退職|現在、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件に関する取り締まりが強くなったり、…

退職|現代では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようにな…

  • 近時は、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり、労働条件に対する取り締まりが強化されたり、悪質な会社が公表されたりするなど、厳罰化の動きが活発になっていますが、完全とは言い難いというのが現状です。そのため、面接で見破る必要が出てきます。まずは求人票に書かれている労働条件に目を通し、それらを使って質問をぶつけていきましょう。「ブラック企業」が相手の場合、記載内容にウソがあったときには、返事が不自然なものとなります。「その場ではハッキリとは答えられない」とはぐらかされるはずです。「給与」「休日」「残業」の箇所については、詳しく聞いていくと、渋い表情を見せるケースが多いです。それでも迫ると、ふてくされるような態度になるので会社の正体がわかります。この手の企業は、約束を守らない上に、入社してからもふてぶてしい態度であることが多いので、変だと思ったら、その会社は選択肢から除外しておきましょう。

  • 退職|転身するつもりなら、こまめにさまざまな企業の採用情…

  • 再就職を検討しているのなら、労を惜しまずに多様な企業の募集案内を定期的に調べておくと転身先をかなり選びやすくなります。今の職場に不満足だと感じている場合、いざ転職活動をする際、どの会社も魅力的です。そういった状態だと、どこを選択していいのか判断が難しくなり、選択を誤りかねません。すると、最終的にはあっという間に退職の道へまっしぐら、なんてことになるかもしれないので、見る力を養っておくべきなのです。方法としては、会社の雇用に関する情報だけ見る以外に、その会社の「取引している会社」を見るのがオススメです。透明性を重んじる企業は取引している会社の情報を公開していますし、逆にそうでない企業は、広告宣伝ばかりに注力しがちなので、求人チェック時に見ておきましょう。また、会社によっては、個人でのグループに入っている企業があるので、グループ名を調べると細かい所もチェックできます。

  • 退職|就職した会社で嫌な上司の存在に悩まされて、ついに耐えきれなくなり退職・・

  • 勤務していた会社で相性の悪い上司に頭を抱え、とうとう耐えきれずに退職し、同じフィールドの別の会社に働き先を変えました。その会社では上との関係も良好で仕事ができてきわめて充実した毎日でしたが、少しずつ会社の売上が落ち込んで、ついには経営統合されることになりました。偶然にもその統合した会社が驚くなかれ以前勤務していた会社で、大嫌いだった上司がまた私の上司になることになりました。どれだけご縁があるのでしょうか。当然ながらまた転職をしようと活動を開始しています。

  • 転職活動をしていれば、面接時に「志望動機」「転職理由」の2点について、必ず尋ねられます。

  • 転職活動中に、高い確率で尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。これらのうち志望動機に限っては、正直に話してもOKですが、これとは異なり転職理由についてありのままに伝えるのは得策ではありません。たとえば給与に対する不満、同僚や上司とのあいだのトラブルなど、採用担当者によいイメージを与えるものではありません。もっとも、自分にとってマイナスになると予想されることをそのまま話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそういった点に関心を持つことが多いので、遠回しに聞き出そうとしてきます。これに対抗して悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の仕事内容から脱線する箇所には一切触れないことです。そしてさらに、この会社に入社してこんなことをしたい、5年後、10年後はこんなことがしたい、「こういった目標をクリアできるのは、御社がベストです」といった形で、志望動機に話をすり替えるのが正解です。

  • 仮にあなたが、現職からの転業を決めたのなら、完全に会社には…

  • 万一あなたが、転職を決意したなら、まったく社内の人にはひそかにその気持ちを悟られないように、首尾よく活動を進め、転職先が決定していないのなら、なるだけ周りの人に知られないように普段どおりに仕事をする方がとても堅実です。転職先が決まっていない間、その姿勢でいれば、もしも働き先がすんなり見つからなくても、転身予定を見送りながら現職にそのまま続けることもトラブルにはなりません。でもついつい「転職するつもりでいる」と話してしまうと、周囲はその言葉を受けた行動をします。さらに周囲に「辞めるつもりです」と一言でもいえば、「あの人は転職する人」という位置付けになります。その後で転職の気持ちがなくなり、「やっぱり退職しないことにしました」となっても、周囲の人たちは、「一度は仕事を辞めようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、在籍中は、身の置き所がない思いををするリスクが高いです。

  • 知人からの紹介によって転職先を探すこともあるでしょう。

  • 友人・知人による紹介で転職先を見付ける人がいます。それはいいけれど転職した先の労働環境や労働条件といったポイントを友人からの口コミだけをあんまり信じすぎてしまうのは、あまり良くはありません。言うまでもなく、主観が強調されてしまい、客観的な要素が排除されやすく、主観が入ってしまうからです。それ故に紹介者から見たらベストな職場環境に映っても、あなたには、そうではない場合かもしれません。でもその逆も然りです。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミを過剰に信用しないように、最終的には自分自身の目で確かめておくことも大切です。

  • 再就職する時に行われる面接でする腕時計については、目を惹くよう…

  • 転職する時に行われる面接で使う腕時計のことなのですが、明らかに目を惹く腕時計はやめておいた方が最善です。この場合の目立つ腕時計を詳しく言えば見るからに高価そうに見えたり、といったことだけではありません。それとは逆に安っぽいものの印象を持たれてしまうとか、そのような目を惹くという意味であって両極端な意味で目立つ、ということで思い浮かべておいてください。再就職の面接のときにする腕時計というのはポジションとしてはネクタイやスーツと同様にとらえ面接にふさわしい平凡なものをつけて行った方が好印象です。しかし、自分の歳に適している腕時計ということも大切で、新卒の時に面接で着けていたものよりはほんのちょっとでも値が張る腕時計にした方が好ましいということははっきりといえます。

  • 一般的観点からすると大きな会社は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めます。ですか・・

  • 大半は大きな会社は定期採用中心です。ですから、転職希望者には不向きです。加えて、市外地でとなるとその見込みが高くはありません。ただ、製造業の会社に関して言うと、地方の工業団地などに運営していることが多々あります。さらに、そういった工場に的を絞れば、事業拡大をする際に「途中採用」を併せて行っているので、そういったタイミングに転職を考えるのも悪くありません。そのためには、地方の工場を転職に考えるなら、希望する企業についての情報をあらかじめ仕入れておきましょう。ホームページをチェックし、求人予定がないかときどきチェックしておくと間違いがありません。

  • 退職|がんばっている転職する活動時、「私は経験としてこのような価値のあ・・

  • 励んでいる転職する活動の際に「私は経験としてこういった種類の仕事に尽力してきました」「過去の仕事では、こういった技術を得られました」とそれまでの自分の成功体験などをがっしりアピールしなくちゃと考える人はよく見かけます。ただし、転職先の新たな環境下で「機会があればこうありたい」「私が話したような内容の仕事なら貢献したい」と将来的なビジョンで自分をアピールを狙ったほうが過去をメインにしながら語るより採用チャンスに恵まれます。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。

  • 退職|転職エージェントに一旦登録すれば、電話・メールが何度も掛かってきます。

  • 「転職エージェント」は、一度登録すると、電話やメールでしつこいくらい連絡が入ってきます。これについて「転職エージェント」の初心者の方は、とても驚くケースが多いです。転職エージェントは転職を助けることが業務なので、本当に積極的な姿勢を見せます。中でも特に大手のエージェントは転職させると企業から報酬がもらえるシステムであるといえるので、転職希望者の都合うんぬんよりも企業の都合を優先させることがよくあります。その上「転職エージェント」は契約件数を増やすために内定がでた瞬間に、入社を強くすすめてくることがよくあります。自分の気持ちや意思を明確にし、安易な妥協をしないように要注意です。

  • 退職|クールビズのスタイルで再就職の面接会場に行こうとするときに・・

  • クールビズ(軽装)の格好で再就職の面接場に出向く場合、さすがにジャケットまでは着込んでいく必要はないと間違いなくわかるのですが、ネクタイはつけている方が好印象を与えてくれるのでお勧めです。ネクタイにおいてもなくても大丈夫だとしている会社も存在する確率もあるにはありますが、ことネクタイだけはクールビズだろうと必ず着用しければならないとしている企業がいくつか存在します。そのため、例えクールビズ(軽装)のスタイルであってもネクタイにおいては必ず着用から行った方が印象が良いというのは伝えておきます。

  • 転職をする場合、「Uターン」「Jターン」といった具合に・・

  • 仮にあなたが再就職をする場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった具合に、都会から地方に移住した上で転職したい、と感じている人が増加傾向にあり、事実、実践している人も多くいます。近年は転職サイトを使えば、国内全エリアの求人も容易に知ることができますが、しかしながら、地方での求人情報では、都市部の場合よりも、数が少なく良い条件も少ないのが痛いところでもあります。ですから、求人情報サイトだけを頼りにし過ぎてしまうのは考え物です。求人情報サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」などのサイトもまめに確認しておきましょう。「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に主催している就業サポート系のイベントについても見ておくと、良い出会いが期待できます。

  • 転職活動のとき、気になった求人(OR 業界)を見付けるた…

  • 今後転職活動をするのなら、良いと思える求人(OR 業種)を見るたびに忘れず「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネットで検索したほうがいいです。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントの言葉からはまずその業界に関するマイナス要素について、教えてもらえない、と思っておくべきです。インターネットで調べればネット検索を活用することでカンタンに実態を知ることができます。そのようなチェックを怠りながら入社してしまうと、のちに痛い目にあいます。その求人募集が出ている理由が「仕事の内容がキツイから入っても続かない」という場合がかなり多くあります。気に入った案件や業種については、注意したほうが賢明です。

  • これはシフトの仕事に関する話なのですが、毎週、同じ…

  • シフトのある仕事についての話なのですが、毎週、一定の曜日に入れる人を募集している求人を結構見ますが、もしも応募しようと考えているならシフトの提出方法や、休む方法の詳細を面接の際にたずねておいた方が良いです。それはどうしてかというと、私自身、出産のため抜けた人の穴埋めとして、正社員として入社したのですが、そこでは「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新しく入った私以外だれも出てくれませんでした。産休に入った人が「土日」にかならず出られる人だったので、私も出勤できる人と思われていたようです。なので「土日」に休まざるを得なくなった場合、、シフトを変更してもらわなくてはならず、上司に「代わりに出勤していただけませんか?」と自ら交渉しないといけませんでした。一緒に働いて給料は同じなのに土日を1人の人に任せるって・・・思い出す度、本当によく我慢してやってこれたと思います。

  • 退職|とある古物商のお店で、書類審査を通過し面接の日時について相手方から連絡をもら・・

  • ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考をパスしました。2、3日して担当者から、面接日時を教えてもらいました。それなのに、当日、指定場所に向かうと、相手が面接準備を一切していないことがわかりました。しばらく待つと、所長と思しき人が面接に応じてくれましたが、始終非常にだるそうな対応の状態のままひとまず面接を終えました。しかしながら、約束の日を過ぎても、合否結果は告げられず、しびれを切らし、私の側から問い合わせると、「郵送で本日送付してあります」と告げられました。しばらく待ちましたが、しかし、これも未達なのでもう一度電話をしたところ、驚くことに、「残念ですが不採用とします」、とその直後、電話を切られてしまったのです。私は呆れ返ってしまい言葉も見つかりませんでしたが、本当は、不採用で良かったと感じています。

  • 退職|転職サイトや転職エージェントといったサービスを使用して、…

  • 転職サイトや転職エージェントといったサービスを活用し、転職活動すること自体、一般化してきました。よりよい転職先を探すには、加えて転職フェアも積極的に活用しましょう。転職フェアは、複数の企業が一度に集まるイベントなので、参加することで複数の企業に関する情報に触れることができ、そして、説明を担当するスタッフから、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。転職フェアに参加するのであれば、面接と同じ緊張感を持ってしっかりと準備をしておきましょう。その結果としてフェアの最中に企業に好感を持ってもらえたら、後日応募して面接に進む際に良い手応えを期待できます。