退職|派遣で働いています。労働契約法のせいで長く務めてき・・

退職|派遣で会社で働いています。派遣法とかの関係でやむを得ず・・

  • 派遣として就業しています。派遣法と労働契約法によりやむを得ず、長く勤務してきた会社での仕事があと数週間で終わります。同じ派遣である方の中には、派遣先の企業で正社員のポジションをつかみ取った方もいるのですが採用された理由としては正直仕事ぶりというよりは派遣先の上司の扱い方が上手でお引き立てがあったよう。仕事のスキルよりおじさんを転がすスキルの方が大切なんだねーと抜擢されなかった別の派遣のメンバーと派遣先の職場で毎日文句を言ってます。
  • 転職のための活動を行う際は、なにはともあれ何よりも…

  • 転職をする活動を行う際は、とにかく自分の内心が静かであることを忘れないようにしたいものです。会社で働きながら転職をするための活動では、たいして気にしなくても良いとは思いますが、退職してしまってから行う場合にはやはり心のうちが焦りが出てしまいます。その点を踏まえ、気持ちを抑えつつ、活動を続けましょう。自分がやってみたい業務や、理想と思える職場のイメージを明瞭化しておきましょう。そのイメージを実際の職場と比べてみて、それらが合致しているか否か、冷静になって見極めることが重要なのです。そうすることで、良い転職先が容易に見つかるはずです。
  • 退職|転職をする場合で高い確率で聞かれるのは職場を辞めたわけですが・・

  • 転職をする際でほぼ100%投げかけられる質問が以前勤務していたところを退職した原因です。このような質問に答える場合には話の中心を前職のことにしない方が賢明です。そのことが的にされてしまうと絶対にマイナス要素を伴った話の内容になってしまうので。どういう風に話せばいいかと言えば、どうして前の職場を退職したかという点をこちらの会社に絶対に入社したいと思っていたからといった内容に持っていくということで、自己アピールもかねて入りたい会社に話の方向を傾けていきましょう。転職理由でも、そのような内容ならば、マイナス面を消しプラス面を印象づける以前の会社を辞めた理由に変えることが可能です。
  • 転職するための期間中は、ついつい時間に余裕がある・・

  • 再就職先を探している間は、ついつい緊張感のない、ダラダラとした生活になりやすいですよね。しかしながら、そのような生活を常態化させるのはキケンです。なぜなら、気の緩んだ、ダラダラとした生活が当たり前になると、「心」にも問題が出てくるからです。ですから、いつの間にか働く意欲がなくなり、お金に困る状況にも・・・。こうして、すべてにおいて悪循環になり、次の職場を見付けることが難しくなってしまいます。次の仕事が決められなくなるのは、給料を第一に考えるためです。お金を第一に転職先を探すことになるとキャリアアップのために転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。そんなわけで、お金に縛られない生活を目指すためにも、ダラケタ生活は、(転職活動中には)不必要です。
  • 将来に目を向け、楽しみつつ、再就職に向けての転職活・・

  • 将来に目を向け、たのしい気持ちでいながら転職活動と向き合えば、メンタルへの負担を抑えられるので、転職先が見つかるまでの間の堕落も回避できます。メンタルが損なわれていない分、すぐに新たな転職先も見つかるはずです。そうするには、休職期間を作らずに新しい職場に飛び込むことが大事です。現在の仕事を辞めずに次の職場を探すのが理想といえます。それに、ブランクをつくらなければ今の仕事を辞めたあと、すぐに働けます。そうすることで、職歴にも空白期間が無いので今後に響きません。要するに、転職の時に不利になることがないということです。将来を踏まえながら、うまく転職活動を進めてみましょう。
  • 転職活動を行うにあたっては、事前にハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはネット上の求人情報を閲覧したり・・

  • 転職をする際は、あらかじめ、ウェブ上の求人サイトを見たりして転職したい会社をチェックするとは思います。しかしながら、その会社が情報を公にする際には、、専属の「コンサルタント」が指南していることが多いものです。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す能力に長けています。たとえ公表するとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そういったそのような会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などは、それをすべて信じるのではなく、参考程度に聞いておいた方がいいでしょう。もしも書かれていたことを信じて入社してしまった場合、「聞いていた話と違うじゃないか」とあとで後悔するかもしれません。悪徳会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後、様々な文句をつけていかにして辞めさせないようにするか画策しています。ブラック企業では、この手のことが多いです。
  • 退職|転職候補に挙がっている会社で会社見学しておけば、すごく参考になります。

  • 転職候補先での見学に参加するとかなり勉強になります。そういった会社のなかでも、職人さんのいる会社では腕を見るのが楽しみです。が、残念なことに「職人」がいる会社見学は、見学者には高確率で、いつも通りの働き方を見せてくれないのが特徴です。特にその傾向が強いのはずばり、「ブルーワーカー」(肉体労働)などの職種です。個人のプライドが高めな業種なので、仕事を始めてみるまでは、本来の姿がわかりません。そのため、見学で知った内容がそのまま仕事現場と考えないことが無難です。さらに、見学時に実際に仕事を体験させてくれる会社は倫理的にアウトですからハッキリ言うと「論外」です。雇用契約を結んでいない段階では仮にケガなどのトラブルに見舞われたとしても、それに対する保障もないので、仮に、勧められてもやんわりと断るのが無難です。
  • 退職|仕事を始めてすぐはすぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。

  • 転職を考えているのならすぐに年収に関して高望みはしないほうが無難です。中でも、はじめの年度はおおむね研修期間が含まれているというのが可能性は少なくありません。自分の場合、せっかく転職したというのに、それまでの職場での年間報酬と大方イコールでした。そればかりでなく、仕事は多様で忙しく、たいへん責任が伴うものだったので、最初の1年は、ひどく厳しかったです。そのような経験から初年度は、勉強に充てる期間と捉えておき、出来る限り転職する以前から貯金をしておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。
  • 転職の際、「派遣社員」を選択予定の方にチェックしてもらいた・・

  • 転職で、派遣社員という勤務形態を考えている方にぜひ注意してほしい点が数点あります。まず派遣という言葉を聞くと、「データ入力」「電話対応」「その他雑用」のような仕事内容を想像した人がおそらく多いとは思います。実は私も現在勤めている職場に入社するまでは「業務は電話対応になります」と派遣会社の担当者からも聞いていました。が、実際に入社したとたん、まさか「電話対応」だけでなく、辞めた正社員の穴埋め役を任されてしまいました。的確に動けるわけもなく、入社前の説明と大きな食い違いがあるので日々かなりきついです。とにかく、「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。
  • 近年、インターネットの就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングを専門に行う会社も増えてきました。

  • 近頃、ネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングの専門業者も増えてきました。もしもあなたが特許権を取得したことがあるなら、電話が掛かってくる可能性が高くなるといいます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許出願を行った人のほかに、研究開発で論文を発表した経歴のある人や、マスコミによって注目を浴びている人など、「功績」を残した人物をターゲットに、電話・メールで接触してきて、ヘッドハンティングのネタにしようと画策しています。会社に在籍中に、いかにもヘッドハンティングのような誘いを受けたときには、そのような心当たりを考えましょう。極稀にヘッドハンティング名目として、登録料を要求してくる業者もあるらしいですが、その手の会社は完全に詐欺なので、騙されないように注意しましょう。基本的に、ヘッドハンティングの世界は、企業側が報酬を支払う形になるので転職希望者がお金を出すことはまずありません。
  • 求人関連の広告には、大部分の場合は多くの職場では月の収入がしっかりと記載されていますよね。

  • 求人関連の情報を見てみると、ほとんどの場合、普通の会社では月収が記載されているはずです。だけれどもこの月収の箇所を見る時には、その数値だけで納得してはいけません。そのわけはひょっとすると、月収の額の内訳で「毎月20時間分の残業」が条件になっているかもしれません。何があるかというと残業代の金額をあえて含めることで魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしているケースも考えられます。それ以外にも、「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている企業もあったります。このような可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社は興味を持たないほうが賢明です。
  • 安定性を送ろうと正規の社員として働こうと考えている…

  • 安定性を手にするべく正規社員になりたいと考えている人は相当います。けれど、役立つスキルを身に着けたりして努力しても、中々正規雇用が現実化しないこともあります。契約社員の求人情報がかなり目につくのに正社員の求人に拘り、時間を浪費している人が少なくないと言います。仮に、正規雇用での雇い入れが難しい場合は、派遣社員に応募する事も考えた方が良いでしょう。会社によっては、成果によって2,3年で非正規雇用から正規雇用へのキャリアアップができる可能性もあるからです。採用面接を受けているあいだに、「正社員登用」の可能性があるかどうかを質問しておけば、将来設計も組みやすくなります。
  • 転職のための面接では気を付けておきたい点があります。

  • 転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。面接官から「転職の理由は何ですか?」という風に、かなり高確率で質問されます。この場合、いくら正しい意見だと思っても、以前の職場の働く環境や人間関係が良くなかった内容は、できれば避けましょう。なぜかというと、こういった話をしてしまうと、採用される可能性を逃してしまうことになりかねません。面接時は、「ポジティブ」な内容に徹底することが肝要で、あくまで「新しい職場では自身の能力を十分に発揮し、さらにアップして自分および会社の戦力になるように努力します」、のような未来形での話ぶりが担当者には受けます。
  • 退職|今まで私は、「転職サイト」を利用するより、いつも「ハローワーク」に相談していました。

  • 前は求人情報は「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」で仕事を探していました。なぜなら、大手の転職サイトはどうしても都心部の求人情報ばかり掲載されているからです。これまでの求人を探す時は、「ハローワーク」ばかり使用していました。もちろん、大手転職サイトに掲載されている求人より企業や給料といった条件は見劣りしますが、地域に根ざした企業もあり、探しやすい魅力があります。「ハローワークはなんか地味だなぁ」というイメージがある方も多少いるかもしれません。ですが、良い求人もありますのでそろそろ転職しようと考え中の方は、ハローワークに1度行ってみると意外な発見があるかもしれません。「転職サイト」のような執拗なお知らせやメールが送られてくることもありません。
  • 退職|派遣会社を利用して仕事をする人が現在多くなってきています。

  • 派遣会社を介して仕事をする人が最近では増えてきていますが、今後、自分が派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる時給がいくらで、トータルのお金(または比率)、自分に入るのかをできるだけ面接の際に質問しておいた方が無難でしょう。派遣業は人材を希望する企業に派遣して、その見返りとして、手数料を徴収するシステムになっていますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースが大半です。5割以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということも可能ですが、中には開示すらされないところも少なくなく、ときには、2割だけしか労働者に還元しないケースも多いといえます。面接時、まともに回答してもらえない派遣業者は、隠ぺい体質であると考えることもできるので、なるべくそこでの登録はやめておきましょう。
  • 退職|働くことによって回復が難しいほど精神的にかなり厳しくな…

  • 仕事のなかで精神的なダメージが増え、職場を変えなくてはいけなくなってしまった時には、そんな時は、相談するのは会社でなく家族などの近しい存在の人に相談したうえで、退職するかどうかを決めたほうがいいです。なぜならば、働くということは自分のためでもありますが、家族の問題でもあります。どれだけ高い給料をもらっていたとしても、メンタル面が追い込まれるまで仕事をすることは良いことではないはずです。今の時代は、経済的に豊かなことよりも、仕事のしやすさを大事にしても良いはずです。ですからあまり気にせず、あなたの家族、あなた自らの体を大事にしましょう。