退職|転職するにもあらゆることが順調にいく確証はどこにもありません。

仮に再就職を考えたとしても、誰でも思ったとおりの結果が…

仮に転職しようとしても全てが順調に運ぶというわけではありません。できればどう転んでも転職をしなくてはならないならあなた自身が若いうちに転職を試みるべきでしょう。平均としてみると、20代のうちはかなり有利に働きますが、残念なことに、30代後半~40代に至ってからの転職の場合は、たいへん厳しくなります。もしも、重要なポジションにいる場合、転職の気持ちが強くなっていても会社に残ることも選択肢の一つには入れておくべきです。退社してから転職活動を行うよりも、今の会社に残った状態で、堅実な未来を模索しておいた方が失敗しなくて済みます。

この先、今以上に単純労働は機械化が進み、それによっ…

将来、私たちの労働環境においてみるみるうちにシンプルな作業は機械化に置き換わって結果、必要なマンパワーは少なからず縮小させられてしまいます。なぜなら、短絡的な労働という観点では人より機械でやったほうが数段に強いからです。数をカウントしたり、同じ手順をずっと繰り返したりすることは機械なら何の苦もありません。当たり前のことながら人と違って愚痴も言わず、肉体的な疲れもないし、インチキをすることもないし、何より正確ですし、それを均一化できます。おまけに人と違って報酬も発生しないのです。このような理由から、人を使う理由がまったくなさすぎます。機械に置き代わるのも無理もありません。

今の自分のスキルを活用しながら転職活動をしていく場・・

自身のスキルを有効活用しながら、転職する場合、転職しやすい業界と、そうでないものとを知っておくと仕事選びに役立ちます。転職がカンタンといわれる業種は、人材不足が社会問題にまでなっている「医療・介護」が代表的といえます。医療・介護は、看護師や介護士の資格保有者でなければ働くことができないので、ハードルの高いジャンルといえます。現在、看護師や介護士として勤務している人が、仕事に対しての不満によって、他の業界に転職しようと思う場合は、少し考えてみたほうが良いです。「医療」「介護」以外の多数の業界は、スタッフの流動性は少ないもの、と理解しておきましょう。なので、安易に考えないことが大切です。異業種への転職を本気で考えるのであれば、「売り手市場」な前提で軽率な行動を取らないように理解しておきましょう。

明日からでも転職しようと考えるのなら、今いる仕事・…

転職活動をするに当たっては、今現在の仕事や業務での不満に思う部分を洗い出しておきましょう。できていて当然と思われますが、意外とそうでもないのです。不満な点があるからこそ、転職したい、と考えるのは分かります。しかし「しっかりといまある業務や業務の客観的にみた不満なことを列挙する」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点を明確化し、解消されるならば、現状より悪化する事をあるでしょうがどこまで許せるかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びでのミスを防げます。それを終えたあと、仕事を変えることで「どういった事がマイナスになるだろうか」を想像してみましょう。なぜなら、すべての問題が解決するとは限りません。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職後のモチベーションの低下を防ぎやすく、成功することができます。

退職|転職活動で大事なことは企業とのやりとりよりもある意味、「担当面接官」…

転職活動といえば、希望する企業そのもの、というよりも人事や採用担当の面接官との勝負と言ったほうが正しい気がします。面接で成果を出すためにも、第一歩として緊張せずに冷静に対応することを心がけましょう。たとえばお見合いのようなつもりでいる向かうと良いと思います。また面接に進むと第一歩としてあなたの内面的な素質を判定されるので悪い印象を与える行動は注意しぜったいに控えましょう。良識ある社会人らしく転職活動にピッタリな服装(T・P・O)を意識してみてください。あなたらしさを表現できるといいでしょう。企業にとって魅力的な人材と思ってもらえれば、転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。

再就職の面接などにおいて担当者が名刺を差し出してきた場合、…

再就職における面接などに関してもし名刺を渡された場合、あなたも同じように名刺を相手に渡した方が良いのか?と対応の仕方に迷った場合は、普通一般的には渡すことはないと考えておいてください。転職のための面接とは仕事の延長ではなく、職を得るための採用活動内のことなので、普通一般的には名刺を交換する時ではないのです。かつ、あなたは会社の者として出向いているのではなく、あなたのことでそこにいるわけです。という訳で、もし相手から名刺を渡さても、こちらとしては名刺をもらうだけでよくて、相手にあげる必要性は少しもないと推測できるのです。

退職|転職を度々しないためには、少しコツがいります。

転職を繰り返す日々を止めるための術が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、それとは別にメンタル部分のスキルを磨くと、転職を繰り返しません。インターネットでなんでも見られる現在では精神面を強くするための自己啓発系の情報は容易に知ることができます。また、意外とも思えるでしょうが、転職とは全然違う行動でも、精神面を強化することができます。何かと言うと「海外に行くこと」です。海外に行くと、文化も言葉も日本のそれとは全く異なるので、すべてのことが良い刺激となります。ですから、帰国してからも心境の変化を実感できるはずです。日本に帰ってくると、「自分の見せている世界はこんなに小さいのか」と気づき、「世間の小ささ」というものをしみじみと感じることができます。その気持ちのまま、面接に向かうと、これまでとは違って自信満々に自己アピールができるはず。ただし、退職して間もない頃は精神的にまいっている人も多いのでその後のために休業期間も必要です。

得意なことや好きな分野の仕事に就きたいと思っている人は注意です。

得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている方は注意した方が良いです。私が実際に体験したことなのですが、私自身、もともと食べることが趣味だったのですが、それが理由で、前に、飲食業界(レストラン)で勤務していた時期があります。そのお店での業務内容は、そのレストランで任されていた業務内容は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務です。この仕事内容については、不満もなく楽しんで働いていました。けれども、職場の人間関係ですごく嫌になりました。ということが引き金となり、仕事をやめたのですが、その結果、あんなに好きだった食べることやその飲食店でメニューとして提供されていた食べ物すら嫌になってしまい、よく似た店にはしばらく経った今も行けません。当時の店の匂いを思い出すだけで辛くなります。この仕事に就いた当初、好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。趣味に通じることや大好きなことを仕事にしたいと夢見て、それを実現させることは素敵だとは思います。ですが、あなたの「好き」は、どのくらいすごいのか、もう一度自分に問いただした上で行動するべきです。

退職|社会的な転職事情ですが、安倍総理が舵取りを行う現内閣で・・

政治によって変化の兆しが出始めている転職事情ですが、内閣総理大臣である安倍総理による現政権によって、「アベノミクス」「三本の矢」といった形で新たに多くの経済政策が盛り込まれています。金融政策ともあいまって財界・民間企業間でも次の世代の社会的な変化が巻き起こりつつあります。その影響を受け、民間企業サイドでも労働人口の減少による「働き手が足りないこと」が社会問題として拡大しています。また最近では、「外国人の労働者」の総数を増やして人材確保に務めていくつもりでいると現内閣は語っています。外国人労働者が増えることによって、転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした社会情勢の変化のなかで、日本国内の雇用状況や転職事情も大きな影響が出てくるのは確実でしょう。

退職|私が勤め口を探していたころ何個かの人材紹介会社に登録していたのですが…

以前はかなりたくさんの人材紹介会社に登録していました。その時に特に感じたのは転職のアドバイザーのレベルもまちまちでほとんどの場合、不満を感じるアドバイザーばかりでした。私にとっては人生の大事な事なのにもっと情熱をもってに向かい合ってほしいという感情が募り、その事がきっかけとなってキャリアカウンセラーの資格を取得することにしました。キャリアカウンセラーとして働くための資格を取るためには費用も掛かりました。それに加えて勉強に関してもかなりヘビーだったわけですが、求職者から頼みにされるように頑張っています。

転職活動をする上での最後にクリアしなければいけない問題として、…

転職活動をする上での最後にクリアしなければいけない問題として、現在勤務している会社の退職があります。転職先がOKしたとしても、現在勤務している企業があなたを引き留めることは多々あります。そういったケースでは、「ゼッタイに退職する」という強い信念を持つことが必要でしょう。もしも会社に残るように説得されて、一時的にとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社には、結局は愛着もなくなってきます。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届をつくります。そのあとに、決定権を持つ上司と直接、話し合い、「退職に関する交渉は、一切拒否します」と毅然とした態度でのぞみましょう。「円満退社」で現職を終えることも転職活動のひとつです。

退職|転職候補となる会社での面接での多数の人が考え違いをしているので…

転職を成功させるための面接での多数のひとが思い違いをしているのですが採用を勝ち取りたいあまりあからさまな猫かぶりは、正直に言って採用を逃してしまいます。そうならないために思い切って面接の際は「残業」といったような、普通であればかなり質問しづらい内容を勇気を出し質問しておいた方が、自分のためになります。信じられないかもしれませんが、「そんな無神経な質問をすることで面接で落とされるのではないか」と危惧する人もいるかもしれませんが、しかし、かえって良い印象を持ってもらえることは結果的には可能性が高いのです。この手の労働環境やお金に関する内容は、多くの人が知りたい内容なはずです。とはいえ、多くの人が気を遣ってモジモジして質問できません。しかし、あえて尋ねておくことで「こいつは他と違う」ということで思わせることができます。

退職|転職活動する場合、それなりの準備は不可欠です。

再就職する場合、相応の準備が必要です。一言で準備といってもたくさんありますが、なかでも、「ファッション」を注意している人は多いでしょう。しかし、最近の採用面接に関しては形式ばらない服装を許可している企業もあるので、「面接はビジネススーツでなくては」と考えて面接に出向かなくても良いケースもあります。会社の創立して間もない会社などは、お堅いルールもないことが多く、がちがちの服装で行くよりも相手先に印象をあたえます。また、正装ではないので、フランクに会話できるのも魅力のひとつです。そうして、私服だと面接中、洋服の事で話題が広がることがあります。ですから、もしかしたら面接担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。というワケで、今から転職する際は、企業の「設立した年」で選択し、(ベンチャー系の)面接時には私服で勝負してみるのもアリかもしれません。

退職|仕事を変えようとするときに、今の会社を退職してからとする人たちもいます・・

転職活動を始めるときに、まずは勤務中の会社を辞職してから転職しようと考える人もいますが、そのような場合ボーナスが入る時期を気にかけておきましょう。ボーナスが支給される企業はほとんどですが、ボーナスが支給されるなら、ボーナスをゲットできる日まで長くないのであれば、ボーナスが支給されてから辞める意向を伝えるという手もおすすめです。ボーナスと言うものは随分たくさんもらえると思うので、もらっておかないともったいないとも断言することができますから、退職の時にはボーナスの支給日についてまず確認しておいた方がスマートな方法です。

再就職では、とても重要なのがまぎれもなく「面接」になります。

再就職では、かなり重要となるのが「面接」です。普通の面接の際は当人に対して転職事由など色々な質問が飛んできます。そしてほぼ100%、一通りの質問が終わると、今度は、転職希望をする人からの逆質問に切り替わるのが普通です。担当者から、「なにか弊社についての聞いておきたいことはありませんか?」と聞いてくれるわけです。そういった質問が来たときは、気持ちの準備ができず、急なことなので戸惑う事もありまよすね。後々後悔しないように面接の前には面接官からの問いに対し、答えを考えておくのもいいかもしれません。実際に働く前の段階で、いくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、やってみてください。

退職|転職することを成功させるためには、戦略を立てながら徹底した情報を収集することが不可欠です。

転職をスムーズなものにするには、前に行動しなくてはいけません。ですから今を見ると企業の名前を聞いたことのない小さな企業といえども公式ホームページを開いている会社が当たり前になっているから、ネットの機能を活用して自分が知りたい情報を手に入れるとそれとその企業の疑問点を整理しておくと転職に役立ちます。それと公式サイト以外にも「転職サイト」の情報に目を通しておくとお勧めです。しかし、インターネットだけで判断するのは早計です。転職の候補している職場を自分の目で見てチェックしてみることも大切です。