退職|転職する活動時、「自分は振り返るとこういう内容の仕事に従事してきました…

退職|今励んでいる転職活動中に、「私は振り返るとこういった価値のある…

  • いい転職をしようと転職活動で「私はこれまでこういう価値のあるの仕事をしてきました」「過去の会社の仕事によって、このような経験を身につけました」と実績を十分にアピールしなくちゃと考える人はかなり多いです。が、希望するその組織で「させてもらえるのならばこういったことをしたい」「私が言ったような内容の事なら積極的に貢献できると思う」と未来の展望を話して自己をアピールしていくほうが過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。

  • 転職サイトに登録すれば必ず、電話やメール連絡が執拗に入ります。

  • 転職サイトは、一度登録したら、電話やメール連絡が頻繁に入ります。初めて利用した人は結構びっくりするケースが多いです。「転職エージェント」は、会員の転職を促すことが業務だと考えられるので、積極的にアプローチしてきます。大手エージェントは、転職を成功させると企業から報酬が支払われるシステムであるといえるので、転職したい人の都合よりも企業の都合を優先させることが多いものです。さらに、「転職エージェント」は、契約を急ぎたいあまり、内定が出るとすかさず、入社を強引にすすめてくることが珍しくありません。対抗策として自身の希望や意思を明確にしておき、無理に転職することがないように気をつけることが大事です。

  • クールビズ(軽装)をして転職の面接にチャレンジする際には・・

  • クールビズの格好をして再就職の面接に臨む場合、いくらなんでもジャケットは着なくても安心であるとはっきりと言えるのです。ですが、ネクタイはした方が印象が良いです。ネクタイはなくても良いとしている企業もある場合もなくはないです。ですが、ことネクタイはクールビズであろうと必ずつける必要があると考えるところが存在するわけです。それゆえ、例えクールビズ(軽装)で大丈夫だと言われていてもネクタイは絶対に着用していった方がベストだということはわかっておいてください。

  • 再就職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」におい・・

  • 再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」にて大都市から地方に移って再就職したいと考える人が増加しています。今のネット社会では転職サイトをうまく活用すれば、国内のどの地域の求人もいつでも簡単にアクセスできます。ただ、地方や郊外での求人については、都市部のそれよりも内容が薄く、数も少ないのが正直なところです。したがって求人サイトだけに集中するとなかなか難しいかもしれません。求人情報サイトとともに、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトもこまめに確認しておきましょう。「地方自治体・商工会議所」といった役所が開催する就業サポートの有無も見ておくと、良い出会いが期待できます。

  • 今後転職活動をするという時は、気になった求人(OR 職種・・

  • これから転職活動をされるなら、気になる求人(もしくは職種)を見付けるたびにしっかり「〇〇業、ブラック」でネット検索しておきましょう。求人票や転職エージェントからはその業界に関するマイナス点は教えてもらえないのが普通です。もしも、ブラック企業体質な業界であれば、簡易的なネット検索によっていとも簡単に実態を知ることができます。そのような面を知らずに入社してしまうと、のちに痛い目にあいます。その求人が出ていた理由が「内容がキツイからなかなか人が定着しない」といった場合がかなり多いため、目に留まった案件・業種については、疑問点を払拭した上で、応募するようにしましょう。

  • これはシフトがある仕事についての話です。

  • シフトの仕事に関する話です。毎週、決まった曜日に入れる人を募集している求人を頻繁に見ますが、もしも応募しようと思っているならシフトの出し方や、休む方法の詳細を前もって聞いておいたほうが良いでしょう。それはどうしてかというと、私は以前出産のため抜けた人の代役として、正社員として入ったのですが、私のシフトが「土日」固定のシフトで、新人の私以外は、他の社員は誰一人現場にいませんでした。前任者が「土曜、日曜」に必ず出る人だったので、私も出勤できる人として扱われてしまいました。実際「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフトを変わってもらうときは、同じ部署の先輩方に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と私自身がお願いしなくてはいけませんでした。一緒に働いて給料は同じなのに土日を私1人だけに任せるって、どういうことなのでしょう?今思うと本当によくやってこれたなと思います。

  • ある古物商の人員募集にて、書類選考をクリアしました。すぐ…

  • とある古物商の会社で、書類選考に受かりました。2、3日して面接の日時について担当者から連絡をもらい、当日、時間通りに指定された場所へ行ってみると、どういうわけか相手が、面接準備を一切していないとわかりました。しばらく待っていると、責任者らしき人が面接担当をしてくれたのですが、たいへんに面倒くさそうな態度を見せてグダグダな状態で面接は終わりました。2週間後と言われた結果の連絡が一切もらえず、気になったので、私の側から問い合わせると、「郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待ちましたが、ですが、これも届かず仕方がないので改めて電話した結果、なんと、「今回は見送らせてもらいました」とそう言われてすぐ、電話が切られてしまいました。あまりの対応に呆れ果てて何も言えませんでしたが、とりあえず採用されなくて良かったと痛感しています。

  • 退職|転職エージェント、そして転職サイトを使用して、転職活動される人は多くなってきました。

  • 転職エージェント、そして転職サイトを利用して、転職活動を行うことは常識になりつつあります。転職先を見つけるチャンスをもっと増やしたいのであれば、同時に転職フェアに行くことがおすすめです。転職フェアの特徴は、複数の企業が同時に集まることから、参加したのならあなたの気になる企業の情報を効率的に得られますし、それにとどまらず、説明を担当するスタッフから、その企業の社風がある程度わかります。転職フェアに参加するのであれば、1次面接に挑戦するつもりで準備することを怠らないようにしましょう。仮にフェアを通して企業から興味を持ってもらえたら、それからあとの面接に進む際に大きなアドバンテージになるでしょう。

  • 求人関連の情報をチェックする場合、「デスクワークがしたい」と思う人ほ・・

  • 求人誌を見る際、「デスクワークがしたい」という人は、はなから製造業はチェックしない人がいますが、そういったことをしている人は、「製造業での募集は、現場の製造マンだけ募集している」と勘違いしていたりします。実際に、製造業での求人でも、製造マンだけでなく経理、総務、人事などの人材募集をはじめ、購買、営業管理のような「オフィス系」に分類される職もたくさんあります。とはいえ、製造業にはありがちですが、ビジネス街にはないのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそういった点が受け入れられないと思う人もいるでしょう。でも、自らのエゴをなくすことで素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、選択肢に入れてみてください。

  • 退職|転職を予定しているのなら現在勤めている会社を退社する…

  • 転職を行う際、今務めている会社を辞める時に失業保険に関する手続きをしなければいけませんが、あなたの都合で退職願を書いて会社を去る、いわゆる「依願退職」であった場合は即座に失業保険が給付されるわけではなく手続きが終わった後で失業したことが認められてから3か月経ってやっともらえるのです。よく勘違いして辞めた次の日から3か月経てばもらえると思い込んでいる人がいますが、実際にこの間違いを犯した人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると言い張ってハローワークの職員さんとトラブルになっているのを見たことがあります。念のために付け加えておくと、リストラのような、「会社都合」での解雇のケースでは、失業認定されてすぐに失業保険をもらえます。

  • 転職の時の面接で必要となるビジネススーツの色については、…

  • 転職の時の面接で必要となるビジネススーツのカラーにおいては、新卒の人たちが就職活動の際にに着用している色合いが安心です。要するに、紺色や黒色といったダークな色、ということになります。転職のケースにおいても、着用するビジネススーツのカラーは黒系や紺系のカラーが圧倒的多数であって、そうでない色のビジネススーツの人は少ないです。他のカラーで言えば、ごくたまにグレー系を着ている人がいるくらいで、ほぼ黒や紺色が大多数を占めているので、面接を行う人事担当の方からも黒や紺色であるほうが自然に見えますから、第一印象という面ではおすすめしたいのです。

  • 退職|転職をする際の面接での身なりはクールビズでも大丈夫です…

  • 再就職の面接での身なりは会社側からクールビズで来てくださいとと書かれている場合もあります。ですが、なかには、クールビズのスタイルで赴くのは減点対象になるのでは?と思いがちです。クールビズの悩みを懐に抱え込んでしまっている方に進言したいのは、クールビズでも大丈夫だと言われている面接においては言われたことをそのまま実行したほうが不安要素がないです。迷ってしまい、猛暑の中スーツをびしっと着ると暑苦しいと思われますから、クールビズで来てくださいと書かれていたらクールビズの格好をおすすめします。

  • 転職のための採用面接を受けに転職したい会社へ向かいました。

  • 転職したい会社の採用面接にある会社に伺ったときのことです。その日に限ってその会社の部屋が空きがないということで外部の場所で面接官と待ち合わせをして採用面接を行って、その場で解散ということになり、面接を行った方も会社に帰らず直接自宅に向かうとのことでしたが、ところが自宅からの最寄駅が同じ。ですから電車の中においても面接を行った人とずっとお話しながら帰宅することとなって、すっかり打ち解け面接より話が弾み、それがプラスに働いたのか何事もないまま採用を掴むことができました。

  • 退職|ここ最近の会社や企業の労働背景の変化に当たって、働きざかりの世代の・・

  • このように今現在の企業の労働環境の激しい変移をにおいて、全世代の中で若年層ほど敏感に感じ取っているようです。それはたぶん、自らのキャリアアップと転職とを視野にいれているのでしょう。こういった理由から労働者・サラリーマンといった人たちの労働力の「流動化」が著しくなっているため、なおさら、将来、若年層の転職への関心度が増えると予想されます。労働力の「流動化」によって転職することはあなた自身も身近なこととして捉えるようになります。終身雇用が蔓延していた時代には「転職」は若干ネガティブなイメージがあり、それで損してしまうこともありました。ですが、時流が変わったせいもあり、現在の会社に執着する意味も必要性も減少しているように感じられます。

  • 失業することによって得られる失業保険は、失業状態でない人はもらえません…

  • 失業することによって得られる失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になりますが、いつまでも受け取れるワケではなく、「期間」があります。離職時までに勤務していた期間に応じて違い、90日とか120日とかが決まるのですが、中にはこれを知らずに失業中である限り給付されると勘違いして働けば失業保険がもらえなくなると考えて仕事を探さない人もいますが、給付期限があと1ヶ月、という段階で気づいてから焦りつつ職を探してもよい会社を見つけるのは困難です。転職を希望している会社の面接官もバカではないので、「いつ失業したか?」「失業してからどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたのか?」位はだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。状況によっては、面接官から失業中何をしていたのかことごとく聞かれます。答えに困ってとんでもないことを言ってしまったりすると、採用は極めて難しくなります。

  • 先週新しい仕事先を見つけようと人材紹介会社へ登録に足を運びました。

  • 人材紹介会社に登録に足を運びました。そこで登録カウンセリングのために現れた担当者がどうも新入社員らしくて、、私の説明の2分の1もその社員はわかってはいない様子です。それでいて「このキャリアデザインではダメですね」とか「きちんと強みと弱みを明確化する必要があります」とか、経験豊富なベテランのように横柄に言い散らかすのでとても嫌な気分になりました。カウンセリングを担当する人はある程度カウンセリングの経験がある人にするべきだと思います。