退職|転職する場合は面接を受けることがほとんどです。

転職時の面接では、正直さがマイナスに作用することがあります。

  • 転職する際には面接が必須となります。人事担当から「転職理由を聞かせて頂けますか?」という風に、必ずと言っていいほど訊かれます。この時に、どういった理由があろうとも、前の仕事場での人間関係や働く環境についての不満やトラブルを絡めた返答は、極力控えることをお勧めします。というのも、此の様な内容の話は、採用されるチャンスを無駄にしてしまいかねません。面接時は、「ポジティブ」な内容に徹底することがとても大切で、本当の理由でなくとも、「新しい職場においては、スキルを生かしながら、会社にも充分に貢献していこうと思います。」のような未来志向での返答が担当者に良い印象を持ってもらえるのです。

  • これまでは「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を優先していました。

  • かつての私は、「転職サイト」よりも「ハローワーク」を優先していました。なぜなら、ほとんどの転職サイトはどうしても都心の求人情報しか掲載していないからです。であったため、求人情報をリサーチする際は、「ハローワーク」ばかり使用していました。やっぱり、求人募集をしている企業の知名度や給料は劣りますが、古くから地域に根ざした企業もあり、探しやすい魅力があります。「聞いたことのない企業ばかりで不安」と思われている方も多少いるかもしれません。ですが、思いがけず理想の企業もあるかもしれないのでそろそろ転職予定の方は、ハローワークへ1度行ってみるのも手です。転職サイトのようにたくさんのお知らせやメールの心配も無用です。

  • 仕事をするために派遣会社に登録する人が現在増加する傾向にあります。

  • 直接雇用ではなく派遣という形態で仕事をする人が近頃増加しています。もしも自分がが派遣社員として働く場合は、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、どのくらいの金額(または比率)、自分に入ってくるかを可能な限り面接の際に確認しておくべきでしょう。派遣会社は、労働者を必要な企業に派遣してその見返りとして、手数料を徴収するシステムになっていますが、実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっている場合が少なくありません。半分以上支払われているのであればまだいい会社だが、中には開示すらされない派遣会社も少なくなく、ひどいケースでは、2割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにするケースも多いです。面接時、まともに回答してもらえない派遣業者は、隠ぺい体質であると考えることもできるので、可能な限りそこでの登録を止めておくのが賢明です。

  • 働いていることで心的な負担がかなり増え、職場を変えなくてはいけない状況にまで悪化したなら・・

  • 働く中で精神的に厳しくなって、職場を変えなくてはいけない状況となったなら、そのときは、会社を相手に相談するよりも、自身の家族と相談して、退職するかどうか判断した方が良いです。どうしてかというと、働くことはあなたのためでもありますが、同時に、家族の問題ともいえるのです。どんなに高給をもらっていたとしても、精神がダメージを負ってしまうまで無理しながら仕事をするのは好ましくありません。今の時代は物質的なことよりも、働きやすいことを優先する生き方も段々と増えていっています。ですから、あなたの身内や、あなた自身の心身の健康を考えていきましょう。

  • 退職|派遣社員になっても契約期間を迎えたら自分自身の好きなタイミングで退職できるワケでなはな・・

  • 派遣社員であっても、1年ごとに好きな時にすぐ辞められるというわけではないことを実際に転職したことで学びました。結婚し、生活が落ちついたら、なるべく早く子供を持ちたかったので、妊娠する時が来るまでのあいだ、1年半~2年だけ今の会社でそのまま仕事したかったので就職しました。常勤ではなく派遣社員であるために、正社員よりも月収は少なかったのですが、仕方なく時間的な融通のために、この道を選択しました。が、いざ入社したあと、一緒に働く人たちの大多数が10年、15年と続けていらっしゃったのです。たとえ派遣であったとしても、すぐ辞められる雰囲気もなく、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。

  • 退職|再就職を考えている際に気にかける募集事項の情報というのは、…

  • 再就職をする時にチェックする募集事項の情報というのは、基準的なものとして記載されている可能性もあり得ます。ですから、そこに書かれていることはすべて正確であるとは安易に信じないほうが最適でしょう。そのなかでも生活に大きくかかわってくる給与の額などにおいては、平均の値なのか?それとも最低限の金額なのか?最高額の給料なのか?というような判断ができないことが多く、自分判断で判断してしまうと、悔しい思いをする事も少なからずあるでしょう。という事で、悔しい思いをしなくて済むように、求人情報というのは、目安だと思って、そのようなたいへん重要なことは会社側に直に問い合わせた方がベストでしょう。

  • 以前は看護婦と言った看護師という仕事は、歴史的にも女性比率がとても高・・

  • 昔は看護婦ですが看護師という仕事は、歴史的背景から女性の割合がかなり高い職種です。しかも、気力あるいは体力をひどく消耗がきついことが日常茶飯事です。とうぜんのように人間関係で行き詰まったり、結婚や出産などのイベントで仕事と私生活との両立がかなり取りづらい職業でもあります。実際、そういった問題によって転職する人が多いのが現実です。過酷な労働環環境であるために、看護師は、国内のどのエリアでも人材不足に変わらず継続しています。ずっと、それぞれの医療機関は看護師を必要とする「売り手市場」であり、転職の増加を後押しする原因の一つなのかもしれません。

  • 退職|未経験の業界などに転身したいときには、前の職場で養われたスキ…

  • 全く経験したことがない業種などに転職したいと思っている場合には、自分の前の仕事で培ってきた能力や今までやってきたことを生かすことができるという内容の自己主張が必要です。未経験の分野の場合、経験していない分その分野で今まで働いてきた人たちよりも不足することはありますが、自らが保持している能力がそのジャンルでも十分に生かせるということをしっかりと伝えれば、戦うことができる場合も十分に考えられるのです。したがって、経験のない分野に挑戦するときには、その分野と自分が今までやってきた仕事との関連を見つけ出しましょう。

  • 退職|転職時は、いろんな手段で情報を収集する人が大半だと思いますが、…

  • 転職活動を開始するとき、いろんな手段で情報を収集することが多いと思いますが、転職についての口コミサイトは本当に役に立ちます。以前、会社の損失につながる悪い口コミが掲載されたということで、サイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こした事例がありました。会社の都合で退社させられた元社員の復讐によってそのような口コミが投稿されているとみるのが一般的ですが、別の見方をすると、ウソばかりの投稿であれば、会社としては気にしなくていいようにも思えます。あるいは、真実はクロで「マズイと考えなんとか火消ししたい」と考えている可能性もあります。口コミサイトも炎上が原因でアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、悪い口コミが多いということは、それだけ入社後に厄介事が降りかかる覚悟をしなければいけないと捉えておいて問題ないと思います。というか、本当に善良な企業であればトラブルなど起こりません。

  • 失業保険を毎月、給付してもらうには、客観的な意味で、職探しをしている姿勢を見せる必要があります。

  • 失業保険を毎月、給付してもらうには、「就職活動」しているという証明が必要となります。とはいっても、現実は「今まで忙しすぎたので、暫くは遊びたい」と思うのが現実でしょう。というワケで、本気で次の仕事先を探しているとハローワークの職員に思わせる方法があるので紹介します。毎月の「ハローワーク」での面談は避けようがありませんが、そこで、求人票を見ることは最低限行わなければいけません。心の中では探す気力がないときは、求人票を熱心に見ているふりをして、ハローワーク職員との面談にて、「納得できる条件の仕事ややっていけそうに思える仕事が意に反して確認できませんでした」と言って、次の機会まで待つという方法もあります。

  • 転職期間中には、趣味に打ち込んだり、体力の低下を招かないようにしてお…

  • 転職先を探している期間は、趣味に時間を費やすほか、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れると良いと思います。採用が決まり、いざ仕事を再開した際に、趣味に没頭してたことによって知らない間に集中力が高められます。そしてまた、体力アップしていることでその場の社員と比較すると疲れない体になっているということを認識することができます。というワケで、退職したら自分が興味のあるなことに打ち込むことと、体力を落とさないようにすることをしておいて損はありません。その後、その職場で同じ趣味の人とめぐりあうことができれば、直ぐに親しくなることができるので、好きなことをとことんまで極めることも転職期間の自由な時間の使い方です。

  • 長期間接客業で仕事を行ってきましたが、年齢を重ねるにつれ…

  • 長いこと接客業で勤めてきましたが、歳をとると共に立った仕事は体力的にきつく、座り仕事である事務の仕事へ転職することを志して行動にうつりました。事務が未経験となるとわりと難しく、だから接客経験も活かせる受付兼医療事務をやろうと考え資格も合格して個人病院に転職しました。周囲はベテランの先輩パートさんばかりで人間関係もややこしい。いつも夜のシフトを押し付けられて、接客業をしていた頃よりも帰宅する時間も遅いのですが、とにかく今はキャリアを形成する時だと観念し頑張ります。

  • 新しい職を探す際、ネットでのエージェントを利用する手段もあるのです・・

  • 転職活動において、インターネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」を利用する場合もありますが、あなたがその種のエージェントに登録した結果就職先をうまく見つけた場合でも、失業保険の給付を受け取ることはできないので気を付けましょう。ハローワークを経ずに就業しても失業保険とは無関係なのであとで後悔しないようぬい気をつけてください。これと異なり、「ハローワーク」を経由して斡旋してもらって就職した場合は、就職のための準備費用として、一時金が支給されます。ネット上の斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。単に彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険とは無関係です。知っておかないと失業中にお金を受け取れなくなるので、就職エージェントの利用を考えている人は、充分に注意しましょう。

  • 退職|転職について考えた場合、そこでの給与を気にしすぎる人…

  • 転職というものをする場合、転職先での自分の給料について気にする人がそこそこ多くいるでしょう。大部分の方は仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を給与として稼ぐべく仕事しているのはずです。だから年収がどれだけかは自身の社会的な価値を知る値という側面もあるから、当然大切なことは至極当然です。しかしながら、必要である以上に年収に固執しすぎるのも考え気がするでしょう。年収に反映されない仕事であっても精神的な充実を得られることが大いにあるものだからです。

  • 退職|女性の再就職に際して、セクハラが社会的に問題になる前と今と・・

  • 女性の転職は、数年前とここ最近とでは若干、状況が変わりつつあります。以前は面接のなかで、既婚者なら出産の予定などについて、ごく当たり前に質問されることが珍しくありませんでした。でも、今現在の流れとしては、そのような内容は、セクハラと会社側が捉え、質問を避ける会社が増えています。そしてまた、名の知れた大企業ほど、かなり神経質になっています。けれど、面接する側ははい・いいえ、で返答するのではなく、その女性の生き方、結婚したあとどうするか、出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを把握しておきたいとは思っています。自分の考えを理解してもらうためにも、自己ピーアールや志望動機と並行して話すことで相手方にも考えが伝わり、安心できると考えます。ですので、たとえ、質問されていない箇所もあなたが先んじて気遣いながら話をしておくのが良いです。

  • 退職|もしも再就職の前に、今の会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると…

  • もしも転職することが、現在の会社の人たちがあなたの転職を知ってしまうと、その状況が一変するかもしれません。働く環境によって問題はないこともありますが、妬みなどから意地悪されることもあります。さらには、残業時間を増やされてしまう事があるので、軽率に「転職します」と周囲に伝えるのはあまり良いとは言えません。上記のトラブルを避けるために、今所属している職場では、真面目な態度でいましょう。そうすれば、良い状態を最後まで保ちつつ、気持ちよく会社を退職できます。また、何の問題もなく円満に退職できたなら、転職後にも、あなたが何かあったとき、アドバイスをもらえるチャンスにも恵まれるでしょう。業界や規模に関係なく、どこの会社も、人との縁はとても重要なので、会社を辞める際のトラブルは、できるだけ回避してください。