退職|転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている人・・

退職|転職の際、派遣社員という勤務形態を考えている方に注意して欲し・・

  • 転職で、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人にぜひチェックしてもらいたいポイントがあります。一般的に派遣社員と聞くと「データ入力」「お茶出し」「電話対応」「その他雑用」といった仕事をぼんやりとイメージする人が多々ありますよね。本音を言うと私もまさにそう思っていました。今、勤めている会社に入るまでは「派遣社員」の募集に応募したときに「主な業務は電話対応になります」と説明を受けてもいたので安心しきっていました。ところが、実際に入社してみると、「電話対応」だけでなく、欠員した正社員の穴埋め役を頼まれました。いつも毎回、あれこれ要求されますし、入社前の説明と大きな食い違いがあるので困っています。とりあえず、ひたすら「契約期間が早く終わらないかな・・・」と願うばかりです。
  • 近年はネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも…

  • 近頃、ネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティングの専門会社をよく見かけるようになりました。あなたに特許を取った経験があるなら、ヘッドハンティングされやすくなります。彼らは、特許を出願した人に限らず、研究開発で論文を世に出した経歴のある人や、マスコミで紹介された人など、「功績」を残した人物に狙いを定めて、電話・メールで接触してきて、ヘッドハンティングするネタにしています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングと思しき話をされたなら、そうなったキッカケを思い出してみましょう。めったにないことですが、ヘッドハンティング名目として、登録料を請求する会社もありますが、その手の業者は高い確率でイカサマなので、気を付けましょう。基本的に、ヘッドハンティングの世界は、企業側が報酬を支払う形になるので転職希望者がお金を出すことはまずありません。
  • 求人関連の広告には、とうぜん大部分の会社では月にもらえるお金等が記載されています。

  • 求人についての広告には、たいていの職場では月の給料が明記されています。ただしこの月収の項目を頭に入れる時には、深く確認する事が大事です。その額の多い少ないだけ見てわかってしまわないほうが良いです。実はひょっとすると、月収の金額の中身に「毎月15時間の残業」を含んでいるかもしれません。つまり残業代の金額を含めて好条件であるかのように見せ、人材を募集していることも珍しくありません。そのほか、「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。その歩合を過大に計算に織り込んでいる会社もあったります。だから、こういった可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社はスルーしておくのが無難といえます。
  • 退職|安定的な人生を送ろうと正規社員になりたいと思っている人…

  • より安定した暮らしを手にするべく正社員として働きたいと思っている人はかなり多いと思います。ですが、即戦力として働けるようにかなり頑張っても、中々正社員としての転職が現実化しない可能性もあります。準社員の求人情報は充実しているのに、正社員の求人情報に固執し、悶々とした日々を過ごしている人は意外と多いようです。もしもあなたが、転職先が正社員枠を用意してくれていないのなら、契約社員の募集にも目を通してみましょう。契約社員や派遣社員を募集している会社であっても、会社に貢献することができれば、2,3年で正規雇用にステップアップができることもあるからです。採用面接を受けているあいだに、「正社員登用」の可能性をヒアリングしても人生設計にも役立ちます。
  • 転職時、必ず面接をすることになるでしょう。

  • 転職時には、面接をすることになりますよね。担当者から「転職理由をお聞かせください」といった形で、質問されるのはほぼ間違いありません。この時、前の職場の人間関係や働く環境に関しての不満を絡めた返答などは、できればするべきではないでしょう。なぜなら、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、相手会社の採用条件としては厳しくなるようで、チャンスをダメにしてしまいます。ですから面接時は、「ポジティブ」な姿勢を見せつづけることが大事です。とにかく「新しい職場では自身の能力を十分に発揮し、さらにアップして自分および会社の戦力になるように努力します」、のような売り込みの形が好印象となります。
  • これまで私は、「転職サイト」に頼るより私はハローワーク派でした。

  • 今までの私は、「転職サイト」を利用するより、「ハローワーク」で仕事を探していました。というのも大手「転職サイト」は、なぜか都心部を中心にした求人しか見当たらないからです。であったため、求人情報を探す際は、「ハローワーク」しか利用していません。やっぱり、求人募集をするいくらか企業の数や給料といった点は見劣りするのですが、昔から地域に密着した企業も多くあり、安心して面接に進むことができます。しかし、「ハローワークはなんとなく地味なイメージがある」と誤解している方もいるかと思いますが、ですが、転職サイトとは違った求人もあるので、転職について不安がある方は、参考までにハローワークへ1度行ってみることをお勧めします。有名な転職サイトのように多くのお知らせやメールの心配も無用です。
  • 退職|派遣会社に登録して働いている人が現在多くなっていますが…

  • 派遣会社に登録して働く人が規制緩和以来、増加する傾向にあります。派遣社員として働く場合は、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、その中で何割が自分に入るのかをなるべく面接のときに質問しておくべきです。派遣業は、人手が必要な企業に人材を派遣し、その見返りとして、手数料を徴収する仕組みで運営していますが、派遣会社の大半は、派遣労働者の取り分をあいまいにしていて、公開していることは少ないです。5割以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということができますが、あまり情報開示をしない業者が多く、悪質な業者の場合、8割しか労働者に還元しないという場合も多いといえます。なお、面接のときにきちんと答えてくれないような会社は、隠ぺい体質であることが多いので、可能であれば違う派遣会社を利用すべきです。
  • 仕事によって回復が難しいほど心的に自分が苦しくな…

  • 会社が原因で回復が難しいほど精神的に苦しくなり、職場を変えなくてはいけない状況となったなら、そのときは、職場の人と相談するより身内などの近しい存在の人と話して、会社を辞めるかどうかの判断をしてみましょう。なぜそのほうが良いのかというと、働くのはあなた自身のためでもあります。が、しかし身内の問題でもあります。毎月、納得のいく高い報酬を得られたからといって、心的ダメージを負うほど、我慢しながら延々と働くのは健全とはいえません。昨今は、経済的なことよりも、働きやすいことを大事にしても良いはずです。ですから気に病むことなく、あなたの家族や、あなた自らの心も大切にしましょう。
  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても・・

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、契約期間を迎えたら自身の好きなタイミングで退職できるワケではないと実際に転職活動したことで感じました。新婚生活が落ちついたあとすぐに子供を持ちたかったので、子供ができるまでと思い数年ほど今の会社で仕事をしたいと思い、就職しました。フルタイムでなく派遣社員であったために、給料は少なかったですが、仕方ないので時間的な自由を得たかったので、あえて選択しました。ところが、いざ入社したあと、一緒に働く人たちのほとんどが10年~15年くらい勤務しているというのです。結論として派遣社員であったとしても、すぐ辞められる雰囲気もなく、ちょっと困っています。
  • 仕事を変えようと考えている時に注視する求人情報というの…

  • 職を変えようと考えている時に見ることになる求人情報については、目安として、アバウトに書いてあることもあります。そのため、そこに載っている情報はすべて正確なことだとは迂闊に信頼しないほうが良いでしょう。その中でも特に給与面においては、平均なのか?最低限保証されている給料であるのか?最も高く見込んだ給料であるのか?という見解ができないことが多く、自分で適当にわかったつもりでいると、今後、嫌な思いをする可能性もあり得ます。という事で、後悔しないようにするためにも、仕事の情報というのは、うのみにせずに、そういったようなたいへん重要な内容は会社の方に直に問い合わせた方が良いでしょう。
  • 看護婦と呼んでいた看護師は資格として女性比率がたいへん高い…

  • その昔は看護婦という名前だった看護師というのは働く者としてどうしても女性の割合がすごく大きい職場です。また気力だけでなく体力をかなり消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。であるがゆえに、職場の環境での対人関係がうまくいかなかったり、結婚や出産といったそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事とプライベートとの両立が難しい業種ともいえます。実際、そういった問題によって転職される人が多い現実があります。過酷な環境ということもあり、看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足になっているのです。というワケで、各病院は、看護師を欲する「売り手市場」であるため、それが転職希望者が後を絶たない状況となっています。
  • 全くの未経験である分野などに転業したいと思っている場合に・・

  • 全くの未経験の業界などに転身したいときには、以前の仕事で育んできた力や今までの経験値が生かせるといった内容の訴えがいるようになります。初めて挑む人はその分そのジャンルを経験している人よりも正直、損にはなりますが、自分の持っている力がその業界においても十分に生かすことができるということを伝えることができれば、戦える場合も出てきます。それゆえに、経験のない業種に挑戦するときには、その業界と今まで自分が経験してきた仕事内容とのつながりをできる限り見付けましょう。
  • 転職活動を行う際、いろんな経路で情報を集める人が大半だと思いますが、…

  • 転職を始める際、いろんな方法で情報を収集することが多いと思いますが、転職系の口コミサイトは本当に役に立ちます。過去に、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたという理由から、サイト運営者に対して損害賠償請求をしたケースがありました。会社の都合で退社させられた元社員の報復によってその種の口コミが投稿されたと見るのが一般的ですが、裏を返せば、ウソの書き込みだったのなら、会社側が対処しなくても良いはず、ともいえます。とはいっても、本当は『クロ』で「真実が書かれているので、なんとか火消ししたい」と考えているのかもしれません。「口コミサイト」も囃し立てることで有名になるメリットもあるので黙認していますが、悪い口コミが目立つということは、その分入社後に厄介事が降りかかるリスクが高い地雷企業であると判断して問題ないでしょう。というか、良い会社だったら煙すら立ちませんから。
  • きちんと失業保険の給付を受けるためには、仕事を探しているという証明が必要となります。

  • 失業保険の給付については、就職活動をしていることを理解してもらわなければいけません。とはいえ、実際は「会社から解放されたし、しばらくは仕事をせずにゆっくりと過ごしたい」のが本音だと思います。ということで、ちゃんと職を探しているとハローワークの職員に思わせる方法があるので紹介します。月に一度のハローワークスタッフとの面談は不可避ですが、その場にて、求人票のチェックは最低限必要です。本腰を入れて探したくないときは、「求人票」を軽く見て、ハローワーク職員との面談にて、「自分にあう仕事や、希望していた仕事が残念なことに見つかりませんでした」と相手に言い、次の機会を探すというやり方もあります。
  • 退職|転職期間では、自身の趣味に没頭したり、体力づくりを意識しておくと…

  • 転職先を探している間は、「趣味」に没頭することに加え、体力を損なわない生活がベストです。再就職先が決まり、仕事を再始動したときに、趣味に没頭してたことによって無意識のうちに集中しやすい体質になっています。また体力アップしているために、その場の社員さんたちと比べるとスタミナがあるということを自ずと認識することができます。というわけで、退職後は興味のあるなことに力を入れることと、体力を維持させるように努力をしておいて損はありません。転職が決まり、職場にてあなたと同様の趣味を持った人と出会えれば、話が盛り上がります。ですから今まで手を出してなかった事にチャレンジするのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。
  • 退職|長いこと接客業で勤め続けてきましたが、年齢を重ねると共に…

  • 長きにわたって接客業で仕事をしてきましたが、年齢を重ねるにつれ立ち仕事は体力的にしんどいため、座って仕事を続けられるオフィスワークへお仕事を変えることを目指して活動をしました。事務未経験の場合なかなか厳しくて、だから接客の経験が役に立つ受付兼医療事務を目指そうと考え資格も獲得して個人の病院に転職することができました。周囲はベテランである先輩パートさんだらけで人間関係においても難しい。夜のシフトばっかり押し付けられ、接客業時代よりも帰る時間が遅くなったのですが、まずキャリアの形成時と諦め頑張ります。