退職|派遣で働いています。労働契約法のおかげで否応なく、長期間務めていた…

派遣社員として働いています。派遣法とか労働契約法の関連…

派遣として就業しています。労働契約法のせいでやむを得ず、長期間勤務していた会社での仕事がもうすぐ終了します。同じ派遣の人の中には、派遣の就業先で正社員のポストを手に入れた方もいるのですがその理由としては正直なところ仕事の能力というよりは派遣先上司へのあしらいが上手な方でそれで採用されたとしか思えません。業務処理能力よりもおじさん転がしの能力の方が必要なのだろうと抜擢されなかった派遣仲間の同僚と毎日不満をたれています。

退職|転職活動を行う際は、最初に常に自分自身の心が静かで…

転職をするための活動をしている最中は、まず何よりも心が静かであることをとても忘れないようにしましょう。今の会社で働きながら転職をする活動では、あんまりないかもしれませんが、退職してしまってから行う際には、かなり心が焦燥感が出るものです。その点を踏まえ、慎重に活動してみましょう。今後、自身でやってみたい仕事や、理想とする職場のイメージなどを明瞭にしてみましょう。そして、実際の職場におけるそれらが矛盾していないか、落ち着いてしっかりと考えてみてください。そうすることで、良い転職先が容易に見つかるはずです。

再就職をする場合で必ず聞かれるのは会社を退職したのかという話です。

転職をする時に面接でほぼ絶対に聞かれるのが会社を辞めたわけについてです。このような質問に答える場合には辞めた会社にスポットを当てない方が最善です。退職するに至った経緯にスポットを当てると絶対にマイナス要素を含んだ話題になってしまうので。どういう風に面接を進めていけば良いかと言うと、どうして以前働いていた会社を退職したかという点をこちらの会社に絶対に入社したいという考えがあったからといった話題に進めるべきであり、今、自分が面接している会社の方に話を向けるべきです。そういった話ならば、マイナス面を消し好印象の辞職の訳にすることができます。

再就職先を探している間は、そういう風にしたいわけではないのに…

転職を決めるあいだは、そういう風にしたいわけではないのに時間がある分、気が緩んでしまい、緊張感がなくなり、だらけてしまいがちです。ですが、そんな風な過ごし方は危険です。言うまでもなく、ダラけた生活を習慣化してしまうと、「精神的」にも悪影響があるからです。ですから、いつの間にか仕事をしようとする気力も失い、生活ができなくなり困ることにもなるでしょう。そんな状況になってしまうと、すべてが悪い方向に進んでしまい、次の仕事を見付けることが難しくなってしまいます。再就職先を決められないのは、もらえるお金を最優先に考えるためです。給料を最優先に転職先を探すことになるとやりたかった仕事を求めて転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。ですから、お金に縛られないように暮らしていくためにダラけるような生活は止めておきましょう。

楽しみを見出しながら転職活動と向き合うことで、精神的な重荷が減少するので、…

将来に目を向け、楽しみながら再就職と付き合う事が出来れば、精神的な重荷を抑えられるので、転職先が見つかるまでの間の堕落も避けられます。しかも、メンタルが健やかであれば、あまり時間をかけることなく転職が出来るでしょう。一番良いのは、休職によるブランクをつくらず新しい勤め先を見付けることが重要です。今の仕事を継続しつつ、転職活動することが理想的です。おまけに、隙間のない探し方をすることで、退職後、直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。そのようにしておけば、職歴にも空白期間がなく、履歴への影響も回避できます。要するに、転職の際にマイナスの要因がなくなるということです。先のことを考えながら、スムーズに転職活動を進めていきましょう。

退職|転職活動の際は、前もって、求人票を見たり、インターネット上の公式サイトを閲覧したりして…

転職するのなら、始める前に、ネット上の求人サイトを見たりして興味のある会社を調べるはずです。ところが、その会社が情報を掲載するにあたっては、コンサルタントからアドバイスを受けている場合が多いです。コンサルタントは、会社にマイナスになる情報を隠す傾向があります。たとえ公表する場合でも遠回しな表現に徹します。そういった類の企業の「社長インタビュー」や「社員情報」については馬鹿正直に信じるのではなく、半信半疑でちょうど良いレベルと思っておきましょう。心地よいフレーズを鵜呑みにしてしまったら、「こんなはずじゃなかったのに・・・」とあとになってから後悔しかねません。悪徳会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は、イチャモンをつけながら退社できないように策を練ってきます。ブラック企業では、この手のことが多いです。

転職先で見学などがあるとすごく勉強になります。

転職したいと考えている会社の見学は、非常に参考になります。とくに、「職人」のいる会社なら、職人技を近くで見られるため、楽しいものです。でも、「職人」がいる会社見学は、ほとんどの場合見学者には、普段の仕事風景を見せてくれることはありません。典型的なのは、ずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などの業種です。この分野では、独自の感覚を持つ人が多いので実際に入社するまで、実際の姿はみえないものです。なので、会社見学で見たものを仕事内容だと考えないことがとても良いです。また、見学の時に仕事体験させてくれる会社は問題がありますから気を付けるべきです。入社していない人間には、万が一万が一何かしらのトラブルが起こっても、それに対する保証はありません。仮に、勧められてもていねいに断るようにしましょう。

転職した場所では、「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。

転職の予定があるのなら、年収に関して高望みはしないほうが無難です。特に、初年度は大方研修期間を含んでいる会社が多いです。自身の場合、やっとのことで転職したというのに、以前いた会社での年収と見たところイコールで変わりませんでした。さらに、仕事は多忙を極め、たいへん責任のあるもので、初年度をクリアするのにひどい状態でした。そうした経験から初年度は、勉強する期間と割り切ってしまい、できる限り転職以前からお金をためておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

退職|転職の際、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている人…

転職を、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人に注意してほしい箇所が複数あります。派遣という言葉を聞くと、「データ入力」「お茶出し」「その他雑用」などの業務を思い浮かべる人が少なくないでしょう。最初は私自身もそう思ってました。今、働いている企業に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募した際にも、「主な業務は電話対応になります」と採用の際に派遣会社の担当者からも聞いていました。ところが、実際に仕事に就くと、なんと退職した正社員さんの穴埋め業務を頼まれました。いつも毎回、あれこれ要求されますし、当初の説明とは全く違うので非常に参っています。とにかく、ひたすら契約期間が終わるのを待つだけです。

最近はネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに・・

最近はネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティング会社も増加しています。もしもあなたが特許を出したことがあるなら、そのような会社から電話が掛かってきやすいといます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許申請を行った人のほかに、研究開発で論文を書いた経験がある人や、テレビ・雑誌などの「マスコミ」に出演した人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人をターゲットに、電話やメールを用いてコンタクトを図り、ヘッドハンティングするネタにしています。もしもあなたが、ヘッドハンティングと考えられる話をされた場合は、そういったことが無かったか考えてみましょう。めったにないことですが、ヘッドハンディングだと思わせて、登録料を払わせようとする会社がありますが、その手の業者は確実にイカサマであるので騙されないように気を付けましょう。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者がお金を出すことはまずありません。

求人についての情報では、とうぜん月収等が記載されています。

求人関連の広告には、とうぜんたいていの株式会社では月の給料がしっかりと記載されていますよね。ただしこの月収を見る時には、しっかり確認する事が大切です。数値だけでわかってしまわないほうが無難です。実は会社によっては、月収の額のなかに月30時間残業の場合を前提に計算されている可能性もあります。要するに残業代の金額を入れて魅力的な案件のように見せかけ、募集していることも珍しくありません。それ以外にも、基本給プラス歩合給で、歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている会社もあったります。だから、こういったよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社ははじめから相手にしないほうが無難です。

安定した生活を手に入れるために正規の社員として働くことを念頭に置いている人が…

安定した生活基盤を手に入れるべく正規社員として働こうと思っている人は多数だと思います。しかしながら、相当に頑張っているのに正規雇用がうまくいかない可能性もあります。契約社員や派遣社員の求人情報は結構あるのに正社員の求人情報以外は気にも留めず応募しない人も少なくないでしょう。もしもあなたが、中々正社員として希望する仕事に転職できない場合は、派遣社員の募集も選択肢に加えてみましょう。企業の一部は、働き手の能力によって数年で正社員への転換を狙える可能性もあるからです。採用面接の際に、「正社員登用」のチャンスの有無をヒアリングしても将来設計が立ちやすいはずです。

退職|転職時の面接の際に面接官から「転職の理由は何ですか…

転職をするためには、大半の場合は面接をしなくてはいけません。人事担当から「転職の理由は何ですか?」という風に、100%の確率で聞かれます。このときに、どれだけ正論だと思っても、前の職場の人間関係や労働環境に関しての不満を絡めた返しは、できるだけしないようにしましょう。もしも、こういった話をしてしまうと、採用の可能性を棒に振ってしまいかねません。ですから面接時は、「前向き」な内容に徹底することが重要です。とりあえず「新しい職場で、自分の能力をより発揮し、会社のためにより一層の努力をしていくつもりです」といったようなアピールの仕方が理想です。

今まで私は、「転職サイト」を活用するより、「ハローワーク」を優先していました。

前は新しい職場を探すときは「ハローワーク」を優先していました。どうしてかというと、CMで有名な大手の転職サイトは、なぜか都心の求人情報しか掲載していないからです。であったので、求人情報を探す際は、「ハローワーク」のみ使っていました。やっぱり、求人募集をする多少企業も、給料などの労働条件も若干見劣りはしますが、地域密着という点では安心して面接に進むことができます。ですが、「ハローワークは地味なイメージがある」とイメージしている人も多少いるかもしれません。思いのほか、転職サイトには掲載されていない求人があるので、そろそろ転職希望の方は、お近くのハローワークに1度行ってみるのも手です。大手転職サイトみたいに大量の電話・メールが頻繁に送られてくる心配もありません。

退職|直接雇用ではなく派遣という形態で仕事をする人がだんだんと…

派遣会社に登録した上で働く人が現在増える傾向にあります。派遣先の企業が派遣会社にいくら支払い、そのうちの何割が自分に入るのかを可能な限り面接の際に聞いた方がいいです。派遣会社は、労働者を必要な企業に派遣してその見返りに手数料を徴収するシステムになっていますが、実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっていることが大半です。5割以上支払われているのであればまだいい会社なのですが、中には開示すらされない派遣業者も少なくなく、悪い派遣会社では、2割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにするケースも多いといえます。面接時、まともに回答してもらえない派遣業者は、色々と不都合なことは隠そうとする可能性が高いのでできる限りその派遣会社で働くことを断念するのが賢明です。

働くにあたって精神的に自分が苦しくなって職場を変えなくてはいけなくなってしまった時には、…

働く中で心的に自分が苦しくなって転職せざるを得ない状況にまで悪化したなら、会社と相談ではなく身内と相談しながら会社を辞めるかどうかの判断をしてみましょう。どうしてかというと、働くのは当事者であるあなたのためでもありますが、家族の問題でもあります。どんなに高い給料を得られたとしても、メンタル面がダメージを負ってしまうまで仕事をするのは健全とは思えません。今の時代は経済的に豊かなことよりも、仕事のしやすさを重視する生き方も徐々に増えつつあります。ですから気に病むことなく、家族や、あなたの心身をいたわりましょう。