退職|現在、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようにな…

現在、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようにな・・

  • 現在、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件についての取り締まりが強化されたり、悪質な企業は公表されたりと、厳罰に処せられる傾向にありますが、まだまだ不完全です。なので、面接時に「ブラック企業」かどうか、自身で判断してみましょう。まずは求人票などの労働条件を事前に調べ、不安に思う項目について聞いてみることです。相手が「ブラック企業」な場合、記載内容にウソがあったときは、返答が不自然になります。その場での回答を避けるなど逃げ腰になります。給与や残業や休日に対しては、質問していくうちに、後ろめたさを感じる表情を見せる可能性が高いです。それでもめげずに尋ねていくと、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされた態度を見せるので、そこで相手がウソをついていると確信できます。このような会社は、嘘をつく体質であるといえるので、入社を止めるのが無難でしょう。

  • 転身したいなら、労を惜しまずに色々な会社の募集案内を普段から調べたり比較したりしてお・・

  • 再就職を検討しているのなら、労を惜しまず頻繁に会社をチェックしておくと転業先を選ぶのにとても役立ちます。あなたが現在の仕事に不満足だと感じているケースでは、転職活動を開始したとき、どんな企業でもいいように映ってしまいます。そういった状態だと、どの会社に決めればよいのか迷ってしまうので判断を大きく間違える可能性もあります。雑な行動を取ると、最終的には一瞬で退職の道に進んでしまうので、事前に会社の良し悪しを判断できる目を養っておいたほうが良いのです。転職したい会社の雇用に関する情報だけ見るのではなく、その企業の「取引先」も要チェックです。透明性を重んじる会社は取引先情報を公開していますし、そうでは無い会社は広告宣伝ばかりに注力しがちなので、よく見ておきましょう。また、企業によっては、個人グループに入っているものもあるので、グループの名前をチェックして、内容を確認してみてください。

  • 退職|初めて働いた会社でつらく当たる上司に神経を使い、とうと…

  • 初めて働いた会社で嫌な上司の存在に困ってしまい、結局耐えることができなくなり退職し、同業の他の会社に職を変えました。新しい会社ではいやらしい上司もおらず満足のいく毎日でしたが、徐々に会社の債務が増えて、とうとうとある会社に経営統合されることとなったのです。ところがその統合した先の会社が驚くなかれ前勤務していた会社で、とても嫌いだった上司がもう一度私の上司になることになりました。いったいこれはどれほど縁があるのでしょう。当然また転職をしようと活動を始めようと思っています。

  • 退職|転職活動で面接時に例外なく尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動を行っていて面接時に必ず尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。志望動機に限っては、率直に話しても問題ありませんが、転職理由について隠さずに伝えるのは賢明ではありません。例をあげれば給料の不満、上司と相性が悪いことなど、面接官によいイメージを与えるものではありません。自分にとってマイナスになると予想されることを馬鹿正直に話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそのような部分に注目しやすいので、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。これに対抗して不満を言わずにうまく答える方法として、現職の仕事の内容から外れることには、全く触れないようにすることです。加えて、この企業に入社してこんな貢献をしたい、5年後、10年後はこんなことがしたい、その希望が叶うのは御社しかありません、と話をすり替えてポジティブな印象を与えるのです。

  • 退職|仮に、転業を決意したなら、徹底的に社内の人間にはひそ…

  • 万一あなたが、転職を意思を固めたなら、まったく周囲の人間には内密にその意思がばれないように、活動を進め、転身先が決定していないのなら、徹底的に周囲に気づかれないようにいつもと同じように業務をこなしていくのがたいへんいいです。その点を自覚しておくと、仮に条件にあう働き先が容易に見つからなくても、転身予定を見送りながら現職に継続しても何も問題ありません。そうではなくて、「転職するつもりでいる」と口を滑らせると、周囲はその言葉に合わせた対応を取るようになります。そればかりか社内の人間に「辞めるつもりです」と言ったが最後、社内では「あの人は転職する予定の人」と確定します。ですがもしも、転職したい思いが薄れ、「やっぱり辞めないことにしました」となっても、周りの人は、「一度は辞めようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、仕事中ずっと、身の置き所がないと感じる可能性が高いです。

  • 友人・知人による紹介で転職を叶えようとしている人もいるでしょう。

  • 知人の紹介で転職先を見付ける人がいます。しかし、転職した先の労働環境やそれから労働条件といった部分について知っている人の口コミを判断してしまうと後々後悔するかもしれません。そういうのはそういう口コミ情報というものは性質上、主観が入りすぎてしまい、客観性に乏しくなります。それ故に友人の立場では心地よい働く場所だとしても、自身の価値観に照らし合わせたときには、そうではない可能性だってあるのです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミだけに頼らずに、最後は自分自身の目でチェックしておくようにしましょう。

  • 再就職する際に行われる面接につけていく腕時計においては・・

  • 再就職時の面接を受ける時につけていく腕時計についてですが、目を惹くようなものは着用しないほうが安全です。この目立つという意味は高そうなデザインをしているとか、といったことだけではありません。それとは真逆で安い腕時計の印象を持たれてしまうとか、そのような意味であって真逆の意味で目を惹く、ということで考えておきましょう。転職の面接の際にするべき腕時計はスーツやネクタイと一緒の考え方で、ビジネスの場にふさわしい無難なものを着用して行った方が確実だと言えます。そうはいっても、自分の歳に見合った腕時計であるということも不可欠なことで、新卒で受けた面接のときに着用していた腕時計よりはわずかでも値を上げた方が間違いないと言えるでしょう。

  • 退職|多くの場合一流企業は定期採用中心で、転職希望で入りたい場合は、タイミングを考慮しておく必要があります。

  • 一般的に見て大きな会社は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めます。ですから、転職で入りたい人にはたいへん厳しい条件といえます。しかも都会以外だと転職の可能性がとても厳しくなるでしょう。ただし、製造業の場合には、地方の工業団地等に工場展開している事も可能性があります。そういう場所では、事業拡大に伴って「途中採用」を積極的に行うので、そういった好機に転職を検討してもいいかもしれません。そのためには、地方の工場での転職をされる場合は、希望する会社についての下調べから事前に得ておきましょう。公式サイトにアクセスし、求人がないかときどき確認してみましょう。

  • 退職|がんばっている転職活動をしているときに、「経験と・・

  • 今励んでいる転職する活動の際に「これまでずっとこういった職場の仕事をがんばりました」「過去の仕事では、こういった経験を手に入れました」とそれまでの自分自身の実績などをアピールする人はかなり多いです。ただし、転職先となる再スタートを狙う環境下で「可能ならばこういったことに挑戦したい」「このような事ならぜひ貢献できるに違いない」と未来の展望を話して自分自身をアピールしていったほうがはるかに効果的だったりします。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。

  • 退職|転職サイトに登録すれば必ず、電話やメールで何回も連絡が入ってきます。

  • 転職エージェントに登録した場合、呆れるくらい電話やメールをしてきます。これに対して「転職エージェント」の利用が初めての人は非常に驚くケースが多々あります。転職エージェントは転職させることが目的だといえるので、非常に積極的に行動します。とりわけ大手エージェントは、転職を成就させる対価として企業からお金が入る仕組みといえるので、転職希望者の都合うんぬんよりも企業側を優先的に考えることが珍しくありません。その上転職エージェントは、成約数を増加させたいがために、内定が出たすぐ後に、「入社されてはどうでしょうか?」と半ば強引に説得してきます。防御策として自分の気持ちや意思を自身で整理しておき、妥協した形の転職とならないように注意しておきましょう。

  • クールビズの格好をして再就職の面接を受けに行く場合…

  • クールビズをして再就職の面接に臨む際には、さすがにジャケットまでは着込まなくても良いとはっきりと分かります。ですが、ネクタイだけは着用しておいたほうが好印象を与えてくれます。タイの着用はなくてもOKだと考える企業も存在することもなくはないです。ですが、ことネクタイはクールビズであろうと身だしなみとしてすべきだと思っているところがそこそこあります。そのような訳で、例えクールビズ(軽装)のスタイルであってもネクタイを着用してから面接に行った方が良いということを知っておいてそんはありません。

  • 退職|もしもあなたが再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」のように・・

  • もしもあなたが再就職しようと考えた場合に、「Uターン」「Iターン」といった形で、都市部から地方へと移り住んだうえで再就職してみたいと考える人も多いです。一昔前とは違い転職サイトを使えば、地方や郊外の求人も容易に得ることができますが、けれども、郊外や地方での求人については、募集してる企業や会社の数自体が少ないので、その点がマイナスといえます。ですから、求人情報サイトだけに頼りすぎると機会損失が大きくなるので注意が必要です。転職サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」の情報サイトなどもマメに確認しておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった機関が主催する転職サポートの有無も見ておくと、良い出会いが期待できます。

  • 転職活動をしているなら、気になる求人(OR 職種)を見つけた際に…

  • これから先、転職活動をするのなら、良いと思う求人(あるいは業界)を見るたびにしっかり「〇〇業(気になる業界)、ブラック」とインターネットで検索し目を通しておくべきです。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントでは、まずその業界のマイナス要素について、知らせてもらえません。もしも、ブラック案件が蔓延している業界なら、インターネット検索を通じて一発でおおまかな実態を理解できます。そのような実態を理解しないまま、会社に入ると、後々に落胆してしまうおそれがあります。そもそもその求人が出ていた理由が「内容がキツイからなかなか人が定着しない」ということもかなり多いため、気になる業種や案件に関しては、しっかりチェックしたうえで応募しましょう。

  • これはシフトのある仕事についてです。

  • これはシフト制がある仕事についての話です。毎週、決まった曜日に働ける人を募集する求人を結構見ますが、休む方法やシフトの提出方法については面接時にチェックしておくべきです。それはどうしてかというと、私は以前産休で抜けた人の代理として正社員として入ったのですが、私のシフトがそこでは、「土日」固定のシフトで、新人の私以外は、誰一人現場にいませんでした。産休に入った前任の方が「土曜、日曜」に必ず出勤することができたので、私自身もそのような人と思われていたようです。実際土日に冠婚葬祭が入ることもあり、シフト変更を出す必要があり、同じ部署の先輩方に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と自分で交渉しないといけませんでした。立場は同じなのに、土日は一人だけなんて・・・。冷静に考えると、よく我慢したな、と自分でも驚きです。

  • 退職|とある古物商にて、書類選考をパスしました。2、3日・・

  • ある古物商の人員募集にて、書類審査に合格しました。その後先方から面接の日時を指定してもらいました。けれど、面接日当日、指定場所まで行ってみると、行き違いがあったのか相手が、面接の用意を一切していないと知りました。しばらく待たされたのち、所長らしい男性が面接中も半ば聞きというか、始終呆れるほどけだるい表情を見せ、ひとまず面接を終えました。けれども、予定日を過ぎても合否連絡が一切なく、待っていられず、自ら問い合わせてみると、「郵送で今日送った」と言われましたがしばらく待ちましたが、私の手に届くことはありませんでした。仕方なく改めて問い合わせたところどういったわけか、「今回は見送らせてもらいました」とその直後、電話を切られました。あまりの対応に呆れすぎて言葉も出ませんでしたが、ハッキリ言って、採用されなくて良かったとホッとしています。

  • 転職エージェントと転職サイトを使用して、転職活動を行うことは常識になりつつあります。

  • 転職エージェントや転職サイトなどを活用し、転職活動するといった方法は最近人気です。しかしながら、より転職のチャンスを増やしたいのでしたら、加えて転職フェアも利用してみてはいかがでしょう?転職フェアの長所としては、多くの企業が一堂に会するので、そこに足を運べば気になる企業の情報に直接触れることができますし、加えて、その場で説明しているスタッフさんから、企業の雰囲気を感じられるはずです。これから、転職フェアに参加する機会があった場合、面接を受ける心構えでしっかりと準備をしておきましょう。その結果フェア中に、企業から気に入られれば、その後採用面接でかなり有利になると予想できます。