退職|転職する場合、相応の準備は不可欠です。

退職|転職にあたって準備は必須です。

  • 転職する場合、然るべき準備は必須です。準備といってもたくさんあるのですが、とくに、目に見える服装は誰しも気を遣う部分ではないでしょうか。とはいえ、近年の採用面接については私服で良い会社もあるため、ビジネススーツ(正装)で臨まなくても良いでしょう。会社の創立して間もない企業などは、厳しい規則も作られてないことが多く、がちがちの服装で行くよりも良いイメージを持ってもらえます。また、正装ではないので、堅いイメージを与えないのでフランクに話ができるのも魅力のひとつです。そうして、私服ですと面接のなかで、ファッションの話題に発展しやすいです。ですから、もしかしたら面接担当の人から気に入られる期待もできます。ですので、転職するのなら、気になる企業の「設立した年」を事前確認し、(ベンチャー系の)面接時には私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

    退職|転職活動をスタートするときに、まず今の会社を退社してから…

  • 転職を考え始めたときに、まず今働いている会社をきちんと退社してからという考えを持つ人もいますが、そのような場合には会社がいつボーナスを出すかを考えておきましょう。ボーナスがもらえる会社は山ほど存在しますが、ボーナスがもらえる会社であれば、ボーナスが手に入る日がもう少しのときには、ボーナスが振り込まれた後で辞めるという考えも賢明といえます。ボーナスだとそこそこ大きな額なので、頂いておいた方が良いと言えますから、会社を辞めるときにはボーナスの支給時期について一度確かめておくとスマートなやり方です。

    退職|再就職において、重視されるのがまぎれもなく「面接」になります。

  • 転職する際、とても重要視されるのが「面接」なのは間違いありません。通常の面接では面接担当者が応募者に対して、転職を決意した経緯などさまざまな内容を尋ねる形になります。そして必ず、面接が終盤を迎えるあたりで面接希望者側からの不安・疑問に感じることを質問できるチャンスがやってきます。面接担当のスタッフから「弊社に関して何か疑問に感じることはありませんか?」と。と尋ねられた際に答えを用意しておらず、アタフタしてしまうかもしれません。こんな時の為に、面接を受ける前に面接官からの質問に際し、質問の内容を考えておくのがベストです。冷静になればしっかり考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

    転職することを成功させたいのなら、最初に徹底した情報を集めることが不可欠です。

  • 満足できる転職を希望しているのなら、最初から行動しなくてはいけません。今を見ると名前も知らないような小さな企業だって公式ホームページに会社の紹介を書いているところが当たり前になっているので、ネットを使って色々と必要事項を調べておくとまたその企業についてわからない点などを整理しておくと転職に役立ちます。それと公式ホームページの他に、「転職サイト」を利用してみるのも対策としては有効です。しかし、インターネットだけで判断するのは早計です。何より転職の候補している職場を自分自身で見てチェックしてみることも大切です。

    退職|古来より「石の上にも三年」という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。

  • 古来より日本には「石の上にも三年」という人生において戒めのの意味を持つ言葉があります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」が崩壊に向かっている現在では定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが一般的な事柄となってきています。しかしながら、誰もが簡単に転職できるやたらと仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。転職しようと考えるなら、タイミングを図る必要があります。初歩として、現在の職場、仕事内容について全般的に、納得できていないと思うことを5~10個ほど、メモしてみてください。そうすることで、将来の再就職に役立ちます。そして決断したら決断を遅らせることなく、今より良い職を手に入れるべく努力することも大切です。

    転職をする場合絶対に書かなければいけない履歴書などについては…

  • 転職をしようとする際に絶対に準備しないといけない履歴書に関しては、基本、パソコンで作成するというのが基本です。今の日本においては履歴書は自筆で書くというのが一般常識だと思われる面も多々ありますが、それは新卒の人たちの就活やアルバイトの時に準備する履歴書であって、実は、転職に関しては100%パソコンで書いたものは駄目とまで言い切ることはできません。自筆の履歴書を評価する企業もあるようですが、そうじゃない会社がずっと増えてきているようなので、パソコンで作った履歴書でも良いとする会社はけっこうあるのです。

    退職|今までは求人誌には、雇いたい人の「性別」まで書かれているのが一般的でした。

  • かつては求人情報には、雇用主の希望する「性別」がもれなく明記されていました。しかしながら最近では、「男女雇用機会均等法」が施行された影響もあり、採用する際、男女の差別がないようにしないといけないルールが敷かれ、求人情報の中身に「性別」の表記ができなくなりました。けれども、求人情報を出す側は、男性・女性どちらでも平等に雇用するとは限りません。そのため、実際は男性を希望の企業に女性が応募してきたり、女性希望の企業に男性が来てしまい、といった感じの問題が起こりうる可能性があります。もしも、「女性が活躍できる職場です」なんて書かれている求人募集の場合は、希望しているのは女性だと解釈しておいた方が良いといえます。

    派遣先が決定しました。仕事の最初の日に派遣会社の営業の担当の・・

  • 派遣でのお仕事が決まりました。お仕事開始の初日に派遣会社で営業を担当している方と就業場所に近いコンビニエンスストアで落ち合うことになっていたところ、彼がどういうわけかコンビニエンスストアの前にいなかったので店内にいるのではないかと思い店内に入ってみたところ、営業担当者は大胆にも雑誌売り場の前に座り込んでアダルト雑誌のグラビアページを開いて読んでいました。こんな担当の方のお仕事なんて人間としてプライドが許さないことと判断し、挨拶することもなくこっそりとお店を出て直ちに派遣会社に辞退する旨の連絡を入れました。

    退職|20代のうちに転職を2回ほど経験して、そして今、資格を取る・・

  • 20代のうちに転職を2回ほど経験して、現在、資格取得のために派遣社員として企業に採用されました。フルタイムの勤務を選択しなかったのでやはり給料が少なくなってしまいました。ですがその分、心と時間に余裕ができました。思い返すと、もっと学生のときに資格を取得し、仕事をできる人はとても少ないです。やはり、資格を活かして働いている方に会うとうらやましいなと思ってしまいます。これまでの私は、自分に自身が持てず、気にしてしまい、ガッカリする毎日でしたが、しかし今は、結婚をキッカケに生活環境もかなり変わり、以前よりもやりたい仕事や稼ぐべき給料も変わり、楽しい毎日を過ごしています。

    再就職の際に必ず受けることになる面接では、中堅企業であれ…

  • 転職希望者が受ける面接では、規模の小さい企業だったらほとんどが「人事」が面接官となりますが、別のケースもあります。実際、ともに仕事をしていく作業部署の責任者、かいつまんで言えば管理職クラスである部長や課長が面接を担当する可能性もあります。特に、営業職や事務職などのジャンルでは、資格を介した見極めが難しいですから、堂々と自分という人物を売り込んでいくことが必要なのです。面接担当者たちから「この人はハッキリ主張できるし、それに頼りになりそうだ」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことが大切です。

    転職活動を現在の仕事と同時に行う人が多いです。

  • 転職活動と今の仕事の同時進行を行う人が多いです。ですが、忙しく働きながら求人情報を探しながら応募したり、面接に行くのは精神的にも肉体的にも負担が大きいです。転職活動をしているあいだ、現在の会社の同僚や上司に隠す必要があります。軽い気持ちで応募する、という人がいますが、仮に、書類選考が通ってしまい、面接に呼ばれてから辞退すると今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを通して応募している場合は、そのエージェントからの心象が悪くなりますし、他方直接応募していたとしても、相手の会社から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。どちらにしても自分の貴重な時間をドブに捨てることになりかねないので、行くつもりのない会社は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は新卒の就活とは全く違うものであると意識しておきましょう。

    転職ならば、もちろんやりがいのある仕事をすることも大切だけ…

  • 転職するなら、もちろん仕事におけるやりがいアップも大事だけどそれに加えて収入が上がることも大事なポイントですから「年収比較サイト」というところに登録していろいろと研究をしています。同じ会社で全く同一の職種、経歴であるにも関わらず人によって非常に幅があることも多くあって、正直に言えば面接の際質問したことがあります。面接官も同じサイトをチェックしていたようで「高い収入で書いているのは、書いた人間も誰であるのかそこそこ察しがついてるのですが、多分格好をつけているのでしょう。低い方の年収で心の準備をしておいてください」とのことでした。

    昨今では、株や不動産投資等の不労所得で儲けたり、起業といった形で生きる方法も人気です。

  • この頃では、株式・不動産投資などといった不労所得や独立といった生き方も増えています。そういったような変化に伴い、「自営業は安定しない」といったこれまでの常識も変わりつつあるようです。高度経済成長の頃に関しては、先の見えない自営業といった稼ぎ方よりも雇われているほうがずっと将来が安定していて、人生の花形として、またそれが自然のことのように世の中に認識されていました。そんな社会全体が安定成長する時代は過ぎ去り、時代は変わって「成熟期」などと言い表されています。近い将来では、機械化、自動化が進んで多くの仕事で人の手を必要としなくなる時代がやってくる、とも言われています。

    新卒で入社した会社を辞めて、悩んだ結果、転職しました。

  • 新卒採用で入った会社を辞めて、一歩踏み出して転職を決意しました。最初は非常に悩み、不安な気持ちになりました。ですが、社会人となったあと数年経てから仕事を辞め、中途採用として働いている人が大半であると転職活動を通して知り、無意識のうちに将来への不安が消えました。なにより転職を経験したことにより不思議と気持ちが楽になり、「自分のやりたいこと」を優先できて毎日が見違えるように変化しました。いまだに「仕事を途中でやめるなんてダメだ」といった転職する行為を咎める意見もありますが、私の場合は否定的な意見を真に受けないで良かったみたいです。

    生まれて初めて失業保険を受ける際に、「期間内は何もしなくても自動的にもらえる」と考える…

  • はじめて「失業保険」をもらう場合、「自動的にもらえる社会保障」と考えている人がとても多いですが、それは誤りです。実際には、失業保険をもらうためには、求職活動を行わなければならず、その上で、毎月1回、ハローワークに通う必要もあるんです。毎月職員に求職活動の状況を報告して本気で仕事を探していることを信じてもらえれば次の月の給付が行われるという仕組みです。対称的に、本気で就職活動をしていないという心証を与えたり、毎月のスタッフとの面談に不参加なときは、アッサリと給付が一時停止となったり、以降の給付資格を失うことになるのでそうならないよう気をつけてください。

    退職|このあいだ転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず、…

  • 3ヶ月まえに、転職したばかりだというのに、あっという間に退職を決意してしまう人がずいぶん少なくないのです。それは私の考えでは自分自身に合った仕事環境を手に入れたはずなのに「想像していた仕事と堪えられほどかけ離れていた」「納得行かない慣習があってウンザリしている」ということがワケで別の仕事を探すみたいです。可能ならこのような、転職における失敗をしないためには、初歩として、事前の情報集めを徹底しなくてはなりません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、通勤に掛かる時間、などいろいろ前もって調べておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。