退職|派遣で勤務しています。派遣法や労働契約法のおかげでやむを得…

派遣で就業しています。派遣法や労働契約法のおかげでやむを得・・

  • 派遣で働いています。労働契約法のからみで否応なく、ずっと働いていた派遣先の会社での仕事が終了します。同じく派遣で働いている人の中には派遣先の会社から直接雇用の契約をつかみ取った方もいるのですが抜擢された理由としては実際のところ仕事の腕とは関係なく派遣先の上司へのごますりが上手な方でお引き立てがあった気配。仕事ができるかどうかよりも上司にゴマをする能力の方が大切なんだねーと選考に漏れた別の派遣のメンバーと勤務先で不満をたれる日々です。
  • 転職のための活動を成功させるには、必ずあなたの心が静かである…

  • 転職の活動をしているときは、まずゼッタイに自分の心が慌てないことを忘れないようにしましょう。働きながら転職のための活動をしている場合、それほどにはそうでもありませんが、退職したら行うのであれば、どうしても焦ってしまいます。であるので、冷静に活動してみましょう。あなた自身でしてみたい仕事や、理想と思える職場のイメージを明瞭にしてみましょう。そのイメージを実際の職場とのそれらが合致しているか、改めて冷静に見極めましょう。そうすることで、良い転職先が容易に見つかるはずです。
  • 退職|再就職をする場合でかなり高い確率で聞かれるのは前の職場を辞め…

  • 再就職をする時に面接で絶対に聞かれるのが辞職した原因のことですが、この質問になった時には話題を退職した会社に向けない方が安全です。前職を退職した理由を中心に話をすると言うまでもなくマイナス面を伴った内容になってしまいます。どういう風に面接を進めていけば良いかと言うと、どうして前の会社を退職したかという点をぜひともこの職場に入社したい理由があったからという話に向けていくということで、今、自分が入社したい会社に話の中心を持っていきましょう。転職理由でも、行きたい会社の話だとマイナスではなく好印象の以前の会社を辞めた理由にすることができます。
  • 退職|転職の間は、無意識のうちに時間がある分、気が緩んでしま・・

  • 転職の間は、知らず知らずのうちに時間に余裕がある分、気が緩んでしまい、緊張感のない、だれた生活を送ってしまいがちです。だとしても、そんな過ごし方はおすすめしません。それは、緊張感のない、ダラダラとした生活が当たり前になると、肉体的にだけでなく、「心」も不健全な状態になるからです。なので、いつの間にか働く意欲を失い、経済的に困る事態となりかねません。そうなると、悪いサイクルがさらにつづき、次の勤め先を見付けることが困難になってしまいます。次の仕事が決められなくなるのは、給料を最優先に考えてしまうためです。お金を最優先に考えざるを得なくなるとキャリアアップのために転職しようと思っていたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ということで、お金に縛られない生活をする意味でも、ダラけるような生活は意識して避けるようにしてください。
  • 将来に目を向け、楽しい気持ちを持ちながら転職と向き合うこと・・

  • 将来に目を向け、たのしい気持ちでいながら転職活動と付き合っていけば、精神的な負担が減少するので、転職先が見つかるまでの間に堕落はしないですみます。またメンタル部分が健やかな状態であれば、割と早く転職が出来るでしょう。そうするには、やはり、休職期間をつくることなく新しい職場に飛び込むことが大切です。今の仕事を継続しつつ、新たな職場を探すのが良いと思います。そのうえ、隙間をなくせば現在の仕事を辞めてから、すぐに働けます。このようにしておくと、職歴にも空白期間が無いので将来に響くこともありません。要するに、転職の時に不利になることがないということです。将来のことを考えながら、スムーズに転職活動を進めてみましょう。
  • 退職|転職活動を行うとき、まず、求人雑誌やウェブ上の求人情報を見たりし…

  • 転職活動では、まず第一にネット上の求人サイトを閲覧したりして興味のある会社をチェックするとは思います。ですが、その会社が実際にそのようなところに情報を出す場合には、コンサルタントに相談をしている場合が多いです。コンサルタントはいかに、会社にとって都合の悪い情報を隠せばいいか、不都合な内容を公表する際も、遠回しな表現に徹します。そのような社員の声や社長のインタビューについては、額面通りではなく、半信半疑で聞いていた方が間違いがありません。仮に美辞麗句を鵜呑みにしてしまった場合、「こんなはずじゃなかったのに・・・」と後々、後悔するおそれがあります。悪意ある会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は、色々と理由をつけて辞めさせないよう仕向けてきます。この種のブラック企業には注意が必要です。
  • 退職|転職候補先での見学に参加すると非常に勉強になります。

  • 転職しようと考えている会社で会社見学などがあるとすごく勉強になります。会社見学できる会社の中でも、「職人」さんがいる会社では、職人技を近くで見られるので楽しいものです。しかしながら残念ながら「職人」がいる会社見学では見学者には間違いなく、実際の姿を見せてはくれません。特にその傾向が強いのはずばり、ブルーワーカーといわれる肉体労働などのジャンルです。このジャンルでは、個人のプライドが強いので入社してみないと、本来の姿は伺えないものです。そのため、仕事=見学で触れた内容と解釈しないことがとても重要なのです。また、会社見学時に実際に仕事を体験させる会社は危険ですし、言語道断です。入社してもいない人には仮にトラブルが発生しても保証などありません。担当者から勧められてもていねいに断ることが大事です。
  • 新しい仕事に就きたいと考えているのなら、いきなり満足できるほどの「年間報酬」を手にできると考えないほうが良いです。

  • 職場を変えたいと思っているのなら、「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。ことさら、転職1年目の段階では、ほとんど試用期間が入っていることもほとんどで、私自身のときは、苦労の末新しい職を見つけることができたのに、悲しいことに前の会社での年収とほとんど同額でした。また、仕事内容は多様で忙しく、責任のあるもので、1年目を乗り越えるのにたいへん状態でした。そうした体験から1年目は、勉強に充てる期間と捉えておき、できるだけ転職するよりも前から貯金をしておくべき、と思います。
  • 転職を、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方に…

  • 転職する場合、「派遣社員」を選択予定の方にぜひチェックしてもらいたい箇所があります。派遣業務については、データの入力、お茶出しなどの雑務、雑用等をといったものを想像する方がおそらく多いかと思います。はじめは私自身もそのように思っていました。今、働いている会社に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募したときに「電話対応がメインです」と派遣会社から伝えてもらっていました。しかし仕事に就くと、退職した正社員さんの穴埋め業務をやってくれと言われました。的確に動けるわけもなく、はじめの説明とはかなり違っていたので毎日非常に困っています。とにかく、ひたすら派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。
  • 近年、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでな・・

  • 最近、インターネットの就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社もたくさんあります。あなたが特許を取ったことがあるなら、彼ら(ヘッドハンティング会社)から電話が掛かってきやすいという話をご存知ですか?彼らは、特許を取った人に限らず、研究開発で論文を世に出した経験がある人や、マスコミで紹介された人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人に狙いを定めて、電話やメールを使って接触し、ヘッドハンティングのネタにしようと画策しています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングの誘いを受けたなら、心当たりを考えてみてください。近年はヘッドハンディングと言いながら、登録料を請求する業者もあるらしいですが、その手の会社は100%嘘ですから相手しないのが賢明です。報酬を支払わなければいけないのは登録している会社で、転職希望者がお金を払う必要などありません。
  • 退職|求人についての情報を見てみると、大部分の場合は多くの会社…

  • 求人についての情報を見てみると、まともな職場では月収がしっかりと記載されていますよね。だけれどもこのポイントを確認する際は、しっかり確認する事が大事です。その値だけでわかってしまってはいけません。そのわけは会社によっては、月収の金額のなかに月30時間残業の場合が条件になっているかもしれません。そういうことは残業代を含めて金額が高く見えるようにしているケースも少なくないのです。さらに基本給プラス歩合給で、歩合をかなり多く見積もって月収として見せているケースもあったります。ですから、そうやってよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社ははじめから相手にしないほうが無難です。
  • 退職|安定的な人生を手にするべく正社員を目指している人は相当います。

  • 安定した暮らしを送ろうと正社員として働こうと考えている人は相当数います。けれども、努力しても、正社員として雇い入れてもらうことがうまくいかないこともあります。非正社員の求人募集がかなり目につくのに正社員の求人以外は気にも留めず悶々とした日々を過ごしている人は意外と多いようです。万が一、転職先が正社員として迎え入れてくれないのなら、非正社員の求人募集も見てみましょう。契約社員や派遣社員募集の企業の中にはその人の手腕によって、2,3年で契約社員から正社員へのキャリアアップを狙えることもあるんです。面接時に「正社員登用」の有無を訊いておくようにすれば将来設計にも役立ちます。
  • 退職|転職時の面接の時に面接担当から「転職の理由は何ですか?…

  • 転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。人事から「転職の理由は何ですか?」と質問されるはずです。このとき、どんな訳があっても、前の仕事場での「労働環境」「人間関係」についての不満に受け止められる返事は、なるべくしないほうが良いでしょう。なぜなら、こういった話をしてしまうと、心象を悪くしてしまい、チャンスを棒に振ってしまいます。そのため面接時は、「前向き」な姿勢を見せつづけることがとても重要で、とりあえず「新しい職場では自分の能力を十分に発揮し、会社のためにより一層の努力をしていくつもりです」のようなアピールの仕方が良い印象を持ってもらえるのです。
  • 退職|以前の私は、「転職サイト」を利用するより、いつも「ハローワーク」を利用していました。

  • 以前は、「転職サイト」で職を探すより、主に「ハローワーク」が中心でした。なぜなら、大手「転職サイト」は、特性上、都心部にある企業の求人がほとんどだからです。このため、求人情報をチェックする時は、「ハローワーク」のみ使っていました。企業の知名度や給料は劣りますが、昔から地域に根ざした情報が自分に適した職が探しやすくなります。しかし、「ハローワークって地味な雰囲気がある」というイメージがある方もいるかもしれません。思いのほか、有名な転職サイトには掲載されない求人があるので、もし転職希望の方は、お近くのハローワークに行って相談してみてください。有名な転職サイトみたいに執拗なニュースレターの心配もありません。
  • 派遣会社に登録して仕事をする人が徐々に増加しています。

  • 派遣会社に登録して働く人が一昔前の規制緩和以降、増加する傾向にあります。仮にあなたが派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、トータルのお金(または比率)、自分に入るのかを極力面接のときに確認しておくべきでしょう。派遣業は、人手が必要な企業に人材を派遣し、その見返りに、手数料を徴収していくシステムといえますが、実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっていることがかなりあります。5割以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということも可能ですが、中には開示すらしない派遣会社も少なくなく、ひどいものだと3割だけしか労働者に還元しない場合も多くあります。面接時に、真摯に返答してくれない派遣業者は、不都合な点を隠す傾向が強いので、できることなら別の派遣会社を利用すべきです。
  • 仕事によって精神的なダメージが蓄積され、職場を変えなくてはいけない状況になったのな…

  • 会社が原因で回復が難しいほど心的なダメージが蓄積されてしまい、転職しなくてはいけない状況になったのなら、相談するのは会社でなく家族などの近しい存在の人と相談しながら退職するかどうか判断した方が良いです。なぜならば、仕事をするのは自分の事でもありますが、家族の問題でもあります。どれだけ高給を得られたとしても精神がボロボロになるほど無理して仕事をするのは健全ではないはずです。現代は、物質的なことよりも、働く当人が働きやすいことを優先で前提にしても良いはずです。ですからあまり気にせず、あなたの身内や、あなたの心と体を大切にしていきましょう。