事の選択肢を広げ、将来をより良いものにしていく助けになるはずです。
  • 退職|転職する際、今務めている会社を辞める時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要があります…

  • 転職するにあたって、今勤務している会社を退社する時に失業保険に関する手続きをしなければいけませんが、自らの希望によって退職願を書いて退職する、いわゆる「依願退職」であった場合は失業保険をすぐさま受け取れません。手続きをした後で失業が確認されてから3か月経ってやっともらえるのです。であるため、会社を辞めた翌日から3か月経てば給付されると思い込んでいる人がいますが、実際にそういった間違いをした人が、ハローワーク側にミスがあると言い張ってハローワークの担当者とトラブルになっているのを見たことがあります。加えて、労働者側の都合ではなくリストラみたいな「会社都合」での解雇に遭遇したときは、失業認定を受けてから即座に失業保険が給付されます。
  • 転職の時の面接で着るスーツの色に関しては、新卒の就職活動…

  • 転職の時の面接でいるスーツの色については、新卒の方が就活の時に準じている色がベストです。具体的に言うと、紺や黒のダークな感じの色になります。それは転職の場面においても、スーツの色味はこういったダーク色が多数を占めていて、そうでない色のスーツの人はほぼ見かけることはありません。あえて言うならば、ごくたまにグレー系のビジネススーツを着ている人がいるくらいで、全体的な割合をみても黒や紺が多いのです。ですから、採用担当の人も黒とか紺のスーツを着ている人が普通であるように感じるので、第一印象という点では推奨したいわけです。
  • 再就職の時に行われる面接時の身なりはクールビズでお越しくださ・・

  • 再就職の面接での身なりは会社側からクールビズでも大丈夫ですよと言われることがあります。ですが、なかには、クールビズのスタイルで赴くのは実際は社会人として常識に欠けるのでは?と思ってしまいます。そういう悩みを抱えている人に進言したいのは、企業側からクールビズでも良いとされているのなら、伝達事項をそのまま実行したほうが無難です。色々迷うことによってしまい、夏の暑いときにしっかりとスーツを着ると相手に不自然なイメージを持たれてしまいます。ですから、企業側からクールビズで良いと言われたらクールビズでいくのが望ましいです。
  • 転職における面接にとある会社に訪ねました。

  • 転職における面接に転職したい会社へ訪ねました。その日に限って会社内の面接ができる部屋が空いておらず外部の会場で人事部の人と待ち合わせて面接を行い、その場で解散、面接担当者も会社には帰らず自宅に直接帰るとのことでしたが、なんと自宅の最寄駅が一緒だったのです。そのため電車内においても彼とずっとおしゃべりしながらいっしょに帰ることとなって、そのため緊張がなくなり面接の時よりも話が弾み、それが奏功したのか運良く採用をゲットすることができました。
  • 今の時代の雇用形態の目まぐるしい変移をについて34歳ぐらいまでの若者の世・・

  • このように現在の会社や企業の労働環境の激変ぶりにおいて、34歳ぐらいまでの若年層ほど敏感に感じ取っているようです。大方、自身の将来を見据えた動きなのでしょう。このため、働き手といった人たちの労働力の「流動化」が著しくなっているため、加えて、後々世代に関わらず転職についての関心度が高まると予想されます。労働力の「流動化」の影響で仕事を変えることは自然なことになっていくでしょう。終身雇用が当たり前とされていた時代には、「会社を辞めて転職」にはそれだけで悪いイメージがあり、転職が思ったようにいかないケースもたくさんありました。しかしながら、今ではこの事も全く当たらず今の会社だけに執着する意味も必要性もあまりなくなったように思います。
  • 退職|失業したときにもらえる失業保険は、給付されるためには失業中であることが必要ですが…

  • 失業時にもらえる「失業保険」は、失業状態でない人はもらえませんが、ずっともらえるわけではありません。失業時までに働いていた期間に応じて違い、3ヶ月とか、1年と設定されるのですが、世の中にはこのような事実を理解していない人が少なくありません。失業中である限り給付されると思い込んで失業保険が給付されるからと遊び続けている人もいますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから急に職探しをしても好条件の仕事を探すのは至難の業です。転職先の面接官もバカではないので、失業中に遊び惚けていなかったのか位はそこそこ察しがつくでしょう。ときには、面接の時に失業中の求職活動について根掘り葉掘り聞かれます。返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、9割がた採用されません。
  • 退職|昨日新しい仕事先を見つけようと人材会社に登録に向かいました。

  • 転職先を探すために人材会社に登録に向かいました。私のカウンセリングのために現れた担当の方が見たところ新入社員じゃないかと思う人で、私が伝えたいことの3割も理解できていない感じ。おまけに「キャリアデザインがよくないですね」とか「自分の強みをはっきりと知るべきでしょう」とか、一人前のことを横柄に話すので非常に嫌な気落ちになりました。カウンセラーはある程度カウンセリングのスキルがある社員にしてほしいです。
  • 就職活動において、年収はかなり大事な要素です。

  • 就職活動において、カギになるのは年収です。面接時には、ほとんどすべての会社で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。現実の年収を多く偽って、高額な年収を確保しようとしても、無駄でしょう。なぜなら、「源泉徴収票」が必要なため、もし一度は信じさせたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局は後からバレてしまいます。ヘタをすると、トラブルに発展する事態にもなりかねないので、現在の年収を正直に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが賢い選択となります。例をあげると、今の年収が300万円の方が転職後すぐに500万円となる見込みは普通はありません。もし、現在の年収が430万円としたら、希望額は400~450万円であると伝えておくのが良いでしょう。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなって、入社できたのを退職に追い込まれることを招きかねません。
  • 退職|最近はパソコンを使えばインターネットで見られる世界…

  • 近頃パソコンを使えばネットで見られる世界では今では「転職に関するサイト」に類するものが多すぎるくらいあったりします。サイトから自分にピッタリの転職先というのを見いだすにはまずは情報が大事ですから収集をする必要があります。サイトをしっかり活用することで、よりスムーズな転職先探しが可能です。転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む有益な「転職サイト」がある一方、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。利用して間もない頃は、信用に足るサイトかどうかを見極めることが大事ですから類似サイトと比較しながらチェックしてみてください。
  • 就労中はできたら、周りの人にバレないように(ちなみに私のときは…

  • 在職中には、出来るだけ会社内の人にバレないよう(自身の経験談ですが)雇用期間中に転職の考えを早い段階で会社内で仄めかしたことがあります。けれども、それから、求人情報を散々あれこれチェックしていったのですが、悲しいことに就職先や転職時期も何も決まらないまま、知らぬ間に時間だけが経過してしまいました。一方の社内では業務の引き継ぎや手続き、私の退職日などが確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で就職先を探していく」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。そして、予定は思うようにはいかず、失業期間を経たのち、次の就職先を探すハメになりました。
  • もしも将来、転職したいと考えているなら、あらかじめ資格を取るとステップアップします。

  • もしも転職を予定しているのなら、資格を取得することで有利になります。とくに、職場に籍をおいているあいだに、資格取得をしておくのがベストです。転職時にそれを有効活用できるので、仕事を探しやすくなります。そういうわけで、在職中の時間が一番良い時期といえます。将来のために、このあとに役立つ資格をとっておくと、仕事を辞めた後も後悔なく次に進めます。そのうえ、資格を取ることができれば、面接の際戦力になると判断してもらえ、これまでより待遇アップも期待できるでしょう。
  • 退職|転職を目指そうとしても、あらゆることがうまくいくとは言えません。

  • 転職を考えたとしても、全てが首尾よくいく保証はありません。どうせするなら、そのうちに転職するつもりならあなたの年齢が若いうちにできるだけ早く考えておくほうが良いです。平均的に見ると、30代前半までは良い希望を見出しやすいですが、30代後半~40代になると転職というのはたいへん厳しいものと理解しておくべきです。重要なポジションに就いているのなら、転職の意思が強くなっていても現在の会社に留まることも選択肢に含めておくべきです。要するに、退社してから転職活動を開始するよりも、今の会社での業務をこなしつつ、注意深く行動したほうが良いということです。
  • 退職|私たちの社会的環境において、今後ぐんぐんと考えなくてもできる仕事…

  • 将来的に、労働力という観点において徐々に思考を必要としない作業は機械に切り替えられて当然の結果として必要なマンパワーは少なからず削減されます。そのワケは、簡単な仕事という観点ではヒトよりも機械で進めたほうが数段に作業量をこなせるからです。例えば、数を数えたり同一の作業をずっと繰り返すことは機械には問題ありません。人間とは違って泣き言は言わないし、肉体的な疲れもないし、ズルもしないし、正確な作業ですし、均一だし、おまけに人と違って給与が発生しません。なので、人間を使う意味がまったくなさすぎます。機械化の流れは必然ともいえますね。
  • 退職|自分のスキルをふまえて転職をするつもりなら、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界…

  • あなたが持つ現在のスキルを活用しながら就職活動を考える場合に、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界とそのスキルが不必要な、転職が難しい業種がある事を認識しておきましょう。転職がむずかしくないジャンルは、慢性的に人材が不足している「医療・介護」が代表でしょう。医療や介護の業種では看護師や介護士は「資格」が必須で、ハードルが若干高いのも転職しやすさの拍車を掛けています。ただし、現在「医療・介護」の仕事をしていて、諸事情によって、異業種に転職したいと思っているなら、すぐに動いてしまうのは危険です。「医療」「介護」以外の大半の業界は、人材の流動性は現業界よりも少なく、簡単に考えない事が必要です。再就職される場合は、ほかの分野の仕事では「医療」「介護」みたいな売り手市場とはいかないと、理解しておきましょう。
  • これから転職活動を希望しているのなら、直近の業務での納得いかない部分、不満に思う部分・・

  • 今から転職を希望しているのなら、直近の仕事や業務で感じている不満点をハッキリとさせておく必要があります。当然と思われますが、意外とできてないです。そもそも不満なことがあるからこそ、転職しようと思われているはずです。でも「よく考えていまの仕事・業務の客観的にみた問題を書き出す」ことを多くの人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びでのミスを防げます。そのあと、転職を叶えたとしたら、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を想像してみましょう。転職したとしても、すべての問題が解決するとは限りません。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職後の急激なモチベーションの低下は抑えることはできるでしょう。