退職|転職して職場を一新するということは、自分自身に見合・・

退職|転職で職場を新しく換えるということは、自分自身に適合す・・

  • 再就職で職場を新しく換えるということは、自分自身に見合う勤め先を見つけたいものです。職場を変えれば自分の向いている仕事に出会う可能性もあります。とはいえ、実際に行動する場合は、相応の努力やスキルを持っていないと、願いを叶えられないでしょう。言い方をかえると、自分自身が価値ある人材になれば、「天職」にありつく、というだけの話です。近年は、「職業選択の自由」が社会通念上として当たり前になっているので、転職を決断したとしても特に問題はありません。事実、終身雇用がなくなりつつある現代は「使える人材が欲しい」と思っている企業も増加していますので、このチャンスを有効活用してみてください。
  • いい企業につきたいと転職をする活動をしている中の場合には…

  • 今と違った会社に入りたいと転職をしようとがんばっている場合、「できるだけ早く、内定(採用通知)がほしい」と考えがちです。しかしながら、その気持ちが強くて採用通知が得たいばかりに、自身の能力を高く偽ったり、あるいはその反対に能力を安く見積もった言動は出来るだけ避けましょう。焦る感情にグッとおしころして、冷静かつ客観的にあなたに適した職場を探すことにアンテナを集中させていきましょう。それまでの自分の経歴を生かしつつ、そして、自分のキャリアアップが期待できる職場を賢く選択してみましょう。
  • 他の職業に転職を決断する理由は、人によって違うはずです。

  • 看護師でありながらほかの職業に「転職しよう」と思う原因は一人ひとり違います。考えてみると看護師が他の職業への転職には「職場環境の人間関係にウンザリしている」「結婚することでライフスタイルの変化によって出産加えて子育てそのうえに親の介護など、仕事環境の種々の変化など、今までのようには働けなくなってしまった」「現在の収入面で不満がある」というような悩みが考えられます。環境を変えたい気持ちは分かりますが、転職前に、「どうして、転職しないとダメなのか?」と、頭を冷やして沈着冷静にそして客観的に見つめ直すことも大切なことです。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考し、決断されることを強くお勧めします。
  • 最初に転職を行うにあたって、忘れてはいけないのは「現在の仕事を辞める理由…

  • 生まれてはじめて転職をする際、忘れてはいけないのはなぜ現職を辞めたいかをはっきりしておくことだといえます。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておくべきでしょう。問題を解決できるであろう企業を選択してみましょう。既卒者の転職活動は、在学中の就職活動とは違い、現在の仕事と並行して就職活動を行うので、時間と体力とが必要だと考えられます。だからこそ明確な理由がないままに転職活動を行えば、途中で息切れしてしまう可能性もあります。どんな手段を使っても転職したい、現状を変えたいという熱い気持ちがないのであれば、転職活動を本格的に始めることは待っておいたほうが良いでしょう。
  • 退職|近頃は、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり…

  • 現在、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件違反などが厳しく取り締まられたり、悪質な会社が公開されたりするなど、厳罰化の方向に動いていますが、まだまだ不完全です。そのため、面接で見破る必要があります。最初に、求人票などに記載された労働条件をチェックし、不安に思う項目についてあれこれ質問してみましょう。「ブラック企業」と対峙している場合には、求人票の記載が嘘の場合、答え方が不自然になったり、その場では答えられないなど逃げ腰になるでしょう。「給与」「休日」「残業」の箇所については、質問してみると、困った表情をする可能性が高いです。それでもめげずに尋ねていくと、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せ始めるため、化けの皮が剥がれるようになります。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、何か違和感を感じたら、入社は止めるべきです。
  • 退職|転業を近いうちにするつもりなら、労を惜しまずに多く…

  • 転業を視野に入れているならこまめに多種多様な企業の募集案内を日常的に調べたり比較したりしておくと再就職先を選択しやすくなるでしょう。現在の職場に満足感がないケースでは、転職活動する際、どこの会社も魅力的に見えてしまいます。そうすると、どの企業を選択するべきか、迷ってしまうので判断を大きく間違える可能性もあります。すると、短期で嫌になってしまうこともあるので、事前に正しい判断ができる目を養っておいたほうが良いのです。方法としては、会社の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、その企業の「取引先」を見るのがオススメです。透明性を重んじる会社は取引先情報を公開していますし、反対にそういった会社ではない場合、広告宣伝ばかりに注力しがちなので、チェックをする目安になります。そのうえ、会社によっては、個人グループに入っている場合もあるので、グループ名を調べ、詳細に目を通してみてください。
  • 昔務めていた会社で意地の悪い上司に頭を抱え、耐えることができなくなって退職し…

  • 勤めていた会社で性格のきつい上司に困惑してしまい、耐えきれなくなりその会社は辞め、同業者の別の企業へ転職をしました。そこでは居心地よく働くことができて非常に満足していましたが、緩やかに会社の債務が増えて、結局はある会社に経営統合されることになったのです。ところがその経営統合した先の会社が驚くなかれ前に働いていた会社で、しかもものすごく嫌いだった上司が再度私の上司になることに。ここまで縁があるとは。言うまでもありませんがもう一度転職活動を開始しています。
  • 転職活動をしている際に、面接時に間違いなく尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動を行っていてほぼ例外なく「志望動機」「転職理由」の2点を訊かれます。志望動機に限っては、率直に話してもかまいませんが、これとは異なり転職理由についてありのままに話すのは問題です。例をあげれば報酬に対する不満、上司と相性が悪いことなど、面接担当者に悪いイメージを持たれやすいものです。おそらく、過去のトラブルを開けっぴろげに話す人は少ないとは思いますが、採用担当者はそういった点に関心を持ちやすいので、かなり慎重に質問してきます。現職の不満を言わないように答えるには、現職の仕事内容は、その内容だけを話します。そして、この会社に入社してこんなことをしたい、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、そのために御社を選択しました、と話をすり替えてポジティブな印象を与えるのです。
  • もし、現職からの転業を決意したなら、あくまで会社の人間・・

  • 万が一あなたが、転身を決定したなら、周囲の人間にはこっそりとそれを言わないように、うまく活動を進めていき、転身先が決まらないうちは、周りの人に気づかれないように通常通りに振舞うのがとても利口です。その点を自覚しておくと、もし仮に転職先探しが見つからなくても、転身の予定を遅らせながら、現職をそれまで通りに残っても何も問題ありません。でも「転職するつもりでいる」と口にすると、周りはその言葉を受けた応対をします。周囲に「辞めるつもりです」と一言でもいえば、社内では「あの人はもうすぐ転職する」と見なされます。そのようなシチュエーションになってから、転職したい思いが薄れ、「やっぱり退職しないことにしました」と釈明しても、周りの人は、「一度は辞めようとした人」といった目であなたを見るので、在籍中、肩身の狭いと感じる可能性があります。
  • 人からの紹介によって転職する先を探す人もいるでしょう。

  • 友人や知人からの紹介を通じて転職の先を探す人もいるでしょう。そうはいってもその職場の労働環境、労働時間などの大切な部分を知っている人からの口コミ情報のみで判断するのはあとで良くはありません。というのはある特定の人の口コミ情報というものは客観性に乏しいからです。つまり紹介者的には、働きやすい良い働く場所に映っても、自分自身にとってはイライラするだけの場合があります。またその逆も然りです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミを過剰に信用しないように、しっかり自分の目でチェックしておくようにしましょう。
  • 退職|再就職の面接のときにする腕時計について申し上げますが、…

  • 再就職する時に行われる面接につけていく腕時計ですが、明らかに目を惹くタイプのものは着用は避けたほうが安心です。この場合の目立つという意味は見るからに高価そうに見えたり、といったことだけではなく反対に完全に安物である腕時計の印象を持たれてしまうとか、そういう正反対の意味で目を惹くのだと認識しておいてください。面接のときにする腕時計に関してもスーツやネクタイと同じように、面接するにふさわしい安全なものをセレクトした方が良い印象を与えてくれます。とはいえ、歳に見合った腕時計であるということもとても肝心であって、新卒の頃に買った腕時計よりはわずかでも高価なも腕時計にした方が好印象であるということは言えます。
  • 退職|一般的観点からすると一流企業は「定期採用」がメインです。ですか・・

  • 一般的観点からすると一流企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めます。ですから、転職希望者には適していません。そのうえ、田舎のほうでとなるとそのチャンスがたいへん厳しくなるでしょう。しかし製造業においては、地方の工業団地周辺に工場を置いているよくあります。また、そのような工場なら、事業分野の拡大をする時に「人員募集」をしていることが多々あるので、そういったチャンスに転職を考えるのも悪くありません。そのためには、地方の工場に転職したいなら、希望する企業についての下調べからあらかじめ仕入れておきましょう。その企業のホームページをチェックし、求人予定の有無など、ときどき確認してみてください。
  • 退職|今やっている転職活動で「自分はかつて、こういった内容…

  • 今やっている転職活動時、「自分はこれまでずっとこういった仕事に従事してきました」「過去の仕事によって、こういったスキルを得られました」と実績を強調する人はけっこう少なくありません。でも、転職希望する新しい組織で「機会があればこういった仕事をしたい」「こういうような内容の業務ならできれば貢献したい」と将来のプランを話して自身をアピールしていったほうがよっぽど効果があります。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。
  • 退職|転職サイトは、一度登録したら、電話やメールでの連絡が何回も来ます。

  • 転職エージェントに一旦登録すると、電話・メールでしつこいほど連絡が入ります。初めて利用された人は結構びっくりすることが多々あります。「転職エージェント」は、利用者に転職してもらうことが仕事なため、積極的に行動します。大手エージェントは、転職を完了させることによって企業からお金をもらえるシステムであるといえるので、転職希望者の都合よりも企業の都合を優先的に考えるケースが目立ちます。その上転職できそうな会社に入れようとする傾向にあるため、内定がでた直後に、入社の説得をしてくることが多いです。防御策として自身の気持ちを明確にしておき、妥協した形の転職とならないように注意を払うことが重要です。
  • 退職|クールビズスタイルで再就職の面接会場に行こうとするときには、…

  • クールビズのスタイルで転職の面接会場に行こうとする際には、いくらなんでジャケットまでは着込まなくても大丈夫だと言えますけど、ネクタイはして行った方が良い印象を与えてくれるのでお勧めです。タイもしないで良いと考える会社も存在する確率もあるにはありますが、ネクタイに関してはクールビズであっても着用する必要があるとする企業がそこそこ存在します。なので、例えクールビズ(軽装)が指定されていてもネクタイを絶対に着用してから面接に行った方が良いということを知っておいてください。
  • 退職|再就職を視野に入れた場合、U・J・Iターンで都会から地方に移住した上で転職したい、…

  • もしあなたが再就職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」のように、大都市から地方に移って再就職したいと感じている人が増加傾向にあり、事実、実践している人も多くいます。最近は求人情報サイトを見れば、国内のどの地域の求人情報にも容易にアクセスできます。ですが、地方での求人は大都会のそれよりも内容が薄く、数も少ないのが正直なところといえます。ですので、求人サイトを使用するのは当然ですが、求人情報サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトも頻繁に確認しておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に主催している転職サポートの関連情報も見ておくと、良い出会いが期待できます。