退職|派遣として働いています。派遣法や労働契約法のからみ・・

退職|派遣で勤務しています。派遣法や労働契約法のせいで長期間勤務していた…

  • 派遣というかたちで働いています。派遣法や労働契約法の関連で不本意ですが長期間務めていた派遣先での勤務を終了しなければなりません。同じ派遣である方の中には、派遣の勤務先で正社員のポストを得た方もいるのですが採用された理由としては実際のところ仕事の能力というよりは派遣先の上司へのあしらい方がうまくてそのおかげでお引き立てがあったとしか考えられません。テクニカルスキルよりもおじさんを転がすスキルの方が大事なのだろうと抜擢されなかった派遣仲間の同僚と職場で文句を言ってます。

    転職の活動を行う際は、常に自分自身の心が落ち着いてい・・

  • 転職をする活動を成功させるには、まず何よりも自分自身の心のうちが静かであることを大事にしましょう。まだ会社を辞めないで転職活動をしている場合、それほどそうでもありませんが、退職後にする場合には焦燥感が出るものです。そういった点を理解し、冷静に活動を続けましょう。将来、自分がやってみたいことや、理想とする職場のイメージを明瞭化しておきましょう。そして、希望する職場と比較してみて、それらが合致しているか、しっかり、冷静に見極めてみてください。多少面倒に感じるかもしれませんが、こうすることで転職で良い結果を出しやすくなります。

    転職をする場合でほぼ100%問いかけられるのが前の職を辞職・・

  • 転職をする際に面接で必ず投げかけられる質問が職場を辞めたのはなぜか、という話ですがこのような質問に答える際には退職した会社を話題にしないほうが最善です。退職した理由に焦点を当てるとほぼ確実に良くない面を伴った面接に進んでしまいます。どうこの点に関して話せば良いかと言うと、どうして前の職場を退職したかという点をこちらの会社に必ず入社したい理由があったからといった感じに持っていくということで、今、自分が入りたい会社の方に話の中心を持っていきましょう。転職理由でも、そういう内容ならば、マイナス面を隠しプラスの要素を含んだ以前の会社を辞めた理由に変えることが可能です。

    転職活動中は、そんな風に過ごすつもりもないのに時間に余裕がある分…

  • 転職期間では知らず知らずのうちに時間に余裕があるため、緊張感のない、だれた生活になってしまいます。ですが、そのような生活を習慣にするのはキケンです。なぜならば、だれた生活が当たり前になると、肉体的にだけでなく、「心」もだらしなくなるからです。気づけば、働く気力がなくなり、生活ができなくなり困る状況にも・・・。そんな状況になってしまうと、すべてにおいて悪循環になり、転職をしたい会社をなかなか決められなくなります。将来の決断ができないのは、給料を第一に考えるためです。給料を最優先に転職先を探すことになると仕事内容を重視して転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。ですから、お金に縛られない生活をしていく上で、だらけきった生活は、転職活動中にしないようにしましょう。

    退職|楽しみを見出しながら転職活動ができれば、精神的に負担を感じることもないので・・

  • 楽しく過ごしつつ、再就職ができれば、メンタル面での負担が減るので、転職活動の間に堕落はしないですみます。そのうえ精神的な部分が損なわれていない分、割と早く転職先も見つけられるはずです。一番ベストな形は、やはり、休職期間を作らずに新しい職場を見付けることが大切です。今の仕事を継続しつつ、転職活動することが良いと思います。しかも、休職期間をなくすことで、仕事を辞めた後も直ぐに働けます。このようにしておくと、職歴にも空白期間ができることがないので、履歴への影響も回避できます。すなわち、転職の際にマイナスの要因がなくなるということです。将来のことを考えながら、転職活動を進めていきましょう。

    退職|転職活動の際は、まず、ハローワークや求人雑誌の求人情報を閲覧したりして…

  • 転職を行うにあたっては、はじめに、求人票を見たり、ネット上の公式サイトを閲覧したりして関心のある会社を調査するはずです。しかしながら、当該会社が情報を公にする場合には、コンサルタントからアドバイスを受けている場合が少なくありません。彼ら(コンサル)は、会社にマイナスとなる情報を隠す達人でもあります。仮に公開するとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そのようなコンサルの影響が色濃く出た、社長社員に関連する情報は馬鹿正直に信じるのではなく、半信半疑で聞き流すべきです。仮に書かれていたことを信じて入社してしまった場合、予想とは全く違うと気が付くことになることが多いです。たちの悪い会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は、あれこれ言いがかりをつけていかにして辞めさせないようにするか謀略を練っています。ブラック企業では、この手のことが少なくありません。

    転職したいと考えている会社で会社見学しておけば、たいへん参考になります。

  • 転職先で見学などがあれば、すごく勉強になります。とくに、職人さんのいる会社では職人技を近い距離で見られるのでワクワクします。ですが、「職人」がいる会社見学では間違いなく見学者には、実際の働き方を見せないのが特徴です。例を挙げるとブルーワーカーといわれる肉体労働などのジャンルです。この業種では、癖の強い人が多いので実際に入社してみないと、実際の姿は伺えないものです。なので、会社見学で見たものを仕事内容だと解釈しないことが大切です。ましてや、見学の時に実際に仕事体験させてくれる会社は、問題があるので選択肢に入れるのはオススメできません。入社していない人間には、万が一ケガなどのトラブルに見舞われたとしても、保証など一切ありません。担当者から勧められてもやんわりと断りましょう。

    新しい仕事についてすぐは「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。

  • 転職する企業で、いきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。中でも、転職1年目の段階では、おおむね研修期間が含まれているというのが多くあります。自らの場合、苦労して手に入った職場なのに、悲しいことにそれまでの職場での年間報酬と大方同じだったことがあります。おまけに、業務内容はきつく重大な責任が伴うものでもあったので、初年度を乗り越えるのに本当に骨が折れました。ではどうすればいいのか、1年目は、勉強する期間と割り切ってしまい、可能なかぎり転職する以前にお金をためておくことに尽きると思います。

    転職で、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている人…

  • 転職する場合、「派遣社員」として、転職を考えている人にぜひ覚えていてほしい箇所がいくつかあります。なんとなく派遣に対して、「データ入力」「電話対応」「お茶出し」「その他雑用」といった業務内容をなんとなく思った人が多いはずです。かく言う私自身もそう勘違いしていました。現在の企業に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募したとき、「主な業務は電話対応になります」と派遣会社からも説明も受けてました。ですが、業務に掛かると、まさか「電話対応」だけでなく、欠員した正社員の穴埋め役を指示されました。いつも毎回振り回されますし、はじめの説明とは全く違うので毎日非常に困っています。とにかく、ひたすら派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。

    退職|最近、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでな・・

  • 今日、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社も増えてきました。あなたに特許出願の経験があるなら、コンタクトを受ける可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を取った人に加えて、研究開発で論文を出したことのある人や、マスコミで紹介された人など、何らかの実績も持つ人をターゲットに電話やメールを使って接触し、ヘッドハンティングのネタにしようと腐心しています。仮にあなたが、ヘッドハンティングと推測される話が出てきたなら、心当たりがないか考えてみましょう。ときとして、ヘッドハンディングと言いながら、「登録料」を要求してくる会社があるのですが、その手の輩は100%詐欺なので、相手しないのが正解です。通常、ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払うだけで、転職希望者が支払うものではありません。

    求人関連の情報では、ほとんどの場合、たいていの職場・・

  • 求人関連の広告には、とうぜんまともな企業では月の給与が記載されているはずです。この月収を見る時には、注意深く確認する事が欠かせないです。値だけで判断しないほうが無難です。何故かというと場合によっては、月収の金額のなかに「毎月20時間分の残業」が含まれているおそれもあります。何が問題かというと残業代を含めて良い案件に見せて、人材を募集しているケースも考えられるのです。さらに「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せている所もあります。だから、このような可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社はスルーしておくのが無難といえます。

    安定した生活を願って正社員になりたいと思っている…

  • 安定した暮らしを求めて「正社員」として働こうと思っている人はかなり多いと思います。でも、即戦力として働けるようにかなり頑張っているのに正社員として採用されることがうまくいかないこともあるでしょう。非正規雇用者の求人は結構あるのに正社員の求人情報以外を見ないで応募しない人も少なくないでしょう。仮にあなたが、正社員として希望する仕事に転職できない場合は、派遣社員に応募する事も考えた方が良いでしょう。契約社員や派遣社員を募集している会社であっても、働き手の実力により、2,3年で非正規雇用から正規雇用にステップアップできることもあるからです。面接を受けた時に、「正社員登用」の可能性がどのくらいあるかを尋ねておけば、今後の役に立ちます。

    退職|転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に面接担当から「転職理由は?・・

  • 転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。人事から「転職理由は?」という風に、ほぼ質問されます。こういった場合、どういった理由があろうとも、以前の職場の労働環境や人間関係についての愚痴とも受け止められる答えは、なるべくしないようにしましょう。なぜなら、此の様な内容の話は、採用条件としてマイナスに傾き、チャンスを無駄にしてしまいかねません。面接時には前向きな発言が正解です。たとえば「新しい職場で、より一層キャリアを生かせられるように、また、さらなるキャリアアップを図りたいと思っています。」といったような未来志向での返答が良い結果につながるのです。

    前は求人情報は「転職サイト」を使うより、主に「ハローワーク」が中心でした。

  • 前は職探しは「転職サイト」ではなく、主に「ハローワーク」を利用していました。なぜなら、大きな「転職サイト」は、システム上、都心の求人情報しか掲載していないからです。そのため、転職するときには「ハローワーク」に頼ってばかりでした。やはり、人気の転職サイトに掲載されている求人より企業数や給料などでは、若干の見劣りがあるものの、古くから地域に根ざした情報が都心部以外での転職をするときには重宝します。ですが、「ハローワークはなんとなく地味なイメージがある」と先入観を持っている人が少なくはないでしょう。良い求人情報もそれなりに掲載されているため、これから転職を予定しているのなら、ハローワークに行って相談するもの良いかもしれません。大手転職サイトのように執拗な電話やメールもありません。

    退職|派遣会社を利用して仕事をする人がだんだんと増加しています。

  • 派遣会社を通して仕事をする人が近頃は多くなってきています。仮にあなたが派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、そのうちどの位の金額、もしくは割合で自分に入ってくるかを可能であれば面接の際に質問しましょう。派遣業は人材を希望する会社に派遣して、その見返りに、手数料をもらうシステムと考えることができますが、派遣会社の多くは、派遣される労働者の取り分を積極的には開示していません。50%以上が労働者に支払われていればまだいい会社なのですが、情報開示をしてくれない業者も多く、悪い業者では、8割しか労働者に還元しないという場合も多いといえます。なお、面接のときにきちんと答えてくれないような会社は、不都合な点を隠す傾向が強いので、できるなら異なる派遣業者で登録されることをおすすめします。

    退職|働くにあたって回復が難しいほど心的にかなり厳しくな・・

  • 仕事のなかで回復が難しいほど精神的にかなり厳しくなり、転職しなくてはいけない状況に至ったなら、職場の人と相談するより自分の家族に相談したうえで、会社を辞めるかどうかの判断をした方が良いです。それは、働くということは当事者であるあなた自身ですが、身内の問題が第一にあるからです。毎月、どれだけ高い給料を手にしたからといって、精神がボロボロになるまで我慢しながら無理しながら働くのは良い訳がありません。今の時代は物質的な豊かさよりも、働く本人が働きやすいことを優先で前提にしたって良いはずです。ですから気に病むことなく、あなたの家族とともに、あなたの心と体の健康を考えていきましょう。