退職|求人関連の情報を見る場合、「オフィス系の仕事をしたい」という人は、…

退職|求人誌をチェックする折、「オフィス系の仕事をしたい」という人・・

  • 求人誌をチェックする折、「デスクワークがしたい」と思っている人ほど製造業はチェックしない人がいますが、そんな人は「製造業は現場で製造する仕事しかない」と勝手な思い込みで認識しているケースもあります。現に、製造業であっても、経理、人事、総務などの人材募集をはじめ、資材、購買、営業管理のような「オフィス系」に類する仕事も相当数あります。けれども、製造業の大半はビジネス街から外れた地域にあるのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはその点がデメリットに映る人もいるかもしれません。とはいえ、自分のこだわりを捨てることによって思いがけないチャンスにつながる可能性があるかもしれないのです。
  • 退職|転職を目前にしているなら、今働いている会社を退社する時…

  • 転職に先立ち今務めている会社を辞める時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが、自分からすすんで退職願を提出して退職する、いわゆる「依願退職」のときは失業保険をすぐに受け取れません。手続きにした後に失業が認定されてから3か月経ってやっと給付があるのです。よって、会社を辞めた翌日から3か月経過すれば給付されると信じている人がいますが実際にこの間違いを犯した人が、その結果ハローワークの担当者ともめ事を起こしているのを見たことがあります。例外として、退職者の都合ではなくリストラなど会社の都合で退職する場合は、失業認定が下ったのち即、失業保険が給付されます。
  • 転職の面接で必要なスーツの色合いは、新卒の就活の時に身に付ける色が…

  • 仕事の面接でいるスーツのカラーは、新卒の就活の時に準じている色味が良いとされています。言い換えるならば、黒や紺色のような暗い色合いになります。再就職のケースであっても、着用していくビジネススーツの色合いは黒系や紺系のダークカラーが多数を占めていて、他の色のビジネススーツの人はほぼいません。その他の色で言えば、たまにグレー系を着ている方がわずかにいるほどで、ほとんどが紺系や黒系が大多数なので、面接を行う人事担当の方からもそのような色が普通に見えてしまいますから、第一印象という点ではそのようにする方が好ましいわけです。
  • 再就職の際の面接での身なりはクールビズで来てください・・

  • 再就職の際の面接での身なりはクールビズ可とと言われる場合があります。ですが、なかには、クールビズの格好で面接するのは本当は良くない印象を与えるのではないか?と考えてしまいます。そういう悩みを懐に抱いている方々に進言したいのは、クールビズでも良いとされているのであれば、言われた内容を素直に聞き入れるほうが不安要素がないです。考えすぎてしまい、とても暑い季節にスーツをしっかりと着ると逆に不自然ですから、会社側からクールビズで来てくださいと事前に聞かされたのならクールビズでも大丈夫というわけです。
  • 転職のための採用面接を受けに伺いました。

  • 転職の採用面接にある会社に訪ねました。その会社で部屋が空いておらず外部のある場所で面接官と待ち合わせて採用面接が行われて、その場で解散ということになり、面接を行った方もそのまま自宅に直帰されるとのことでしたが、偶然にも下車する駅が私と同じだったのです。なので電車内においても彼とずっと世間話をしながらいっしょに帰ることになり、結果として緊張がなくなって面接よりお話が弾んで、それが奏功したからなのか何事もなく採用を勝ちとることができました。
  • 退職|このようにここ数年の企業の雇用に対する考え方が慌ただしく変わってきたこ・・

  • このように今現在の企業の労働環境の慌ただしい変移をに当たって、全世代の中で34歳ぐらいまでの若い世代ほど注目度が高いといわれています。おそらく、転職と自身のキャリアアップを同時に思案しているのでしょう。こういった理由からサラリーマン・労働者などの労働市場の流動化が進行しているようで、加えて、後々世代に関わらず転職の関心度が強くなると考えられます。労働市場の「流動化」が進むことで転身することは誰しもが身近な事柄として認識すようになります。「終身雇用制度」が普通に実在した頃には、転職者をする人は、そのことで経歴にマイナス評価がつく、と言われて事実、転職が難しい時代でもあったのです。ところが、時代も変わり今の会社に固執する意味も必要性も段々と薄れてきています。
  • 退職|失業した人が受け取れる失業保険は、もらうためには失業中であることが必要ですが…

  • 失業した際にもらえる失業保険は、失業状態でない人はもらえませんが、この給付には、しっかり「期間」があります。失業時までに勤務していた期間に応じて変動し、90日だったり120日だったりするのですが、中にはこれを知らない人が一定数います。期間の制限ががないと思い込んで仕事をすれば失業保険をもらえなくなるから損だと考えて求職活動をしない人もいますが、給付期間終了の1か月前になってようやく制度の真実に気づき焦って仕事を探しても好条件のところを探すのは困難です。転職候補となる会社の面接官もアホウではないので、いつ失業してどの程度の時間経過しているか、その間まじめに仕事を探していたかといった部分はだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。状況によっては、面接の際に失業中の求職活動についてことごとく聞かれることもあります。答えに困ってバレバレの嘘をついたりしていると、採用は極めて困難になります。
  • 3日ほど前新しい仕事先を見つけようと人材バンクへ登録をしに行きました。

  • 一昨日転職活動の一環として人材紹介会社へと登録に行きました。そこで登録するときのカウンセリングをするために出てきた担当者の雰囲気がどうも会社に入って間もない社員のようで、こちらが説明している話の3割も彼はわかっていない模様。おまけに「キャリアデザインを考え直す必要があります」とか「きちんと自分の強みを明確化しておく必要があります」等、ベテランのように横柄にのたまうからとても不愉快でした。カウンセリングを担当させるのはそれなりに能力のある社員に、してほしいと感じます。
  • 就職活動において、年収は非常に重要な要素です。

  • 就職活動において、年収を無視することは不可能です。面接の時、大部分の企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。現実の年収を多く偽って、多額の年収を確保しようとしても、無駄でしょう。結局は源泉徴収を提出することになるので、一時的に信じてもらえたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的には後からバレてしまいます。ヘタをすると、トラブルになりかねないので、現職での年収を正確に相手に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが賢い選択となります。例をあげれば、現在の年収が400万円の方が、転職後にいきなり500万円になる可能性はないものと考えておくべきです。今の年収が430万円だとすると、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくのが良いでしょう。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に入社できたとしても、その後、退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので注意が必要です。
  • 最近はスマートフォンを使えばネットで見られる世界で…

  • 世の中は変化していてPCを使えばわかるけどネットで見られる世界には今では転職系のサイトがそこらじゅうに存在します。その相当な数のサイトから自分自身の目的にあった転職先と思えるのを見いだすにはまずは情報を収集することをしましょう。サイトを上手く使いこなすことで、スムーズな転職先探しが可能です。転職情報が満載で、客観的なデータもしっかり掲載される「転職サイト」もありますが、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、注意が必要です。利用して間もない頃は、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますから他と比べつつ、チェックしてみましょう。
  • 就労であるのなら、できれば会社内の人に気づかれないように、…

  • 雇用中は可能なかぎりバレないよう(自身の例ですが)在職期間中に転社の気持ちだけを早い段階で周りの人間にほのめかしたことがありました。ところが、その後求人情報をあれこれ見ていったものの、思いとは裏腹に働く先もタイミングすら何も煮詰まっていないままダラダラ時間だけが経過してしまいました。社内では業務の引き継ぎや手続き、自らの退職日などが確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、転職先を見付ける」という、本末転倒な状況下で会社を辞める形になりました。結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経験したあとで、次の就職先を探す流れになりました。
  • 将来、転職したいと考えているなら、転職する前に「資格」を取っておくと選択肢が増えます。

  • もしもあなたが転職を考えているなら、先に「資格」取得は考えておいて損はありません。また、現在の仕事をしているあいだに資格取得をしておくと、転職時でそれを生かせることができるので、転職先を探すのが楽になります。ですから、在職期間中に資格取得をするのが一番良いタイミングといえます。もしもあなたが未来を考え、このあと役立つ可能性の高い資格を持っておくと、今の職場を離れたあとも前向きな姿勢で転職に挑むことができます。また、資格を持つことによって、転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先の面接の時には面接担当者に「即戦力」と判断され、今までより待遇アップも期待できるでしょう。
  • 退職|再就職を目指そうとしても、万事スムーズに進行するという保証はどこにもありません。

  • 仮に転職を考えたとしても、あらゆることがうまく進行する保証はありません。もしも転職するのなら、そのうちに転職しようと思っているなら歳の若いうちに考えておいたほうが良いです。普通は、30代前半までは有利な展開を期待できますが、残念なことに、30代後半~40代となったあとでの転職の場合は、とても難しくなります。もしも、役職に就いているのなら、転職の意識が強くなっていても今の会社に残ることも選択項目に入れておくべきです。会社を辞めてから転職活動を開始するよりも、現在の仕事は続けながら時間をかけて慎重に探すほうが良いでしょう。
  • 私たちの労働環境は、これからみるみるうちに単純労働…

  • この先、労働力という観点においてどんどん簡単な労働は機械で済まされるようになりその移り変わりによって稼働人口は少なからず削減されます。そのワケは、思考を必要としない作業は機械で進めたほうが比べられないほど強いからです。例えば、数量をカウントしたり、同じ手順を繰り返すのは機械なら何の苦もないのです。当たり前のことながら人と違って泣き言も言わず、疲れることもないし、不正をすることもないし、正確だし均一化できるメリットもあります。加えて、給与も発生しません。人間を使う意味がまったく無いので機械化が必然ともいえますね。
  • 自分のスキルを活かして就職活動を考える場合に、比較的、再就職がしやすいジャンルと…

  • 今あるスキルや資格を武器に就職活動する場合は、比較的、転職しやすい業界と比較的そのスキルが不必要な、転職が難しい職種がある事を理解しておけば転職先を探すのに役立ちます。再就職しやすい業界は、人材不足が社会問題にまでなっている医療や介護系のジャンルがおなじみですね。医療や介護では、看護師や介護士資格を持っていることが必須条件となりますので、誰もが簡単に応募できない事も大きく影響しています。今現在、医療従事者として働いている人が、ワケあって、異業種に再就職しようと思う場合は、よく考えてみてからのほうが良いです。他の業界では働き手の流動性は現業界よりも少なく、ですので、容易に考えない事が必要です。異業種への転職をされるのであれば、他の業種では「医療」「介護」ほど売り手市場とはいかないので気をつけましょう。
  • 来週からでも転職を予定しているのなら、現状の業務や業・・

  • 来週からでも転職活動しようと思うのなら、直近の業務や業務での納得いかない部分、不満に思う部分をハッキリとさせておきましょう。当然できていると思うと、意外とそうでないのです。そもそも不平が限界に達しているから転職しようと思っているはずです。しかし「ちゃんと現状である職場・業務の客観的にみた不満な点を列挙する」ことを大半の人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びに失敗するリスクは減らせます。そのあとに、仮に転職した場合、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を明確にイメージしてみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。こうした整理をする事で、転職後の急激なモチベーションのダウンを抑えることは可能なはずです。